お風呂の床の汚れは3種類!それぞれの掃除方法や洗剤をご紹介

換気も掃除もバッチリなはずなのに、なぜかお風呂の床には、白い汚れやカビがついていて、掃除に一苦労した経験はありませんか?

いろんな洗剤を使って掃除したのに、結局取れなかった…なんて経験もあるのではないでしょうか?

洗浄力がある洗剤を使っていても、汚れにたいして効果がない洗剤ならば、きれいに落とすことができません。

お風呂の床の汚れには、いくつかの種類があり、種類によって掃除方法が違います。

ここでは、お風呂の床の汚れの種類や正しい掃除方法について説明していきます。

お風呂の床の汚れは3種類!

お風呂の床につく汚れは、水垢や石鹸カスによる黄ばみや白い汚れ、カビなどの3つの種類があります。

見た目でも判断できるように、それぞれの汚れは色や特徴が違い、掃除の際に使う洗剤や方法も異なります。

まずは、お風呂の床につきやすい3つの汚れについて、見ていきましょう。

お風呂の床についた黄ばみは水垢と石鹸カス

お風呂の床に黄ばみが付いているのなら、それは水垢や石鹸カスが原因の汚れの可能性大です。

お風呂の床の素材によっては、何らかの洗剤や入浴剤などに反応して、変色している恐れもあります。

しかし、たいていは水垢や石鹸カスによる汚れなのですね。

水垢と石鹸カスが混ざって黄ばみになるメカニズムは、次の通りです。

黄ばみになるメカニズム
  1. 水道水に含まれているマグネシウムなどのミネラル成分が、シャワーなどの時に床に付着します。
  2. 乾燥するときに水分だけが蒸発して、ミネラル成分だけが残り水垢となります。
  3. 毎日使っている石鹸やシャンプーなどが原因で発生する石鹸カスが水垢と混ざって、こびりついて硬くなっていきます。
  4. 日が経つごとに黄色く変色して、黄ばみとなってこびりついていきます。

つまり、黄ばみとなってこびりつく前に掃除をするか、黄ばみを落とす洗剤や方法で対策する必要があるのです。

お風呂の床の白い汚れは水垢と皮脂汚れ

お風呂の床を掃除しても落ちない白い汚れは、水垢と皮脂成分が混ざった汚れです。

水垢だけなら、初期の段階であれば洗剤をつけてこするだけで取れるのですが、そこに皮脂汚れが混ざってしまうと、なかなか落とせません。

皮脂汚れとは、私たちが体を洗ったときなどに出る皮脂による汚れです。

家族が多いなどの理由で、水垢や皮脂汚れがつく頻度が高くなると、掃除していても白い汚れがついてしまいます。

MEMO
水垢はアルカリ性、皮脂汚れは酸性なので全く性質が違うため、一種類の洗剤だけでは落としきれません。つまり、洗剤はアルカリ性と酸性のものを使い分けるか、混ぜて掃除する必要があるのです。

お風呂の床のカビは黒ずみになりやすい

お風呂の床に黒ずみがついて、なかなか取れないのなら、それはカビの恐れ大です。

お風呂は湿気が溜まりやすく、温度が高い空間でもあるので、カビにとっては好条件な場所なのですね。

水垢と石鹸カスが混じって、黄ばみになってから、黒くなってしまうケースもあります。

しかし、こすっても全く取れないのであれば、カビの確率がかなり高いので、早めに解消するべきです。

MEMO
黒カビは、酸性汚れなのでアルカリ性の洗剤で掃除をすると、中和されて落ちやすくなります。アルカリ性の洗剤には、重曹やスクラビングバブル超強力トイレクリーナーなどがあります。

お風呂の床の黄ばみを落とす2つの掃除方法

お風呂の床にこびりついた黄ばみの原因は、水垢と石鹸カスが原因の。

実は、漂白効果が高いオキシクリーン酸性のサンポールを使えば、簡単に落とせます。

それぞれの方法を説明していきますね。

お風呂の床は掃除にも使えるオキシクリーンで漂白!

コストコではすっかりお馴染みのオキシクリーン。

洗濯の漂白剤としてだけではなく、おうちのあらゆる場所の掃除洗剤としても使えるのが、人気の理由でしょう。

アメリカから上陸したオキシクリーンは、お風呂の床にこびりついた黄ばみの掃除にもおすすめ。

定評の漂白効果で、黄ばみをすっきり落として、元のきれいなお風呂の床に戻してくれます。

オキシクリーンは、酸素系漂白剤で酵素の力によって、衣類などをきれいに漂白してくれます。

塩素系の漂白剤ではないので、比較的安全でありながら色落ちの心配もありません。

オキシクリーンを使ってお風呂の床の黄ばみを掃除するときは、まず、次のようなものを用意しましょう。

  • オキシクリーン
  • ゴム手袋
  • ブラシ
  • 洗面器
  • ビニール袋

それでは、掃除方法を説明していきます。

  1. 60度程度に設定したお湯をシャワーなどでかけて、床を濡らします。オキシクリーンは、熱いお湯と混ぜる方が洗浄力が高まります。やけどしないように気をつけましょう。
  2. 床の温度が下がらないうちに、スプーン1杯分のオキシクリーンを床に撒きます。日本版のスプーンなら3倍ほどが目安になります。黄ばみがある部分に重点的に撒いていきましょう。
  3. ブラシで軽くこすって行きます。この時は、汚れを落とすためにこするのではなく、床にオキシクリーンを馴染ませていくためにこするので、そんなに力は要りません。
  4. 泡が出てくるはずなので、そのままの状態で1時間程度放置しておきます。この泡が、お風呂の床の黄ばみを浮かしてくれます。泡立ちが悪い場合は、もう一度熱いお湯を少しずつかけて、雨の具合を見ていきましょう。
  5. 1時間が経過したら、今度は、黄ばみを落とすつもりでブラシを使って磨いていきます。しかし、ほとんど汚れは浮き上がっているはずなので、そんなにゴシゴシこする必要はありません。
  6. お風呂の床の黄ばみが取れたら、通常の温度のお湯か水をシャワーでかけて、オキシクリーンをきれいに流しておきます。床をすすぎ終わったら、掃除は完了です。

お風呂の床の頑固な黄ばみはサンポールの酸性が効く

お風呂の床の頑固な黄ばみには、トイレの黄ばみもしっかり落としてくれるサンポールがおすすめです。

お風呂の床の黄ばみの原因の水垢と石鹸カス汚れは、どちらもアルカリ性。

だから強力な酸性のサンポールが汚れを中和して、黄ばみをごっそり落としてくれるのです。

酸性の成分と言えば、その他には、クエン酸や酢などがあります。
しかし、頑固な黄ばみは、クエン酸や酢などでは落ちない可能性が高いです。

サンポールだから、しっかり落としてくれるのですね。

ただし、サンポールをお風呂の床の掃除に使用するときは、いくつかの注意点があります。

注意
サンポールは、9.5%の塩酸と界面活性剤によって作られた強力な洗剤です。そのため、大理石や金属類などに使用すると、変色やサビが生じます。サンポールを使用するときは、床やその付近にある素材を確かめておきましょう。

それでは、掃除方法を説明していきます。

サンプルを使ってお風呂の床を掃除するときに必要なものは、次のとおりです。

  • サンポール
  • スプレーボトル
  • キッチンペーパー
  • ゴム手袋
  • マスク
  • ブラシ

それでは、掃除方法を説明していきます。

  1. ゴム手袋とマスクを装着します。サンポールを使う前に、換気扇も回しておきましょう。
  2.  お風呂の床の黄ばみが気になるところにキッチンペーパーをかぶせます。サンポールを垂らします。
  3. キッチンペーパーがひたひたに濡れたら、その状態のままで、1時間以上放置します。特にひどい汚れの場合は、その上からサランラップをかぶせると効果的です。
  4. 1時間以上が経過したら、キッチンペーパーとラップを剥がして、ブラシで擦ります。そんなにこすらなくても、汚れが取れるはずです。
  5. 汚れが落ちたら、シャワーなどでしっかりとサンポールを洗い流しておきましょう。換気扇はそのまま回して、しっかり換気してから電源を切っておくことです。

お風呂の床の白い汚れをクエン酸やサンポールで落とす方法

水垢と皮脂汚れによるお風呂の床の白い汚れは、どちらもアルカリ性の汚れなので、酸性のクエン酸ですっきり落とせます。

汚れが白いうちは、まだ初期段階なので、サンポールを使うほどの汚れではありません。

サンポールの刺激や臭いなどが気になる人は、クエン酸で掃除すると良いでしょう。

クエン酸を使ってお風呂の床の白い汚れを落とす方法について、説明していきます。

お風呂の床につく白い汚れはクエン酸で除去!

クエン酸とは、レモンや酢などの酸っぱい食品に含まれている成分です。

まさに、酸っぱいもとになっている成分であり、その成分を粉末状にしたものが100円ショップなどで販売されているクエン酸なのです。

柑橘類や酢などにも含まれている酸性の有機化合物なので、サンポールのような危険性はありません。

お風呂の床の白い汚れをクエン酸で落とすときは、次のようなものが必要です。

  • 粉末状のクエン酸
  • スプレーボトル
  • ブラシ
  • キッチンペーパー

それでは、具体的な掃除方法を説明していきます。

掃除方法
  1. 水200mlに粉末のクエン酸を小さじ1杯を混ぜ合わせたものを、スプレーボトルの中に入れます。分離しないようによくかき混ぜておきましょう。
  2. お風呂の床の白い汚れの部分にキッチンペーパーを敷きます。その上からクエン酸水をたっぷりとスプレーします。
  3. そのままの状態で1時間以上放置します。1時間が経過したら、キッチンペーパーを剥がして、ブラシで擦ります。
  4. 汚れが落ちたら、シャワーなどできれいに洗い流して終了です。

お風呂の床をクエン酸で掃除したら白くなった?

サンポールほどではありませんが、クエン酸も弱酸性の成分なので、床の素材によっては白くなってしまうケースがあります。

ネットで検索してみても、クエン酸でお風呂の床を掃除したら白くなったと言う声が多数あります。

お風呂の床の掃除にクエン酸を使うとき、注意したい素材は、大理石と金属です。

サンポールの時と同じですね。

主に大理石は、炭酸カルシウムでできており、クエン酸のような酸性によってカルシウムが分解されると、溶けて白くなってしまうのです。

また、金属は酸性により錆びてしまうので、おすすめできません。

クエン酸を使うときは、床の素材の種類を調べておきましょう。

お風呂の床のカビは重曹とクエン酸で落とす!

お風呂の床のカビの掃除には、重曹やクエン酸、ハイターなどがおすすめです。

それぞれの特徴や掃除方法などを説明していきます。

お風呂の床を重曹とクエン酸で掃除する方法

普通の洗剤では落ちないお風呂の床のカビは、重曹とクエン酸をミックスした掃除方法を用いれば、すっきり落とせます。

毎日ちゃんとお風呂を掃除しているつもりでも、床の隅っこなどにカビが溜まっているケースがありますね。

湿度と室温が高い状態が続くと、掃除をしていてもカビが発生してしまうのです。

重曹もクエン酸も、100円ショップで簡単に手に入るのもメリットです。

  • スプレーボトル
  • 粉末のクエン酸
  • 粉末の重曹
  • ブラシやスポンジ
  • サランラップ

それでは、掃除方法を説明していきます。

  1. まず、水200mlに、小さじ1のクエン酸を加えてクエン酸水をつくります。クエン酸水が完成したら、スプレーボトルに入れましょう。
  2. お風呂の床のカビの部分に、クエン酸水をスプレーします。少し多めにスプレーしましょう。
  3. その上から、重曹をふりかけます。泡が出てきたら、ブラシかスポンジで軽く擦りましょう。
  4. サランラップをかぶせてパックをします。約1時間程度放置しておきましょう。
  5.  放置時間が過ぎたら、サランラップを外して、もう一度、ブラシからスポンジで擦ります。カビが落ちたら、シャワーで洗い流して終了です。

お風呂の床の頑固な黒ずみはカビキラーで落とす!

黒ずみにまでなってしまったお風呂の床のカビは、カビキラーでしか落とせないと思っていませんか?

実は、キッチンハイターでも黒ずみを落とせるのです。

キッチンハイターは塩素系の漂白剤で、洗浄力抜群。

キッチンに発生しやすいヌメリやカビまでしっかり落としてくれるのです。

そんなキッチンハイターは、お風呂の床の掃除にも活用できます。
殺菌効果も抜群なので、新たなカビ発生の予防にもなりますよ。

キッチンハイターでお風呂の床の黒ずみを落とすときに必要なものは、次のとおりです。

  • キッチンハイター
  • ゴム手袋
  • ブラシ

それでは、掃除方法を説明していきます。

  1. まず、窓を開けるか、換気扇を回すなどの方法で換気をします。そして、ゴム手袋を装着しましょう。
  2. お風呂の床の黒ずみの部分を軽くシャワーですすぎます。
  3. 黒ずみの部分にキッチンハイターをふりかけて、30分間放置しておきます。
  4. 30分間放置した後にブラシで擦ります。そんなに力を入れなくても、黒ずみが落ちるはずです。
  5. 黒ずみが落ちたことを確認したら、シャワーでキッチンハイターをしっかり洗い流して、終了です。

キッチンハイターを使用する上では注意点もあるので、チェックしておきましょう。

注意
キッチンハイターは塩素系の漂白剤なので、酵素系の漂白剤と混ぜると有毒ガスが発生します。酵素系漂白剤は、オキシクリーンなどです。キッチンハイターのボトルには「混ぜるな危険」と記載されているはずです。酵素系漂白剤でなくても、他の洗剤とは混ぜないようにしましょう。

まとめ

お風呂の床の汚れには、白い汚れと黄ばみ、カビの3種類があります。

汚れの原因の水垢や石鹸カス、皮脂汚れ、カビなどは、それぞれに性質が違い、酸性とアルカリ性の2つに分かれています。

汚れが酸性であれば洗剤はアルカリ性といったように、反対の性質を持つ洗剤を使わなければ、汚れを落とすことができません。

また、洗剤によって使用の際の注意点がありますので、方法とともに注意点も押さえながら、お風呂の床を美しく保っていきましょう。