お風呂の浴槽を掃除する3つの方法!隙間を綺麗にするコツもある!?

お風呂の浴槽は、水垢や皮脂汚れ、カビなどで汚れやすく、定期的に掃除をしなければ、こびりついて取れなくなる恐れがあります。

汚れの種類や度合いにふさわしい方法で掃除をしていくと、いつまでも美しい浴槽を保つことができます。

主には、次のようなお風呂の清掃方法を説明していきます。

  • 中性洗剤を使った入浴後の清掃
  • しつこい汚れを落とすためにオキシクリーンを使った清掃
  • 浴槽の隙間の汚れを落とすためにエプロンを外しての清掃
  • 風呂釜の汚れを落とすためにジャバを使った清掃

それでは、お風呂の浴槽のそれぞれの清掃方法を詳しく説明していきます。

お風呂の浴槽の掃除方法の基礎知識

お風呂の浴槽の汚れは、一種類だけではありません。

いつの間にか表面にこびりついている汚れには、次のような種類があるのです。

  • 水垢、石鹸カス
  • 皮脂汚れ
  • 赤カビ
  • 黒カビ

まずは基礎知識として、お風呂の浴槽の汚れの4種類をご説明します。

お風呂の浴槽の汚れの種類

お風呂の浴槽の汚れには、水垢や石鹸カス、皮脂汚れ、赤カビ、黒カビの4種類があります。

それぞれの汚れの特徴を説明していきます。

水垢や石鹸カス

浴槽の表面についた鱗のような白い汚れは、水垢や石鹸カスによるもの。

爪を立てて擦ると剥がれますが、何度か入浴をすると、また浴槽の表面を白くしてしまいます。

水垢や石鹸カスは、水道水の中のミネラル成分が残って蓄積したものです。

入浴の後に水道水が蒸発する段階で、ミネラル成分だけが残ってしまっいい、白い汚れとして表面に張り付くのです。

また、水道水と石鹸などが混じった水分が浴槽の表面で蒸発するときに、水道水のミネラル成分とともに石鹸成分が残った場合は、石鹸カスとして浴槽の表面に残ります。

皮脂汚れ

浴槽の中ではなく、縁のヘリの部分に黒い汚れがつくケースがあります。

入浴後にバスマジックリンなどで掃除をしても、黒い汚れが取れない場合は、皮脂汚れの可能性が高いです。

皮脂汚れとは、入浴の際に体から分泌された皮脂が蓄積してできた汚れで、少し黒ずんでいるのが特徴です。

赤カビ

浴槽の角の部分に発生する薄ピンクの汚れは、赤カビの可能性が高いです。

赤カビは、ロドトルラという菌が発生してできるカビで、ヌルヌルしているのが特徴です。

黒カビ

浴槽にこびりついてブラシなどでこすっても取れない黒い斑点は、黒カビの恐れ大です。

黒カビは、クロドスポリウムという菌により発生するカビの一種。

場合によっては、臭いが発生することもあるので、早めに落としておいた方が良いでしょう。

お風呂の浴槽の掃除方法1:毎日編

それではまず、お風呂の浴槽の普段のお手入れ方法を説明していきます。
入浴後に、毎回浴槽の掃除をしておくことで先ほど説明した4種類の汚れを予防できます。

用意するものは、次のとおりです。

用意するもの
  • お風呂用中性洗剤(バスマジックリンのようなもの)
  • お風呂掃除用のスポンジ
  • お風呂掃除用のブラシ

お風呂の浴槽の普段の掃除方法の手順は、次のとおりです。

  1. 浴槽全体にお湯をかけます。スポンジなどで軽くこすって、表面の汚れを取り除いておきましょう。
  2.  浴槽にお風呂用中性洗剤をかけます。スポンジにたっぷりと水分を含ませてから、洗剤をかけた部分をこすって行きます。その時に、スポンジを使ってなるべく泡を立てていくと、汚れが落ちやすくなります。
  3.  全体を磨ききったら、しっかりとお湯で洗剤を流して行きます。
  4. 浴槽のヘリやゴムパッキンの部分が汚れている場合は、再度、お風呂用中性洗剤をかけてから、ブラシでこすっておきましょう。
  5. 最後に、お湯で洗剤をしっかり落として終了です。
MEMO
浴槽の清掃は入浴がすぐに行うのがポイント。なぜならば、水分がまだ蒸発していないので、水垢や石鹸カス、皮脂汚れなどが落ちやすいからです。

お風呂の浴槽の掃除方法2:オキシクリーン編

オキシクリーンは、洗濯から掃除までと、あらゆるシーンで使える弱アルカリ性の洗剤。

オキシクリーンには、漂白や除菌のほかに、油分を分解する効果があります。
それによって、お風呂の4種類の汚れに効果を発揮する万能洗剤です。

そんなオキシクリーンを活用したお風呂の浴槽の清掃方法を説明していきます。

オキシクリーンとは?安全なの?

オキシクリーンは、お湯を混ぜると酵素の泡で汚れを落とす弱アルカリ性の粉末状洗剤です。

弱アルカリ性なので、手についても安心で塩素系の洗剤のような嫌なにおいが発生しません。

酵素の泡によって汚れを浮かす仕組みで、高い洗浄力と漂白力があります。

オキシクリーンを使った浴槽の掃除方法

オキシクリーンで浴槽を清掃する場合は、まず次の4つのアイテムを用意しましょう。

用意するもの
  • オキシクリーン
  • 計量カップ
  • ゴム手袋
  • お風呂清掃用のスポンジ
  • 歯ブラシ

それでは、清掃方法を説明していきます。

掃除方法
  1. 浴槽に40度以上のお湯をためます。風呂釜がある場合は、風呂釜の穴から5〜10cm上までためましょう。
  2. ゴム手袋をつけてから、約500~600gのオキシクリーンを浴槽のお湯の中に入れて、よくかき混ぜます。かき混ぜるときは、洗面器などを使った方が効率的です。
  3. 追い炊き式のお風呂の場合は、追い炊きをして循環させてから、つけ置きします。追い炊き機能がない場合は、そのままつけ置きしましょう。つけ置きの時間は、約2時間程度です。
  4. 2時間程度が経過したら、お湯を抜きます。追い焚き式のお風呂の場合は、新たに水をためてから追い焚きをして、シャワーでお湯をかけてしっかりすすいでおきましょう。追い炊きがない場合は、お湯でしっかりオキシクリーンを落としておきましょう。
  5. 最後に汚れをチェックします。まだ汚れが付いている場合は、スポンジか歯ブラシにオキシクリーンを少しつけて、擦っておきましょう。

オキシクリーンでつけ置きをするときは、なるべく熱いお湯をためるのがおすすめです。
40〜50度程度のお湯が適しており、汚れがひどい場合は、50度近くのお湯を使うと落ちやすくなります。

お風呂の浴槽の掃除方法3:ジャバ編

追い炊き式のお風呂の浴槽洗い洗剤で有名なジャバ。

風呂釜専用の洗剤で、外からは洗いにくい風呂釜の中の汚れを取り除いてくれます。

ジャバを使った浴槽の清掃方法を説明していきます。

ジャバとは?どんな浴槽に向いてる?

ジャバは、風呂釜専用の洗剤で追い炊きをして洗浄することで、風呂釜の中にたまっている大腸菌群やブドウ球菌などの雑菌をしっかりと取り除いてくれます。

風呂釜とは、お風呂を沸かすときの掃除のことで、浴槽に一つ穴か二つ穴があり、そこから熱いお湯が出る仕組みになっています。

つまり、お湯はりや追い焚きのモードにすると、風呂釜の中でお湯が作られて、そのお湯が吹き出す仕組みになっているのです。

風呂釜の中は、外から洗いにくいのもあり、追い炊きの時などにお湯を循環させる際に、風呂釜の中に入浴中のお湯の中の汚れがたまってしまいます。

その汚れを餌に、様々な雑菌が寄り付いて、さらに汚れが深刻になっていくのですね。

風呂釜には、1つ穴タイプと2つ穴タイプがあります。

次からは、ジャバを使った浴槽の掃除方法をそれぞれ説明していきます。

ジャバを使った浴槽の掃除方法:1つ穴タイプ

1つ穴タイプの風呂釜のジャバを使った清掃方法は、次の通りです。

  1. 風呂釜の穴から5cm程度上まで水を張ってから、ジャバを入れます。
  2. その後、浴槽の水の中にジャバを均等になるように入れます。
  3. 3分程度の追い炊きをした後に、10分間置いておきます。
  4. 10分間の放置が終わったら、排水をします。再び、風呂釜の穴から5cm程度上まで水を入れてから、5分程度の追い炊きをします。
  5. 排水をしてから、シャワーで浴槽をすすいだら終了です。

ジャバを使った浴槽の掃除方法:2つ穴タイプ

2つ穴タイプは、水やお湯の手入りが緩やかなので、風呂釜の中に汚れが溜まりやすいです。

ですので、ジャバでしっかり洗浄しておきましょう。

2つ穴タイプのジャバを使った浴槽の清掃方法は、次のとおりです。

  1. 入浴後に40度程度のお湯を残しておきます。40度以下になると汚れが落ちないので、必ず40度程度か、それ以上のお湯を残しておきましょう。そして、入浴剤を入れたお湯は、使用できません。お湯の位置は2つ穴の上の穴まで入っているのが目安です。
  2.  2つ穴に湯止めカバーが付いている場合は取り外しておきましょう。
  3.  ジャバの赤いキャップの先端を外してから、お湯の中に沈めて、先端を下の穴に合わせます。風呂釜の中にジャバの全てが入るまでジャバの底を10回程度を押します。
  4. お湯を張ったままの状態で、水道のホースを下に入れ、勢い良く水を出します。それによって、風呂釜の中に残っている汚れを出します。
  5. 浴槽のお湯を全て排水して、浴槽全体をシャワーですすいだら終了です。

お風呂の浴槽の隙間を掃除する方法

知らない間に汚れが溜まって、黒ずんだり赤くなったりしてしまう浴槽の隙間。

特に、浴槽のエプロンと壁の間に汚れが溜まりやすいです。

本格的に汚れが溜まってしまうと、掃除が大変になり、落ちないケースもあります。

だからこそ、定期的に正しい方法で掃除しておきたいですね。

ここで、お風呂の浴槽の隙間の掃除方法をご紹介します。

浴槽のエプロンとは?

浴槽のエプロンとは、バスタブのカバー部分を指します。

バスタブは、お湯につかる部分ですね。
その上には、カバーが取り付けられており、浴槽が形成されています。

エプロンはバスタブ部分にも接触していますが、壁の部分にも接触しています。

入浴中にお湯が溢れたり、シャワーでお湯がかかったりすると、隙間にお湯が入り込んで、そこから汚れが発生します。

また、隙間なので乾きにくく、カビなどが発生しやすいのですね。

だからこそ、定期的な掃除が必要なのです。

エプロンを取り外しての清掃になりますが、方法を覚えてしまえば、すごく簡単です。

それでは次からは、浴槽の隙間の清掃の手順を説明していきます。

浴槽の隙間の掃除に必要なもの

エプロンを外して、浴槽の隙間を清掃するときは、次のようなものが必要です。

  • お風呂清掃用中性洗剤
  • カビ取り用洗剤
  • お風呂清掃用スポンジ
  • お風呂清掃用ブラシ
  • ゴム手袋

浴槽の隙間にカビが発生している場合は、カビ取り用の洗剤も用意しておきましょう。
また、カビ取り用洗剤を使う場合は、ゴム手袋も用意しておくと、手荒れを防ぐことができます。

浴槽の隙間の掃除方法

それでは、エプロンを外すところから、浴槽の隙間の清掃方法を詳しく説明していきます。

エプロンを外して行う浴槽の隙間の清掃方法
  1. まず、エプロンを取り外しますが、説明書がある場合は、説明書の指示に従って取り外します。よくある取り外し方としては、エプロンの下のほうに手をかける部分があるので、そこを指で持ち、手前に引きながら持ち上げます。破損などを防ぐために、ゆっくりと行いましょう。
  2. お風呂清掃用のスポンジに水分を含ませてから、お風呂用中性洗剤をつけて泡立てます。そのスポンジで、エプロンの内部と外部を順に洗っていきます。エプロンは床にゆっくり置いて移動させながら洗っていきましょう。壁などに乱暴にかけてしまうと、傷がつく恐れがあります。
  3. エプロンを洗い終わったら、バスタブ部分を洗います。エプロンがかぶさっていたところが特に汚れているはずなので、中性洗剤を含ませたスポンジでこすりましょう。カビがひどい場合は、カビ取り用洗剤をかけてから数分放置して、お湯で洗い流します。この時に、手荒れ防止のためにもこの手袋の使用をおすすめします。
  4. エプロンとバスタブをしっかり乾かしてから、エプロンを取り付けます。はずす前と同じ方向でエプロンをバスタブの上から設置し、エプロンの端に手をかけて上から押し込みます。どちらか片方だけに力を入れると、ずれる恐れがあるので、両端に手をかけて均一に力を入れられるようにしましょう。隙間がないかをチェックしたら、終了です。

エプロンの取り外しと取り付けについては、なるべく取り扱い説明書通りに行いましょう。

お風呂の浴槽を掃除する頻度は?

お風呂の浴槽を清掃する頻度は、清掃方法や汚れの度合いによって、違います。

お風呂の浴槽の清掃方法別の頻度は、次のとおりです。

  • お風呂用中性洗剤を使った清掃…入浴後
  • オキシクリーンやジャバを使った清掃…月に1回〜2回程度
  • エプロンを取り外しての清掃…年に1回程度

基本的には、このような頻度で掃除をしますが、汚れの度合いによっては頻度を上げて掃除をすると、きれいに保つことができます。

まとめ:お風呂の浴槽の掃除は汚れによって方法が違う!

お風呂の浴槽の清掃方法を説明してきました。

基本的には、入浴後にお風呂用の中性洗剤で掃除をする習慣をつけ、特別な清掃として、月に2回程度、オキシクリーンやジャバを使った清掃をしておくと、しつこい汚れを取り除くことができます。

また、浴槽のエプロンの隙間には汚れが溜まりやすいので、年に1回は外して清掃するようにしておきましょう。

掃除方法に合わせた頻度でお手入れしていくことで、いつまでもきれいなお風呂の浴槽を保つことができます。