汚れ防止加工可能な宅配クリーニング業者選びのポイント!

汚れ防止加工をしておくと、たとえ汚れがついても、ある程度は弾いてくれるので、大惨事にはなりません。

例えば、カレーを食べているときに白いシャツを着ていたとします。

注意して食べていたのに、ちょっとした隙にカレーが白いシャツに飛んでしまった…と言う経験はありませんか?

そんなときのためにも、宅配クリーニングの汚れ防止加工をしておくと、衣類に汚れが染み込みにくいため、さっと拭くだけで元通りになるのです。

今回は、汚れ防止加工可能な宅配クリーニング業者選びのポイントや汚れ防止加工サービスのメリットとデメリットを解説していきます。

汚れ防止加工可能な宅配クリーニング業者選びのポイント!

汚れ防止加工とは、撥水加工のことです。

撥水加工は、雨や雪などの水溶性の汚れを弾く効果があり、衣類に汚れがついたとしても、染み込みにくいので助かります。

撥水加工は、オプションメニューで用意されており、宅配クリーニング業者によって料金が違います。

また、撥水加工のメニューがない業者もあるので、そうしたことを踏まえて業者選びをする必要があります。

汚れ防止加工可能な宅配クリーニング業者選びのポイントは、次の3つです。

  1. 汚れ防止加工可能な業者
  2. 汚れ防止加工料金が安い業者
  3. 納期が早い業者

汚れ防止加工可能な業者選びをするときは、まず、汚れ防止加工メニューがあるかを確認しましょう。

その上で、汚れ防止加工の料金や納期等を見て比較していくと、良い業者選びができます。

それでは、それぞれのポイントを詳しく説明していきます。

汚れ防止加工可能

宅配クリーニング業者を調べてみるとわかりますが、意外に汚れ防止加工メニューを用意している業者が少ないです。

汚れ防止加工メニューの有無を確かめるときは、撥水加工の有無を確かめましょう。

宅配クリーニング業者で行われている汚れ防止加工は、シリコンやフッ素などの成分を衣類に浸透させてから、急速に乾かす方法で行われています。

この加工方法により、衣類の表面に膜を張れるため、汚れを弾いて防止することができるのです。

天候が悪い日は、雨だけではなく地面からの泥はねもありますね。

雨水に泥が混じった泥水が衣類に付着すると、一瞬にして汚れてしまいますが、汚れ防止加工を施しておくと、汚れを軽減することができます。

汚れ防止加工施したからといって、どんな汚れも防止できるわけではありません。

かなり多い量の泥水が飛んできたり、コップ一杯分程度の飲み物をこぼしてしまったりした時は、衣類が汚れてしまいますが、すぐに拭き取れば、加工を施していない時よりも汚れを防ぐことができます。

宅配クリーニングの汚れ防止加工は、次のような衣類に加工されることが多いです。

汚れ防止加工が使われやすい衣類
  • ワイシャツ
  • コート
  • ダウン
  • スーツ
  • 制服
  • 礼服

そのため、汚れ防止加工メニューの有無を確かめる時は、まずオプションメニューの項目を確かめてみましょう。

もしも、オプションメニューの項目に掲載されていなければ、これらのアイテムのクリーニング料金を中心にチェックしてみるとよいでしょう。

汚れ防止加工料金が安い

宅配クリーニングの汚れ防止加工は、オプションメニューで提供されているため、必ず料金がかかります。

汚れ防止加工料金の相場は、1着につき、500円〜1500円程度です。

お気づきの通り、業者によって料金にかなりの差があるので、料金の比較をしながら業者選びをする必要があります。

また、料金だけにとらわれず、汚れ防止加工技術の質も見極めながら、料金と質のバランスが取れた業者を選ぶとよいでしょう。

MEMO
汚れ防止加工技術が高い業者は、加工方法について、詳しく掲載している傾向があります。質の高さを判断をするときは、汚れ防止加工方法についての記載を参考にするとよいでしょう。

納期が早い

汚れ防止加工を依頼すると、業者によっては通常よりもかなり納期が伸びる可能性があります。

また、納期は衣類によっても左右されるため、デリケートの素材が使われていたり、大きな衣類については特に注意する必要があります。

衣類の素材や大きさも関係してくるため、できるだけ納期が早い業者を選んでおくと、急ぎの場合に便利です。

宅配クリーニング業者のホームページには、必ず納期が記載されていますが、書き方がバラバラなのでわかりにくいかもしれません。

よくある納期の記載方法は、次の3つです。

  • 最短◯日
    1番多いのが「最短◯日」の記載です。
    これは、一番短い日数が◯日と言う意味です。
  • ◯日以内
    これは、最長で◯日かかりますと言う意味の表記です。
    7日なら、最長でも1週間以内にはお届けできると言う意味になります。
  • ◯日後~
    これは、最低でも◯日はかかると言う意味の表示です。
    3日であれば、早い仕上がりでも3日は必要だと言う意味になります。

この中で1番わかりにくいのが、「◯日〜」の記載です。

◯日以上の目安は分かったとしても、最長で何日かかるかが分かりません。

これらの記載を参考にして、できるだけ納期が早い業者を選ぶと、汚れ防止加工を注文しても、比較的仕上がりが早いです。

注意
詰め放題パックなどでまとめてクリーニングを依頼で、汚れ防止加工も注文する場合は、特に納期に気をつける必要があります。詰め放題パックは、まとめて依頼するシステムのため、すべての衣類のクリーニングが終わってからでなければ、返送できません。まとめて依頼したうちの1着でも、汚れ防止加工が理由で納期が遅れてしまうと、すべての衣類の到着が遅くなります。

汚れ防止加工可能な宅配クリーニング業者を比較!

汚れ防止加工可能な宅配クリーニング業者選びのポイントを説明したところで、そのポイントをもとに、いくつかの宅配クリーニング業者を比較してみたいと思います。

【汚れ防止加工可能】 【汚れ防止加工料金が安い】 【納期が早い】
リネット 二重丸 二重丸 丸
クリラボ 丸 丸 丸
リナビス 二重丸 丸 二重丸
せんたく便 二重丸 丸 二重丸
白洋舎 らくらく宅配便 丸 丸 二重丸
デリウォッシュ バツ バツ 丸
クリーニングラボ 三角 三角 三角
クリコム 丸 丸 丸
美服パック 二重丸 三角 三角
ココデカウ バツ バツ 三角

このように、汚れ防止加工自体を受け付けていない宅配クリーニング業者が多いので、業者選びの際には、まず、汚れ防止加工のメニューを確認しましょう。

それでは、この比較表の中で評価が高かった3つの宅配クリーニング業者の特徴やメリットを詳しく説明していきます。

汚れ防止加工可能な宅配クリーニングおすすめ業者ランキング!

1位:リネット

リネット
ポイント
  1. 汚れ防止加工はオプションで600円
  2. 素材別のオプション料金が明確に記載されている
  3. 単品制の料金システムでクリーニング代がわかりやすい
  4. プレミアム会員なら1着1400円〜最大8ヶ月の保管サービス利用可能
  5. 一流のアパレルブランドに選ばれるほど品質が高い
CHECK
リネットは、単品制の料金システムでクリーニング代がわかりやすく、素材別のオプション料金が明確に記載されており、少量の依頼におすすめです。汚れ防止加工はオプションで600円とリーズナブルな料金設定で、プレミアム会員なら1着1400円〜最大8ヶ月の保管サービス利用可能です。
リネットの評価
汚れ防止加工可能
(5.0)
汚れ防止加工料金が安い
(5.0)
納期が早い
(4.5)
総合評価
(5.0)

2位:せんたく便


ポイント
  1. 汚れ防止加工や花粉防止加工などのオプションが充実
  2. 送料やシミ抜き、再仕上げが無料
  3. 最短5営業日でお届けでスピーディー
  4. webや電話の申し込みでコンビニ発送と受取が可能
  5. 高級クリーニングが得意で仕上がりの質が高い
CHECK
せんたく便は、汚れ防止加工や花粉防止加工などのオプション内容が充実しており、最短5営業日の納期の早さも評判の業者です。さらに、webや電話の申し込みでコンビニ発送と受取が可能で高級クリーニングが得意で仕上がりの質が高いので、安心して快適に利用できます。
せんたく便の評価
汚れ防止加工可能
(5.0)
汚れ防止加工料金が安い
(4.5)
納期が早い
(4.5)
総合評価
(4.5)

3位:リナビス

リナビス
ポイント
  1. 汚れ防止加工はオプションで980円
  2. シミ抜きや再仕上げ、ボタン修理などの無料サービスが充実
  3. 生地への負担を減らす自然乾燥方法などのこだわりがある
  4. 最大9ヶ月無料の保管サービスがついている
  5. パック料金制なので依頼点数が多いほど安くなる
CHECK
リナビスは、汚れ防止加工を980円で提供しており、シミ抜きや再仕上げ、ボタン修理などの無料サービスが充実した業者です。生地への負担を減らす自然乾燥方法や20種類の洗浄方法などのこだわりがあり、洗濯の質が高いのに、パック料金でリーズナブルに利用できます。
リナビスの評価
汚れ防止加工可能
(5.0)
汚れ防止加工料金が安い
(4.5)
納期が早い
(4.5)
総合評価
(4.5)

汚れ防止加工サービスのメリット・デメリット!

汚れ防止加工サービスには、メリットもあれば、デメリットもあります。

ここで、汚れ防止加工サービスのメリットとデメリットを解説していきます。

汚れ防止加工サービスのメリット

汚れ防止加工サービスのメリットは、2つあります。

  • 水溶性の汚れを防ぐ
  • 衣類が長持ちする

それぞれのメリットを説明していきます。

水溶性の汚れを防ぐ

宅配クリーニングの汚れ防止加工は、主に水溶性の汚れを弾いてくれます。

水溶性の汚れとは、次のような汚れです。

  • 汗や皮脂
  • 食べ物の汚れ
  • 飲み物の汚れ

クリーニングの際に汚れ防止加工施しておくだけで、これらの汚れを弾いて衣類が汚れるのを防いでくれるので、とても便利です。

汗が衣類に染み込むと、時間がたつほどに黄ばんだり、臭いの原因になったりします。

食べ物や飲み物の汚れは、一度染み込んでしまうと、食べ物や飲み物の種類によってはなかなか取れないので、要注意です。

数ヶ月に1度の頻度で汚れ防止加工をしておけば、衣類を美しい状態で保つことができます。

衣類が長持ちする

汚れ防止加工は、衣類を汚れから守るだけではなく、摩擦などの刺激からも守ってくれます。

汚れ防止加工は、衣類の表面をコーティングする加工です。
そのため、衣類の生地が摩擦を繰り返していたとしても、膜があることでダメージを軽減してくれるのです。

よく着用する衣類は、無意識のうちにどこかにこすれて摩擦が起こっているかもしれません。

その頻度が上がるごとに、生地が傷みやすくなり、衣類の劣化につながります。

汚れ防止加工を施しておくと、生地の傷みを防いで、衣類を長持ちさせることができます。

汚れ防止加工サービスのデメリット

撥水加工サービスのデメリットは、3つあります。

  • 時間が経つと効果が薄れてくる
  • オプション料金がかかる
  • 納期が遅くなることがある

それぞれのデメリットを詳しく説明していきます。

時間が経つと効果が薄れてくる

汚れ防止加工の効果は、ずっと続くわけではありません。

着用や洗濯を繰り返しているうちに、汚れ防止加工のコーティングが少しずつ剥がれてくるため、効果が薄くなってきます。

ワンシーズンに1回は、汚れ防止加工をしておかなければ、時間が経つごとに本来の効果を感じることができなくなります。

忘れた頃に、食べ物や飲み物がついて、取り返しのつかないことになった…のような事態に陥らないためにも、定期的に汚れ防止加工をする必要があります。

オプション料金がかかる

汚れ防止加工はオプションメニューなので、必ず追加料金がかかります。

最近は、無料サービスが充実した高いクリーニング業者が続々と登場しているので、汚れ防止加工も無料サービスの中に含まれているように思えますが、今のところオプションメニューで定着しています。

相場は500円程度ですが、中には1500円程度の料金で受け付けている業者もあるので、汚れ防止加工を続けていくとなると、継続的に費用がかかります。

そのため、汚れ防止加工の質と料金のバランスが取れている業者の中でも、できるだけ料金が安い業者を選び出すのがおすすめです。

納期が遅くなることがある

汚れ防止加工を注文すると、通常よりも、納期が2日から3日程度長くなります。

さらに、衣類の素材や大きさによっては、かなり納期が伸びるケースもあるので、急いでいるときはデメリットになります。

デリケートな素材を使った衣類や大きいコートなどの汚れ防止加工を依頼する場合は、業者に問い合わせて納期を確認しておくとよいでしょう。

汚れ防止加工可能な宅配クリーニングのQA!

汚れ防止加工すれば、絶対に衣類が汚れないのですか?

ほとんどの汚れを防止できますが、かなり多くの量の汚れがついた場合は、衣類に汚れが染み込むことがあります。

既についてしまっている汚れを汚れ防止加工で取り除くことはできますか?

既についてしまっている汚れは、汚れ防止加工では取り除けません。一般的には、染み抜き加工などで取り除きます。

ロングコートに汚れ防止加工を施したいのですが、納期はかなり長くなりますか?

生地面積が広いほどに、納期は長くなります。業者によって納期が違うので、一度問い合わせてみて下さい。

制服の汚れ防止加工の頻度は、どれくらいですか?

ワンシーズンに1回が目安になっています。しかし、着用シーンや頻度によっては、もう少し間隔を狭めて加工を施した方が良いでしょう。

汚れ防止加工は、雨や泥も弾いてくれますか?

雨や泥の汚れは水溶性なので、汚れ防止加工で弾くことができます。ただし、かなり多くの量の雨や泥の汚れは、防止しきれずに染み込むことがあります。