ウタマロクリーナーでトイレ掃除!尿石や便器も床も綺麗にする方法

ウタマロ石鹸は、青色が目印の昔ながらの洗濯用固形石鹸。
使いやすいスプレータイプもあり、キッチンやお風呂の他に、トイレ掃除にも活用できます。

洗濯用固形石鹸と同様に、油汚れや水アカなどを落とすのに最適です。

トイレにも、たんぱく質が混じった尿の汚れや水垢汚れが頻繁に発生しますね。
そのような汚れを簡単に落としてくれるのが、スプレータイプのウタマロクリーナーなのです。

そこで今回は、ウタマロクリーナーの特徴やスプレータイプのウタマロクリーナーを利用したトイレの掃除方法を説明していきます。

ウタマロクリーナーとは?

ウタマロクリーナーとは、株式会社東邦が販売する洗濯用の固形石鹸です。
水色のレトロな洗濯用の固形石鹸は、昔から有名な洗濯石鹸で、特に、皮脂汚れや油汚れなどを落とすのが得意です。

そんな特性を生かして、洗濯だけではなくキッチンやお風呂の掃除にウタマロクリーナーを活用する人が多いです。

また、ウタマロクリーナーは、アミノ酸系洗浄成分から作られており、肌や環境にも優しいのがメリット。

洗浄力があるのに、低刺激なので家の中のあらゆるスペースの掃除に活用できます。

さらに、最近は固形石鹸だけではなくスプレータイプのウタマロクリーナーも販売されているため、キッチンやお風呂の他に、トイレ掃除にも活用できるのでは?という声が増えているのです。

ウタマロクリーナーはトイレ掃除に使える?

スプレータイプのウタマロクリーナーは、トイレ掃除にも使えます。
公式サイトには、トイレ掃除とも明記されているので、トイレ用洗剤として使用しても問題はありません。

ただし、全てのトイレの汚れが落ちるわけではないのです。

ウタマロクリーナーはアミノ酸系の洗浄成分で作られており、洗濯の固形石鹸と同様に、タンパク質を含む油汚れや水垢汚れに効果的です。

つまり、トイレの汚れの中のベタベタした水垢汚れのみに効果を発揮するのです。

ウタマロクリーナーはトイレの中でも、次のような場所の掃除に適しています。

  • 便器
  • 手洗い場、タンクの上
  • 床、壁

次の項目からは、それぞれの場所の掃除方法を説明していきます。

ウタマロクリーナーで便器の尿石や黄ばみを掃除する方法

便器についた黄ばみや尿石の汚れには、タンパク質が含まれている可能性が高いです。
人間の尿自体にも、カルシウムだけではなくタンパク質も含まれており、そこに水垢が溜まるとさらにこびりついて取れにくくなります。

そんな汚れには、ウタマロクリーナーがおすすめ。
ウタマロクリーナーのタンパク質分解力によって、トイレの便器の黄ばみや尿石をすっきり落とすことができるのです。

ウタマロクリーナーを使った便器の掃除は、次の手順で行います。

  1. ウタマロクリーナーは低刺激な洗剤ですが、念のためにゴム手袋をつけましょう。
  2. トイレの便器の汚れが気になる部分にウタマロクリーナーをスプレーします。
  3. そのままの状態で30分程度放置しておきます。
  4. 放置時間が経過したら、トイレブラシでこすります。
  5. 汚れが落ちたら、水を流して終了です。もし汚れが落ちない場合は、2番からの手順をもう一度掃除しましょう。
MEMO
便器のふちの細かい部分の掃除には歯ブラシなどの小さなブラシがおすすめです。溝の部分などが擦りにくい場合は、歯ブラシなどを活用すると良いでしょう。

ウタマロクリーナーを使ったトイレの床掃除のやり方

サンポールなどの強力な洗剤を使って床や壁を掃除すると、変色する恐れがあります。
しかし、ウタマロクリーナーは、アミノ酸系の優しい石鹸なので大丈夫。
どんな材質の床や壁でも安心して掃除できる上に、洗浄力も抜群です。

トイレの床や壁には、タンパク質を含む尿の汚れがつきやすいので、ウタマロクリーナーで普段からお手入れしておきたいですね。

ウタマロクリーナーを使ったトイレの床や壁の掃除方法を説明していきます。

  1. ゴム手袋を装着してから、トイレの床や壁全体にウタマロクリーナーをスプレーします。
  2. そのままの状態で、20分以上放置しておきます。
  3. 放置時間が経過したら、ウタマロクリーナーをスプレーした部分を固く絞った雑巾で拭いていきます。
  4. 気になる汚れがこびりついている場合は、その部分だけにウタマロクリーナーのスプレーして、ブラシでこすりましょう。その後、固く絞った雑巾で拭き取って終了です。

排水溝も綺麗!ウタマロクリーナーでトイレの手洗い場を掃除する方法

トイレの手洗い場やタンクの上には水あかがたまりやすく、日頃から取り除いておかなければ、こびりついて取れなくなる可能性があります。

ウタマロクリーナーはキッチンやお風呂の洗剤としても活用されており、特に水垢を落とす効果が高いので、是非トイレの水回りにも活用したいですね。

ウタマロクリーナーで、トイレの手洗い場やタンクの上を掃除する方法を説明していきます。

  1. 手洗い場やタンクの上の水垢が気になる部分にウタマロクリーナーをスプレーします。汚れが隠れるくらいにたっぷり吹きかけておくと効果的です。
  2. スプレーした上からトイレットペーパーをかぶせて、5分程度放置しておきます。
  3. 放置時間が経過したら、被せておいたトイレットペーパーで水垢の部分を少し拭いて、落ちているかを確認します。
  4. もしも、水垢が落ちていない場合は、もう一度、ウタマロクリーナーをスプレーしてから、歯ブラシや掃除用のブラシなどでこすります。
  5. 水垢が落ちていることを確認したら、水を流して終了です。

ウタマロクリーナーでトイレの便器などを掃除をするときの注意点

トイレ掃除にウタマロクリーナーを活用する際には、いくつかの注意点があります。
ウタマロクリーナーは低刺激な洗剤で有名ですが、使用する場所の素材によっては劣化させてしまう恐れがあります。

また、期待できない効果もあるので、特性をよく知った上で注意点を守っていきましょう。

ウタマロクリーナーでトイレを掃除する時の注意点は、3点です。

除菌効果がない

ウタマロクリーナーには、洗浄効果はありますが、除菌効果はありません。
雑菌やカビの発生を防止する効果が期待できないので、繰り返し発生しそうな場所の掃除には、カビ専用の漂白剤などを使いましょう。

例えば、便器などに発生するカビの汚れや黒ずみは、何度も繰り返し発生する恐れがあります。
掃除だけではなく、除菌をしておくことで発生を防ぐほかに、衛生管理もできるので、時々は漂白剤などで掃除しておくとよいでしょう。

木製には使用しない

水拭きが難しい木の素材にウタマロクリーナーを使うと、洗剤が染み込んで変色してしまう恐れがあります。
シミのように変色しても、水拭きができないため取り除くのは困難です。

トイレの中に木製の素材が使われている場合は、その部分だけウタマロクリーナーを使わずに、トイレ用の中性洗剤を溶かしたお湯か水で濡らした雑巾を固く絞ってから、掃除するようにしましょう。

高いところを掃除するときは目に入らないように注意!

スプレー式のウタマロクウリーナーは、勢いよく噴射されるので、高いところを掃除するときは目に入らないように気をつけましょう。

例えば、次のような場所を掃除するときは、特に注意が必要です。

  • 壁の上の方
  • 換気扇

また、便器などに噴射する場合も顔を近づけすぎないように注意しましょう。

もしも、ウタマロクウリーナーが目に入ってしまった場合は、すぐに水で洗い流すことです。
水で目を洗っても、目が充血していたり、痛みが鎮まらない場合は、1日も早く病院に行くのがおすすめです。

まとめ

洗濯用固形石鹸で定番のウタマロクリーナーは、トイレ掃除にもフル活用できます。
いくつかの注意点を守っていれば、低刺激により安全にあらゆる場所をお掃除できます。
低刺激なのに、洗浄力が高く、特に水垢や尿の汚れに対して効果を発揮するのでトイレ洗剤としても最適です

スプレータイプを使えば、通常のトイレ用洗剤と同じように便利に使えるため、トイレ掃除の時間も短縮できますね。
便利で安心なウタマロクリーナーをフル活用して、快適なトイレ空間を保っていきましょう。