長期保管可能でおすすめの宅配クリーニング業者ランキング!

例えば、コートや着物、布団などの家での保管は、意外に大変ですよね。

スペースがあったとしても、衣類や寝具などを美しい状態で保つための環境作りが難しいです。

宅配クリーニングの長期保管サービスなら、衣類や寝具に適した環境で、クリーニング後の美しい状態のまま、保管してくれます。

そのため、宅配クリーニングを依頼すると同時に保管サービスも利用する人が多いです。

今回は、長期保管が可能な宅配クリーニング業者選びのポイントや長期保管サービスのメリットやデメリットについて解説していきます。

長期保管可能な宅配クリーニング業者選びのポイント!

長期保管サービスの内容は、宅配クリーニング業者によって違います。

主に、料金や保管期間、受付期間や返送期間などが異なります。

クリーニングと一緒に保管サービスを利用する場合は、クリーニングと保管サービスの料金のバランスを考えた上で、保管サービスの期間などを検討するケースが多く、比較が難しいです。

そこで、次の3つのポイントを頭に置いていただきたいのです。

  1. 最大の保管期間が長い業者
  2. 保管料金が安い業者
  3. 保管環境が整っている業者

どこも同じように見える長期保管サービスですが、内容が微妙に違うので、この3点を頭に置いて、宅配クリーニング業者選びをしていくべきです。

それでは、3つのポイントをそれぞれ詳しくお話ししていきます。

最大の保管期間が長い業者

宅配クリーニング業者によって、指定している最大の保管期間が違います。

一般的には6ヶ月から9ヶ月程度ですが、それ以下もあればそれ以上もあり、期間が長い方が、保管期間を選べる幅が広がります。

また、保管期間の他には受付期間と返送期間もあるので、全体的なバランスが重要です。

受付期間とは、保管サービスを受け付けている期間のことで、返送期間は保管していた衣類や布団などを返送が可能な期間のことです。

MEMO
一般的に、保管サービスの対応期間は冬物であれば、受付期間が2〜8月、返却期間が9~12月など、衣類の着用シーズンに合わせて決められていることが多いです。業者選びの際には、保管期間だけではなく、受付と返却期間もチェックしておくとよいでしょう。

保管料金が安い業者

宅配クリーニングの保管サービス料金は、無料から有料とさまざまです。

料金だけではなく最大保管期間にもばらつきがあるので、比較しにくいですが、次の3つのステップで比較すると、業者選びがスムーズになります。

保管料金の比較方法
  1. 保管したい期間や受付と返送の期間を決める
  2. 1番で決めた期間に近い保管サービスを提供している業者をピックアップする
  3. ピックアップした業者の中で料金を比較する

まずは、保管サービスを利用したい期間を決めると、自分に最適な業者がわかりやすくなります。

そこから、期間と料金のバランスを見ていきましょう。

保管環境が整っている業者

宅配クリーニング業者によって保管環境が様々です。
保管ルーム内の湿度と温度は大体同じですが、保管ルーム自体が異なるケースが多いです。

例えば、A社は絹織物保管庫、B社は紫外線を遮断した保管ルームなど、それぞれに特色があり、保管が得意な衣類が微妙に異なります。

どんな衣類をクリーニング依頼するかによって、選ぶ保管環境が変わってくるので、各業者の保管環境を見極めておきましょう。

MEMO
衣類などにカビが生えやすい温度は15~30℃、湿度は70~95%です。クリーニングの方間で特にカビに気をつけたい人は、室温20℃以下、湿度60%以下で保管してくれるサービスを選ぶのが、おすすめです。

長期保管可能な宅配クリーニング業者を比較!

長期保管可能な宅配クリーニング業者選びのポイントを説明したところで、そのポイントをもとに、いくつかの宅配クリーニング業者を比較してみたいと思います。

比較表で見てみると、どの業者の保管サービスが最適なのかがよくわかります。

【最大の保管期間が長い】 【保管料金が安い】 【保管環境が整っている】
リネット 二重丸 丸 二重丸
クリラボ 丸 丸 丸
リナビス 二重丸 二重丸 丸
せんたく便 丸 丸 二重丸
白洋舎 らくらく宅配便 丸 丸 丸
デリウォッシュ 丸 丸 三角
クリーニングラボ 三角 三角 丸
クリコム 丸 三角 丸
美服パック 丸 丸 丸
ココデカウ バツ 三角 三角

このように比較してみると、最大保管期間が長い上に料金が安い業者は、あまりないものです。

最大保管期間が長い方が期間を選べてスケジュールを決めやすいので、まずは最大保管期間の長さで比較するとよいでしょう。

それでは、この比較表の中で最も評価が良かった3つの業者の特徴やメリットをお話ししていきます。

長期保管の宅配クリーニングおすすめ業者ランキング!

1位:リナビス

リナビス
ポイント
  1. 生地への負担を減らす自然乾燥方法などのこだわりがある
  2. 最大9ヶ月無料の保管サービスがついている
  3. パック料金制なので依頼点数が多いほど安くなる
  4. 撥水加工はオプションで980円
  5. シミ抜きや再仕上げ、ボタン修理などの無料サービスが充実
CHECK
リナビスは、全体的に良心的なサービスがかなり評判の業者です。洗濯の質はもちろんのこと、最大9か月の保管サービスやボタン補修、シミ抜き、再仕上げなどが無料で含まれており、ほぼ基本料金だけで保管サービス込みのクリーニングが可能です。
リナビスの評価
最大の保管期間が長い
(5.0)
保管料金が安い
(5.0)
保管環境が整っている
(5.0)
総合評価
(5.0)

2位:リネット

リネット
ポイント
  1. プレミアム会員なら1着1400円〜最大8ヶ月の保管サービス利用可能
  2. 素材別のオプション料金が明確に記載されている
  3. 単品制の料金システムでクリーニング代がわかりやすい
  4. 一流のアパレルブランドに選ばれるほど品質が高い
  5. シミ抜き無料で撥水加工はオプションで600円
CHECK
リネットは、プレミアム会員対象に1着1400円〜で最大8ヶ月の保管サービスを用意している業者です。依頼品1点ずつのクリーニングを丁寧に行なっており、素材別のオプション料金も細かく記載しています。会員向けサービスは特に充実しているので、リピーターさんは必見です。
リネットの評価
最大の保管期間が長い
(5.0)
保管料金が安い
(4.5)
保管環境が整っている
(5.0)
総合評価
(4.5)

3位:せんたく便


ポイント
  1. クリーニングと保管サービスのセットパックがある
  2. リピート割引でお得に依頼できる
  3. 高級クリーニングが得意で仕上がりの質が高い
  4. 送料やシミ抜き、再仕上げが無料
  5. 撥水加工や花粉防止加工などのオプションが充実
CHECK
せんたく便はクリーニングと保管サービスのセットパックがあり、管理された環境での長期保管サービスが評判な業者です。保管だけではなく、高級クリーニングが得意なので上質な素材や装飾のクリーニングも安心して任せられます。
せんたく便の評価
最大の保管期間が長い
(4.5)
保管料金が安い
(4.5)
保管環境が整っている
(4.5)
総合評価
(4.5)

長期保管サービスのメリット・デメリット!

クリーニングの後に、管理されたスペースで保管までしてくれる長期保管サービスは、すごく便利なので利用者が多いです。

メリットが多いために利用者も増えている中で、多少のデメリットもあるので、参考のために見ておくとよいでしょう。

ここで、宅配クリーニング業者の長期保管サービスのメリットとデメリットをまとめていきます。

長期保管サービスのメリット

宅配クリーニング業者の長期保管サービスを利用するメリットは、次の3つです。

  • 整った環境での保管で衣類を長持ちさせられる
  • 家の衣類の収納スペースが広がる
  • 家での衣替えがスムーズになる

このメリットを、それぞれ詳しく説明していきます。

整った環境での保管で衣類を長持ちさせられる

宅配クリーニング業者の保管ルームは室温20℃以下、湿度60%以下の環境が保たれているので、クリーニングした衣類を美しい状態のままで保管でき、長持ちさせられます。

クリーニング後に家で室温20℃以下、湿度60%以下の環境を保ち、衣類を保管するのは意外に難しいです。

特に湿度の管理は、除湿機などを使用したり、窓をこまめに開けたりなどの手間がかかるので、保管自体が負担になってくるはずです。

あまり温度や湿度の管理をしなくてもいい衣類であれば、そこまで手間をかける必要はありませんが、例えば、着物や布団などは湿度管理が難しいので、宅配クリーニング業者の長期保管サービスを利用する方が賢明です。

家の衣類の収納スペースが広がる

コートやダウンジャケットは、品物によってスペースを取るので、それだけ収納スペースが必要ですね。

狭いマンションに住んでいたりなどの理由で、あまりスペースを確保できない人にとって、宅配クリーニング業者の保管サービスはありがたいサービスです。

クローゼットの中に衣類がたくさん入りすぎていると、整理整頓が難しいのと、衣類を取り出しにくいというデメリットがあります。

衣類のスペースの確保によって、衣類が整理整頓しやすくなるので、お洒落も楽しくなりますよ。

注意
ハンガーに衣類をかけてクローゼットに保管する場合、ぎゅうぎゅうに詰まっていることで取り出しにくくなります。面積が足りないと、取り出しだけではなく衣類の収納にも一苦労するため、クローゼットの中が乱れやすくなります。整理整頓のためにも、収納スペースの空きの確保が重要です。

家での衣替えがスムーズになる

収納スペースが広がると、衣替えがスムーズになります。
それだけではなく、来シーズンの衣類を保管サービスで保管していた場合、衣替えの際の衣類チェックの手間も省けます。

宅配クリーニング業者の長期保管サービスでは、絶対にカビや虫が発生しないように管理されているので、安心です。

家で衣類の保管をしていると、知らないうちにカビや虫が発生しているケースが多いです。

カビや虫が発生すると、衣類の生地を傷めてしまう上に、年月が経っていると元に戻しにくくなるので要注意です。

また、直射日光のあたる所で保管していると、色あせのリスクも高まるので、そういう意味でも宅配クリーニング業者の長期保管サービスを利用していると、衣替えの際の手間が省けます。

長期保管サービスのデメリット

宅配クリーニング業者の長期保管サービスのデメリットは、次の3点です。

  • 衣類の枚数制限がある
  • 保管期間に決まりがある
  • 有料の場合は費用がかかる

衣類の枚数制限がある

宅配クリーニング業者によっては、保管サービスを利用できる衣類の枚数制限があります。

クリーニングの料金形態には、単品制とパック制があり、それに伴って、保管サービス料金も同じように単品制とパック制になっていることが多いです。

つまり、クリーニング料金も保管サービス料金も、単品制かパック制のどちらかに統一している業者が多いのですね。

単品制の場合は、衣類1点に対して保管サービス料金がかかるので、パック料金と比較すると、点数が多いほどに少し割高になります。

逆に、パック制の場合は、クリーニング料金とともに保管サービス料金も、5点パック、10点パックなどの点数で区切られているので、選択した料金プランによって保管サービスを利用できる衣類に枚数制限が出てきます。

このように、どちらにもメリットとデメリットがあるので、自分に合う料金形態を選ぶのがポイントです。

保管期間に決まりがある

宅配クリーニングの保管サービスは、自由に決められるわけではありません。

各業者で、保管期間を決めており、それに基づいて受付期間や返送期間も定めているケースが多いです。

しかし、すべての業者が期間を決めているわけではないので、それぞれの業者の保管期間の特徴を知った上で、ふさわしい業者を選ぶとよいでしょう。

有料の場合は費用がかかる

保管サービスを無料で提供している業者もあれば、有料で受付をしている業者もあります。

ほとんどが、有料での受付になっています。

また、有料の場合は単品料金かパック料金の料金プランに決まっており、どちらを利用するかで衣類1点あたりの料金が違ってきます。

いずれにせよ、有料の場合は、料金がかかってしまうので、長く利用するほどに費用がかかると言うデメリットがあります。

長期保管の宅配クリーニングのQA!

長期保管の申し込みは、いつでもできるのですか?

業者によって受付と返送期間をそれぞれに設定しているので、確かめておくとよいでしょう。

返送の受取の日時は細かく設定できますか?

返送可能期間であれば、細かく設定できる業者が多いです。

長期保管サービスだけの利用はできますか?

多くの業者で、クリーニングと一緒に長期保管サービスの受付を行なっています。

預かってもらえない衣類もあるのでしょうか?

業者によっては、取り扱い不可なアイテムもあります。

長期保管サービスの利用で、本当にカビや虫の発生を防げますか?

多くの業者では、カビや虫の発生を防ぐために徹底した室温と湿度の管理をしているので、心配ありません。