Tシャツの洗濯におすすめの宅配クリーニング業者ランキング&洗濯のコツ!

春から夏にかけて着用頻度が圧倒的に高くなるTシャツ。

Tシャツはカジュアルな普段着としてだけではなく、おしゃれアイテムの1つとしてファッションコーデに積極的に取り入れられるようになりました。

その影響で、Tシャツのバリエーションが増えて、プリントや使われる素材が豊富です。

家で簡単に洗濯できそうなTシャツですが、種類によっては洗濯できないこともありますね。

そんな時は、宅配クリーニングの利用がおすすめです。

ここでは、Tシャツの宅配クリーニング業者選びのポイントや家で洗濯するときの注意点などをご紹介します。

Tシャツの宅配クリーニング業者選びのポイント!

ただの普段着扱いのTシャツもあれば、貴重なデザインの限定Tシャツや記念のライブTシャツなど、お宝なレアTシャツもありますね。

思い入れがあるTシャツは、できるだけそのままの状態で着用し続けたいものです。
だからこそ、宅配クリーニング業者選びのポイントを押さえて良い業者を選ぶべきなのです。

Tシャツの宅配クリーニング業者を選ぶポイントは、3つあります。

  1. 品質と料金のバランスがいい業者
  2. オプションサービスが充実した業者
  3. 賠償基準がわかりやすい業者

Tシャツは着用頻度が高かったり枚数が多かったりで、クリーニングに出す機会が多いはずなので、洗濯の質だけではなく料金もチェックしておきましょう。
そして、撥水加工やシミ抜きなどのオプションメニューが充実、もしもの時のために賠償基準が分かりやすい業者を選んでおくと、安心して依頼できます。

それでは、この3つのポイントをさらに詳しく説明していきます。

品質と料金のバランスがいい

クリーニングの品質はもちろんのこと、料金もチェックした上でのバランスの良い業者を選びましょう。

品質と料金のバランスの確認方法は、次の3ステップです。

品質と料金のバランス確認の3ステップ
  1. 宅配クリーニング業者の洗濯と乾燥方法の内容を確かめる
  2. ピックアップした宅配クリーニング業者の料金とオプションサービス内容などを確かめる
  3. Tシャツ1点あたりの料金が安く、送料や無料サービスを比較して業者を絞る

洗濯や乾燥の質はパーフェクトでも、Tシャツ1点あたりの料金が高いと、予算的に継続しての依頼が難しくなります。

着用頻度が高く、枚数も多いTシャツですから、少しでもクリーニング料金が安い業者を選ぶと、リピート依頼しやすいですね。

最終的にはオプション料金や送料などもチェックして、トータルの料金を割り出してから、いくつかの業者で比較してみるといいでしょう。

MEMO
宅配クリーニング業者によっては会員になることで送料やオプション加工が無料になったり、リピートするほどに料金が安くなったりします。すべてのサービスを比較した上で、洗濯の質と料金のバランスを見極めていきましょう。

オプションサービス内容が充実している

Tシャツに最適なオプションサービスは、シミ抜きや撥水加工、花粉防止加工などです。

汗やその他のシミ抜きの重要性

無料サービスの中でシミ抜きを行っている宅配クリーニング業者が多いです。

Tシャツには、食べ物や飲み物、泥などのシミだけではなく、汗が染み込んでシミになるケースも多いので、要注意です。

汗が染み込んだ直後は、無色でシミにはなっていませんが、時間が経つごとに酸化して黄ばんできます。

黄ばんでしまう前に、汗のシミを取っておくのが理想的です。

もちろんその他のシミも、放置するほどに取れにくくなるので、早めに落としておきましょう。

撥水加工で新たなシミを防ごう

撥水加工は、水を弾く効果がある加工です。

フッ素などの成分を使って衣類の生地の表面に膜を作ることで、水を弾く仕組みになっています。

水だけではなく、ジュースなどの液体も弾いてくれるので、新たな水性のシミを予防できます。

花粉症の人には花粉防止加工がおすすめ

春から夏にかけて着用頻度が高くなるTシャツなので、花粉防止加工もおすすめです。

自分だけではなく、花粉症を持つ家族がいる場合でも、花粉防止加工が役立ちます。

花粉防止加工を施すとTシャツに花粉が付きにくくなるので、本人はもちろんのこと、家にも花粉を持ち込みにくくなり、家族の花粉症対策にもなります。

MEMO
花粉防止加工は、花粉がTシャツに付着するのを防ぐことで花粉症の症状を軽減するものであり、花粉症の症状が全くなくなる加工ではありません。

賠償基準がわかりやすい

Tシャツのデザインのバリエーションが増えているからこそ、賠償基準がわかりやすい業者を選ぶべきです。

Tシャツのデザインにはプリントだけではなく、装飾品が使われていることもあります。

プリントの場合は色落ち、装飾品の場合はパーツの破損など、クリーニング中のトラブルがないとは言えません。

大切なTシャツをクリーニングに出すのであれば、賠償基準をわかりやすく記載している信頼ある業者を選ぶべきです。

賠償基準がわかりやすければ、内容もすぐに把握できますね。

大切なTシャツを守るためにも、賠償基準の内容を把握してからクリーニング依頼をしましょう。

注意
宅配クリーニング業者によって保管サービスの料金や内容が違い、有料と無料があるのでよく確認しておきましょう。保管期間や料金も知った上で、業者選びをするのがおすすめです。

Tシャツの宅配クリーニング業者を比較!

Tシャツの宅配クリーニングに対応した業者は、数え切れないほどあります。
その中から良い業者を選ぶのは、意外に難しいです。

そこで、今ご紹介した3つのポイントをもとに、人気の宅配クリーニング業者を比較して良い業者を明確にしていきたいと思います。

【品質と料金のバランス】 【オプションサービスが充実】 【賠償基準がわかりやすい】
リネット 二重丸 二重丸 二重丸
クリラボ 丸 丸 丸
リナビス 二重丸 二重丸 二重丸
せんたく便 二重丸 二重丸 丸
白洋舎 らくらく宅配便 丸 丸 丸
デリウォッシュ 三角 三角 丸
クリーニングラボ 丸 丸 丸
クリコム 丸 丸 丸
美服パック 丸 丸 三角
ココデカウ 三角 三角 不明

このように比較表で、何社かの高いクリーニング業者を評価してみると、良い業者とあまりおすすめできない業者がはっきりと分かれますね。

それでは、この中でも評判がよかった3つの宅配クリーニング業者にスポットを当てて、特徴やメリットを解説していきます。

Tシャツの宅配クリーニングおすすめ業者ランキング!

1位:リナビス

リナビス
ポイント
  1. 20種類の中から衣類や素材に合わせた洗浄方法を選ぶ
  2. 自然乾燥で生地への負担を減らす
  3. シミ抜きや送料、ボタン修理など8つの無料サービスが充実
  4. 撥水加工などのオプション加工が充実している
  5. 高級ブランド品のクリーニングに対応している
CHECK
リナビスは、衣類や素材に合わせて20種類の中から最適な洗浄方法を選定、生地への負担を減らすために自然乾燥を心がけるなど、洗濯の質にこだわった業者です。料金は、パック料金制なのでまとめての依頼に最適です。
リナビスの評価
品質と料金のバランス
(5.0)
オプションサービスが充実
(4.5)
オプションサービスが充実
(5.0)
総合評価
(5.0)

2位:リネット

リネット
ポイント
  1. 単品料金設定なので少ない依頼におすすめ
  2. 一流のアパレルブランドに選ばれるほど品質が高い
  3. 無料のシミ抜きや撥水加工、花粉防止加工などメニューが充実
  4. プレミアム会員でさらに洗濯の質が上がる
  5. 素材や装飾別に特別な洗濯方法も豊富に用意
CHECK
リネットは、単品料金設定でオプション料金や素材別料金などが詳しく記載されており、少ない量の依頼におすすめです。料金記載ページが見やすく、素材別や装飾別の料金もすぐに確かめられるので予算が分かりやすいです。月額390円程度のプレミアム会員になると、さらに充実したサービスを受けられます。
リネットの評価
品質と料金のバランス
(4.5)
オプションサービスが充実
(4.5)
賠償基準がわかりやすい
(5.0)
総合評価
(4.5)

3位:せんたく便


ポイント
  1. 高級クリーニングが得意で洗濯の質が高い
  2. 集荷またはコンビニ持ち込みの宅配で楽々クリーニング依頼
  3. リピートするほど料金が割引される
  4. 自社工場だから可能な丁寧な品質管理
  5. 送料とシミ抜き、再仕上げが無料
CHECK
せんたく便は、高級クリーニングが得意な業者で、オプション加工や無料のシミ抜き等が充実しています。パック料金でまとめて依頼すると、一着700円程度とかなりリーズナブル。また、リピートするほど料金が安くなるので、数が多いTシャツのクリーニングにぴったりです。
せんたく便の評価
品質と料金のバランス
(4.5)
オプションサービスが充実
(4.5)
賠償基準がわかりやすい
(4.5)
総合評価
(4.5)

Tシャツの宅配クリーニング業者の料金相場!

Tシャツの宅配クリーニング料金は、実際にはどれくらいなのか?と相場を知りたい人が多いことでしょう。

そこでまず、今ご紹介した3つの業者のTシャツのクリーニング料金を見ていきたいと思います。

料金
リネット 基本料金410円〜、デラックス仕上げ1,110円〜
リナビス 5点 7,800円、10点 10,800円、20点 18,800円
せんたく便 最速10パック料金6,980円、最速5パック料金4,980円
最速10リピート料金6,680円、最速5リピート料金4,680円

3つの宅配クリーニング業者のTシャツのクリーニング料金から相場を見ると、Tシャツ1着あたり500円〜1000円程度です。

クリーニングの点数や業者によっての料金制度、オプションメニューなどによって変動があるので、相場を知っておくと便利です。

Tシャツを洗濯するコツ!宅配クリーニングと比較すると?

家でTシャツを洗濯するのは、容易いように思いますが、素材やデザインによってはコツが必要です。

中には、家で洗えないTシャツもあるので宅配クリーニング業者に依頼しなければいけません。

ここでは、Tシャツの家での洗濯方法やコツを説明した後に、宅配クリーニング業者への依頼と比較してみたいと思います。

Tシャツはあまり洗濯しない方がいい?

Tシャツを着て、汗などをかくとすぐに洗濯したくなりますよね。
しかし、洗濯の頻度が高くなると生地が傷みやすくなります。

つまり、生地が傷まないようにしながら適度な洗濯回数でお手入れをするのが理想です。

Tシャツの洗濯頻度は2〜3回程度着用で1回の洗濯が一般的です。

その時のTシャツの状態によって、シャツの状態によって臨機応変にお手入れ方法を判断できるといいですね。

ここで、いくつかの例を挙げて、適切なお手入れ方法をご紹介します。

  • 汗や皮脂などがTシャツに染み込んでしまった時
  • 手洗いでささっと洗い、シワをしっかり伸ばしてから風通しの良い日陰で乾かしておきましょう。
    洗濯表示に洗濯機マークがついている場合は、洗濯機の手洗いモードでのお手入れもおすすめです。

  • Tシャツの臭いが気になる時
  • Tシャツの臭いが気になる時は、消臭スプレーなどをしてから、風通しの良い日陰で乾かしましょう。
    かなり臭いが強い場合は、さっと手洗いをして風通しの良い日陰で乾燥させることです。

  • 少し汚れていると感じた時
  • 汚れている部分だけを水ですすいでから洗濯用洗剤をつけて、もみ洗いをします。
    汚れが取れたら、しっかりと洗剤を落としてから、風通しの良い日陰で乾燥させましょう。

Tシャツに洗濯ネットは必要?

ただのTシャツなのに、わざわざ洗濯ネットに入れなきゃいけないの?と思う人がいるかもしれません。
しかし、Tシャツによっては、凝ったプリントやビジューなどの装飾が施されていることがあります。

何も考えずに洗濯機に放り込んでしまうと、洗濯の際にプリントや装飾が傷む可能性が高いです。

洗濯ネットに入れずに何度も洗濯を繰り返していると、生地が傷む確率も高くなるので洗濯ネットの使用をお勧めします。

Tシャツを洗濯する時は、汚れが落ちやすくするために、裏返しにしてからゆるく二つ折りにして大きめの洗濯ネットに入れましょう。

Tシャツを洗濯すると縮む?正しい洗い方

Tシャツは、洗い方を間違えると縮むことがあります。
綿などの天然繊維は化学繊維と比べて一つ一つの繊維が短いため、繊維を引っ張ったりねじったりして強度を上げています。
そこに水や圧力などが加わると、繊維のひっぱりやねじりのバランスが崩れて縮んでしまうのです。
特に、綿100%や綿の割合が多いTシャツには、注意しましょう。

それでは、正しいTシャツの洗濯方法を説明していきます。

Tシャツの洗濯表示の確かめ方

Tシャツを洗濯する前に、必ず洗濯表示を確かめましょう。
洗濯表示の指示によっては、家で洗濯できないこともあり、その場合は、宅配クリーニングなどに依頼するのが一般的です。

Tシャツの洗濯表示の見方は、次のとおりです。

  • 四角い洗濯機のようなマーク
  • 洗濯機で洗えるマークです。

  • 洗面器のマーク
  • 家でも洗えるマークです。

  • 洗面器に数字が書かれているマーク
  • 数字の水温で洗えるマークです。

  • 洗面器に手をつけているマーク
  • 手洗いか、手洗いモードで洗えるマークです。

  • ×印が付いているマーク
  • 家での洗濯が不可能なマークです。

Tシャツに適した洗濯洗剤の選び方

洗濯表示には、最適な洗剤についても表示されていることがあります。
洗剤の指示があれば、一緒に確かめておきましょう。

洗剤表示の見方
  • 洗濯表示の中に「中性」と表示されている
  • おしゃれ着用洗剤が最適、衣料用洗剤はNG

  • 洗濯表示の中に「中性」と表示されていない
  • おしゃれ着用洗剤も、衣料用洗剤もOK。ただし、色付きTシャツに衣料用洗剤を使う場合は、蛍光剤配合だけNG。

洗濯機洗いの方法

Tシャツを洗濯機で洗う時の方法は、次の通りです。

洗濯ネットに入れたTシャツを洗濯機に入れます。

Tシャツに適した洗剤を入れてから、洗濯機の手洗いモードでスタートします。

洗濯機洗いが終了したら、すぐにTシャツを取り出してしわを伸ばしてから風通しの良い日陰で乾かします。

手洗いの方法

Tシャツの手洗い方法は、次の通りです。

  1. 洗面器などの容器に30°までのぬるま湯を入れて、Tシャツに適した洗剤を溶かします。
  2. Tシャツを洗面器に投入してから、30回程度優しく押し洗いをします。
  3. 洗面器のぬるま湯を入れ替えながら、しっかりとすすぎ洗いをします。
  4. 軽く絞ってから洗濯ネットに入れて、洗濯機で30秒ほど脱水をします。
  5. 脱水が完了したら、すぐにTシャツを取り出してしわを伸ばしてから風通しの良い日陰で乾かします。

Tシャツの正しい干し方のポイント

Tシャツを干すときに、次のポイントを押さえておくことで型崩れを防げます。

  • ハンガーはTシャツの肩幅ぐらいの大きさで、厚手のものを選びましょう。
  • 厚手のハンガーがない場合は、普通のハンガーの肩の部分にタオルを巻きつけて肩幅を調整しながら厚みを出します。
  • Tシャツをハンガーに干すときは、ハンガーをTシャツの下から入れて首から出す手順で干せば首元の型崩れを防げます。
  • プリント付きや色つきのTシャツは、色褪せ防止のために裏返して干しましょう。

家でのTシャツの洗濯は、素材や装飾によって手間がかかります。
特に綿100%などで作られているTシャツの扱いには、かなり注意しなければいけません。

そうしたことを考えると、やはり宅配クリーニングの利用がおすすめです。

宅配クリーニングなら手間がかからない上に、クリーニングの質が高く、洗濯頻度が高いTシャツでも長持ちさせることができます。

手間や労力、効率などを考えても、絶対に宅配クリーニングの方がおすすめですね!

Tシャツの宅配クリーニングのQA!

クリーニングでTシャツが縮まないか心配です。

どこの業者でも、縮まないように方法で洗浄しているので安心です。

縮んでしまったTシャツは、クリーニングで元通りになりますか?

残念ながら、一度縮んでしまったTシャツは、クリーニングでは元通りになりません。

Tシャツにレースとかビーズが付いています。クリーニングに出しても大丈夫ですか?

装飾別のクリーニングを受け付けている業者なら大丈夫です。

クリーニングでTシャツが型崩れしないか心配です。

多くの宅配クリーニング業者では、型崩れしない方法で乾燥させているので安心です。

Tシャツに汗のシミが付いているのですが、クリーニングで取れますか?

かなりひどい汗のシミでない限り、ほとんどの業者で落とせます。