トイレの床の汚れの原因は?適切な掃除方法と守りたい注意点を解説!

トイレの床の汚れは、水垢や尿石、カビなどが原因です。
それぞれに酸性やアルカリ性の性質を持ち、使う洗剤や適切な掃除方法が違います。

「何をやっても落ちないから…。」と、頑固なトイレの床の汚れの掃除を諦めていませんか?

汚れの特徴を知って、正しく落としていけば、かなりひどい汚れでない限り、落とせるはずです。

そこで今回は、トイレの床の汚れの原因や適切な落とし方、洗剤などをご紹介します。

トイレの床が汚れる原因

トイレの床が汚れる原因は、3つあります。
それぞれに特徴があるので、正しい掃除方法が違うので把握しておくとよいでしょう。
トイレの床が汚れる3つの原因を、説明していきます。

水滴がついて汚れる

トイレの床の汚れで一番多いのが、水滴による汚れです。
トイレを流したときや手を洗った時に飛んだ水しぶきを放置しておくと、カビや水垢になる恐れがあります。
特に、トイレは湿度や室温が高くカビが発生しやすいため、換気扇を回したり、こまめに掃除したりなどの対策が必要です。

トイレに入った時に、トイレットペーパーやトイレ用の掃除シートで、さっと拭いておくだけでも、トイレの床の汚れを防止することができます。

水分を取っておけば、雑菌も集まりにくいので、カビの発生を防げます。

尿がついて汚れる

男性が尿をした時に、数滴の尿のしぶきが床に付着したまま、長時間放置しておくと、汚れや尿石となってこびりつく恐れがあります。

頻繁に床の掃除をしていれば、汚れや尿石になるリスクは低いですが、気づかずに放置しておくとカビや尿石となって取れにくくなってしまうのです。

ホコリやチリで汚れる

トイレにはホコリやチリもたまりやすく、そこに尿や水分が付着することでカビなどが発生しやすくなります。

カビの発生を防ぐためには、普段からクイックルワイパーや掃除機でホコリやチリを取り除いておきましょう。

トイレットペーパーでさっと取り除くだけでも、カビの発生を防ぐことができます。

トイレの床の掃除機をかける時の注意点

トイレの床の掃除に掃除機を使う場合は、衛生上の理由で少し注意が必要です。
トイレの床の掃除機をかけてから、そのままトイレ以外のスペースの掃除をすると、雑菌を運んでしまう恐れがあります。

また、トイレの中はスペースが狭いので、掃除機の使い方の工夫するとよいでしょう。

トイレの床の掃除機をする時のポイントを説明していきます。

掃除の後に除菌をしておく

トイレの床の掃除機をした後は、ノズルの部分だけでいいので、除菌効果があるウェットティッシュで拭いておきましょう。
トイレの汚れがひどい場合は、念のために、ゴミ袋も替えておくとよいでしょう。

ゴミ袋を替えずに他のスペースを掃除すると、排気で部屋中に雑菌が発生する恐れがあります。

トイレ用のノズルを決めておく

トイレ用の掃除機を用意するのが理想的ですが、わざわざ分けたくない場合は、ノズルだけ変換するのがおすすめです。
また、トイレの中は基本的に狭く、便器の下などは細々としたスペースが多いので、細いノズルにした方が掃除しやすいです。
衛生上の理由と掃除のしやすさを考えると、トイレ用のノズルを決めて、掃除機をかけるのがおすすめです。

MEMO
掃除機自体に細いノズルが付いていない場合は、100円ショップの付け替えノズルがおすすめ。細いノズルも販売されているので、トイレ用のノズルとしてストックしておくと良いでしょう。

掃除の順番を工夫する

家全体の掃除機をかける場合は、トイレの掃除を一番最後にすると、汚れが広がらずに衛生的です。
仮に、トイレの床の掃除機をかけてから、他のスペースを掃除機をすると、ノズルの除菌をしたり、ゴミ袋を替えたりなどの手間がかかってしまいます。

そのため、家全体を掃除する時は、一番最後にトイレの掃除機をすることで効率的に掃除を完了できます。

トイレの床を簡単に掃除できる専用モップがおすすめ

わざわざ、トイレの床の掃除機をかけたくないという人には、トイレ専用のモップがおすすめです。

評判のトイレ専用のモップは、マイクロファイバーでできており、ホコリやチリはもちろんのこと、水や尿のしぶき汚れまで、サッと取り除いてくれます。

トイレの床の掃除にモップを使用するメリットは、次の通りです。

  • 手間をかけずにホコリやチリをさっと取り除ける
  • 小回りが利くので細かい場所もちゃんと掃除できる
  • バーが付いているのでしゃがまなくてよい
  • モップを洗えば何度でも使える

様々なトイレ床用のモップが販売されている中で、バーの長さは45cm〜60cm程度で調節できるので、使いやすいと評判です。

マイクロファイバーで本当にちゃんと掃除できる?
マイクロファイバーの繊維は尖っているので、モップを床を滑らせることで床を磨いて、ホコリなども絡めてキャッチしてくれます。そのため、そんなに力を入れなくても汚れを取り除き、ホコリも吸い寄せてくれるのです。

また、マイクロファイバーのモップを使った後は、洗剤を少しつけて洗うだけですぐに汚れが取れて、乾くのも早いのでお手入れが簡単です。

トイレの床の汚れをクエン酸で掃除する方法

トイレの床には、水垢や尿石の汚れがつきやすいです。

水垢や尿石はアルカリ性なので、酸性の洗剤か、成分で落とすのが最適です。

また、強力な酸性を持つトイレ洗剤といえば、サンポールが有名ですよね。
しかし、床の材質によっては強力な酸性により、劣化するおそれがあるので、あまりおすすめできません。

そこでおすすめしたいのが、クエン酸です。

クエン酸は弱酸性なので、床を劣化させずに水垢や尿石の汚れを取り除いてくれます。

ただし、サンポールよりは効き目が弱いので、使い方を工夫する必要があります。

トイレの床をクエン酸で掃除する方法を説明していきます。

まず、用意するものは次の通りです。

  • 粉末状のクエン酸
  • スプレーボトル
  • ゴム手袋
  • トイレ用のお掃除シート

それでは、具体的な掃除方法を説明していきます。

  1. ゴム手袋をつけてから、水100mlにクエン酸小さじ1/2を混ぜ合わせてクエン酸水を作ります。クエン酸水を作ったら、スプレーボトルに入れておきましょう。
  2. トイレ用のお掃除シートでトイレの床を軽く拭きます。ホコリやチリも取り除いておくと、この後の掃除がスムーズです。
  3. トイレの床の気になる汚れの部分に、トイレットペーパーをかぶせます。その上から、クエン酸水をたっぷりスプレーしましょう。
  4. そのままの状態で、30分以上放置しておきます。
  5. 放置時間が終了したら、トイレ用のお掃除シートでふき取って終了です。

クエン酸水は洗剤ではないので、床に少々残ってしまっても、害がありません。
トイレットペーパーをかぶせて放置しておくことと、トイレのお掃除用のシートとダブルで使うことで弱酸性のクエン酸でも、しっかり汚れを落とすことができます。

トイレの床の黒ずみの掃除方法

トイレの床の黒ずみの原因は、カビです。
また、水垢からカビが発生したり、尿石にカビが混じっていたりなど、時間が経つほどに要因が複合的になっていきます。
汚れの要因が複合的になると、アルカリ性も酸性も混じった汚れになるので、掃除方法も難しくなります。

黒ずんでしまった汚れは、頑固で取れにくそうに思えますが、重曹と洗濯洗剤を使えば簡単に落とすことができます。

重曹はアルカリ性、洗濯洗剤は中性ですね。

トイレの床の黒ずみの原因のカビは酸性の可能性が高いので、アルカリ性の重曹を使うと、中和して取れやすくなります。
また、重曹には研磨作用もあるので、少し擦るだけで黒ずみが取れやすくなります。

そこに、分解力がある洗濯洗剤を混ぜることで、さらにトイレの床の黒ずみが取れやすくなるのです。

それでは、重曹と洗濯洗剤を使ったトイレの床の黒ずみの掃除方法を説明していきます。

用意するもの
  • 粉末状の重曹
  • 液体の洗濯洗剤
  • 雑巾
  • ゴム手袋
  • 掃除用のブラシかスポンジ

それでは、具体的な掃除方法を説明していきます。

  1. 小さな容器に重曹と液体の洗濯洗剤を1対1の割合で入れてから、よく混ぜ合わせます。
  2. トイレの床の黒ずみ部分に、1番を塗ってから、掃除用のブラシかスポンジで軽く擦ります。
  3. ぬるま湯で絞った雑巾を用意します。先ほど擦った部分の重曹と洗剤を雑巾で、拭き取ります。洗剤が残っている場合は、雑巾を何度も洗いながらしっかりと拭き取っていきましょう。
MEMO
液体の洗濯洗剤には中性とアルカリ性のものがあります。黒ずみがこびりついて落ちない場合は、中性ではなくアルカリ性の液体洗濯洗剤の方がおすすめです。

まとめ

トイレの床には、水や尿がつきやすく、ホコリやチリが溜まりやすいので、カビや黒ずみが発生しやすいです。
単純に尿石がこびりついて、落とすのに苦労するケースもあるでしょう。

尿石や黒ずみ、水垢などがこびりついて取れなくなる前に、正しい方法で対策し、美しいトイレの床を保っていけるといいですね。