トイレのつまりにはパイプユニッシュ?もっと効果が高い洗剤もご紹介!

キッチンなどの排水溝のつまりを解消してくれるパイプユニッシュは、残念ながら、トイレのつまりにはあまり効果がありません。

トイレが詰まった時は、パイプユニッシュではなく、つまりの原因に合わせた洗剤などを使うと、スムーズに解除できます。

ある日突然、トイレが詰まってしまったときのためにも、つまりの解消法を知っておくとよいでしょう。

そこで今回は、パイプユニッシュ以外の手段でトイレのつまりを解消する方法をご紹介します。

パイプユニッシュはトイレの尿石つまりなどに効果なし?

残念ながら、パイプユニッシュではトイレのつまりを解消できません。
その理由は、パイプユニッシュはキッチンやお風呂などのつまりを解消するための洗剤だからです。

キッチンやお風呂とトイレのつまりは、原因が違います。

  • キッチンやお風呂のつまりは、髪の毛や皮脂、油汚れなどが原因
  • トイレのつまりはトイレットペーパーや排泄物、尿石などが原因

このように、詰まっているものの性質が違うため、パイプユニッシュでは、トイレのつまりを解消することができないのです。

トイレつまりを解消する市販などの薬剤は?

トイレのつまりを解消する医薬品や洗剤は、詰まっているものによって違います。

トイレのつまりの原因で多いのが、排泄物やトイレットペーパー、尿石ですね。

それぞれの原因に合った洗剤を見ていきましょう。

トイレのつまり専用のバイオ洗浄クリーナー

トイレのつまりを解消する専用のバイオ洗浄クリーナーがあります。
トイレのつまりに特化したクリーナーなので、排泄物やトイレットペーパー、尿石など、トイレのよくあるつまりの原因に幅広く対応しています。

トイレ用のバイオ洗浄クリーナーの主成分は、天然のバクテリア。
塩素や酸は一切不使用なので安心して使用でき、天然のバクテリアが排水溝に詰まっているものを水と二酸化炭素に分解することで、つまりを解消してくれます。

分解に少し時間がかかるので、即効性はありませんが、トイレットペーパーや排泄物で尿石が原因の場合は、確実な分解力で、つまりを解決します。

また、定期的に使用すると、さらなるトイレのつまりの防止対策もできます。

排泄物や紙のトイレつまりには重曹とクエン酸

排泄物や紙のつまりには、重曹+クエン酸+お湯がおすすめ。
この3つを混ぜ合わせることで発生する炭酸ガスの力によって、排泄物やトイレットペーパーを溶かしてくれるのです。

重曹とクエン酸を水で溶かすだけでも、炭酸ガスは発生します。
しかし、水よりお湯の方が勢い良く炭酸ガスが発生するため、トイレのつまり解消に効果的なのです。

尿石のトイレつまりにはサンポールや除去剤

蓄積されたには尿石が原因でトイレが詰まった場合は、酸性の性質を持つサンポールや尿石のつまりに特化した尿石除去剤がおすすめです。

サンポールも尿石除去剤も、強力な酸性の性質を持っており、中でも尿石除去剤の酸性の効果はかなり高く、即効性があります。

しかし、尿石除去剤は通販のみでの販売になるため、入手に少し時間がかかります。

サンポールは、ドラッグストアなどでも売っているので、手に入れやすいですね。

そのため、急ぎの時はサンポール、確実につまりを解消したい場合は尿石除去剤を選ぶのがおすすめです。

トイレの排水管用洗剤のバイオ洗浄クリーナー(k97jd)の使用方法

トイレのつまりを解消するバイオ洗浄クリーナーで有名なのは、アメリカの有名メーカー・ロービック社が販売するクリーナー。

オンラインで購入できる4Lの大容量ボトルクリーナーです。

ロービック社のバイオ洗浄クリーナーの使い方は、次の通りです。

  1. 換気扇を回します。バイオ洗浄クリーナーのボトルをよく振ってから、230ml~240ml程度のバイオ洗浄クリーナーを入れます。
  2. そのままの状態で、8時間程度放置しておきます。
  3. 放置時間が経過したら、トイレの水を何度も流してつまりが解消されているかを確認します。つまりが解消されていたら終了です。
  4. もしも、つまりが解消されていない場合は、1番〜2番の作業を何度も繰り返しましょう。

トイレが詰まっていないときでも、1年に3回程度使用することで、つまりを防止することができます。

また、初めて使用する際は、4日間程度続けて使用すると、完全にトイレのつまりを解消できます。

紙を溶かす重曹とお湯とクエン酸を利用したつまり解消方法

洗剤ではなく、身近なものでトイレのつまりを解消したいときは、重曹+クエン酸+お湯がおすすめ。

準備するものは、次のとおりです。

  • 粉末の重曹 50ml
  • 粉末のクエン酸 100ml
  • 45度程度のお湯
  • 給油ポンプ

それでは、具体的な方法を説明していきます。

  1. 給油ポンプを使って、トイレの便器の中の水をバケツに汲み出します。ウォシュレットの電源は抜いておきましょう。
  2. トイレの便器の排水溝に重曹を振りかけ、その後すぐにクエン酸もふりかけます。
  3. 45度程度のお湯を注ぎます。すると、泡が立ってくるので、そのままの状態で1時間以上放置しておきましょう。
  4. 放置時間が経過したら、バケツに水を入れて高いところから便器に向かって水を注いでいきます。その後、トイレの水を流してつまりが解消されていたら終了です。
  5. つまりが解消されていない場合は、2番〜4番までの作業を繰り返しましょう。

サンポールでトイレのつまりを解消する方法

サンポールは、尿石を落とすのに効果的です。
ただし、尿石除去剤ほどの効果はないので、お湯をプラスすることで効果を高める方法がおすすめです。

具体的な方法を説明していきます。

  1. 換気扇を回してゴム手袋を装着します。
  2. トイレの便器の中の水を給油ポンプなどで汲み出してなるべく少なくします。
  3. 排水溝に向かって、サンポールをたっぷりとかけます。
  4. 排水溝の部分がいっぱいになる程度のお湯を注ぎ入れます。お湯の温度は、40度~60度程度が目安です。
  5. そのままの状態で、1時間以上放置しておきます。放置時間が経過したら普通に水を流して、つまりが解消されていたら終了です。
  6. 残念ながら、まだつまりが解消されない場合は2番〜5番の作業を繰り返しましょう。
注意
お湯の温度は60度を超えないように注意しましょう。60度を超えると、便器の陶器部分がひび割れてしまう可能性があります。

尿性除去剤でトイレのつまりを解消する方法

尿石除去剤は、説明書通りに使用すれば、大抵のトイレのつまりは解消されますが、かなり頑固な尿石が溜まっている場合は、何度か作業を繰り返さなければいけないかもしれません。
できるだけ手間を省いて、早くトイレのつまりを解消するために、ちょっとしたコツを含めた方法をご紹介します。

  1. 便器の中の水を給油ポンプなどで汲み出して、なるべく少なくします。
  2. 便器の排水溝の部分にトイレットペーパーを敷き詰めます。
  3. トイレットペーパーがヒタヒタになる程度に、尿石除去剤をかけます。
  4. そのままの状態で、30分以上放置しておきます。
  5. トイレの掃除用ブラシを使ってトイレットペーパーを排水溝のところに集めます。トイレットペーパーの量が多い場合は、流すと詰まってしまう可能性があるので、つまみなどを使って取り出しておきましょう。
  6. トイレの水を流してつまりが解消されているかを確認します。つまりが解消されていたら終了です。

尿石除去剤はかなり効果が高いので、しつこい尿石でない限り、この方法でつまりは解消されるはずです。

ポイントは、便器の中の水を減らすのとトイレットペーパーを使用する点で、尿石除去剤の濃度を薄めすぎないようにすることで、つまり解消効果を上げています。

注意
作業をするときはゴム手袋とマスクを装着し、必ず換気扇を回しましょう。作業が終わった後もしばらく換気扇を回しておくと、尿石除去剤の臭いのこもりを防止できます。

まとめ

髪の毛や水垢、油汚れによるつまりを解消するパイプユニッシュは、残念ながらトイレのつまり解消には効果がありません。
しかし、パイプユニッシュ以外の洗剤を使えば、トイレのつまりを解消できます。

トイレのつまりの原因にはいくつかの種類があり、原因に合わせた解消法で対策しなければ、トイレのつまりは解決できません。

トイレのつまりの原因をよく知った上で、正しい方法により、対策法や予防法を実践していきましょう。