トイレのタイルの掃除方法は?黄ばみや黒ずみの正体と落とし方

すみずみまでしっかり磨いているつもりでも・・・意外に磨けていないのがトイレのタイルです。
特に、トイレのタイルには目地があるため、凹凸のへこんでいる部分に汚れが残りやすいです。

汚れに気付かずに放置しておくといつのまにか黒ずんだり、臭くなってきたりして、取れなくなることもあります。

だからこそ、早めの対策や正しい掃除方法を心がけるべきなんですね。

そこで今回は、トイレのタイルの正しい掃除方法や臭い時の対処法などをご紹介します。

トイレのタイルが臭いのは2種類の汚れのせい!

トイレのタイルが臭ってきたら、次の2種類の汚れが付いていないか?を確かめてみてください。

単なる汚れなら臭いはありませんが、次のような汚れの場合は悪臭が漂ってくるのです。

黒ずみになったカビ

トイレのタイルに黒ずみがついていませんか?
黒ずみの正体は、カビです。

カビ菌が増えてくると、タイルに黒ずみを作るだけではなく、臭いまで強くなってきます。

黒カビができるのは、排尿の際の尿、手洗いの際の水のハネが原因です。
尿や水分がタイルの目地の部分に飛び跳ねたままになっていると、雑菌が増殖してカビが生えやすくなります。
特にトイレは、湿度や室温が高い場所なので、他のスペースよりもカビが発生しやすいのです。

さらに、カビは放置するほどに根が深くなってくるので、早く取り除く必要があります。

黄ばみになった尿石

同じ場所に尿が何度も付着し、しばらく放置しておくと黄ばみができます。
黄ばみの正体は、尿石。

尿石は石のように硬くなってアンモニア臭を発すほどになると、少しこすっただけでは取れなくなります。

MEMO
2種類の汚れは性質が違います。黒カビは酸性尿石はアルカリ性だと覚えておきましょう。掃除の時は汚れの性質と反対の性質を持った洗剤を選ぶことです。

トイレの床の黒ずみの掃除前にやること

トイレにタイルが使われているのは、壁と床ですね。
どちらかと言うと、床の方が汚れやすいので、こまめにチェックしておきましょう。

トイレの床の黒ずみを予防するための掃除方法は、すごく簡単。

トイレの床には汚れの他にホコリやゴミがたまりやすいので、掃除機やクイックワイパーなどで取り除いておきます。
その後、トイレ用の掃除シートやトイレ洗剤をつけた雑巾で軽く拭いておきましょう。

たったこれだけのお手入れで、トイレの床のタイルの黒ずみや尿石を予防できますよ!

トイレのタイルをオキシクリーンで掃除する方法

トイレのタイルに黒カビができてしまったら、、、漂白剤で早めに掃除しておきましょう。
漂白剤にはいろいろ種類がありますが、中でもおすすめしたいのは、洗濯にも使えるオキシクリーンです。

オキシクリーンは、刺激が弱めの酸素系漂白剤。
塩素系のカビキラーなどは効果が高いですが、臭いや刺激が強いのであまりおすすめできません。

オキシクリーンでトイレのタイルを掃除すると、2つの効果が得られます。

  • 漂白作用
  • 除菌作用

洗濯洗剤としても高く評価されている漂白作用以外に、除菌作用まであるため、カビが生えやすいトイレ掃除にもってこいなのです!

漂白作用ではトイレのタイルにこびりついた黄ばみや黒ずみを落としやすく、除菌作用ではカビなどの繁殖を抑えてくれます。

今後のカビ発生の予防のためにも、オキシクリーンをフル活用したいですね!

オキシクリーンでトイレのタイルの掃除をする時は、まず次のものを用意しましょう。

用意するもの
  • オキシクリーン
  • ゴム手袋
  • 歯ブラシ
  • 雑巾
  • バケツ
  • 掃除機かクイックルワイパー

それでは、オキシクリーンを使ったトイレのタイルの掃除方法を説明していきます。

  1. ゴム手袋を装着してから、換気扇をまわします。
  2. 壁のタイルについている表面の汚れをクイックルワイパーで軽く取り除きます。次に、掃除機かクイックルワイパーでトイレの床のゴミやホコリを取り除きます。
  3. バケツの中に4L程度のお湯を入れてから、スプーン1杯分のオキシクリーンを入れてよく溶かします。お湯の温度は、40~60℃程度が最適です。
  4. バケツの中に雑巾を入れて、雑巾に水分を含ませてから、少しゆるめに絞ります。その雑巾で、床や壁のタイルを拭いていきましょう。
  5. 黒ずみや黄ばみがついている部分には、粉末状のオキシクリーンをつけます。その上からバケツのお湯を含ませた雑巾で、水分を加えます。すると、少し発泡するので数分間放置しておきましょう。
  6. 少し放置してから歯ブラシで磨いていきます。汚れが落ちたら、ゆすいだ雑巾で汚れとオキシクリーンを拭き取って終了です。

タイルの黄ばみの尿石はサンポールで落とす!

タイルを黄ばませる尿石は、サンポールで落とせば、すぐに綺麗になりますよ!
サンポールは、強力な酸性洗剤。
アルカリ性の尿石を落とすために生まれた酸性洗剤と言っても、過言ではありません。

タイルの黄ばみの尿石をサンポールで落とす方法を説明していきます。

  1. クイックルワイパーか雑巾で、トイレのタイルの黄ばみの部分のゴミを取り除きます。あまりトイレ掃除していない場合は、タイル全体を拭いておくとよいでしょう。
  2. タイルの黄ばみの部分に、直接サンポールをつけます。その上からキッチンペーパーを乗せましょう。さらにその上から、サンポールを垂らしておきます。
  3. 黄ばみがかなりひどい場合は、キッチンペーパーの上からサランラップをかぶせるのもおすすめです。サランラップをかぶせると完全に密閉されるので、サンポールが黄ばみに染み込みやすくなります。そのままの状態で、10分程度放置しておきましょう。
  4. 10分が経過したら、タイルの黄ばみの部分を歯ブラシなどで磨きます。磨いても黄ばみが落ちない場合は、さらにサンポールを加えて何度も磨いていきましょう。
  5. トイレのタイルの黄ばみが落ちたら、濡らした雑巾でサンポールと汚れをふき取って終了です。サンポールが残ると、刺激で肌荒れが起こったり、サンポール特有の臭いが残るので、何度もすすいだ雑巾でしっかりと拭き取っておきましょう。
注意
サンポールは強力な酸性洗剤なので、アルカリ性洗剤と混ぜないように気をつけましょう。酸性とアルカリ性を混ぜると、有害ガスが発生する恐れがあります。重曹とクエン酸のように弱アルカリ性と酸性なら問題はありませんが、サンポールのような強力な酸性洗剤は、アルカリ性洗剤と混ぜ合わせると、非常に危険です。

タイルの床を掃除にクレンザーは禁物!

トイレの床のタイルに黒ずみなどがこびりついていると、クレンザーで擦りたくなりますが、絶対に禁物です。
確かにクレンザーは研磨作用があるので、トイレの床のタイルにこびりついた黒ずみや尿石などを落としてくれますが、タイルにまで傷がついてしまいます。

クレンザーも含めて、次のような方法でトイレのタイルを掃除しないように気をつけましょう。

  • ジフのようなクレンザーで磨く
  • 金タワシのような金属製のたわしで磨く
  • メラミンスポンジで何度もこする

このような掃除を続けていると、タイルの表面に傷がついたり、目地の部分が削れて劣化します。
痛みの度合いによっては、黒ずみや黄ばみがあるほど目立つので、タイルを傷つけるような掃除方法は控えておきましょう。

トイレのタイルを美しく保つコツを押さえておこう!

トイレのタイルにつく汚れは黄ばみと黒ずみの2種類。
黄ばみは尿による尿石で、黒ずみは黒カビです。

どちらの汚れも時間が経つほどに取れにくくなるので、正しい掃除方法で早めに対策をしておきましょう。

また、タイルは凹凸があるからこそ、他の場所の掃除よりもコツが必要です。
しかし、コツを押さえておけば、簡単にお手入れができるので、ご紹介した方法でトイレのタイルを美しく保って行ってくださいね。