トイレの尿石の落とし方は?便座裏や男子トイレの掃除方法もご紹介!

トイレの排水溝付近や便座裏辺りに黄色い汚れがついて、取れなくなったことはありませんか?
しつこい黄ばみの正体は、尿石です。

尿石がこびりついていくと、臭いも発生します。
だからこそ、1日も早く正しい対策をしなければいけません。

そこで今回は、トイレの排水口付近や便座裏につきやすい尿石の掃除・予防方法をご紹介します。

トイレの便器に尿石がつく原因

トイレ掃除をサボるほどに、こびりつきやすくなるトイレの尿石。
尿石は、尿の中のカルシウム成分が便器などに蓄積し、固まったものです。
単純に、カルシウム成分だけが付着する段階では塊にはなりませんが、そこに空気や水の成分が混じっていくと、固い石のようになります。

発生したばかりの尿色は色が薄いっため、「今度掃除すれば、すぐに落とせるだろう。」と、楽観的に考えてしまうかもしれません。
しかし、そうしているうちに、だんだん塊になって掃除が大変なのです。

cこのように、尿石を放置するほどにデメリットが増していくので、1日も早く正しい方法で落としていきましょう。

尿石をサンポールで根こそぎ落とす掃除方法

トイレの尿石落としの洗剤には、サンポールがおすすめ。
その理由は、強い酸性が尿石のアルカリ性を中和して落としやすくしてくれるから。

私たちの尿はアルカリ性、サンポールは強力な酸性なので、全く正反対の性質の物質が混じり合います。
混じり合った時、中和反応が起こり、サンポールの酸がアルカリ性の尿石をじわじわと溶かしてくれるのです。

さらに、尿に含まれるアンモニアはアルカリ性のため、尿石中のカルシウムとともに酸の力で溶かして、すっきり落としてくれます。

トイレが臭いのは、尿から発生したアンモニア成分が便器などに付着しているから。
もちろん、尿石にもアンモニアが含まれているため、汚れだけではなく、臭いまで発生させてしまうのです。

ところで、アンモニアって何?
アンモニアとは、窒素と水素が混ざり合った化合物で、強い臭いを発する気体です。尿が便器に付着したままになると、細菌が寄ってきて成分を分解し、アンモニアを作り出します。すると、強いアンモニア臭が発生するのです。

サンポールでトイレの尿石を落とす方法

サンポールでトイレの尿石を掃除する際には、次のようなものが必要です。

  • サンポール
  • サランラップ
  • トイレ掃除用のブラシ
  • ゴム手袋
  • マスク
  • トイレットペーパー

それでは、具体的な掃除方法を説明していきます。

  1. トイレの換気扇を回してから、ゴム手袋とマスクを装着します。尿石がついている部分にトイレットペーパーをかぶせ、サンポールを染み込ませていきます。その時、尿石の汚れの部分にトイレットペーパーを密着させましょう。
  2. トイレットペーパーの上を覆うようにしてサランラップをかぶせます。ラッピングすることで、尿石にサンポールが密着し、落ちやすくなります。
  3. 約1時間程度、放置しておきましょう。放置時間が過ぎたら、サランラップとトイレットペーパーを取り除きます。
  4. 尿石の部分をトイレ掃除用のブラシで磨き、汚れが落ちたのを確認してから、水を流して終了です。

もし、この方法で尿石が落ちなければ、サンポール以外の洗剤で掃除してみると良いでしょう。
おすすめは、業務用の尿石除去剤。

業務用の洗剤なので、サンポールより洗浄力があります。
ただし、かなり強力な原液なので、しっかりと用量用法などを確認してから、安全に使用しなければいけません。

トイレの便座裏にこびりついた尿石の落とし方

便座裏の隙間にこびりついた尿石は、サンポールなどで落とそうとすると、洗剤が飛び散る恐れがあり、危険です。
そのようなリスクを回避するためには、使いやすい洗剤を選ぶことです。

トイレの尿石落としにはクエン酸が効く!

トイレの便座裏にこびりついた尿石には、スプレータイプのエコなクエン酸スプレーがおすすめ。
仮に飛び散ってしまっても、エコでやさしいクエン酸なら、安全ですよね。

トイレの便座裏は尿が付着しやすい場所でもあります。
排尿をする際に便器の中から便座裏へと飛んで、付着し続けることで尿石になっていくのです。
こまめに隙間まで掃除していれば、便座裏に尿石はたまりません。
しかし、磨きにくい場所でもあるので、ついつい怠ってしまうのですね。

トイレの便座裏の黄ばみ取りの手順

尿石によるトイレの便座裏の黄ばみ取りの手順は、次の通りです。

  1. スプレーボトルの中に、水200mlと粉末状のクエン酸小さじ1を入れてから、よく振って混ぜ合わせます。
  2. 便座裏の黄ばみの部分にクエン酸スプレーをしていきます。その上からトイレットペーパーをかぶせます。さらに、トイレットペーパーがベタベタになるくらいに、クエン酸スプレーを振りかけて行きます。
  3. 隙間を埋めるように、サランラップをかぶせます。その状態のまま、30分以上放置します。
  4. 放置時間が経過したら、サランラップを丁寧に外します。その後、覆っていたトイレットペーパーを使って、便座裏の汚れを拭き取ります。一度、トイレットペーパーを流しましょう。
  5. 便座裏を確認して、まだ黄ばみがついている場合は、もう一度、クエン酸スプレーをしてから、トイレ掃除用のブラシで磨きます。その後、水を流して終了です。

難易度が高い男子トイレの尿石の取り方

男子トイレの便器は磨きにくい形状でもあるため、尿石がたまりやすく、一度こびりついてしまうと、取り除くのにかなり苦労します。

また、尿石便器の表面ではなく、排水管の周りや中が多いので、正しい方法で黄ばみ取りをしなければいけません。

特に排水管の中まで洗剤が届きにくいので、定番のサンポールでは落としきれない可能性が高いです。
そこで、代用したいのが尿石除去剤デオライトです。

尿石除去剤デオライトとは?
尿石除去剤デオライトは、業務用洗剤としてもよく使われている協和産業株式会社の酸性の洗剤です。サンポールよりも強力な酸性のため、男子トイレの便器の排水溝の中までしっかり届きます。ドラッグストアなどではなく、ネット通販のみで販売されている本格的なトイレ洗剤です。

男子トイレの尿石を落とすときに必要なものは、次の通りです。

  • 尿石除去剤デオライト
  • ゴム手袋
  • トイレ掃除用ブラシ
  • バケツ
  • 給油ポンプ
  • 雑巾

それでは、男子トイレの尿石の取り方を説明していきます。

  1. ゴム手袋をしてから、男子トイレの便器の排水溝にあるカバーやトラップを取り外します。
  2. 給湯ポンプを排水溝に差し込んでから、たまっている水をバケツに汲み出していきます。
  3. 排水溝周りや排水溝の中に尿石除去剤デオライトを振りかけて、一定時間放置しておきます。適切な時間と量は説明書に記載されているので、確認しておきましょう。
  4. 放置時間が経過したら、トイレの掃除用ブラシで排水溝に取り付けられていたカバーやトラップを磨いてから、水ですすいで乾かしておきましょう。
注意
尿石除去剤デオライトには、たくさんの種類があり、ネット通販では見かけない「デオライト」「デオライトSP」「デオライトSS」は本格的な業務用の洗剤なので、購入できません。仮に購入できたとしても、かなり強力な洗剤のため、使うときは注意が必要です。一般用では「デオライトL」が人気で、業務用よりも使いやすく、比較的安全です。

まとめ

トイレの尿石は、蓄積するほどに石のように固くなって落としにくくなります。
そうなってしまう前に、日々の掃除や予防方法を実践しておくと、掃除が楽になります。
また、トイレを使用する人数が多い場合は、通常よりも高い頻度で掃除や予防をしておかなければ、すぐに尿石が溜まってしまう恐れがあります。

トイレの状態をこまめにチェックしながら、尿石の蓄積を予防する習慣をつけましょう。