トイレのカビの原因は?重曹や漂白剤などを使った掃除方法をご紹介!

トイレの便器や床などに黒い斑点を見つけて、慌てて掃除をした…なんて経験はありませんか?
その黒い斑点は、もしかしたらカビかもしれません。

もしカビならば、一日も早く正しい方法で掃除しなければ、取れなくなってしまう恐れがあります。

トイレの便器やタンクには常に水が溜まっているため、湿度が高い上に、狭いスペースなので湿気が溜まりやすく、室温も上がりやすいのです。

つまり、カビが生えやすい環境なのですね。

今回は、トイレにカビが生える原因や入れやすい場所、スペースに合わせた掃除方法をご紹介します。

トイレにカビが生える原因と生えやすい場所

狭い空間で水が溜まったままのトイレは、実はカビが生えやすい空間なのです。

カビが生えやすい空間の条件は、次の通りです。

  • 湿度80%以上
  • 温度25~30度以上

ほとんどの家庭用のトイレには、エアコンがついていませんね。

だから、梅雨や夏などは、気温が上がりやすく、梅雨は湿度も上がりやすいので、特に注意しなければいけないのです。

この条件の空間の中で、カビ菌はどんどん繁殖して増えていき、便器やタンクの中、床や壁などに発生します。

カビは根を張って繁殖していくので、一度発生してしまうと、掃除をして一旦はきれいになったとしても、またすぐに生えてくる確率が高いです。

だからこそ、予防や掃除を徹底していく必要があるのですね。

トイレのカビの状況にふさわしい洗剤は?

トイレのカビを落とすのにふさわしい洗剤は、いくつかあります。
それは、カビにもいくつかの種類があるからです。

また、トイレのカビが生える場所は1カ所ではなく、便器からタンク、壁や床、その他細かいところなど様々です。

だからこそ、カビの種類やスペースに合わせて洗剤を使い分ける必要があるのですね。

トイレのカビを取るのに最適な洗剤は

  • 重曹
  • 酸素系漂白剤
  • 塩素系漂白剤
  • エタノール

の4つです。

それぞれの特徴を説明していきます。

エコなのにしっかりカビを落とせる重曹

掃除アイテムの中では、すっかりお馴染みの重曹。

100円ショップに行くと、粉末状の重曹が販売されていますね。

ペースト状にしたり、スプレーとして使ったり、そのまま振りかけたりなど、使い方はいろいろ。

クエン酸と混ぜて使うとさらに威力を発揮し、カビだけではなく、様々な汚れを簡単に落としてくれます。

重曹はアルカリ性なので、タンパク質や酸性の汚れに特に強いです。
まさに、尿の汚れは、タンパク質と酸性の性質を持っているので、重曹がぴったり。
さらに、カビは酸性の性質を持っているので、重曹を使えば、簡単に安全にカビ取りができます。

MEMO
重曹には漂白効果がないので、かなり手強いカビには効果がないかもしれません。その代わりに研磨作用があるのでペースト状にすれば、カビを根から断つことができます。

安心して使える酸素系漂白剤(オキシクリーン)

頑固なカビには、漂白剤を使いましょう。

漂白剤には、酸素系漂白剤と塩素系漂白剤があります。

酸素系漂白剤の代表と言えば、オキシクリーン。
オキシクリーンのような酸素系漂白剤は、その名の通り、酸素の力で汚れを分解する漂白剤なのです。

MEMO
トイレの掃除で使う酸素系漂白剤は粉末タイプで、主成分は過炭酸ナトリウムです。水を加えると酸素の泡が発生するのが特徴で、カビやタンパク質系の酸性の汚れを落としてくれます。

強力なパワーの塩素系漂白剤(カビキラー、カビハイター)

酸素系漂白剤よりも強い効果を持っているのが、塩素系漂白剤です。

塩素系漂白剤の代表と言えば、カビキラーやカビハイターで、カビ取りの洗剤としても、かなり有名ですね。

塩素系漂白剤のカビキラーやカビハイターの主成分は、次亜塩素酸と水酸化ナトリウムです。

次亜塩素酸には漂白効果と殺菌効果があり、水酸化ナトリウムにはタンパク質を溶かす効果があります。
このダブル効果にて、手強いカビをしっかり落としてくれるのです。

ただし、掃除する場所の素材の種類によっては、変色やサビが生じてしまうので、使用上の注意に気をつけなければいけません。

カビ予防や消毒に最適なエタノール

消毒用アルコールとしてよく知られているエタノールも、トイレのカビ予防や掃除に役立ちます。

エタノールは、お酒に含まれる成分の一つのため、アルコールと呼ばれることがあり、化粧品に配合されていることもありますね。

消毒用のエタノールは、肌に刺激を与えない程度の濃度になっており、殺菌力は現役に比べると落ちますが、カビ予防にはかなり使えます。

また、カビやタンパク質を分解する作用もあるので、発生したカビを除去する効果もあります。

ただし、黒カビにはあまり効果がないので、その他の洗剤の方がおすすめです。

次からは、これらの4種類の洗剤を使って、トイレのカビが発生しやすい場所別の掃除方法をご紹介していきます。

トイレのタンクのカビは蓋を開けずに洗浄できる!

トイレのタンクは、常に水が溜まった状態になっている上に、蓋が閉まって通気性が悪いので、実は一番カビが生えやすいのです。

トイレの便器や床などはしっかり掃除していても、タンクの中まではあまり掃除しませんよね。

しかし、トイレのタンクこそ、カビ予防のためにまめに掃除するべきなのです。

トイレタンクの掃除の頻度は?

トイレのタンクを掃除する頻度は、月に1回程度です。

月に1回程度なら、続けられそうですよね?
しかし、蓋を外して、細かいところまで掃除をするとなると、月1回でも負担に感じる人が多いかもしれません。

実際に、トイレのタンクの蓋を開けてみるとよくわかりますが、意外に複雑な構造になっています。

小さな歯ブラシなどを使って磨かなければいけない部分もあり、水も溜まっている状態なので、非常に掃除しづらいです。

しかし最近は、蓋を開けなくても簡単に掃除できる洗剤が販売されているため、すきま時間で楽にお手入れができてしまいます。

トイレタンクの蓋を開けずに掃除する方法

トイレタンクの蓋を開けずに掃除する方法では、トイレタンク用の洗剤か、オキシクリーンのような酸素系漂白剤を使います。

いずれの洗剤にも、主成分に過酸化ナトリウムが配合されており、水と混ぜた時に酸素の泡が発生する仕組みになっています。

その酸素の泡こそが、細かい部分の汚れまで浮かして取ってくれるからこそ、蓋を開けなくてもブラシなどを使わなくても、トイレのタンクをきれいに掃除することができるのです。

掃除方法は、すごく簡単です。

  1. タンクの上の手洗器の排水口から、タンク専用の洗剤かオキシクリーンを入れます。オキシクリーンは、小さじ1杯程度です。
  2.  一度水を流してから、2時間ほど放置します。2時間が経過したら、5回程度、水を流して終了です。

かなり長い間、掃除をしていない場合は、これだけでは汚れが落ちないかもしれないので、念のために、タンクの蓋を開けて汚れを確かめておくと良いでしょう。
もしも、汚れが付いている場合は、歯ブラシなどでこすっておきましょう。

一度、汚れを落としておけば、その後は、蓋を開けずにできる掃除方法だけで充分です。

注意
トイレのタンクの中にカビが生えているのを見ると、カビキラーで掃除をしたくなってしまいますが、禁物です。カビキラーのような塩素系漂白剤は、金属やゴムを劣化させるのでトイレタンクの中の金属の配管やゴムのパッキンを傷めてしまいます。

トイレの便器のカビ取り方法

定期的にしっかり洗っているつもりでも、便器にカビが生えてしまうケースがあります。
特に、便器のふちの裏側にはカビが発生しやすいのに、ちゃんと掃除できていないことが多いのです。

トイレの便器のカビ取りは、一日も早くやっておくべきです。

日が経つにつれて、取れにくくなり、ついには取れなくなってしまう恐れもあるので、適切な方法で、対策をしていきましょう。

ここで、トイレの便器のカビ取り方法を2つご紹介します。

トイレのふち裏の黒カビはカビキラーで落とす!

トイレのふち裏を見るとよくわかりますが、奥まっている上に、水が流れてくる場所でもあるので、カビが生えやすいのです。

気がついたら、黒カビがこびりついていて、普通のトイレ用洗剤では落とせなくなった…と言う悲劇もあるので、早めにチェックしておきましょう。

チェックをしたら、すぐにでも掃除を始めるべきです。

トイレのふち裏の掃除に必要なものは、次のとおりです。

  • 塩素系漂白剤(カビキラーやカビハイターのようなもの)
  • ゴム手袋
  • トイレのブラシ

それでは、掃除方法を説明していきます。

掃除方法
  1. まず、ゴム手袋をつけます。その後、トイレの便器のふち裏に塩素系漂白剤をつけます。3分程度、そのまま放置しておきましょう。
  2. 放置時間が過ぎたら、トイレの便器のふち裏をブラシで擦ります。奥まったところにあるので、奥まで擦るようにしましょう。
  3. トイレを流して洗剤を落として、終了です。

塩素系漂白剤には殺菌作用もあるので、カビの再発を防ぐこともできます。

定期的に、カビキラーなどで掃除をして、トイレの便器のカビ予防しておきましょう。

トイレの便器の黒カビはクエン酸で予防できる!

トイレの便器の黒カビを落とすのに、カビキラーなどの塩素系漂白剤の使用に抵抗がある人もいると思います。

特に、小さなお子さんがいるご家庭では、危険性が強い洗剤の使用は避けるべきでしょう。

そこでおすすめしたいのが、食品の成分でもあるクエン酸です。

クエン酸は、レモンなどに含まれている酸性の成分で、掃除の洗剤としてもよく使われています。

同じように掃除の洗剤としてよく使われている重曹と一緒に混ぜて使用することが多く、特にカビ取りに効果が高いです。

その理由は、クエン酸が酸性で重曹がアルカリ性なので、両方の性質を持ったカビに対して効果を発揮するからなのです。

さらに、クエン酸と重曹を混ぜると、二酸化炭素が発生し、発生したときのガスによってカビを落としてくれる効果もあります。

カビキラーやカビハイター等の塩素系漂白剤に抵抗がある人は、クエン酸と重曹をミックスした洗剤でカビ取りをしてみてはいかがでしょうか?

クエン酸と重曹をミックスした洗剤でトイレの便器のカビを掃除する方法は、次の通りです。

  1. トイレの便器のふち裏や全体に、粉末の重曹をまんべんなくふりかけます。
  2. 水100mlに対しクエン酸小さじ1杯を混ぜて作ったクエン酸水をスプレーボトルに入れます。1番でふりかけた重曹の上から、クエン酸水をスプレーします。
  3. そのままの状態で、10分ほど放置しておきます。放置時間が過ぎたら、トイレのブラシで軽く擦ります。
  4. いつものように、トイレを流して終了です。

トイレの壁のカビ取り方法

トイレの壁のカビ予防には、エタノールが最適です。

風邪予防などで使われる消毒用のエタノールを使えば、簡単に普段からトイレの壁のカビ予防ができます。

エタノールには、殺菌と消毒作用があります。
カビは菌の一種であり、繁殖によりどんどん増えていき、増えていくほどに取れにくくなります。

それを食い止めるのが、エタノールなのですね。

ここで、エタノールを使ったトイレの壁のカビ予防方法を説明していきます。

必要なものは、次の通りです。

  • 無水エタノール
  • スプレーボトル
  • ゴム手袋

それでは、掃除方法を説明していきます。

  1. ゴム手袋をしてから、適量の無水エタノールをスプレーボトルの中に入れます。
  2. 壁全体に無水エタノールをスプレーします。
  3. 乾いた布でしっかり磨くようにしながら、拭いて終了です。 エタノールは蒸発しやすいので、スプレーしてからすぐに布で拭くようにしましょう。

トイレの床のカビ取り方法

床に尿や水分などが付いて、そこからカビが発生するケースもよくあります。

もしも、トイレの床にカビが生えてしまったら、重曹ペーストの研磨作用をフルに活用して、カビを除去しましょう。

重曹ペーストを使ったトイレの床のカビ取り方法は、次の通りです。

  1. 小さな容器の中に適量の重曹を入れてから、少しずつ水を足してペースト状になるまでかき混ぜていきます。
  2.  水100mlに対しクエン酸小さじ1杯を混ぜて作ったクエン酸水をスプレーボトルに入れます。
  3.  重曹ペーストをトイレの床のカビの部分に塗ります。多めに塗っておきましょう。
  4. 重曹ペーストを塗った上から、2番のクエン酸水をスプレーします。その上から、ラップをかぶせて、30分以上放置します。
  5. バケツの中に水を張って布を濡らしたら、固く絞ります。カビの上にかぶせておいたラップを取り除いて、布で重曹ペーストなどを拭き取ります。何度もバケツの中で布を洗いながら、完全に重曹ペーストを取り除いたら終了です。

まとめ

カビが生えやすいトイレだからこそ、正しいカビ取り方法を知って、普段から対策をしておくべきです。
一旦カビが生えてしまうと、何度掃除しても、繰り返し発生する恐れがあります。

また、スペースによっては掃除しにくい場所もあるので、洗剤や掃除グッズなどを工夫しながら、手軽な方法で掃除する習慣をつけると良いでしょう。