トイレが臭い原因はアンモニアとカビ?簡単に解消する方法を解説!

トイレを掃除しているのに、臭いが消えないのには原因があります。

一日も早く臭いが消えない原因を突き止めて、適切な対策をしなければ、悪臭が取れなくなってしまいます。

トイレの臭いの原因は、主にアンモニアとカビです。

つまり、アンモニアとカビをしっかり落とす掃除方法を知っておけば、トイレの悪臭を断つことができるのです。

今回は、掃除しても消えないトイレの臭いの原因や原因に合わせた掃除方法をご紹介します。

トイレの臭いの原因はアンモニアとカビ!

トイレに入るたびに、漂う悪臭には原因があります。

トイレの臭いの原因を知って、正しく掃除や対策をしなければ、臭いは消えてくれません。

トイレに多い臭いの原因は、2つあります。

尿が原因のアンモニア臭

普段から気をつけていても、排尿の際に尿ハネがあると、日が経つごとにアンモニア臭が強くなります。

便器の周りや床、壁などに尿が飛び散ったまま、気づかずに放置しておくことで、雑菌が繁殖してアンモニア臭が漂ってしまうのです。

床や壁の素材によっては、時間の経過とともに染み込む可能性が高いです。

発生したカビによる臭い

湿気がたまりやすく、室温も高くなりやすいトイレなので、カビによる臭いも発生しやすいです。

トイレのカビは、次のような場所に発生しやすいです。

  • タンクの中
  • 便器のふち裏
  • ウォシュレット
  • 換気扇

主に通気性が悪く、湿気が溜まりやすい場所にトイレのカビが発生します。

また、掃除しづらい隅っこなどに発生しやすいので、普段からチェックしておいた方が良いでしょう。

トイレのアンモニアの臭いは尿ハネが原因

トイレをした直後に発生する多少の臭いは、消臭スプレーや消臭剤などで対策できるはずです。
しかし、いつまでもアンモニア臭が漂うのであれば、掃除方法を見直すべきです。

トイレのアンモニア臭の原因は、排尿の際の尿の飛び散りです。
特に男性や小さな子供は、気をつけていても、尿が飛び散ってしまう可能性が高いです。

微量の尿であっても積み重なることで、雑菌が日に日に繁殖して、しつこいアンモニア臭となってしまうのです。

トイレのアンモニア臭を解消するための掃除方法を説明していきます。

クエン酸スプレーを使って臭い床や便器を掃除する方法

トイレの床や便器などは、クエン酸スプレーを使って掃除をすると、簡単にアンモニア臭を解消できます。

クエン酸スプレーは、粉末のクエン酸と水を混ぜるだけで、簡単に作れます。

  1. 水1カップに小さじ1杯の粉末のクエン酸を混ぜ合わせます。
  2. 作ったクエン酸水をスプレーボトルの中に入れましょう。スプレーボトルは100円ショップなどで売っています。

この方法でクエン酸スプレーを作ったら、アンモニア臭が発生しやすい床や便器などにふりかけて掃除していきます。

例えば、次のような場所です。

  • 床全体
  • 床と便器の境目
  • 便器のふちの裏

このような場所は、洗剤をつけて掃除しにくい場所でもあるので、アンモニア臭が発生しやすいです。

クエン酸スプレーを作るときと同じように、掃除方法もすごく簡単です。

  1. アンモニア臭が発生している場所にクエン酸スプレーをふりかけます。
  2. しばらくそのままの状態で、5分間程度放置します。
  3. 放置時間が過ぎたら、乾いた布で拭き取って終了です。1回の掃除でアンモニア臭が取れない場合は、何度か繰り返してみましょう。

アンモニア臭は、尿が飛び散ってからすぐに発生するのではなく、時間が経過するごとに雑菌が繁殖して臭いが強くなっていきます。

そのため、こまめなお手入れがアンモニア臭を防ぐポイントです。

MEMO
普段からクエン酸スプレーを用意しておいて、すきま時間でさっと掃除する習慣をつけると良いでしょう。

トイレが臭い原因は壁のカビやアンモニア臭

トイレが臭い原因は、尿が飛び散りやすい壁の汚れにもあります。

便器や床などはよく掃除していたとしても、壁は時々しか掃除しませんよね。
しかし、尿が飛び散っていると、日に日に雑菌が増えていてアンモニアの臭いを強くしてしまうのです。

また、タイル式の壁は、目地にカビが生えやすく、カビが原因で臭くなっている恐れもあります。

ここで、トイレの臭いを解消するための壁の掃除方法をご紹介します。

トイレの壁の掃除にはセスキ炭酸ソーダがおすすめ

普段、トイレの壁を掃除するときには、セスキ炭酸ソーダを用いるのがおすすめです。

セスキ炭酸ソーダは、酸素系漂白剤でよく知られていますね。

漂白剤には、塩素系と酸素系があり、酸素系は比較的安全です。

酸素系漂白剤のセスキ炭酸ソーダは、酸性の汚れを中和して落とす特徴があり、酸性のカビを落としたい時や予防にも最適です。

また、タンパク質も分解するので尿の飛び跳ねによるアンモニア臭の解消にもなります。

セスキ炭酸ソーダを使ったトイレの壁の掃除方法をご紹介します。

  1. 水100mlに、小さじ半分程度のセスキ炭酸ソーダを入れて、よく溶かします。混ぜ合わせたら、スプレーボトルに入れましょう。
  2. 壁に、セスキ炭酸ソーダ水をスプレーして、5分程度放置しておきます。
  3. 放置時間が過ぎたら、トイレットペーパーで拭きとって終了です。

トイレの壁の外には、ドアノブやトイレットペーパーホルダーなどの掃除にもおすすめです。

手でよく触るところには皮脂汚れがつきやすく、皮脂汚れは酸性なので、セスキ炭酸ソーダが役立ちます。

トイレの壁のカビの掃除には重曹ペーストとクエン酸水

トイレの壁には尿だけではなく水が飛び散ることもあり、カビが発生しやすいです。

特に、タイルの壁の目地にカビが生えることが多く、早く落としておかなければ、黒ずみになって落ちなくなる恐れもあるのです。

トイレの壁にカビが生えていたら、重曹ペーストとクエン酸水で掃除しましょう。

カビ取り洗剤では、カビキラーやカビハイターが人気ですが、これらの塩素系漂白剤は、壁の素材によって変色する可能性が高いので、まずは重曹ペーストとクエン酸水をおすすめしたいです。

重曹ペーストとクエン酸水を使ったトイレの壁の掃除方法を説明していきます。

掃除方法
  1. 2分の1カップの水に粉末状の重曹を少しずつ加えて、ペースト状になるまで混ぜ合わせます。
  2. 水1カップに小さじ1杯程度のクエン酸を加えて、クエン酸水を作ります。クエン酸水ができたらスプレーボトルに入れましょう。
  3. まずは、重曹ペーストをトイレの壁のカビの部分に分厚く塗ります。その上から、クエン酸水をスプレーします。
  4. さらにその上からサランラップをかぶせてバック状態にします。そのままの状態で30分以上放置してから、雑巾などで拭き取ります。

重曹ペーストとクエン酸水を使えば、発生する二酸化炭素の力で、しつこいカビを浮かせて取り除いてくれるので、比較的簡単にカビが落ちます。

カビが発生しやすいトイレタンクの中の簡単な掃除方法

トイレタンクには蓋が付いているので、しっかり掃除するとなると、わざわざ蓋を開けなければいけません。

久しぶりに、トイレタンクの蓋を開けてみると、カビだらけでびっくりした…のような経験も多いのではないでしょうか?

そうなってしまう前に、簡単な掃除方法で普段からカビ予防をしておくべきです。

実は、トイレタンクの蓋を開けなくてもカビ予防の掃除ができます。

トイレタンクの蓋を開けずに掃除する方法は、次のとおりです。

  1. トイレタンクの手洗器の排水口から、適量のタンク専用洗剤かオキシクリーンを入れます。
  2. その後、水を流して2時間ほど放置しておきましょう。2時間が経過したら、さらに5回程度、水を流して終了です。

トイレタンク専用の洗剤がない場合は、オキシクリーンのような酸素系漂白剤を代用できます。
酸素系漂白剤の方が安価なので、経済的にもおすすめです。

トイレを掃除しても臭いが消えない原因は下水か換気扇にあり!

トイレを掃除しても、臭いのが解消されない場合は、他にも原因があるかもしれません。

例えば、下水や換気扇のカビなどです。

下水や換気扇は、意外に見落としやすく、しっかりと掃除できていない恐れがあります。

下水ならパイプユニッシュを使った掃除、換気扇ならフィルターまでの掃除など、定期的に特別なお手入れをしなければ、臭いが強くなるかもしれません。

ここで、意外に見落としがちなトイレの下水や換気扇の掃除方法を説明していきます。

トイレが臭い原因をパイプユニッシュで解消

パイプユニッシュは、排水管の中を掃除するための洗剤。
トイレだけではなく、キッチンやお風呂などの排水溝がある場所でも使用できます。

キッチンなら油汚れ、お風呂なら髪の毛や皮脂の汚れが排水間に溜まっている可能性が高く、トイレは、尿や便、水垢などがこびりついているケースが多いのです。

パイプユニッシュを使って、トイレの臭いを解消するための掃除方法は、次の通りです。

掃除方法
  1. トイレを何度も流して、きれいな状態にします。
  2. パイプユニッシュをトイレの排水溝に流しこみます。
  3. 換気扇を回して、洋式の場合は、蓋を閉めて30分以上放置しておきましょう。
  4. 30分が経過したら、トイレを何度も流して終了です。

パイプユニッシュを使う前は、なるべくトイレの掃除はしないようにしましょう。

注意
トイレの洗剤を使って掃除した後にパイプユニッシュを使うと、混ざり合って有毒ガスが発生する恐れがあります。仮に、トイレの掃除をした場合は、洗剤をよく流してからパイプユニッシュを使用してください。

トイレのカビ臭いを解消するための換気扇の掃除方法

トイレの換気扇のフィルターにカビが生えていると、掃除をしても換気扇をしても臭い状態が解消されません。

トイレの換気扇は天井に設置されていることが多く、狭いスペースの中で天井に手を伸ばして部品を外しさなければいけないので、少々大変です。

しかし、定期的に掃除をしておかなければ、湿度や室温の高さにより、フィルターにカビが生えてしまいます。

一度カビが生えると、繰り返しカビが発生して、フィルターごと変えなければいけないケースもあります。

そうなる前に、トイレの換気扇の掃除をする習慣をつけておきましょう。

用意するものは、次のとおりです。

  • ウェットティッシュ
  • 掃除機(ハンドクリーナーでも可)
  • 小さめの椅子
  • カビキラー
  • ゴム手袋
  • マスク

それでは、掃除方法を説明していきます。

  1. ゴム手袋とマスクを装着します。その後、換気扇の電源を完全にオフにしてから、小さめの椅子に乗って換気扇の外側のカバーを外します。カバーにホコリや汚れがある場合は、掃除機で吸うか、ウェットティッシュで取り除いておきましょう。
  2. 中にあるフィルターを取り外して水場に持っていき、軽く洗います。その後、カビキラーをして30分以上、放置しておきましょう。
  3. 放置時間が過ぎたら、フィルターをよく濯ぎます。その後、よく乾かします。
  4. .換気扇の方に戻って、中をウェットティッシュなどで綺麗に拭いておきましょう。フィルターが乾いたら設置して、カバーを取り付けて終了です。

まとめ

掃除をしても消臭剤で対策をしても、トイレの臭いが解消されないのには、必ず原因があります。
ほとんどは、アンモニア臭やカビの臭いなので、まずは、尿の飛び散りがないか?カビが生えていないか?をチェックしてみましょう。

ご紹介した掃除方法を試してみても、トイレの悪臭が消えない場合は、下水に異常がある恐れがあります。
その場合は、専門の業者に問い合わせてみると良いでしょう。