トイレのつまりは解消できる?業者に依頼する前に実践したい解消方法

突然、トイレが詰まって困ったことはありませんか?
水が溢れてきた、まったく流れない・・・など、緊急自体発生時は特に慌てますよね。

そんな時はまず、落ち着いて行動しましょう!
ちょっとしたことで、つまりが解消されるケースもあります。
また、普段からの予防対策も重要です。

そこで今回は、トイレのつまりの原因や解消、予防方法などをご紹介します。

トイレのつまり自然に治る?まずは原因をチェック!

トイレのつまりは、原因によって自然に治るか治らないかが違います。
ほとんどが異物の混入によるつまりですが、詰まっているものによっては早く取り除かなければいけません。

そこでまずは、トイレのつまりの原因を知っていきましょう。

大量のトイレットペーパーを流してしまった

水に溶けるトイレットペーパーであっても、一度に大量のトイレットペーパーを流してしまうと詰まってしまいます。
その理由は、トイレットペーパーが溶けるまでに時間がかかるからです。

本来なら、溶けて排水溝に流れていくはずのトイレットペーパーが溶けきれずに止まって詰まるのですね。

排泄物(大便)が詰まってしまった

大量の排泄物を一度に流すと、トイレが詰まるケースがあります。
普通の量の排泄物を流す限りでは、トイレが詰まることはありません。
しかし、容量が多い、もしくは便秘などで排泄物が固い場合、流した時にトイレがつまりやすくなります。

異物が詰まってしまった

トイレットペーパーや排泄物以外の異物をトイレに流すと、つまる確率が高いです。
例えば、誤って次のようなものを流しやすいです。

  • 子供のおもちゃ
  • スマートフォン
  • トイレの掃除用のスポンジ
  • 除菌シートやトイレ掃除シート(流せないタイプのもの)
  • ティッシュペーパー
  • 猫のトイレの砂

これらのものを誤って流してしまうと、急にトイレが詰まって水が逆流する恐れもあります。

トイレの排水の水圧が弱い

トイレの便器の水洗の水圧が弱いために、排泄物やトイレットペーパーがうまく流れずに、つまるケースがあります。

トイレの排水の水圧が弱いと感じた時は、「小」の方ではなく「大」の方で流すとつまりにくいです。

トイレの排水の水圧が弱くなる原因には、次のような例が多いです。

  • 節水のために、トイレのタンクにペットボトルを入れている
  • 排水量を減らして節水するために、トイレの元栓を強めに閉めている

排水管がS字型になっているトイレが多いため、このような例により、排水管の中で排泄物やトイレットペーパーなどが少しずつつまり、ある日突然流れなくなってしまうのです。

このような理由で、トイレが詰まってしまうので、普段から気をつけましょう。

トイレのつまり洗剤を使う前に試したいこと

トイレが実際に詰まってしまったら・・・慌てて、どうすればいいのか分かりませんね。

そんな時は、次の2つの方法を試してみてください。

40〜50℃のお湯を流す

こんな原因でトイレがつまった時は、40〜50℃のお湯を流すのがおすすめです。

  • 大量のトイレットペーパーを流してしまった
  • 排泄物でトイレが詰まってしまった

40〜50℃のお湯でトイレのつまりを解消する方法を説明します。

  1. やかんや鍋などでお湯を沸かす。もしくは電気ケトルやポットのお湯でも大丈夫です。お湯の温度は40〜50℃が目安です。
  2. 便器の中の水をできるだけ行きます。給油ポンプで水を吸ってバケツに取り出す方法が簡単でおすすめです。
  3. 便器の中の水を減らしたら、お湯を流し込みます。5分程度放置しておきましょう。
  4. 放置時間が経過したら、トイレの水を流します。それで、つまりが解消されたら、完了です。
注意
お湯の温度は、50℃を超えないようにしましょう。50度以上の熱湯を流すと、便器が傷む恐れがあります。便器は陶器でできているので熱いお湯でヒビが入る恐れがあります。

トイレのつまりを解消する道具は?

トイレのつまりの解消には、ラバーカップがおすすめです。
ラバーカップは、トイレのつまりを解消する定番の道具。
スティックの先にゴム製の半球状のカップがついており、カップの部分をトイレの排水溝に押し付ける方法で使います。

その時に、吸い込んだり押し込んだりでき、トイレに詰まっているものや水圧不足を解消できるのです。

ラバーカップを使ったつまり解消法は、特に次のような原因の時に最適です。

トイレの詰まりの原因
  • トイレットペーパーや排泄物以外の異物を流してしまった
  • トイレの水圧が弱い

トイレのつまりの解消におすすめな道具のラバーカップの使い方は、次の通りです。

  1. 便器に大きなゴミ袋をかぶせます。ゴミ袋の大きさは75Lがおすすめです。ゴミ袋を被せたら、便器の真ん中あたりにラバーカップが入る程度の大きさの穴を空けましょう。
  2. ラバーカップをトイレの排水溝あたりに持って行った時に、ゴムの部分まで水が浸かるくらいの水位まで、水を貯めましょう。トイレを流すよりも、お風呂などからバケツに水を汲んで目安の水位まで入れた方が安全です。
  3. ラバーカップを排水溝に押し付けたり引っ張ったりする作業を何度も繰り返します。勢いよく押し付けたら、5秒間程度静止し、その後は思い切って引っ張るのがコツです。
  4. ラバーカップによってトイレットペーパーや排泄物以外の異物が出てきたら、素早く取り除きましょう。トイレットペーパーや排泄物の場合は、様子を見ながらトイレを流してつまりの状態をチェックしていきます。つまりがなくなったら、終了です。

トイレのつまりは重曹と酢で解消!

熱いお湯やラバーカップを使ってもトイレのつまりが解消されない場合は、重曹と酢を使った解消法がおすすめ。

主に、次のようなものが詰まっている時に最適な方法です。

  • トイレットペーパー
  • 排泄物
  • 尿石

重曹と酢の特徴と相乗効果

重曹と酢を使うと、トイレのつまりが解消されるのは、それぞれに特徴が合わさることで相乗効果が生まれるからです。
それぞれの特徴と、相乗効果を説明していきます。

重曹の特徴
性質は弱アルカリ性で、酸性の汚れを分解します。水と油を混ぜ合わせる乳化作用があり、さらにタンパク質系の油汚れの分解効果が優れています。カルシウムやマグネシウムなどのミネラル系の成分を柔らかくする作用もあります。
酢に含まれるクエン酸の特徴
性質は弱酸性アルカリ性の汚れを分解します。カルシウム成分などの頑固なこびりつきを溶かす作用もあり、尿石の除去にも役立てられています。

弱アルカリ性の重曹に弱酸性の酢を混ぜることで、二酸化炭素が発生して発泡します。
さらに、お湯を混ぜると発泡の勢いが強くなります。

その発泡力とそれぞれの物質の汚れ分解力が重なり合い、相乗効果が生まれるのです。

重曹と酢でトイレのつまりを解消する方法

それでは、重曹と酢を使ってトイレのつまりを解消する手順を説明していきます。

  1. 作業中に誤って水を流してしまうと効果が半減するので、まず、トイレの元栓を締めます。
  2. トイレにウォシュレットが付いている場合は、作業中に感電する恐れがあるので、電源コードを抜いておきましょう。
  3. 重曹と酢を混ぜた時に発生する二酸化炭素は有害ではありませんが、念のために換気扇は回しておくとよいでしょう。
  4. 便器の中に溜まっている水を汲み取ります。小さな容器で汲み取ってもいいですし、給油ポンプで吸い取る方法もおすすめです。
  5. 重曹150g、酢100ml、50℃程度のお湯1.5mlを混ぜ合わせてから、すぐに便器の中に流し込みます。発泡しているのを確認してから、洋式の場合は便座の蓋を閉めて1時間ほど放置しておきましょう。

この方法でつまりが解消されなければ、放置時間経過後にラバーカップで対策してみてください。
ラバーカップで水圧を加えることで、詰まっているものが流れてくれるかもしれません。

トイレのつまりを薬品で解消する方法

熱いお湯やラバーカップ、重曹などを使ってもトイレのつまりがビクともしない時は、薬品を使った方法がおすすめです。

トイレのつまりの解消に役立つ薬品は、塩素系の漂白剤です。

トイレのつまり解消の洗剤はキッチンハイターがおすすめ

キッチンハイターは、特に次のような原因でトイレが詰まっている時におすすめの洗剤です。

  • 排泄物
  • 尿石

残念ながら、本来はトイレに流せない異物によってトイレが詰まった時は、キッチンハイターの効果ではつまりを解消できません。

トイレのつまりをキッチンハイターで解消する方法

それでは、塩素系漂白剤のキッチンハイターを使ったトイレのつまりの解消方法を説明していきます。

  1. ゴム手袋をしてから換気扇をまわします。キッチンハイターの臭いが気になる人は、マスクを装着しておくとよいでしょう。
  2. 便器にたまっている水をできるだけ少なくするために、汲み出しか吸出しをします。汲み出しの場合は小さな容器を使って、吸い出しの場合は給油ポンプを使うと便利です。給油ポンプに油がついていると便器内に油が付着するので、気をつけましょう。
  3. キッチンハイターを小さな容器に入れてから、40〜50℃のお湯で溶かします。溶かしたお湯を便器の中に流し込んで、1時間程度放置しましょう。
  4. 放置時間が経過したら、便器に流し込んだをお湯を取り除きます。2番で行った方法で取り除くと便利です。その後、トイレの水を流してつまりが解消されたら、完了です。

トイレのつまりが解消されないのなら業者に相談を

ご紹介した方法でトイレの詰まりが解消されない場合は、 最終手段として業者への相談をおすすめします。

特に、トイレのタンクや下水関係に問題がある場合は、業者に相談した方が原因が明確になり、正しく対策できます。

またトイレが詰まる前の前兆の段階で気づくと、本格的な詰まりを予防できます。

トイレの水圧が弱い、トイレの水位が高くなっている、変な音がする、臭いがきついなどの状態が続いたら、すぐにでも、つまり解消方法を実践してみましょう。