お風呂の天井の掃除方法は?水垢からカビまで落とすやり方をご紹介!

お風呂の天井には水滴がたまりやすく、換気などせずに溜まったままにしておくと、水垢やカビの発生につながります。
浴槽や床、壁などの掃除の頻度に比べると、天井の掃除の頻度が低いのではないでしょうか。
それはきっと、掃除しにくい場所でもあるからです。

しかし、クイックルワイパーのような便利な掃除用具を使うと、普段からの天井の掃除やお手入れが楽になります。
また、汚れに合わせた洗浄方法を知っておくと、汚れがこびりつく前に取り除くことが出来るのです。

今回はお風呂の天井の汚れの種類や掃除方法、便利な掃除グッズなどをご紹介します。

お風呂の天井の掃除方法は汚れによって違う!

ふと、お風呂の天井を見上げると、小さな黒ずみが…。
そんな経験、ありませんか?

以外にも、お風呂の天井が汚れやすく、黒ずみの他にいくつかの汚れの種類があるのです。

例えば、次のような汚れですね。

  • カビ
  • 水垢
  • 皮脂汚れ
  • 石鹸カス
  • 黒カビ

普段から浴槽や壁、床などがしっかり磨いていても、天井までは掃除しないと言う家がほとんどでしょう。

しかし、定期的に掃除をしておかなければ、水滴が溜まりやすいお風呂の天井だからこそ、様々な汚れが発生してしまうのです。

お風呂の天井を掃除をしないと水滴でカビが発生!

お風呂の天井の汚れの中で、一番多いのがカビです。
カビは、湿度や温度が高いところに発生しやすく、お風呂の天井は水滴が溜まりやすくからこそ、カビが発生してしまうのですね。

お風呂の天井に水滴が発生するのは、シャワーのお湯や水だけではありません。

シャワーのお湯水、バスタブのお湯などが結露して天井にたまり、水滴となるケースも多いのです。

入浴後に換気をしたり、頻繁に天井の掃除をしていれば、結露も汚れも防げますが、放置するほどに、どんどん水滴が溜まり、汚れが溜まりやすくなります。

だからこそ、普段から、簡単でもいいので掃除をしておきたいですね。

注意
カビ除去のための掃除の直後は綺麗であっても、根から掃除ができていなければ再度発生してしまう恐れがあります。だからこそそこまで根を張ってしまう前に普段からの掃除で対策をするべきです

お風呂の天井の掃除をクイックルワイパーですれば水垢防止になる!

お風呂の天井に水滴が溜まりやすくなると、カビだけではなく水垢もつきやすくなります。

水垢の正体は、シャワーや湯船のお湯に含まれているカリウムやミネラル成分が固まったもの。

水道水には、ミネラルやカリウムなどの成分が含まれており、水分が蒸発すると成分だけが残ってしまうのです。

水垢を防止するためには、頻繁にお風呂の天井の水滴を取り除いておくこと。

そこでおすすめなのが、クイックルワイパーなのです。

クイックルワイパーを使えば、踏み台などを使わずに、さっとお風呂の天井の水滴を取り除けます。

お風呂の天井に黒カビが発生するとこびりついて大変!

お風呂の天井の汚れの中で、一番手強いのが黒カビです。

カビや水垢などがある中で、黒カビは、一度発生するとこびりついて取れにくく、根強く生息するので、繰り返し発生する恐れ大。

黒カビは、水垢や皮脂汚れなどが混ざり合って蓄積されて発生します。

つまり、水垢や皮脂汚れがついた時点で取り除いておけば、黒カビの発生を防げるのですが、掃除を怠っていると最終的には黒カビにまで発生してしまうのですね。

だからこそ、常々の掃除が特に重要です。

MEMO
同じような汚れに見えたとしても、汚れによって性質が違うので掃除方法や選ぶ洗剤が違ってきます。水垢はアルカリ性なので酸性の洗剤、カビや私たちの体内から出る皮脂汚れは酸性なのでアルカリ性の洗剤がおすすめ。それぞれの汚れの特徴を知っておくことで、最適な掃除方法を見出しやすくなります。

クイックルワイパーを使ったお風呂の天井の基本的な掃除方法

ヘッド部分に掃除用シートを装着すれば、楽々お掃除ができるクイックルワイパー。

花王から販売されている掃除用具の1つで、主にフローリングや床清掃に使用されています。

そんなクイックルワイパーをうまく活用すれば、お風呂の天井も楽々お手入れできるのです。

お風呂の天井のカビ予防にクイックルワイパーがおすすめな理由

お風呂の天井のカビを予防するためには、こまめな清掃が必要です。

清掃といっても、洗剤をつけてゴシゴシこするような方法ではなく、消毒や水滴を取り除く作業がメインです。

しかし、普段のお風呂の掃除用具でお手入れをする場合、踏み台や脚立が必要になってきます。

だからこそ、取手の長さを調節でき、踏み台や脚立なしで高い所のお手入れができるクイックルワイパーがおすすめなのです。

お風呂の天井の掃除グッズとお手入れ方法

お風呂の天井のカビ防止のために、お手入れをするときに必要なお掃除グッズは、次の通りです。

準備するもの
  • クイックルワイパー
  • キッチンペーパー

 

それでは、具体的な掃除の方法を説明していきます。

  1. クイックルワイパーに、キッチンペーパーを巻きます。キッチンペーパーは1枚ではなく、2枚か3枚程度が目安です。水滴が多い場合は、特に多めにキッチンペーパーを使いましょう。
  2.  .天井全体をクイックルワイパーで掃除します。天井を撫でるようにしながらクイックルワイパーを滑らせて、水滴や汚れを取って行きます。天井の角にも、水滴が溜まりやすいので、しっかり取り除いておきましょう。
  3. 最後に、換気扇を回して、浴室の中はしっかり乾かしておきましょう。

お風呂の天井の掃除にアルコールを使えばカビを防止できる!

風邪予防や消毒などに活用されているアルコール除菌スプレー。

実は、お風呂の天井のカビ防止にも活用できます。
しかも、クイックルワイパーなどを使えば手軽に掃除できるので、手間がかからないのも魅力です。

お風呂の天井の黒カビ掃除にアルコールが効果的な理由

お風呂の天井のカビが進行すると、黒カビになって取れにくくなります。

そうなる前に、アルコール除菌でしっかり対策していきたいですね。

黒カビは、菌が発生して増えるからこそ、広がっていきます。

さらに、その場所に根を張って深く根付いていく特徴があります。

カビ菌が少ないうちは、黒カビであっても少しのお手入れで、すぐに取れてくれます。

頻繁にお手入れしていれば、繰り返し発生する回数も次第に減ってきます。

だからこそ、カビ菌が少ないうちにアルコール除菌で掃除して、取り除いておく事が重要なのです。

カビを取り除くためには、カビキラーなどの本格的な洗剤でなければいけない…と思い込んでいる人が多いのかもしれません。

しかし、予防の段階では、除菌と乾燥が重要なので、アルコール除菌で充分なのです。

MEMO
エタノールは殺菌作用があるだけでなく、カビのタンパク質を分解したり、揮発性により乾燥しやすくしてくれるのでお風呂の天井の黒カビの予防に最適なのです。

お風呂の天井をアルコールで掃除するときに必要な道具は?

お風呂の天井をアルコール除菌でお手入れするときに必要な道具は、次のとおりです。

  • クイックルワイパーなどのフロアモップ
  •  キッチンペーパー
  •  エタノール(手などの消毒用のエタノールでも大丈夫)

クイックルワイパーは、花王から販売されているものだけではなく、100円均一のフロアモップ等でも代用できます。

掃除に当てられる費用に合わせて、掃除用具を選ぶと良いでしょう。

お風呂の天井を消毒用エタノールで掃除する方法

それでは、お風呂の天井を消毒用のエタノールで掃除するときの方法や注意点を説明していきます。

まず、掃除方法です。

  1. クイックルワイパーか、フロアマップにキッチンペーパーを取り付けます。外れないように、しっかり取り付けておきましょう。
  2.  キッチンペーパーにエタノールをたっぷり染み込ませます。エタノールは蒸発しやすいので、多い目に染み込ませておくのがおすすめです。
  3.  天井の汚れが気になるところや、全体をクイックルワイパーで拭いていきましょう。特に汚れがひどいところは、キッチンペーパーを交換して、もう一度エタノールを染み込ませてから、同じように拭いておくことで、しっかり対策できます。

エタノールを使用してお風呂の天井を掃除するときは、次のような注意点もあるので、チェックしておきましょう。

注意
エタノールを使用するときは、火を近づけないようにしましょう。引火性が強いので、火事の原因になる恐れがあります。また、揮発性も高いので、換気扇を回しての作業をおすすめします。

お風呂の天井の頑固な汚れはカビキラーがおすすめ

なかなか落ちないカビがある、または、できるだけ簡単にカビ対策がしたいとお考えの方には、カビキラーがお勧めです。

カビキラーを使えば、頑固なカビもすぐに落とせるのに、手間も時間もかかりません。

お風呂の天井の黒カビにカビキラーが効果的な理由

お風呂の天井にこびりついた頑固な黒カビを取り除くのに、カビキラーが役立つのは、含まれている成分が強力だからです。

カビキラーには、次のような成分が含まれています。

  • 水酸化ナトリウム
  • 次亜塩素酸
  • 界面活性剤
  • 独自の浸透成分

カビにカビキラーをつけると、水酸化ナトリウムがカビの細胞の壁を壊してくれます。

破壊した壁から、次亜塩素酸とカビ除去に効果を発揮する独自成分が浸透していき、内部からカビを撃退するのです。

そして、界面活性剤がカビを落としやすくしてくれるので、シャワーでさっと流すだけで簡単に取り除けるのです。

高い場所にあるお風呂の天井だからこそ、簡単にカビを取り除ける洗剤として、カビキラーがおすすめ。

もちろん、カビキラーに配合されている成分の効果により、しつこいカビでも落とせるのもメリットです。

カビキラーだけじゃない!お風呂の天井の掃除グッズ

カビキラーでお風呂の天井を掃除するときに必要な道具は、次のとおりです。

準備するもの
  • カビキラー
  • クイックルワイパー、またはフロアモップ
  • キッチンペーパー
  • ゴム手袋
  • 雑巾
クイックルワイパー等のフロアモップを使えば、脚立などを使わずに掃除ができますが、カビキラーの液だれなどが気になる人は、脚立などを用意しておいても良いでしょう。

カビキラーを使ったお風呂の天井の掃除のやり方

カビキラーを使ってお風呂の天井の掃除をするときは、キッチンペーパーでパックする方法を用います。

パックすることで、カビキラーの密着度をアップできるので、さらにカビを取り除きやすくなります。

それでは、具体的な手順を説明していきます。

  1. カビキラーが垂れてきたときのために、先にバスルームのものを外に出しておきましょう。ビニールなどをかぶせておくだけでも大丈夫です。
  2.  天井の目立たないところにカビキラーを少しだけつけて、変色しないかを確かめておきましょう。もしも、変色したならば、使用はやめておくべきです。
  3.  テストをして問題がなければ、キッチンペーパーにカビキラーを染み込ませます。表面にカビキラーが残っていても良いので、多めに染み込ませておきましょう。
  4. ドライバーなどのフロアモップのヘッドに3番のキッチンペーパーをかぶせます。その時に、キッチンペーパーを爪などに入れて固定しないようにしましょう。そのまま、カビキラーが付いている面を天井のほうに向けた状態で、クイックルワイパーを移動させながら、カビがあるところにキッチンペーパーをくっつけます。
  5. キッチンペーパーが天井に張り付いた状態で、3分ほど放置します。その後、クイックルワイパーなどを使って、天井にくっついているキッチンペーパーを取り除きます。
  6. クイックルワイパーに、新しいキッチンペーパーを取り付けます。この時は、爪などにキッチンペーパーを入れ込んでしっかり固定しましょう。
  7. カビキラーが付着している部分を、6番のクイックルワイパーでしっかり拭いておきましょう。その時に、汚れもしっかり取り除いておくことです。

お風呂の天井の掃除に重曹を使えば安全スッキリ

お風呂の天井をカビキラーで掃除すれば、すっきりカビが落ちるものの、やっぱり安全性が心配ですよね。

特に、小さなお子さんがいるご家庭では、カビキラーを使うこと自体、躊躇されるのではないかと思います。

そこで、カビキラーの代用品としておすすめしたいのが、重曹なのです。

お風呂の天井掃除に重曹とクエン酸がおすすめ!

重曹がお風呂の天井のカビの除去におすすめなのは、弱アルカリ性の成分だからです。

カビは酸性の汚れなので、アルカリ性の洗剤で落とすのが一般的。

中でも、弱アルカリ性の洗剤や成分には特に弱く、しっかりとカビを除去することができるのです。

弱アルカリ性の重曹でお風呂の天井を掃除すれば、カビの除去だけではなく繁殖も抑えることができます。

さらに、お風呂の天井のカビに関しては、酸性のクエン酸を加えることで、アルカリ性の汚れも取りのぞけておすすめです。

お風呂の天井の黒カビやカビには、アルカリ性の水垢や皮脂汚れなどが混ざっている場合があります。

そのため、クエン酸を加えると、単純にカビを除去するだけではなく、水垢や皮脂汚れも一緒に除去できるのです。

MEMO
重曹とクエン酸を使ってお風呂の天井の掃除をするときは、お湯の温度にこだわるのもポイントです。50度以上のお湯で熱を加えることで、カビをさらにすっきり落とせます。

お風呂の天井の掃除をクイックルワイパーと重曹&クエン酸で行う方法

それでは、クイックルワイパーと重曹&クエン酸でお風呂の天井を掃除する方法を説明していきます。

用意するものは、次の通りです。

準備するもの
  • クイックルワイパー、またはフロアモップ
  • キッチンペーパー
  • 重曹
  • クエン酸
  • スプレーボトル

重曹とクエン酸でお風呂の天井を掃除する方法は、次のとおりです。

  1. 水100mlに対して小さじ1の重曹を加えて重曹水を作ります。その後、水100mlに対して小さじ1のクエン酸を加え、クエン酸水を作ります。
  2. クイックルワイパーのようなフロアモップに、キッチンペーパーを取り付けます。はずれないように、しっかりと取り付けましょう。
  3.  取り付けたキッチンペーパーに、重曹水をスプレーで吹きかけます。少し多めに吹きかけておきましょう。その上から、クエン酸水もスプレーします。
  4. お風呂の天井の気になるところに、3番で少しずつ移動させながら拭いていきます。キッチンペーパーが乾燥してきたら、再度、重曹水とクエン酸水をスプレーしましょう。
  5. 最後に、50度以上のお湯に設定したシャワーで天井を洗い流して終了です。

重曹とクエン酸を使ったお風呂の天井のカビ取りのコツ

重曹とクエン酸を使ってお風呂の天井のカビ取りをするときには、ちょっとしたコツが要ります。

次の3点のポイントを頭にして、掃除をしましょう。

  • 表面だけをゴシゴシこすらない
  • カビの奥まで重曹やクエン酸など染み込ませる
  • キッチンペーパーやラップなどをかぶせて密閉する

カビは、カビ菌の菌糸が根を張るようにして繁殖していきます。

そのため、表面だけをゴシゴシこすっても、完全に除去しきれないのです。

しっかりと、重曹やクエン酸をカビ菌に密着させながら浸透させて、奥から除去していかなければ、意味がありません。

そのためには、キッチンペーパーやラップなどでしばらく密閉しておく方法がおすすめです。

まとめ

こまめに換気扇を回しているつもりでも、上部にある天井には水滴がたまりやすいので、定期的な掃除が必要です。

クイックルワイパーなどのフロアモップを使って簡単な掃除をしておくことで、水垢やカビの発生を防ぐことができます。

一度カビが発生してしまうと、根を張る性質から、何度も同じ場所に発生してしまう恐れがあります。
そうなる前に、こまめなお手入れでお風呂の天井をきれいに保っておきましょう。