手袋の洗濯におすすめの宅配クリーニング業者ランキング&洗濯のコツ!

手袋に使われている素材の種類は、たくさんありますね。
種類の数ほど、洗濯方法やお手入れの方法があるので、実は美しい状態を保つのが難しいのです。

だからこそ、最近は宅配クリーニング業者を利用して、手袋のお手入れをしている人が多いのですね。

しかし、一方では家で洗濯している人もいます。

ここでは、手袋の洗濯におすすめな宅配クリーニング業者選びのポイントや自宅で洗濯するときのコツなどをご紹介します。

手袋の宅配クリーニング業者選びのポイント!

手袋のタイプや素材によって、クリーニング料金は大きく変わります。
また、宅配クリーニング業者によって、料金の設定がさまざまなので、業者を選ぶのが難しいです。

しかし、ポイントをつかめば大丈夫。

まずは、次の3つのポイントに重点を置いて、手袋の宅配クリーニング業者選びをしましょう。

  1. 素材に合わせた洗濯をしてくれる業者
  2. 料金がリーズナブルな業者
  3. 賠償基準をしっかり掲載している業者

手袋のタイプには、次のような種類がありますね。防寒用の手袋、おしゃれ用の手袋、スキー用の手袋など、さらに、素材にも種類があるので、手袋のクリーニング料金はわかりにくいのです。

素材によっては、クリーニングの受付が不可の業者もあり、手袋の洗濯に最適な宅配クリーニング業者を選ぶのは、意外に困難です。

それでは、スムーズに宅配クリーニング業者を選ぶための3つのポイントについて、詳しく説明していきます。

素材に合わせた洗濯をしてくれる

手袋の素材にはいくつかの種類があるからこそ、その種類に合わせた洗濯をしてくれる業者を選ぶべきです。

手袋の素材に合わせた洗濯をしてくれる業者の確認方法は、次の通りです。

素材に合わせた洗濯方法の確認手順
  1. 手袋の料金かクリーニング料金が記載されているところを確認する
  2. 手袋単体の料金表示の場合は、近くに素材別料金が書いていないかを確認する
  3. パック料金の場合は、オプションメニューのあたりに素材別料金が書いていないかを確認する

公式サイトのクリーニング料金やオプション料金の項目に、素材別のクリーニング料金が記載されていたら、素材別の洗濯を行ってくれる業者なので安心です。

素材別の料金が書いていない場合は、かなり特別な素材の選択方法にしかこだわっていない可能性が高いので、あまりおすすめできません。

料金が明確でリーズナブル

素材別の洗濯方法を提供しており、なおかつ料金が明確でリーズナブルな業者を選ぶと安心です。

手袋のクリーニング料金で業者を比較する場合、次の費用も含めて考えましょう。

  • 素材別の洗濯料金
  • 撥水加工などのオプション料金
  • 宅配の送料

これらの料金をすべてプラスした上で、1点あたりのクリーニング料金を割り出し、業者ごとに比較するとわかりやすいです。

撥水加工などのオプションメニューについては、必須メニューではないので自由選択になります。

手袋の用途によっては、撥水加工をつけておいた方が、長持ちさせることができます。

MEMO
手袋の撥水加工をしておくと、雨や雪の日でも手袋の素材に水分が染み込みにくく、長持ちさせることができます。防寒用であれば、撥水加工により水分を弾くので、さらなる防寒効果が期待できます。

賠償基準をしっかり掲載している

手袋は素材によってすごくデリケートなので、クリーニングの段階で縮んだりほつれたりなどをする可能性が高いです。

宅配クリーニング業者では、細心の注意を払ってクリーニングを行っているので基本的には安心ですが、油断は禁物です。

もしもの時のために、賠償基準を確認することで、対応方法を把握しておきましょう。

まずは、賠償基準がしっかり書かれているかを確認することです。

賠償基準を明確に記載している業者は、信頼できる業者です。

注意
宅配クリーニング業者の賠償基準記載ページは、表示名が小さくて見えなかったり、見えにくいところに配置されていることが多いので、よくよく確認しましょう。もしも見つからない場合は、質問コーナーの中で紹介されていることもあるので、確認をおすすめします。

手袋の宅配クリーニング業者を比較!

手袋の宅配クリーニング業者を選ぶ3つのポイントは、

  • 素材に合わせた洗濯をしている
  • 料金が明確でリーズナブル
  • 賠償基準がわかりやすく記載されている

でした。

それでは、この3つのポイントで何社かの宅配クリーニング業者を比較していきます。

【素材に合わせた洗濯】 【料金が明確で安い】 【賠償基準を記載】
リネット 二重丸 二重丸 二重丸
クリラボ 丸 丸 丸
リナビス 二重丸 丸 二重丸
せんたく便 丸 丸 二重丸
白洋舎 らくらく宅配便 丸 丸 二重丸
デリウォッシュ 三角 二重丸 丸
クリーニングラボ 三角 丸 丸
クリコム 二重丸 三角 丸
美服パック 丸 三角 二重丸
ココデカウ 三角 三角 不明

このように、有名な宅配クリーニング業者を3つのポイントで比較してみると、かなり差があるのが分かります。

次からは、特に評価が良かった3つの業者の特徴とメリットを、具体的に説明していきます。

手袋の宅配クリーニングおすすめ業者ランキング!

1位:リネット

リネット
ポイント
  1. 手袋のタイプや素材別に詳しく料金が記載されている
  2. 対応できる素材の種類がわかりやすく記載されている
  3. 一流のアパレルブランドに選ばれるほど品質が高い
  4. プレミアム会員は最短2日で受け取れる
  5. プレミアム会員は送料無料なのでかなり料金がリーズナブル
CHECK
リネットは、一流のアパレルブランドに選ばれるほど洗濯や仕上がりの品質が高い宅配クリーニング業者です。だからこそ、手袋の素材やタイプ別の洗濯にこだわりを持っており、料金が細かく記載されているのでわかりやすいです。
リネットの評価
素材に合わせた洗濯
(5.0)
料金が明確で安い
(4.5)
賠償基準を記載
(5.0)
総合評価
(5.0)

2位:クリコム


ポイント
  1. 手袋のタイプや素材別で料金が記載されている
  2. 素材別や装飾品ありの場合の料金がわかりやすい
  3. 単品料金制なので少量の依頼におすすめ
  4. 京都で古くから使われているシミ抜き機を利用している
  5. シミ抜きにこだわりがあり4つのコースが用意されている
CHECK
クリコムは、単品料金制で手袋のタイプや素材別の料金がわかりやすく記載されているため、手袋だけをクリーニングしたい人に特におすすめです。中でも、シミ抜きにはこだわりを持っており、4つのコースが用意されています。
クリコムの評価
素材に合わせた洗濯
(5.0)
料金が明確で安い
(4.5)
賠償基準を記載
(5.0)
総合評価
(4.5)

3位:リナビス

リナビス
ポイント
  1. パック料金でまとめて依頼すれば料金がリーズナブルになる
  2. 撥水加工はオプションで980円
  • シミ抜きや送料、ボタン修理など8つの無料サービスが充実
  • 衣類や素材に合わせた20種類の洗浄方法がある
  • 自然乾燥で生地への負担を減らす
  • CHECK
    リナビスは、送料やシミ抜きなどの8つの無料サービスが自慢の良心的な姿勢の宅配クリーニング業者です。手袋のクリーニング料金も、点数が多いパック料金を選ぶほどにリーズナブルになります。送料無料なので、安い料金で気軽に宅配クリーニング業者を利用してみたい人にもおすすめです。
    リナビスの評価
    素材に合わせた洗濯
    (4.5)
    料金が明確で安い
    (4.0)
    賠償基準を記載
    (5.0)
    総合評価
    (4.0)

    手袋の宅配クリーニング業者の料金相場!

    手袋のクリーニング料金は、素材やタイプによって大きく変わるので、大体の相場を知っておくと良いでしょう。

    ここで、ご紹介した3つの宅配クリーニング業者の手袋のクリーニング料金を比較した上で、料金相場を分析していきます。

    料金
    リネット 手袋 / ニット手袋 980円、スキー手袋 2,280円、レザー手袋 3,000円
    クリコム 手袋 700円(デラックス仕上げ 1,400円)、スキー手袋 1,500円、革手袋 5,500円
    リナビス 5点 7,800円、10点 10,800円、20点 18,800円

    手袋の宅配クリーニングの料金を評判の3社で比較してみると、基本的な料金相場は1,000円程度です。

    素材別で相場を見ると、カシミヤなどのデリケート素材の場合は1,500円程度、スキー手袋は1,500円〜2,000円程度になります。

    手袋を洗濯するコツ!宅配クリーニングと比較すると?

    手袋は、家でも簡単に洗濯できそうですね。
    他の衣類と一緒に洗っても問題がないように思えますが、実は違います。

    手袋にはいろんな素材があるので、それぞれに洗濯のコツがあります。

    洗濯表示を確認すると、家では洗えない手袋もあるので要注意です。

    そこで、自宅での手袋の洗濯方法やコツを解説した上で、宅配クリーニング業者との違いを明らかにします。

    基本編!手袋の洗濯方法

    まずは、手袋の基本的な選択方法を説明していきます。

    洗濯表示をチェックする

    手袋についているラベル部分の洗濯表示をチェックしましょう。

    洗濯表示の見方は、次の通りです。

    • 家で洗える洗濯表示
    • 洗面器のマークと洗面器と手のマーク

    • 家で洗えない洗濯表示
    • 洗面器に×が書いてあるマーク

    残念ながら、洗面器に×が書いてあるマークがある場合は、家では洗えません。

    どうしても洗濯したい時は、宅配クリーニング業者に依頼しましょう。

    手袋の洗い方

    手袋の洗濯の手順は、次のとおりです。

    手袋の洗濯に必要なもの
    • おしゃれ着用洗剤
    • 洗面器
    • タオル
    手袋の洗濯の手順
    1. 洗面器に水かぬるま湯を入れて、適量のおしゃれ着用洗剤を加えて溶かします。
    2. 手袋を洗面器の中に入れてから、指先部分におしゃれ着用洗剤を少しつけて、つまみ洗いをします。指先部分があまり汚れていない場合は、つまみ洗いの必要はありません。
    3. もう一度、洗面器の中に漬け込んで、手袋全体を押し洗いします。押し洗いだけで汚れが落ちそうにない場合は、軽くもみ洗いをしましょう。特にウールは、揉み洗いで型崩れしやすいので軽く洗いましょう。
    4. 洗面器の中の水を流してから、新しい水かぬるま湯を入れます。手袋の洗剤が取れるまで何度もすすぎ洗いをします。
    5. すすぎが終わったら、手袋の水分をタオルで拭き取ります。タオルで手袋を挟み込んで水分をとっていきましょう。
    6. ある程度水分が取れたら、風通しの良い日陰で干します。

    スエード手袋の洗濯方法

    スエードの手袋の洗濯方法は、他の素材の手袋の洗濯方法と異なります。

    スエードは水を吸うと、色落ちをしたり、シワになったりするので、一切水を使いません。

    そのため、日頃のお手入れが大事です。

    日頃のお手入れ方法
    • スエード用のブラシが硬いブラシで、毛並みに沿ってブラッシングして汚れを落としておきます。
    • 軽い汚れは、スエード用のクリーナーでこすって落としておきます。なるべく早く落としておきましょう。
    • 飲み物等でシミ汚れがある場合は、泡タイプの専用クリーナーで汚れを浮かせてからタオルで拭き取り、日陰で乾燥します。

    革手袋の洗濯方法

    革は水で洗うと、色落ちする恐れがあるので、基本的に水洗いはおすすめできません。

    日頃のお手入れが大事なので、手袋を使うたびに、タオルなどの柔らかい布で全体を拭くようにしましょう。

    どうしても落ちない汚れがある場合は、次のような方法で洗濯します。

    革手袋の洗濯方法
    1. タオルを濡らせるくらいの量の水を洗面器に入れます。おしゃれ着用洗剤を溶かしてから、タオルを濡らします。
    2. 濡らしたタオルを硬く絞ったら、革手袋の汚れの部分を拭きます。
    3. すぐに、水分を取るために乾いた布で押さえながら拭きます。
    4. 風通しの良い日陰で乾かします。
    注意
    色落ちが心配な人は、手袋を洗う前に目立たないところに数滴の水を垂らして、白い布で拭き取ってみてください。白い布に色がつく場合は、色落ちする可能性が高いので、家での洗濯はおすすめできません。

    このように手袋は素材によって洗い方やお手入れの方法が違うので、家で管理する場合は結構手間がかかります。

    また、必ずしもきれいになるとは限らないので、良い宅配クリーニング業者に依頼するのがベストです。

    宅配クリーニング業者なら、リーズナブルな料金で素材に合わせたクリーニングをしてくれるので、安心して任せられます。

    お気に入りの手袋を長持ちさせるためにも、宅配クリーニング業者の利用が絶対におすすめです!

    手袋の宅配クリーニングのQA!

    手袋はクリーニングしてもらえますか?

    洗濯表示に×印が付いていなければ、クリーニングは可能です。一度、洗濯表示をご確認ください。クリーニング受付不可の素材は、多くの業者がHPなどに書いているので事前に確認しておきましょう。

    手袋の色落ちが心配です。

    現物の状態次第となる場合が多いですが、ウールや革製の手袋は色落ちする可能性が高いので、一度ご相談してみるのがよいでしょう。

    革の手袋のクリーニングは受け付けてもらえますか?

    素材別のオプション料金がかかる場合が多いですが、クリーニングできるところがほとんどです。

    カシミヤの手袋のクリーニング代は高いですか?

    素材別のオプション料金がかかり通常よりも少し高くなるところが多いです。

    クリーニング後の手袋にほつれがありました。何か対応はしてもらえるのでしょうか?

    各業者の賠償基準に基づいて対応しています。