お風呂のタイルの正しい掃除方法は?汚れの3種類の特徴と落とし方など!

お風呂のタイルには凹凸があるので、へこんでいる部分にカビや汚れが発生しやすいです。

日々、しっかりお掃除をしていても、いつの間にか汚れが蓄積して、こびりつくケースが多いので、定期的なお手入れが必要です。

特に、黒カビには注意。

カビは、日が経つごとにどんどん根を張って行くので、ついには、掃除をしても取り除けなくなってしまいます。

そこで今回は、お風呂のタイルについた黒ずみや赤カビ、水垢などを落とす方法をご紹介します。

お風呂のタイルの汚れのは3種類!違いを知っておこう

お風呂のタイルの汚れには、3つの種類があります。

  1. 黒ずみ
  2. 赤カビ
  3. 水垢

それぞれに性質や特徴が違い、それに合わせて、掃除方法も異なってきます。

まずは、汚れの3種類の性質や特徴を知っておきましょう。

お風呂のタイルにつく汚れの3種類の性質や特徴を説明していきます。

黒ずみ

お風呂のタイルの黒ずみの正体は、皮脂汚れの蓄積です。

体を洗った後にシャワーでボディーシャンプーや石鹸を流すときに、体の皮脂も一緒に流れていきます。

それがタイルについて、蓄積されていくと、黒ずみになっていくのです。

皮脂汚れは酸性の汚れなので、アルカリ性の洗剤で落とす必要があります。

赤カビ

お風呂のタイルの赤いシミのような物の正体は、赤カビです。
日々、しっかり洗浄しているつもりでも、高温多湿が原因で、赤カビが発生するケースがあります。

赤カビは、ロドトルラという酵母菌が原因で発生します。

日々の清掃で汚れが落としきれていないと、石鹸成分や皮脂などを餌にロドトルラがどんどん繁殖して赤カビとなってタイルにこびりつくのです。

MEMO
赤カビや黒カビなどのカビは、湿度が高く、25℃~30℃程度の温度の環境で繁殖しやすくなります。お掃除をした後は、換気をして温度と湿度を調整することで、カビを防げます。

水垢

水垢は、タイルに付着した水分が蒸発した後に水道水の中のカリウムやミネラルが残ってこびりついた垢です。

カリウムやミネラル成分の垢は、蓄積されていくと普通の中性洗剤では落ちにくくなり、タイルにこびりついて行きます。

そのため、定期的に水垢に適した方法で掃除する必要があります。

次からは、黒カビ、赤カビ、水垢に適したそれぞれの掃除方法を説明していきます。

お風呂のタイルの掃除方法:黒ずみ

お風呂のタイルの黒ずみには、重曹とクエン酸を使った掃除がおすすめです。

黒ずみの原因の皮脂汚れは酸性の汚れなので、アルカリ性の洗剤で落とす必要があります。

重曹は、弱アルカリ性の性質を持っており、クエン酸は、アルカリ性を中和する性質を持っています。

この2つが混ざり合い、そこに水が加わると、化学反応で泡が発生し、さらに皮脂汚れが落ちやすくなります。

お風呂のタイルの黒ずみを重曹とクエン酸で掃除!

重曹とクエン酸でお風呂のタイルの黒ずみを落とす方法は、次の通りです。

お風呂のタイルの黒ずみを重曹とクエン酸で掃除する方法
  1. クエン酸に水を加えたクエン酸水を作ります。分量の目安は、クエン酸が小さじ1杯につき、水が1カップです。
  2. クエン酸水1に対して、重曹を2の割合で混ぜ合わせます。
  3. クエン酸と重曹を混ぜ合わせたものを、タイルの黒ずみの気になるところに塗ります。その上から、ラップをかぶせて1時間位放置します。
  4. ラップを外してから、ブラシでこすって黒ずみを落とします。汚れが落ちたら、シャワーでしっかり流しておきましょう。

お風呂のタイルの黒ずみをサンポールで掃除!

重曹やクエン酸を使っても、お風呂のタイルの黒ずみが落ちなかった場合は、黒カビが発生している恐れがあります。

黒カビはアルカリ性なので、掃除には酸性の洗剤が適しています。

そこでおすすめしたいのが、トイレ掃除用の洗剤で有名なサンポールです。

サンポールを使ったお風呂のタイルの掃除方法を説明していきます。

サンポールを使ったお風呂のタイルの掃除方法
  1. まず、換気扇をまわしてから、ゴム手袋を装着しましょう。そして、お風呂のタイルの汚れが気になるところにキッチンペーパーを敷きます。その上から、サンポールをかけていきます。
  2. キッチンペーパーをしっかりと床に密着させるために、ゴム手袋をした手で上から押さえていきます。
  3. そのままの状態で、2時間程度放置しておきます。
  4. 2時間が経過したら、キッチンペーパーを剥がしていきます。この時もゴム手袋をしておきましょう。
  5. 汚れがある部分も、ブラシやスポンジでこすっていきます。この時、他の洗剤を使わないように気をつけましょう。洗剤が足りない場合は、サンポールを足して擦ります。
  6. シャワーでしっかりサンポールを流して、終了です。サンポールが残っていると、手荒れなどの原因になるので、しっかりと洗い流しておきましょう。

お風呂のタイルの掃除方法:赤カビ

お風呂のタイルについた赤カビは、黒カビよりも比較的落としやすいです。

赤カビが再び発生しないようにするためにも、オキシクリーンや重曹で定期的にお手入れしておきましょう。

それぞれのアイテムを使った掃除方法を説明していきます。

お風呂のタイルの赤カビをオキシクリーンで掃除!

オキシクリーンは衣類の漂白剤で有名なアメリカの洗剤ブランドです。

酵素系漂白剤で、漂白力のほかに洗浄力や除菌力まであるので、洗濯だけにとどまらず、様々な掃除洗剤としても使用されています。

オキシクリーンでお風呂のタイルを掃除するときに必要なものは、次のとおりです。

必要なもの
  • オキシクリーン
  • ゴム手袋
  • ブラシ

それでは、具体的な掃除方法を説明していきます。

  1. まず、お湯をかけて床を濡らします。オキシクリーンは、熱いお湯の方が効果を発揮するので、できるだけ温度が高いお湯をかけておきましょう。
  2.  床の熱が冷めてしまわないうちに、オキシクリーンを撒きます。分量はスプーン2〜3杯程度です。
  3.  掃除用のブラシでタイルを軽くこすっていきます。こすりながら、オキシクリーンを床になじませていきましょう。馴染ませるのが目的なので、強くこすりすぎる必要はありません。そのままの状態で、1時間以上放置します。
  4. 途中で様子を見て、あまり泡が立っていないようであれば、お湯を少し足して泡立てをします。再び、放置しておきましょう。
  5. 1時間以上放置したら、シャワーでオキシクリーンを洗い流します。その後、ブラシで床を磨いていきます。汚れが全て落ちたら、再びシャワーでオキシクリーンを洗い流します。この時、オキシクリーンが残らないように、完全に洗い流しておきましょう。

このような手順で、オキシクリーンを用いてお風呂の床を掃除していきます。

MEMO
オキシクリーンでお風呂の床を清掃するときは、バスシューズなどを履いておくと、足にオキシクリーンがつかずにすみます。

お風呂のタイルの赤カビを重曹で掃除!

赤カビは黒ずみや黒カビよりも比較的落としやすいので、重曹だけでもきれいになります。

また、赤カビを発生しにくくもしてくれるので、定期的に重曹でお手入れすると良いでしょう。

重曹を使ったお風呂のタイルの掃除方法を説明していきます。

重曹を使ったお風呂のタイルの掃除方法
  1. シャワーで、床全体を軽く濡らしていきます。特に、赤カビがあるところを重点的に濡らしていきましょう。
  2. 赤カビの部分に、重曹をふりかけます。赤カビが隠れる程度を目安にふりかけていきましょう。
  3. 重曹をふりかけた部分を重点的に、ブラシでこすって行きます。赤カビが取れているかを確認しながら、しっかり擦るのがポイントです。
  4. 赤カビが取れたら、シャワーで洗い流します。

お風呂のタイルの掃除方法:水垢

水道水の中のミネラル成分等が残って発生する水垢は、アルカリ性です。

そのため、アルカリ性を中和して落としやすくしてくれる酸性のクエン酸がおすすめです。

お風呂のタイルの水垢にはクエン酸が効く理由!

水道水のカリウムやカルシウムなどが残って発生する水垢は、アルカリ性です。

そして、柑橘系の果物などにも多く含まれているクエン酸は、酸性の成分です。

アルカリ性に酸性を加えると、アルカリ性が中和されて汚れが取れやすくなります。

つまり、アルカリ性の水垢に酸性のクエン酸を加えることで、水垢がふやけて取れやすくなるのですね。

お風呂のタイルの水垢をクエン酸パックで掃除!

お風呂のタイルをクエン酸パックできれいにするときに必要なものは、次の通りです。

準備するもの
  • クエン酸
  • スプレーボトル
  • キッチンペーパー

それでは、お風呂のタイルをクエン酸パックで掃除する方法をご紹介します。

  1. スプレーボトルの中に200mlの水を入れてから、小さじ1杯のクエン酸を加えて、よく混ぜあわせます。スプレーボトルを振って、混ぜあわせましょう。
  2.  お風呂のタイルの水垢が気になるところに、キッチンペーパーを置き、その上からクエン酸をスプレーで吹きかけます。キッチンペーパーにしっかり染み込むように、多めに吹きかけておきましょう。
  3. そのまま、20分以上放置してから、キッチンペーパーをはがします。水垢の部分に粉状のクエン酸をふりかけて、スポンジやブラシなので磨きます。
  4. 最後にシャワーでクエン酸をすっきり流したら、終了です。

まとめ:お風呂のタイルの汚れを知って正しく掃除しよう!

お風呂のタイルの汚れは、一種類ではありません。

水垢や黒カビ、赤カビなど様々な汚れがあるので、汚れの特徴を知ってから、ふさわしい方法で掃除をするべきです。

また、定期的に掃除をしておくことで、汚れのこびりつきを防ぐことができます。

タイルは特に凹凸が多いので、放置しておくとカビが繁殖しやすくなり、ついには、掃除をしても取れなくなる恐れがあります。

お風呂をきれいに保つためにも、タイルの汚れにふさわしい方法で、お手入れを続けていきましょう。