スプレーでエアコンをクリーニングする方法

エアコンをクリーニングしないまま使い続けると、内部に住み着いたカビやホコリが稼働するたびに飛び散ります。アレルギーなどの原因になるので注意が必要です。

クリーニングしてカビやホコリが取れれば、空気がキレイになるだけでなく電気代も安くなります。

業者に依頼せずに自力でなんとかしたいなら、市販されている専用のスプレーを使いましょう。

今回はスプレーの使い方や必要なもの、自力でクリーニングするメリットとデメリットなどについてご説明してきますね。

スプレーでエアコンクリーニングできるのはどこ?

スプレーでエアコンクリーニングできるのは、次の3つが主流です。

スプレーでエアコンクリーニングできる部分
  1. フィン(熱交換器):フィルターの下にある、空気を冷やしたり温めたりするパーツ。
  2. ファン:フィンよりさらに奥にある、部屋に空気を送るための筒状のパーツ。
  3. フィルター:外装パネルのすぐ下にある、ホコリなどを侵入させないためのパーツ。

このうち「3」のフィルター用は、代わりに台所用薬剤を使っても問題ありません。

フィンとファンは別々のスプレーを使用するため、両方洗うならそれぞれ購入する必要があります。

スプレーでエアコンをクリーニングする方法

具体的に、どのようにスプレーでエアコンクリーニングするのでしょうか。

部分ごとにそれぞれご説明しますね。

クリーニングする方法
  1. クリーニング前の準備
  2. フィン(熱交換器)
  3. ファン
  4. パーツ洗浄(外装パネル・フィルター)

1.クリーニング前の準備

始める前に、まず準備をしましょう。

用意するもの
  • 脚立やイスなど踏み台になるもの
  • 新聞紙
  • 養生テープ(なければビニールテープ)
  • ビニールのゴミ袋
  • ハサミ
クリーニング前の準備
  1. 電源オフ:エアコンの電源を切ってから、コンセントを抜きましょう。コンセントがない場合はブレーカーを落とします。
  2. 床の保護:新聞紙で床を広めに保護します。クリーニング中は汚水やホコリが飛ぶので、汚れたら困るものは片付けてください。
    (外装パネルやフィルターの掃除だけならこれで完了です)
  3. 壁の保護:養生テープを使い、ビニールのゴミ袋を機体の周りに貼って壁を保護します。コンセント部分も保護しましょう。
  4. 取り外す:外装パネルとフィルターを取り外します。外し方はエアコンの取扱説明書を参考にしてください。
  5. 電装部分の保護:右側に見える電装部分をビニールのゴミ袋で保護します。
  6. 水受けの作成:ハサミでゴミ袋の一辺を切り、広げてろうとのような形にして、角を機体に貼り付けます。落ちてきた汚水はここにためてください。
    (フィンやファンなど内部洗浄をする場合はここまで行ってください)

内部の掃除をする時は、本体の近くで水や洗剤を使います。

床や壁が汚れやすいのはもちろん、コンセントや電装部分にかかると故障や感電の恐れがあります。

ビニールのゴミ袋で保護してエアコンと自身の安全を守りましょう。

2.フィン(熱交換器)

フィンとはフィルターを外したすぐ後ろに見える、アルミ素材がびっしり並んだ部分のことです。

用意するもの
  • ゴム手袋
  • 掃除機(ハンディタイプが便利)
  • 使い終わった歯ブラシや綿棒
  • ビニールのゴミ袋
  • フィン用のスプレー
  • ペットボトル用のスプレーノズル
  • 水入りペットボトル
フィン(熱交換器)のクリーニング方法
  1. フィンについたホコリを掃除機で吸いましょう。掃除機で取れなかった汚れは、歯ブラシや綿棒でそっと取ります。壊れやすいので優しく行ってください。
  2. 屋外機のドレンホースにビニールのゴミ袋を取り付けます。クリーニングするとここから汚水が流れるので、詰まっていないか確認しましょう。
  3. フィン全体にスプレーします。左右に動かしながら、上から下へかけましょう。全体に行き渡るように使ってください。
  4. スプレーごとに決められた時間、そのまま置きます。
  5. 洗い流すためのリンス剤がある場合、使用します。これもフィン全体に吹きかけましょう。
  6. 洗い流しが足りないと感じる場合は、水で流してもOKです。水入りペットボトルで霧吹きを作って洗いましょう。
  7. 外装パネルやフィルターを元に戻します。
  8. ドレンホースからビニールのゴミ袋を外します。中に溜まった汚水は、普通の排水として捨ててください。
  9. エアコンの送風運転をして内部を乾かします。
  10. 汚水が飛ばないのを確認してから、壁や床の保護を取り外して完了です。

フィンのクリーニングには、ジェットスプレータイプが使いやすいです。

リンス剤なしの洗い流さないタイプもありますが、薬剤が内部に残ると汚れになります。

できれば洗い流すタイプの方が良いでしょう。

3.ファン

ファンとはエアコン稼働中に羽の間から見える、風を送り出す筒状のパーツです。

用意するもの
  • ゴム手袋
  • ファン用のスプレー(リンス剤と2本組のことが多い)
  • 割り箸
  • ペットボトル用のスプレーノズル
  • 水入りペットボトル
  • 汚れても良いタオルや雑巾
ファンのクリーニング方法
  1. 吹き出し口のルーバー(羽)を手で動かし、外からファンが見えるようにします。
  2. スプレーを振っておきます。
  3. 吹き出し口からノズルを差し込んで吹きかけます。ファンを割り箸でくるくる回しながら吹きかけると全面キレイになります。
  4. 完了したら、ファンをゆっくり5〜6回転させます。
  5. スプレーごとに決められた時間、そのまま置きます。
  6. 付属のリンス剤を吹き出し口から噴射して洗います。すすぎが不十分だと感じる場合は、ペットボトルで作成した霧吹きの水で流しましょう。
  7. 水受けにしたビニール袋に薬剤が落ちるまで5分程度置きます。
  8. 外装パネルやフィルターを元に戻します。
  9. 吹き出し口に捨てても良いタオルや雑巾を当てて、1分程度送風運転します。
  10. その後、汚水が飛ばないことを確認してからタオルや雑巾を外しましょう。しばらく送風運転して内部を乾かします。
  11. 壁や床の保護を取り外して完了です。

ファンにカビがびっしり生えているのが見えると、つい綿棒や割り箸で剥がしたくなりますよね。

しかし無理に汚れを落とそうとするとパーツが破損したり、カビの一部だけが剥がれてスイッチを入れた瞬間に飛び散ったりします。

スプレー以上の掃除をしたいなら、自分では行わずに業者に任せるのが安全です。

4.パーツ洗浄(外装パネル・フィルター)

用意するもの
  • ゴム手袋
  • 掃除機
  • フィルター用のスプレー(なければ台所用の中性薬剤でもOK)
  • 汚れても良いタオルや雑巾
  • 新聞紙
パーツ洗浄(外装パネル・フィルター)の方法
  1. フィルターを新聞紙の上に置き、裏側から掃除機をかけてホコリを取ります。
  2. ホコリが取れたら浴室に移動して、フィルター用のスプレーや台所用薬剤で洗います。
  3. 外装パネルを浴室で水洗いします。汚れが気になる場合は、スプレーや薄めた台所用洗剤を使いましょう。
  4. 水洗いして薬剤を落としましょう。
  5. それぞれのパーツを陰干ししてしっかり乾かします。
  6. パーツを元に戻して終了です。

外装パネルやフィルターの掃除は、メーカーも公式にオススメしています。

特にフィルター掃除は電気代やカビ・ニオイ対策のために重要なポイント。

お掃除機能がない場合は2週間に1回。お掃除機能付きでもシーズンに1回は掃除するようにしましょう。

エアコンクリーニングをスプレーで行うときの注意点

クリーニングの注意点
  • 電装部分にスプレーがかかると、故障や火災につながる可能性もある。
  • フィンやファンは壊れやすいので注意。
  • 換気をしながら行う。
  • 最も危険なのが、電装部分やコンセントに液体がかかることです。故障で済めばまだ良い方で、最悪の場合火災につながることも。

    電源を切ってコンセントを抜くのはもちろん、機体周りの保護はしっかり行いましょう。

    内部のフィンやファンは繊細なパーツです。割り箸などで強くつつくと、変形したり破損したりする可能性があります。

    どんなタイプのものであれ、スプレーを使うときは換気しないと気分が悪くなります。換気が辛くないように、気候が穏やかな春や秋に行うのがベストですね。

    エアコンクリーニングをスプレーで行うメリットとデメリット

    スプレーを使って自力でエアコンクリーニングをする場合、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

    メリット
    • 料金が安くて済む。
    • 知らない人を家に入れなくて良い。

    とにかく料金が安いです。スプレーは1本あたり300円程度から購入可能です。

    業者にお願いすると10,000円以上かかることが多いので、自力ですれば格安と言えます。

    そしていくらプロとはいえ、他人を家に入れるのはハードルが高いと感じる人も多いもの。

    そのような場合は自力でのクリーニングを検討しても良いかもしれません。

    デメリット
    • 故障する可能性がある。
    • スプレーの水圧では洗い流しきれず、逆に汚れとなる可能性も。
    • 労力がかかる割に内部までキレイにしきれない。

    掃除に使うスプレーや水滴が電装部分などにかかると、故障して動かなくなる可能性があります。修理代や買い替え代が発生すると、合計金額は跳ね上がります。

    故障しなかったとしても、洗い流すのがうまくいかないと汚れはむしろ悪化します。

    残った薬剤にホコリやカビがくっついて、頑固で落としにくい汚れに成長するためです。

    そしてこれらの作業は慣れた人なら簡単かもしれませんが、初めてだと半日以上かかります。それだけの労力をかけても最深部までは掃除できず、もやもや感が残る人もいます。

    まとめ:スプレーでエアコンクリーニングできるけどデメリットもある

    スプレーを使って自力でエアコンクリーニングをすると、内部をそれなりにキレイにできます。

    カビ臭さの緩和や、フィルターの目詰まりが取れたことによる電気代の改善が期待できますね。

    とはいえ奥にあるカビや汚れまでは洗えず、うまく薬剤を洗い流せないと頑固な汚れになる可能性も。

    1回の掃除にかかる時間は、初めての場合半日から1日が目安です。

    腕に自信がない人や、時間がかかる割にイマイチだと感じる場合には、業者にお願いするのも良いでしょう。