スカートの洗濯におすすめの宅配クリーニング業者ランキング&洗濯のコツ!

スカートの素材や装飾は、多種多様なので、スカートによっては家で洗濯しにくいものもあります。

そんなときにおすすめなのが、宅配クリーニングです。

年々増え続けている宅配クリーニング業者では、上質な素材や装飾品が施されたスカートのクリーニングも受け付けています。

今回は、スカートの宅配クリーニング業者選びのコツや料金相場、家での洗濯方法をご紹介します。

スカートの宅配クリーニング業者選びのポイント!

スカートの宅配クリーニング業者選びのポイントは、次の3つです。

  1. 料金がわかりやすい業者
  2. オプションサービスが充実した業者
  3. 賠償基準がわかりやすい業者

料金の分かりやすさ、オプションサービスの内容、賠償基準の明確さは、良い宅配クリーニング業者を選ぶ上で外せないポイントです。

次からは、それぞれのポイントを詳しく説明していきます。

料金がわかりやすい

スカートの種類が多種多様なので、クリーニング方法もひとつではなく、素材や装飾品によってオプション料金がかかります。

また、オプション加工メニューを依頼する場合は、さらに料金が加算されるので、基本料金よりも高くなります。

すべての加算料金を含んだ合計のクリーニング料金を知るためには、料金のわかりやすい記載が必要です。

スカートのクリーニング料金の分かりやすさを確認するために、次の3つのポイントをチェックしておきましょう

スカートのクリーニング料金確認の3ポイント
  1. シルクやカシミヤなどの上質素材の料金
  2. フリルやレースなどの装飾品の料金
  3. 静電気防止などのオプション加工料金

スカートのクリーニング料金に加算が予想される料金は、この3つです。

まずは、この3つの料金を確認した上で、自分のスカートの素材や装飾品、依頼したいオプション加工メニューを決めてから合計を出すと予算が分かりやすいです。

予算がわかった上で、できるだけ安い料金の高いクリーニング業者を選ぶといいでしょう。

オプションサービスが充実している

スカートに最適なオプションサービスは、以下の3つです。

  • 撥水加工
  • 静電気防止加工
  • シミ抜き

撥水加工は、雨や飲み物などの水分がスカートについても弾いてくれる加工です。
撥水加工を施しても、空気は通してくれるので蒸れることはありませんし、汚れを防止できるので、クリーニングの頻度を減らせます。

静電気防止加工は、スカートの静電気の発生を防止する加工です。
スカートの素材によっては、静電気が発生しやすく、足にまとわり付いて困りますよね。
静電気防止加工を施しておくと、そのような事態を防ぐことができます。

シミ抜きは、スカートに染み込んでしまった飲み物などのシミを落としてくれるサービスです。

宅配クリーニング業者では、クリーニング作業に入る前に、必ず現物のチェックが行われます。

チェックした上で、シミを見つけた場合は、シミ取りをしてからのクリーニングになります。

MEMO
シミ取りサービスは無料でついていることもあれば、会員のみ無料になる業者もあります。各宅配クリーニング業者で、サービスの内容が違うので、依頼前に確認しておきましょう。

賠償基準がわかりやすい業者

デリケートな素材や装飾品が施された繊細なデザインのスカートは、クリーニングの際に傷んでしまう可能性が高いです。

宅配クリーニング業者では、細心の注意を払って洗濯をしていますが、まれに、生地が傷んだりなどのトラブルがあります。

もしもの時のためにも、賠償基準がわかりやすく記載している宅配クリーニング業者を選びましょう。

注意
賠償基準の内容は、宅配クリーニング業者によって多少異なります。どこまでの範囲が賠償基準に入っているのかをしっかり確認して、不明点がある場合は、依頼前に問い合わせておくと安心です。

スカートの宅配クリーニング業者を比較!

スカートの宅配クリーニング業者選びのポイントを説明したところで、ご紹介した3つのポイントをもとに、人気の高いクリーニング業者を比較していきます。

【料金がわかりやすい】 【オプションサービスが充実】 【賠償基準がわかりやすい】
リネット 二重丸 丸 二重丸
クリラボ 丸 二重丸 丸
リナビス 丸 二重丸 二重丸
せんたく便 丸 二重丸 二重丸
白洋舎 らくらく宅配便 二重丸 三角 丸
デリウォッシュ 丸 三角 丸
クリーニングラボ 三角 丸 丸
クリコム 三角 丸 三角
美服パック 三角 丸 二重丸
ココデカウ 三角 三角 不明

このように、3つのポイントで比較してみると、良い業者とイマイチな業者の差がはっきりしますね。

次からは、評判が良かった3つの宅配クリーニング業者の特徴やメリットを詳しく説明していきますね

スカートの宅配クリーニングおすすめ業者ランキング!

1位:リネット

リネット
ポイント
  1. 単品の料金設定で1点ずつのクリーニング依頼に最適
  2. プレミアム会員でシミ抜きや送料が無料になる
  3. 撥水加工や静電気防止加工などが充実
  4. 一流のアパレルブランドに選ばれるほど品質が高い
  5. 素材別や装飾品別に料金が記載されている
CHECK
リネットは、一流のアパレルブランドで選ばれるほど洗濯の質が高く、プレミアム会員でさらに上質な仕上がりを期待できる業者です。お気に入りのスカートの素材やデザインに合わせたクリーニングを実施しているので、 料金が明確で分かりやすいのも魅力です。
リネットの評価
料金がわかりやすい
(5.0)
オプションサービスが充実
(5.0)
賠償基準がわかりやすい
(5.0)
総合評価
(5.0)

2位:リナビス

リナビス
ポイント
  1. パック料金で点数が多いほどお得になる
  2. クリーニング前の丁寧なチェックが評判
  3. 衣類や素材に合わせた20種類の洗浄方法がある
  4. 撥水加工や静電気防止などのオプションが充実
  5. シミ抜きやボタン修理、送料などの無料サービスが充実
CHECK
リナビスは、熟練の職人の丁寧なチェックとクリーニング、仕上げが評判の宅配クリーニング業者です。クリーニングの質が高い上に、シミ抜きやボタン修理、送料などの無料サービスが充実しており、お得に利用できます。
リナビスの評価
料金がわかりやすい
(4.5)
オプションサービスが充実
(4.5)
賠償基準がわかりやすい
(5.0)
総合評価
(4.5)

3位:せんたく便


ポイント
  1. 基本パック+オプションのシンプルな料金設定
  2. 送料やシミ抜き、再仕上げが無料
  3. リピートで依頼するほど料金が割引されてお得
  4. 高級クリーニングが得意で仕上がりの質が高い
  5. 撥水加工や花粉防止加工などのオプションが充実
CHECK
せんたく便は、パック料金が基本で希望によりオプションをつけられるシンプルな料金設定で、まとめてクリーニング依頼をする人におすすめです。リピートで依頼するほど料金が割引され、送料やシミ抜き、再仕上げなどの無料サービスが充実しています。
せんたく便の評価
料金がわかりやすい
(5.0)
オプションサービスが充実
(4.5)
賠償基準がわかりやすい
(5.0)
総合評価
(4.5)

スカートの宅配クリーニング業者の料金相場!

スカートの宅配クリーニングの料金相場を分析するために、先ほどの3つの宅配クリーニング業者のスカートのクリーニング料金を見ていきたいと思います。

その上で、料金相場を分析していきましょう。

料金
リネット スカート / スーツ(下) 660円~、プリーツ / フレアスカート 1,030円~ 、ジャンパースカート 1,370円~
リナビス 5点 7,800円、10点 10,800円、20点 18,800円
せんたく便 最速10パック料金6,980円、最速5パック料金4,980円
最速10リピート料金6,680円、最速5リピート料金4,680円

スカートの宅配クリーニングの料金を3社で比較してみると、クリーニング料金相場は、1000円〜1500円程度です。
そこにオプション加工料金などが加算されるケースもあり、その場合は相場より少し料金が高くなります。

スカートを洗濯するコツ!宅配クリーニングと比較すると?

スカートをわざわざクリーニングに依頼するなんて・・・と考える人が多いのかもしれません。
確かに、家でも洗濯出来るような素材でシンプルなデザインのスカートであれば、家でのお手入れでも十分です。

しかし、スカートの中には上質素材や装飾品の関係で、宅配クリーニング業者などに依頼しなければいけないものもあります。

また、家でスカートの洗濯をする際に、いくつかのポイントもあります。

ここで、家でのスカートの洗濯方法や宅配クリーニング業者に依頼するメリットをご紹介します。

スカートの洗濯の頻度は?

スカートの着用頻度が上がれば洗濯の頻度も上がりますが、一般的な洗濯の頻度は5回の着用で1回洗濯するペースです。

1回着用するたびに洗濯をしていると、スカートは綺麗になりますが、生地が傷む恐れがあります。

そのため、5回の着用につき、1回の洗濯が理想的なペースです。

洗濯マークのチェック

スカートの洗濯に入る前に、洗濯マークを確認しましょう。

  • 洗面器に水が入っているマーク
  • 洗濯機でも洗えるマークです。

  • 水が入っている洗面器に手を入れているマーク
  • 手洗いか手洗いモードで洗濯可能なマークです。

  • 洗面器にバツ印がついているマーク
  • 洗濯機でも手洗いでも家での洗濯不可能なマークです。

洗面器のマークの種類に限らず、バツ印が付いている場合は家での洗濯が不可能です。
そのため、洗濯は宅配クリーニング業者に依頼する必要があります。

スカートを洗濯機で洗う方法

  1. スカートのファスナーやホック、ボタンを閉めてから、軽く丸めて洗濯ネットに入れます。
  2. 洗濯機に水を張って、おしゃれ着用洗剤を適量入れて溶かします。洗濯機のモードは手洗いモードがおすすめです。ふんわり仕上げたい人は柔軟剤をセットしましょう。
  3. 洗濯機をスタートさせて、脱水の手前まで行ったら止めます。脱水を30秒にセットして、軽く脱水をします。
  4. 脱水が終わったらすばやく取り出して、シワがつかないうちに伸ばします。

プリーツなどのスカートを手洗いする方法

プリーツやフリルなどの装飾品が付いているスカートはなるべく手洗いをしましょう。

手洗いマークがついていなくても、長持ちさせるためには手洗いがおすすめです。

  1. 洗面器に水かぬるま湯を入れてからおしゃれ着用洗剤を入れます。水温は30度以下がおすすめです。
  2. 10分から15分程度、スカートをつけ置きした後に軽く揺らして洗います。30回程度揺らしましょう。
  3. 洗面器の水かぬるま湯を入れ替えながら、すすぎ洗いをします。
  4. スカートを洗濯ネットに入れたら、洗濯機で30秒程度の脱水をします。
  5. 脱水が完了したら素早く取り出して、シワを伸ばします。

ハンガーを使ったスカートの干し方

スカートは、筒状にして立体的に干すのがポイントです。

筒状にするためには丸ハンガーや角ハンガー、小物干しなどの利用がおすすめです。

ウエストの部分を洗濯バサミなどで止めて筒状にしてから、風通しの良い日陰で乾かしましょう。

色あせ防止は裏返し干しがおすすめ
日陰干しでは色あせの心配はあまりありませんが、気になる人は裏返しにしておくと、色あせを防止できます。

このように、スカートの洗濯は簡単なようで難しい上に、手間がかかります。

スカートの素材によっては洗濯できないこともあり、干し方にもコツがあります。

だからこそ、宅配システムで簡単に依頼できて確実に美しく仕上がる宅配クリーニングを利用するべきです。

宅配クリーニングなら、リーズナブルな料金でお気に入りのスカートを長持ちさせられますよ!

スカートの宅配クリーニングのQA!

プリーツスカートなのですが、料金は高くなりますか?

プリーツは装飾品扱いになるので、少し料金が上がるところが多いです。

静電気防止加工したいのですが、可能でしょうか?

オプション加工で受け付けているところが多くなります。

スカートにシミが付いています。シミ取りはお願いできますか?

シミ取りは無料で行っているところも多いですが、必ずしもシミが落ちるわけではありません。現物を見てから判断となる場合があります。

スカートの色落ちが心配です。クリーニング前にチェックしてもらえるのでしょうか。

色落ちによりオプション料金が発生する場合は、クリーニング前に連絡する業者が多いです。

撥水加工をお願いしたいのですが、大体いくらぐらいですか?

撥水加工の相場は600円程度です。撥水加工をすると、スカートの表面がしっかりするのでおすすめです。