キッチンの炊飯器の掃除・カビ退治方法は?置き場所についてもご紹介

キッチンの炊飯器は毎日どうやって洗っていますか。内釜だけささっと洗う人も多いですが、実はその他の部品も洗った方が良いんです。

また、「洗わないまま放置しちゃってカビが生えた!」なんていう人もいるでしょう。

そういった場合でも洗わずに捨ててしまうのはもったいないですよ。自力でも、また使えるくらいキレイにすることができます。

今回は炊飯器の洗い方、生えてしまったカビ退治やニオイ取りの方法、置き場所などについてご説明しますね。

キッチンの炊飯器の掃除方法1:使うたびにすること

内釜と内蓋は使い終わったら取り外して、食器洗い用の中性洗剤とスポンジで洗いましょう。食器洗い機に入れると変形する可能性があるのでオススメできません。

内蓋のゴムパッキン周りにご飯粒が残りやすいのでしっかり落としてください。

蒸気口は取り外して分解し、水洗いします。米粒が詰まっている場合は、竹串など細長いものを使ってそっと取り除きます。

内蓋の奥や、外釜に水気や汚れがついている場合は、乾いた柔らかい布で拭きましょう。

水滴が溜まっていたら、それも拭き取ります。放置するとサビやカビの原因になるので注意が必要です。

キッチンの炊飯器の掃除方法2:月に1回したいこと

本体の外側を、水で濡らしてから固く絞った布で拭きましょう。

汚れが落ちない場合はアルコール除菌スプレーを使うとキレイになりますよ。

裏側には排気口があり、ホコリがつきやすいです。

そのままにすると故障の原因になるので、歯ブラシや掃除機を使って取り除いてください。

電源プラグやコードにもホコリがたまるので、乾いた布でサッと拭いておきましょう。

キッチンの炊飯器の掃除方法3:カビが生えた場合

内釜の中に米を入れっぱなしにしたまま長期間忘れてしまうと、カビが生えることもあります。

そんな場合でも諦めて捨ててしまわず、まずは自力で対処してみましょう。

用意するもの
  • マスク
  • ゴム手袋
  • 内釜を覆えるサイズのビニール袋2枚
  • アルコール除菌スプレー
  • スポンジ
  • 台所用中性洗剤
炊飯器の中で米がカビた時の掃除方法
  1. マスクとゴム手袋をつける。
  2. カビが生えた内釜を二重にしたビニール袋の中に入れて、ひっくり返す。
  3. しっかり口を縛ってからビニール袋を捨てる。
  4. 内釜と内蓋を台所用中性洗剤とスポンジで洗う。
  5. その他蒸気口など取り外せる部品は全て外し、台所用中性洗剤とスポンジで洗う。
  6. パーツを元に戻してから、米は入れずに水だけを入れて炊飯する。
  7. 炊飯が終わったら、水気を取ってアルコール除菌スプレーで仕上げる。

カビの対処をするときは、必ずマスクをつけて風通しの良い場所で行ってください。

直接胞子を吸い込むとアレルギーや病気の原因になるので危険です。

高温にさらされるとカビは死滅するので、水だけを入れてスイッチを入れる方法が効果的です。

ついカビ取りの漂白剤を使いたくなるかもしれませんが、部品が劣化する原因になるのでやめておきましょう。

キッチンの炊飯器の掃除方法4:ニオイが気になる場合

ニオイが気になる場合には、クエン酸を使った掃除が効果的です。

レモンなどに含まれる酸味成分なので口に入っても安全で、消臭効果があります。

100円均一やドラッグストアで手軽に購入できるのも良いところですね。

方法はとても簡単。内釜に2合分の水とクエン酸20gを入れ、炊飯のスイッチを押すだけです。

加熱が完了したら、クエン酸水を捨てて水洗いしてください。

炊飯器はどこに置く?台や棚に置くポイントとは

意外とサイズが大きくて、置き場所が限られてしまう炊飯器。どこに設置するのが良いのでしょうか。

蒸気が出る家電なので、どこにでも置けるものではありません。例えば木製の棚の中段などに置くと、蒸気でカビが発生することも。

また使用中は熱くなるので、床に直接置くと焦げたり火事になったりする危険性があります。

そのため次のようなところに置くのがオススメです。

炊飯器を置くのに良い場所
  • 引き出すことができるキッチン用の棚
  • ラックの一番上の段
  • 移動式のキッチンワゴン

キッチンの収納スペースに空きがあるなら普段は隠しておき、使うときだけ取り出すのも良い方法ですね。

一人暮らしなどで空きスペースが全くない場合、冷蔵庫の上に置くこともできます。

ただし使う冷蔵庫によっては天板に物を置けないこともあるので、取扱説明書をしっかり確認してください。

まとめ:キッチンの炊飯器は基本的に使うたびに洗おう!

基本的に、炊飯器の内側は使うたびに洗う必要があります。内釜や内蓋は食器用の中性洗剤を使って洗うので、お皿のついでに洗ってしまいましょう。

食器洗い機に入れたり、漂白剤を使ったりして洗うと劣化や変形の原因になるので注意が必要です。

万が一カビが生えても正しい手順で洗えばキレイになるため、捨てずに使うことができます。ご紹介した掃除方法をぜひ試してくださいね。

置き場所に悩むときは、引き出せる棚やラックの一番上がオススメです。どうしても置けないなら、収納しておき使うときだけ取り出しましょう。