スチームでエアコンをクリーニングする方法

エアコンをクリーニングせずに使い続けると、悪臭やホコリ・カビなどトラブルの原因に。ホコリやカビはアレルギー症状を引き起こすので、対策が必要です。

そうでなくても、内部に汚れが増えると月々の電気代が上がります。放置していると知らないうちに損しているかもしれません。

自力でお手入れする場合には、スチームクリーナーを使うと内部にいる細菌やカビを効率よく除去できます。

今回はスチームを使ったエアコンクリーニングの具体的な方法や用意するもの、スチームクリーナーの選び方などをご紹介しますね。

スチームでエアコンをクリーニングする方法とは?

スチームを使ってキレイにできるのは、主にエアコン内部にある部品です。

どうやってクリーニングするのでしょうか。具体的な掃除方法についてご説明します。

クリーニングする方法
  1. クリーニング前の準備
  2. スチームでエアコンクリーニング

1.クリーニング前の準備

始める前に、まず準備が必要です。

かなり面倒な作業が必要ですが、これをしないと感電や本体が故障するなど大きなトラブルにつながる可能性も。

必ず手順通りに行ってくださいね。

用意するもの
  • 脚立やイスなど踏み台になるもの
  • ビニールのゴミ袋
  • ハサミ
  • 新聞紙
  • 養生テープ(なければビニールテープ)
  • バケツ
クリーニング前の準備
  1. まずエアコンの電源を切り、コンセントを抜きます。コンセントがなければブレーカーを落としましょう。
  2. 周りにある家具や小物などを片付け、床に新聞紙を敷きます。
  3. エアコン周辺の壁にビニールのゴミ袋を貼り、液体の飛び散りを防ぎます。コンセントにも貼りましょう。
  4. 外装パネルとフィルターを外します。外せない場合は、無理に外す必要はありません。
  5. フィルターを外したら、右に電装部分が見えます。ここに水がかかると故障するので、ビニールのゴミ袋を貼ってカバーします。
  6. ビニールのゴミ袋の一辺をハサミで切り、ろうと状にしてエアコンに貼り付けます。
  7. ビニールの角(ろうとの下部分)を切り、下にバケツを置きます。このバケツに汚水がたまります。

2.スチームでエアコンクリーニング

前準備が完了したら、実際にお手入れを始めましょう。

用意するもの
  • ゴム手袋
  • 掃除機(ハンディタイプが便利)
  • ビニールのゴミ袋
  • 使い終わった歯ブラシや綿棒
  • フィン・ファンなど掃除したい部品のエアコン専用スプレー
  • ペットボトル用のスプレーノズル
  • 水入りペットボトル
  • スチームクリーナー
  • 汚れても良い雑巾やタオル
スチームでエアコンクリーニングする方法
  1. フィンなど内部についているホコリを、見える範囲だけ掃除機で吸いましょう。取れなかった汚れは、歯ブラシや綿棒で優しく取ります。
  2. 室外機のドレンホースにビニールのゴミ袋を取り付けます。汚水が流れるように、ドレンホースが詰まっていないか確認しておきましょう。
  3. フィン、ファン、ドレンパンにスチームクリーナーの蒸気を当てて洗浄します。
  4. フィンやファンに、エアコン専用洗剤をスプレーします。
  5. スプレーごとに決められた時間、そのまま置きます。
  6. 洗い流すためのリンス剤がある場合、使用します。流し足りない場合は、霧吹きなどで水をかけましょう。
  7. 外装パネルやフィルターを元に戻します。
  8. ドレンホースからビニールを外します。
  9. 汚れても良いタオルや雑巾を吹き出し口に当てて、エアコンを送風運転します。
  10. 汚水が飛ばなくなったらタオルや雑巾を外し、送風運転を続けて内部を乾燥します。
  11. 壁や床に貼ったビニールや新聞紙を取り外して完了です。

エアコンクリーニングでスチームを使うときの注意点

スチームを使ってエアコンクリーニングをするとき、どんなことに注意すれば良いのでしょうか。

クリーニングの注意点
  • 高温の蒸気を同じ場所に長時間当て続けない
  • ブラシノズルを使用する
  • 蒸気を当てただけで終了しない
  • 専用洗剤を使用する
高温の蒸気を一箇所に当て続けると、熱で部品が壊れる可能性もあります。ブラシノズルなどを使って本体を傷つけないように、優しく手早く行うのがコツです。

蒸気を当てれば熱でカビを減らすことができますが、冷えればただの水になります。

すぐにまた新しいカビが生えるので、蒸気を当てただけで終わらせずに必ず専用の洗剤を併用しましょう。

このとき、台所用洗剤など違う用途の洗剤を使うことはできません。

もし台所用洗剤などを使った場合、界面活性剤が内部に残って汚れとなり逆にカビが増加することも。必ず専用のスプレーを使いましょう。

エアコンクリーニング向きのスチームの種類とは

スチームクリーナーにはいくつかの種類があります。

エアコンクリーニングに向いているのは、どの種類なのでしょうか。

スチームができる方式による違い

  • ボイラー式:100℃に近い高温の蒸気が、一気に吹き出します。ただし使うまでに、7分程度時間が必要。エアコンクリーニング向きです。
  • パネル式:蒸気の温度がやや低く、吹き出す力が弱め。30秒程度で水が沸騰するので、途中で給水すれば連続で使えます。
カビなどの汚れを吹き飛ばす力が欲しいので、ボイラー式がオススメです。

ただボイラー式の場合入れた水を使い切ると、給水して再開するまでかなり時間がかかります。できるだけ長時間使えるタイプの方が良いでしょう。

形による違い

  • キャニスタータイプ:掃除機のような形で30分くらい続けて使える。持ち運びしにくい。エアコンクリーニングなど大掃除向き。
  • ハンディタイプ:コンパクトで軽く、持ち運びしやすいが10分くらいしか使えない。普段の掃除向き。
  • モップタイプ:先端についたモップから蒸気が出るタイプで、床や壁の掃除に向いている。

少し重たいですが、長時間続けて使えるキャニスタータイプがオススメです。

ハンディタイプだとパワーと連続使用時間が足りないので、汚れを落とせない可能性があります。

エアコンクリーニングでスチームを使うメリットとデメリット

スチームでエアコンクリーニングする場合の、メリットとデメリットは何なのでしょうか。

メリット
  • 毎年数台の掃除が必要なら価格が安い
  • スプレーだけよりも殺菌効果が期待できる

家庭用のスチームクリーナーの多くは1万円以上、高いものだと3万円〜4万円することも。業者に頼むと1台あたり1.2万円〜が相場です。

1回きりで満足できるなら業者に頼む方が安いです。

しかし、家にエアコンが複数台あって毎年掃除する場合には、スチームクリーナーを買う方が安く済むでしょう。

スプレーだけで掃除するより、スチームで熱を加えた方がカビや細菌を効率よく除去できます。

デメリット
  • 温度の高すぎる蒸気はプラスチックの部品を傷める可能性がある
  • 蒸気が内部に入り込むとエアコンが故障する
  • 水圧がないため汚れが残りやすい

温度が高すぎると、プラスチックの部品が傷みます。特に、同じ箇所への連続使用は危険なのでやめましょう。

蒸気は冷えると水滴になります。電装部分に入り込むと故障して、結局本体ごと買い直すことになる可能性も。

そしてスチームには高圧洗浄ほどの水圧はないため、汚れをキレイに吹き飛ばすことはできません。

内部の完璧なクリーニングを求めるなら、高圧洗浄ができる業者にお願いする方が確実です。

まとめ:スチームでエアコンクリーニングすると細菌やカビを減らせる

スチームの熱を利用すると、エアコン内部の細菌やカビを減らすことができます。

ただしスプレーなどの専用洗剤も一緒に使わないと、すぐにカビや細菌が増殖してしまいます。

蒸気は冷えると水滴になるため、電装部分にかからないように注意する必要もあります。

素人では手出しできない奥の奥までクリーニングしたいなら、業者にお願いする方が確実と言えるでしょう。