【ソファの素材別】布・合皮・本革によって掃除の仕方を変えよう!

リビングにあるソファはゆったりくつろげるので、みんなで取り合いになることも少なくないですよね。

とはいえ、みんなが使うからこそ掃除をする必要もありますが、ソファの素材によって掃除の方法が若干違うことをご存知でしょうか。

ソファの素材は布・合皮・本革とありますので、この3種類のソファの掃除方法について今回は紹介していきます。

実はソファは汚れやすい!汚れの種類を知っておこう!

頻繁にソファを掃除している方ならわかりますが、意外にソファは汚れやすいですよね。

一体どういう汚れがあるのか気になる方も多いと思うので、以下にまとめてみました。

ソファの汚れの種類
  • ホコリ・ハウスダスト
  • 食べ物・飲み物汚れ
  • 汗・皮脂・手垢
  • 子どもの落書きよごれ

このような汚れはソファ全体だけでなく、ソファのすきまや下にも溜まるため、掃除をさぼっていると段々と手間が増えてきてしまいます。

また、ソファに染み付いた汚れはダニの栄養にもなるため、ソファに座るとなんだか痒くなってしまうなど、不快になる要因にもつながってしまうでしょう。

ラクカジちゃん

ソファは一見、汚れが見えにくいからこそ掃除を怠りがちになってしまうよね!

どの素材のソファでも共通する掃除方法を覚えておこう!

素材別の掃除方法を紹介するまえに、共通してできる掃除方法を紹介していきましょう。

この掃除法を覚えておけば、定期的な掃除に活用することができるので、きれいなソファをキープしやすくなるメリットがあります。

しかもやり方は簡単なので、ぜひできるときに実践してみてください。

共通の掃除方法
  1. 柔らかめのブラシで一度ホコリや汚れをソファから落としておく
  2. ソファ全体とソファの下のホコリをブラシ付きノズルを付けた掃除機で吸い取る
  3. 座面と背もたれの間に汚れが溜まりやすいので、細いノズルを使って吸い取る

ソファ全体のホコリや塵を取り除ければ、ダニ予防にもつながるのでおすすめです。

中には座面と背もたれを外せるタイプのソファもあるので、外せるのであれば外して掃除をしやすくしておきましょう。

ラクカジちゃん

ブラシを使うのはソファの素材を傷つけないためだよ!

素材その1:布製(ファブリック)のソファを掃除する方法について

布製のソファはカバーリングタイプと張りぐるみタイプの2種類あります。

カバーリングタイプはカバーを取り外せるため、汚れが目立つようであればカバーを取り外して単体で洗うことも可能です。

MEMO
取り外したカバーを自宅で洗う場合、素材がヨレる、あるいは縮んでしまうこともあるためおすすめできません。

ソファのカバーを洗う際はクリーニングに依頼すると素材を傷めずに洗うことができます。

では、布製ソファの具体的な掃除方法について解説をしていきましょう。

共通的な掃除の他に必要なのはしみ抜きです。

布製ソファのしみ抜き方法
  1. ぬるま湯と中性洗剤を20:1で割ったものにタオルを浸して軽く絞る
  2. 決してこすらず、やさしくポンポンと叩くように拭いていく
  3. お湯で絞ったタオルで洗剤が残らないように拭き取る

シミ汚れは特に早さによってシミになるか分かれるところでもあるので、シミになるようなものをこぼしてしまった場合は迅速に処置をしましょう。

また、しみ抜きをする前は、色落ちしないかどうか目立たないところで洗剤を割ったぬるま湯をつけて確認してみてください。

素材その2:合皮製のソファを掃除する方法について

布製のソファに比べて汚れがつきにくいため、掃除機よりもハンディモップでホコリを払い、タオルで乾拭き掃除して終わりというメリットを持つのが合皮製のソファです。

しみ抜きをする場合は「重曹・メラミンスポンジ・無水エタノール」で取る方法があるので紹介していきます。

合皮製ソファのしみ抜き方法
  1. 無水エタノールを染み込ませたコットンをシミの部分につけてなじませる
  2. メラミンスポンジに重曹水(小さじ2杯に水200ml)をつけてシミの部分に優しくこする
  3. 濡れたタオルでシミ汚れを拭き取り、仕上げに乾拭きする

合皮製のソファも使い続けていくとくすんでいくので、今回のしみ抜きの方法を全体につかってもいいでしょう。

時間はかかりますが、使用前と比べると色が鮮やかになるのがわかるので、大掃除の日など時間をかけて掃除する時間をみつけてやってみてはいかがでしょうか。

素材その3:本革製のソファを掃除する方法について

本革製のソファは合皮製同様に汚れがつきにくい特徴を持っています。

そのため、基本的にはハンディモップとタオルの乾拭きで十分で、ブラシがついていないノズルで掃除機をかけると擦り傷ができてしまう可能性があるので注意してください。

また、水と洗剤を使用するとひび割れなど起こす可能性があるデリケートなソファなので、できる限り避けるようにしましょう。

では、どうやって掃除をするのか、という点ですが、革専用のクリーナーを使用します。

革製のソファのしみ抜き方法
  1. 革専用のクリーナーを用意して目立たない箇所につける
  2. 変色がなければタオルにクリーナーをつけて優しく全体に拭き上げる
  3. 変色があった場合の使用は避ける

基本的にはクリーナーで拭き上げれば終わりですが、乾燥によるひび割れなどを抑えたいのであればプロテクションクリームやオイルを使うといいでしょう。

ラクカジちゃん

お手入れが難しい分ラグジュアリー感があって革製ソファはいいよね!

ソファの掃除がめんどうならハウスクリーニングに任せちゃおう!

ホコリをはらうだけの掃除なら手間はそこまで感じませんが、しみ抜きとなると気をつけることが多くなるため面倒になってしまいますよね。

そんなときはハウスクリーニング業者に掃除・しみ抜きをまかせちゃうのも賢い選択です。

ハウスクリーニング業者は専用の道具を使って徹底的にしみ抜きをしてくれるため、素人がやるよりも早く的確にキレイに仕上げてくれます。

ただし、シミ度合いによっては跡が残ってしまう場合もあるので、その点については理解しておきましょう。