スキーウェアの洗濯におすすめの宅配クリーニング業者ランキング&洗濯のコツ!

冬のレジャーシーズンに大活躍するスキーウェア。

1年の中でも数回しか着用しないので、そんなに洗濯しなくてもいいのでは?と考える人が多いです。

しかし、意外にスキーウェアは汚れています。

数回しか着ないのであれば、着用ごとに家で洗濯することもできますが、スキーウェアはかなり水を含む衣類なので、かなり手間がかかります。

だからこそ、宅配システムを使って依頼できる宅配クリーニングがおすすめなのですね。

ここでは、スキーウェアにおすすめな宅配クリーニング業者選びのコツや家で洗濯するときのポイントをご紹介します。

スキーウェアの宅配クリーニング業者選びのポイント!

スキーウェアには撥水加工が施されていますが、スキーなどに夢中になっている間に、雪がたくさん付着して水分がウェアに振り込むケースが多いです。
それが原因で、雪によるシミができることもあります。

また、動き回っていると汗もかくので、汗染みができて取れなくなったりなど…意外にトラブルが多いです。

違った方法で洗濯を繰り返していると、撥水加工が取れて、余計に汚れが出やすくなってしまいます。

だからこそ、良い宅配クリーニング業者を選ぶべきなのです。

スキーウェアの宅配クリーニング業者を選ぶポイントは、次の3つです。

  1. 洗濯の質が高い業者
  2. オプション加工が充実している業者
  3. 保管サービスを提供している業者

大事なスキーウェアですから、やはり洗濯の質が高い業者に依頼したいですね。
また、汗抜きや撥水加工などのオプションサービスが充実していたり、シーズンものの衣類なので保管サービスの充実していると、より便利に利用できます。

それでは、それぞれのポイントを詳しく説明していきます。

洗濯の質が高い

細かい部品が付いていたり、ほつれやすい場所があったりなど、意外にデリケートなスキーウェアなので、洗濯の質が高い業者に依頼するべきです。

洗濯の質が高い宅配クリーニング業者には、熟練の職人が常駐しており、クリーニングに入る前に丁寧に検品をしています。

検品作業の際に、ふさわしい洗濯方法を見極めて、スキーウェアに合った方法でクリーニングが行われていきます。

どこのクリーニング店でも、高品質な洗濯が提供されていますが、その中でも質が高い洗濯を行っている業者を選びたいものです。

各宅配クリーニング業者の洗濯の質を確かめるためには、次のポイントをチェックすることです。

  • 洗濯や洗濯洗剤などへのこだわりが記載されているか
  • 職人や洗濯スタッフの質がわかる記載があるか
  • 実績が書かれている項目はあるか
  • 高級ブランドクリーニングやドレス、着物クリーニングなどを行っているか
  • 乾燥や梱包方法へのこだわりが記載されているか

これらのポイント全てが記載されていなければいけないわけではありませんが、できるだけポイントを見出している業者を選ぶことで、安心して依頼できます。

オプション加工が充実している

スキーウェアは、汗抜きや防臭、撥水加工なども依頼した方が、今後も快適に着用し続けられます。

そのため、これらのオプション加工メニューが充実している宅配クリーニング業者を選ぶのがおすすめです。

スキーウェアに最適なオプション加工メニューの内容は、次の通りです。

汗抜き加工

スキーウェアは意外に汗を含んでいたりするので、できれば早めに汗抜き加工はしておいた方がいいです。

汗を染み込ませたまま、次のシーズンまで放置しておくと、黄ばみやカビの原因になります。

汗だけではなく、スキー板の油によって汚れるケースも多いので、充分に注意しましょう。

クリーニングの際に汗抜き加工をすると、汗がすっきり落とせて、着心地も爽やかです。

防臭加工

スキーウェアは、汗を書いたりなどすると臭いも発生しやすいです。

発生した臭いがスキーウェアに染み込んでしまうと、取れにくくなります。

取れにくくなってしまう前に、宅配クリーニングの防臭加工で対策しておくと、次からも快適に着用できます。

防臭加工をすると、気になる汗や皮脂の臭い、加齢臭などがすっきり取れて、無臭状態になります。

また、防臭だけではなく抗菌効果も一緒に得られるので、徹底した衛生管理ができます。

撥水加工

購入時のスキーウェアには撥水加工が施されていますが、何度も着用しているうちに、だんだん効果が薄れてきます。

すると、水分も出やすくなり、劣化の原因になります。

クリーニングの際に撥水加工を施しておけば、購入時と同じ撥水加工の効果をキープできます。

スキーウェアを長持ちさせるためにも、撥水加工はお勧めのオプション加工メニューです。

MEMO
撥水加工は水を弾くだけではなく、生地の表面に膜を張ってくれるので、保温性が高くなります。防寒効果を上げるためにも、撥水加工が役立ちます。

保管サービスを提供している

スキーウェアは、基本的に冬のシーズンしか着用しませんね。

結構ボリュームがあるウェアなので、クリーニングと一緒に保管サービスも利用できると便利です。

宅配クリーニング業者で提供されている保管サービスは、クリーニングの後の一定期間中、温度や湿度などが快適に保たれた空間で保管してくれるサービスです。

高級アパレルブランドの保管スペースと同じ環境で、大切に保管してくれる業者もあるので、うまく活用することで、スキーウェアの状態の維持もできます。

注意
宅配クリーニング業者によって、保管サービスの料金や内容が違うので、細かくチェックしておきましょう。料金も有料と無料があり、保管期間にも違いがあります。

スキーウェアの宅配クリーニング業者を比較!

スキーウェアの宅配クリーニング業者選びのポイントを説明したところで、そのポイントをもとに人気の宅配クリーニング業者を比較してみたいと思います。
その結果を知ることで、宅配クリーニング業者選びがスムーズになります。

【洗濯の質が高い】 【オプション加工が充実】 【保管サービスを提供】
リネット 二重丸 丸 丸
クリラボ 丸 二重丸 二重丸
リナビス 二重丸 二重丸 二重丸
せんたく便 二重丸 二重丸 丸
白洋舎 らくらく宅配便 二重丸 三角 三角
デリウォッシュ 三角 三角 三角
クリーニングラボ 丸 丸 三角
クリコム 丸 丸 三角
美服パック 二重丸 丸 丸
ココデカウ 丸 三角 三角

こうして比較表で見てみると、各業者の評判が一目瞭然ですね。

次からは、この中でも評判の良いリネットとリナビス、せんたく便のメリットや特徴を詳しくお話ししていきます。

スキーウェアの宅配クリーニングおすすめ業者ランキング!

1位:リナビス

リナビス
ポイント
  1. 衣類に合わせた20種類の洗浄方法がある
  2. 自然乾燥で生地への負担を減らす
  3. 最大9ヶ月無料の保管サービスがついている
  4. 撥水加工はオプションで980円
  5. シミ抜きや送料、ボタン修理など8つの無料サービスが充実
CHECK
リナビスは、スキーウェアのクリーニングだけではなく、全般的にサービスがかなり充実している業者です。無料サービスの中には最大9か月の保管サービスやシミ抜き、再仕上げなどが含まれており、良心的なサービス内容と洗濯の質が高く評価されています。
リナビスの評価
洗濯の質が高い
(5.0)
オプション加工が充実
(4.5)
保管サービスを提供
(5.0)
総合評価
(5.0)

2位:リネット

リネット
ポイント
  1. 1点ずつの料金と素材別料金がわかりやすい
  2. 一流のアパレルブランドに選ばれるほど品質が高い
  3. シミ抜き無料で撥水加工はオプションで600円
  4. プレミアム会員はリーズナブルな料金で保管サービスを利用できる
  5. 賠償基準がわかりやすい
CHECK
リネットは、単品料金制により、クリーニング料金を1点ずつ細かく記載しています。スキーウェアだけの依頼など、少なめのクリーニング依頼に最適です。オプション加工メニューが十時つしており、撥水加工は600円とリーズナブルです。
リネットの評価
洗濯の質が高い
(5.0)
オプション加工が充実
(4.5)
保管サービスを提供
(5.0)
総合評価
(4.5)

3位:せんたく便


ポイント
  1. 有料の保管パック料金が充実している
  2. 撥水加工や花粉防止加工などのオプションが充実
  3. 送料とシミ抜き、再仕上げが無料
  4. パック料金によっては1点あたり700円程度になる
  5. 高級クリーニングが得意
CHECK
せんたく便は、洗濯料金に保管サービスがプラスされた保管パックや点数が多いほど安くなるパック料金が充実しています。リピートで利用するほどに料金が安くなるので、さらにお得にクリーニングできます。高級クリーニングが得意なため、仕上がりにこだわる人に最適です。
せんたく便の評価
洗濯の質が高い
(5.0)
オプション加工が充実
(4.5)
保管サービスを提供
(5.0)
総合評価
(4.0)

スキーウェアの宅配クリーニング業者の料金相場!

スキーウェアのクリーニング料金は、上下やつなぎ等で分かれており、オプション加工によっても幅が広がり、相場が分かりにくいです。

また、クリーニング料金があまりにも安すぎると、洗濯の質が低い可能性もあるので、料金相場を知っておいた方がよいでしょう。

ここで、先ほどご紹介した3つの宅配クリーニング業者のスキーウェアクリーニング料金をご紹介した上で、料金相場を分析していきたいと思います。

料金
リネット スキーウェア(大人)上着2,970円〜、ボトムス1,960円〜、つなぎ
4,800円〜、(子供服)上着2,070円〜、ボトムス1,370円〜、つなぎ3,360円〜
リナビス 5点 7,800円、10点 10,800円、20点 18,800円
せんたく便 最速10パック料金6,980円、最速5パック料金4,980円
最速10リピート料金6,680円、最速5リピート料金4,680円

3つの宅配クリーニング業者のスキーウェアのクリーニング料金を並べてみた結果、次のような料金相場になりました。

  • 上着 2000円〜3000円程度
  • ボトムス 2000円〜2500円程度
  • つなぎ 3500円〜5000円程度

この料金相場は、オプション加工などを追加する前の基本的なクリーニング料金です。

ここに、オプション加工料金や保管サービス料金、送料などが加わってくるので、利用したいサービスを決めてから、合計金額を出すと、予算がわかりやすいです。

スキーウェアを洗濯するコツ!宅配クリーニングと比較すると?

スキーウェアは、家でも気軽に洗濯できそうですが、実は違います。

正しく洗濯しなければ、撥水加工の効果がダウンしてしまったりなどで、本来の機能が発揮できないスキーウェアになってしまいます。

そうしたことを踏まえると、宅配クリーニング業者に依頼するのがベストですが、費用の問題で、家で洗濯したいと言う人もいますよね。

ここでは、スキーウェアの家での洗濯方法やコツを解説した上で、宅配クリーニング業者との比較をしていきます。

スキーウェアの洗濯頻度は?

スキーウェアは、1回の着用で1回の洗濯が適切な洗濯頻度です。

1回着ただけで、すぐに洗わなければいけないので、家で洗濯するとなるとかなり面倒ですね。

しかし、スキーやスノボーなどで遊んでいると、アクティブに動き回るので、汗もかきますし、雪だけではなく泥汚れも発生しやすいです。

それらの汚れを放置しておくと、さらに落ちにくくなるので、早めの対策が必要なのです。

水洗い不可?スキーウェアの洗濯表示の見方

スキーウェアだけではなく、すべての衣類に洗濯表示が付いています。
洗濯表示の指示に従って、洗濯を進めていくわけですが、洗濯表示によると、水洗い不可なスキーウェアもあります。

もちろん、すべてのスキーウェアが水洗い不可ではありませんので、まずは、洗濯表示を確認しましょう。

スキーウェアの洗濯表示の見方は、次の通りです。

  • 四角い洗濯機のようなマーク
  • 洗濯機で洗えるマークです。

  • 洗面器のマーク
  • 家でも洗えるマークです。

  • 洗面器に数字が書かれているマーク
  • 数字の水温で洗えるマークです。

  • 洗面器に手をつけているマーク
  • 手洗いか、手洗いモードで洗えるマークです。

  • ×印が付いているマーク
  • 家での洗濯が不可能なマークです。

コインランドリーがいい?スキーウェアの洗濯方法

スキーウェアは、意外と重量やボリュームがあるので、コインランドリーで洗った方がいいのでは?と考える人が多いようです。

しかし、洗濯表示で洗濯機洗いが許可されている場合は、家でもコインランドリーでも洗濯ができるので、好きな方を選べます。

注意
コインランドリーでスキーウェアを洗濯する場合は、乾燥機を使わないようにしましょう。コインランドリーの乾燥機は、家庭用の乾燥機よりもかなり高温なので、生地が傷む恐れがあります。

スキーウェアを洗濯機洗いする方法

洗濯表示に洗濯機洗いの許可があれば、洗濯機で洗うことができます。

スキーウェアの洗濯機洗いに必要なものは、次の2点です。

  • 洗濯ネット
  • 衣類用の中性洗剤

スキーウェアの洗濯洗いの手順は、次の通りです。

  1. スキーウェアのボタンやファスナーを全て閉めてから、2つ折り、もしくは3つ折りにして洗濯ネットに入れます。洗濯ネットは、スキーウェアが入るくらいの大きなものを用意しておきましょう。
  2. 洗剤とスキーウェアを入れてから、ドライコースか手洗いコースを選んで、スタートボタンをします。
  3. 洗濯が全て終わったら、すぐに取り出してシワがつかないように、伸ばしておきましょう。

スキーウェアを手洗いする方法

スキーウェアをできるだけ長持ちさせたいのなら、手間はかかりますが、手洗いの方がおすすめです。

スキーウェアの手洗いに必要なものは、次の3点です。

  • スキーウェアが入る大きめの洗濯おけ
  • 大きなバスタオル
  • 衣類用の中性洗剤

スキーウェアの手洗いの手順は、次の通りです。

  1. 洗濯機の中に30度までのぬるま湯を入れます。そこに、衣類用の中性洗剤を入れてよく溶かします。
  2. 洗剤が完全に溶けたら、スキーウェアを入れます。優しく30回程度押して、押し洗いをします。
  3. 洗濯機の中のぬるま湯を入れ替えて、すすぎ洗いをします。スキーウェアの洗剤が完全になくなるまで、何度もぬるま湯を入れ替えてすすぎ洗いを続けましょう。
  4. 大きなバスタオルでスキーウェアを包み込むようにして、水分をとっていきます。タオルドライでの脱水ができたら、シワを伸ばしておきましょう。

スキーウェアの乾燥方法

スキーウェアは、水分を含みやすく乾きにくい特質があるので、乾燥には時間がかかります。

乾燥機を使えば、すぐに乾きますが、生地が傷む恐れがあるのでおすすめできません。

生地を傷めずに、できるだけ早く乾かすためのポイントは、次の2点です。

  • ズボンはハンガーではなく、ピッチハンガーなどに筒状にして干す
  • ジャケットは、厚みのあるハンガーに吊るして通気性を良くする

できるだけ風通しを良くして、早く乾燥できるように心がけましょう。

このように、スキーウェアを家で洗濯したり乾燥させたりするのは、かなり手間がかかります。
さらに、スキーウェアは水を含むと重くなるので、体力も必要です。

だからこそ、宅配クリーニングの利用をおすすめしたいのです。

宅配クリーニング業者を利用すれば、宅配システムを使ってスキーウェアを配送できるので、店舗に持ち込む必要がありません。

さらには、家で洗濯する時のように体力を使う必要もなく、腰を傷めたりなどの危険性も低くなります。

また、宅配クリーニング業者では撥水加工などのオプション加工も充実しているので、クリーニングごとに着用しやすくなります。

保管サービスも利用できる宅配クリーニング業者は、メリットばかりなので、利用しない方が損をしますよ!

スキーウェア の宅配クリーニングのQA!

スキーウェアが汗臭いのですが、臭いは取れますか?

ひどい臭いでなければ、通常のクリーニングでも取れます。防臭加工もある業者が多いので相談してみましょう。

スキーウェアの裏側に汗染みができています。汗のシミは取れますか?

汗のシミは通常のシミ取りでは取れにくいので、汗抜き加工オプションのある業者に相談してみましょう。

スキーウェアの色落ちが心配です。

基本的にクリーニング前に、必ず色落ちチェックをしているのでご安心ください。

スキーウェアにかなり泥汚れが付いています。通常のクリーニングでも大丈夫でしょうか?

泥汚れの状態にもよりますが、通常の泥汚れであれば、普通のクリーニングで落ちます。

スキーウェアを預かっていただきたいのですが…

有料の保管サービスを用意しているところも多いので相談してみましょう。