スカーフの洗濯におすすめの宅配クリーニング業者ランキング&洗濯のコツ!

定番ファッションアイテムのスカーフは、デザインや柄だけではなく、風合いも美しくて魅力的です。

その魅力を保つためには、正しくお手入れする必要があります。

主なお手入れ方法は、家で洗濯するか、クリーニングに依頼するかですね。

スカーフの素材は、天然素材から化学繊維が含まれたものまで、さまざまです。

素材の種類によって洗濯方法が違い、正しく洗濯しなければ、せっかくのスカーフが台無しになってしまいます。

だからこそ、宅配クリーニングの利用がおすすめなのですね。

ここでは、スカーフの宅配クリーニング業者選びのコツや家での洗濯方法のポイントなどをご紹介します。

スカーフの宅配クリーニング業者選びのポイント!

スカーフに使われている天然繊維の種類には、次のようなものがあります。

  • コットン
  • シルク
  • リネン
  • ウール

これらの素材は、宅配クリーニング業者においてデリケート素材に指定されていることが多いです。

デリケート素材は、特別な洗濯方法でクリーニングが行われます。

それに対して、スカーフの化学繊維の素材の種類には、次のようなものがあります。

  • ポリエステル
  • アクリル
  • ナイロン

これらの素材は、比較的洗濯がしやすいので、家で洗濯できるスカーフに使われていることが多いです。

宅配クリーニングにおいても、通常のクリーニング方法で対応できる素材です。

このように、スカーフには様々な種類の素材が使われているので、宅配クリーニング業者を選ぶときは、次の3つのポイントに重点をおくべきです。

  1. 洗濯の質が高い業者
  2. 高級クリーニングに対応した業者
  3. 賠償基準が明確な業者

この3点を頭に置いて、スカーフの宅配クリーニング業者選びをすると、安心して依頼できる会社に出会えます。

次からは、3つのポイントをそれぞれに詳しく見ていきましょう。

洗濯の質が高い

お気に入りのスカーフを長持ちさせるためにも、できるだけ洗濯の質が高い業者を選ぶべきです。

しかし、宅配クリーニング業者は洗濯の質が高くて当然ですね。

クリーニング業者に洗濯を依頼すると、自宅の洗濯では叶えられないほどの品質高い仕上がりを実感できるはずです。

スカーフには、上質素材が使われていることもあるので、その中でも特に洗濯の質が高い業者を選ぶことです。

洗濯の質が高いクリーニング業者は、次のような特徴があります。

  • クリーニング実績がたくさんある
  • 口コミ評価が高い
  • 洗濯や乾燥方法を詳しく掲載している
  • 生地の素材や装飾に合わせた洗浄方法を用意している
  • 高い判断力を持った熟練の職人が専属している

宅配クリーニング業者を選ぶときは、料金だけではなく、その業者の洗濯へのこだわりや職人について掲載されているページもチェックしておきましょう。

高級クリーニングに対応

高級クリーニングとは、高級ブランド品などのクリーニングのことです。

高級ブランド品には、良質素材が使われていたり、独特の風合いがあったりなどで、洗濯にはかなり気を使わなければいけません。

スカーフの中にも、高級ブランド品がありますね。

また、高級ブランド品ではなくても、それなりの素材や風合いを持ち合わせた同等の価値のスカーフもあります。

シルクなどの上質素材が使われているスカーフならなおさらのこと、高級ブランドクリーニングに対応している業者を選ぶべきです。

高級ブランドクリーニングに対応している業者では、普通のクリーニングと高級ブランドクリーニングをそれぞれに分けて受け付けています。

高級ブランド品のスカーフならば、ブランドのロゴやマーク、ネーム、タグなどが傷まない方法でクリーニングが行われます。

素材の良さを最大限に生かした風合いも損なわないように、素材に合わせたクリーニングや乾燥、プレス方法で仕上げられるので、購入時とほぼ同じ状態になります。

大事なスカーフだからこそ、高級ブランドクリーニングにも対応した高品質な洗濯を提供する宅配クリーニング業者を選びましょう。

MEMO
通常のクリーニングとは別に、会員向けのプレミアム仕上げなどを実施している業者もあります。高級ブランドクリーニングだけではなく、海外向けのプレミアム仕上げの内容もチェックしておくといいでしょう。

賠償基準が明確

様々な素材が使われているスカーフだからこそ、細心の注意を払っていてもクリーニングのときに生地が傷むリスクが高いです。

もしも、クリーニング後のスカーフに何らかの欠陥があった場合、どのような対応をしてもらえるのか?の基準を教えるために、賠償基準を確認しておくべきです。

賠償基準には、スカーフに何らかの事故が起こった場合、どこからどこまでの範囲、どれぐらいの金額の賠償が行われるかの基準が記されています。

その基準を明確に記載している業者は、信頼できるので、安心して依頼することができます。

スカーフは、デリケートな素材で作られていたり、凝った装飾が施されたりなどが多いので、一般的な衣類をクリーニングに出す時よりも、賠償基準の確認をしておきましょう。

注意
記載されている賠償基準の内容だけでは、具体的な賠償の範囲がわかりにくいです。例えば、賠償額にはスカーフを購入してからの期間も関係してくるので、全額の賠償はほぼありません。しかし、具体的にはどれぐらいの賠償をしてもらえるのか?を依頼前に直接問い合わせてみるのもいいでしょう。

スカーフの宅配クリーニング業者を比較!

スカーフの宅配クリーニング業者の選び方のポイントをもとに、いざ業者選びをしようと思っても、かなり業者が多いため、意外と難しいです。

そんな人に向けて、ここでは、先ほどご紹介した3つのポイントをもとに、人気の宅配クリーニング業者を比較していきたいと思います。

【洗濯の質が高い】 【高級クリーニングに対応】 【賠償基準が明確】
リネット 二重丸 二重丸 丸
クリラボ 二重丸 丸 丸
リナビス 二重丸 丸 二重丸
せんたく便 丸 二重丸 二重丸
白洋舎 らくらく宅配便 丸 丸 丸
デリウォッシュ 三角 三角 二重丸
クリーニングラボ 丸 丸 丸
クリコム 二重丸 丸 三角
美服パック 丸 二重丸 二重丸
ココデカウ 丸 三角 不明

このように、3つのポイントで各業者を比較してみると、良い業者とイマイチな業者がはっきりしてきますね。

それでは、その中でも評判が良い3つの宅配クリーニング業者の特徴をランキング形式で見ていきましょう。

スカーフの宅配クリーニングおすすめ業者ランキング!

1位:リナビス

リナビス
ポイント
  1. 衣類に合わせた20種類の洗浄方法がある
  2. 自然乾燥で生地への負担を減らす
  3. 高級ブランド品のクリーニングに対応している
  4. シミ抜きや送料、ボタン修理など8つの無料サービスが充実
  5. 撥水加工や花粉防止加工が充実している
CHECK
リナビスは、熟練の職人の入念なチェックとクリーニング、仕上げが評判の宅配クリーニング業者です。クリーニングの質が高いだけではなく、シミ抜きやボタン修理、送料などの無料サービスが充実しており、良心的な経営姿勢が高く評価されています。
リナビスの評価
洗濯の質が高い
(5.0)
高級クリーニングに対応
(4.5)
賠償基準が明確
(5.0)
総合評価
(5.0)

2位:リネット

リネット
ポイント
  1. 1点ずつの料金と素材別料金がわかりやすい
  2. 一流のアパレルブランドに選ばれるほど品質が高い
  3. シミ抜き無料で撥水加工はオプションで600円
  4. プレミアム会員なら、最短2日で受け取れる
  5. 賠償基準がわかりやすい
CHECK
リネットは、一流のアパレルブランドで選ばれるほど洗濯の質が高く、プレミアム会員でさらに上質なクリーニングや加工サービスを受けられます。スカーフの素材やデザインに合わせたクリーニングを実施しているので、 料金が明確で分かりやすいのも魅力です。
リネットの評価
洗濯の質が高い
(5.0)
高級クリーニングに対応
(4.5)
賠償基準が明確
(5.0)
総合評価
(4.5)

3位:せんたく便


ポイント
  1. パック料金+オプション料金のシンプルな料金設定
  2. 撥水加工や花粉防止加工などのオプションが充実
  3. パック料金によっては1点あたり700円程度になる
  4. 送料とシミ抜き、再仕上げが無料
  5. 高級クリーニングが得意
CHECK
せんたく便は、洗濯料金に保管サービスがプラスされた保管パックや点数が多いほど安くなるパック料金が充実しています。リピートで利用するほどに料金が安くなるので、さらにお得にクリーニングできます。高級クリーニングが得意で、上質な仕上がりが自慢です。
せんたく便の評価
洗濯の質が高い
(5.0)
高級クリーニングに対応
(4.5)
賠償基準が明確
(5.0)
総合評価
(4.0)

スカーフの宅配クリーニング業者の料金相場!

スカーフの宅配クリーニング料金の相場は、どれくらいなのでしょうか?

いくらお気に入りのスカーフであっても、クリーニング料金が高すぎると、依頼を躊躇してしまいますよね。

逆に、クリーニング料金が安すぎても、洗濯の質に不安を抱いてしまうかもしれません。

そうした不安を解消するためにも、スカーフの宅配クリーニング料金相場を知っておくべきです。

まずは、先ほどご紹介した3社のスカーフのクリーニング料金をご紹介します。

料金
リネット スカーフ基本料金980円〜、デラックス料金1680円〜(素材別、装飾別+200円)
リナビス 5点 7,800円、10点 10,800円、20点 18,800円
せんたく便 最速10パック料金6,980円、最速5パック料金4,980円
最速10リピート料金6,680円、最速5リピート料金4,680円

スカーフの宅配クリーニング料金を3社で比較してみた結果、スカーフの宅配クリーニング料金の相場は、1000円〜2000円程度になりました。

この3社なら、洗濯の質も高いので、結果として出てきた料金相場も参考にできるラインです。

スカーフを洗濯するコツ!宅配クリーニングと比較すると?

化学繊維も混じって手軽に使えるスカーフもあれば、天然素材やデザインによって独特の風合いを持つスカーフもあります。

種類が豊富なスカーフだからこそ、洗い方にも種類があります。
家で洗濯する時も、スカーフの特徴をつかんでから適切な方法で洗濯しなければ、スカーフがダメになってしまう恐れがあります。

それを考えると、宅配クリーニング業者に依頼した方が確実です。

ここでは、スカーフの特徴を知り、家で正しく洗濯する方法や宅配クリーニングの利用との比較をしていきます。

スカーフの洗濯頻度はどれくらい?

スカーフの洗濯頻度は、5回〜6回程度使ったら1回洗うペースです。

スカーフが首に巻くので、気温が高いシーズンに使うと、汗が付着しやすいです。

汗を染み込ませたまま放置しておくと、黄ばみの原因にもなるので、洗濯しない日のお手入れも大事です。

洗濯しない日は、風通しの良い日陰で干すように心がけましょう。

スカーフの洗濯表示をチェックしよう

スカーフを家で洗濯できるかどうか、洗濯できる場合は正しい方法などは、洗濯表示を見ればわかります。

スカーフの洗濯に入る前に、まず洗濯表示を確認しましょう。

スカーフの洗濯表示の見方は、次のとおりです。

  • 四角い洗濯機のようなマーク
  • 洗濯機で洗えるマークです。

  • 洗面器のマーク
  • 家でも洗えるマークです。

  • 洗面器に数字が書かれているマーク
  • 数字の水温で洗えるマークです。

  • 洗面器に手をつけているマーク
  • 手洗いか、手洗いモードで洗えるマークです。

  • ×印が付いているマーク
  • 家での洗濯が不可能なマークです。

ポリエステルのスカーフの洗濯方法

ポリエステルは化学繊維の一つで、比較的お手入れしやすい素材です。

ポリエステルが配合されたスカーフは、洗濯などしやすいので、他の衣類を洗うような方法でお手入れできます。

ポリエステルの特性は、

  • 型崩れしにくい
  • 軽いのに丈夫
  • シワができにくい

です。

そのため、家で洗濯しても型崩れしにくく、比較的シワもできにくいので、洗濯しやすいです。

ポリエステルの割合にもよりますが、ほぼポリエステルで作られたスカーフは、洗濯機洗いでも可能です。

ポリエステルのスカーフの洗濯方法を説明します。

まず、必要なものを用意しましょう。

用意するもの
  • 洗濯ネット
  • 弱アルカリ性洗剤
  • 柔軟剤

ポリエステルのスカーフの洗濯機洗いの方法は、次のようになります。

  1. 軽くたたんだスカーフを洗濯ネットに入れます。ポリエステルは、毛玉ができやすいので、必ず洗濯ネットに入れましょう。
  2. スカーフを洗濯機に入れてから、弱アルカリ性洗剤を適量入れます。洗濯表示通りのモードをセットして、スタートボタンを押します。静電気が気になる人は、柔軟剤を入れてもOKです。
  3. 洗濯機のモードをセットするときは、脱水を1分以内に設定しましょう。長い時間の脱水は、スカーフを傷める原因になります。
  4. 脱水が終わったら、すぐに洗濯機からスカーフを取り出して、シワを伸ばしてから風通しの良い日陰で乾かします。スカーフの型崩れを防ぐためにも、なるべく広げて干しましょう。

絹100パーセントのスカーフを洗濯する方法

絹100パーセントのスカーフは、天然繊維で作られているので、洗濯にはコツが要ります。

絹は、柔らかくて軽い特性があり、保湿力が高いです。
しかし、デリケートな素材なので、摩擦が加わると、毛羽立ったり破れたりする可能性が高いです。

また、虫やカビが発生しやすいので、日々のお手入れも大事です。

絹は発色が綺麗で、光沢があり上品な素材ですが、お手入れにはそれなりに手間がかかります。

絹の100パーセントのスカーフは、手洗いで洗うのがベストです。

絹100パーセントのスカーフの洗濯方法をご紹介します。

  1. 洗面器に、30度以下のぬるま湯を入れてから、おしゃれ着用洗剤を適量入れます。
  2. スカーフをたたんで洗面器の中に浸します。そのまま押し洗いなどはせずに、5分程度放置しておきましょう。
  3. 洗面器の中のぬるま湯を入れ替えながら、すすぎをします。すすぎの時もスカーフを絞ったり摩擦させたりしないようにしましょう。
  4. スカーフの水分をある程度落としてから、洗濯ネットに入れて洗濯機に投入します。30秒程度の脱水モードにセットしてから、スタートボタンを押します。脱水が始まったら、20秒ごとに止めて、また再スタートする作業を繰り返しましょう。この作業により、スカーフの生地に与えるダメージを軽減します。
  5. 脱水が終わったら、たたんだり、こすったりせずに優しく振り払うことでシワを伸ばし、竿やハンガーに吊るしてから、風通しの良い日陰で乾かします。

スカーフの家での洗濯は、素材によってかなり手間がかかります。

特に、シルクやコットンなどの天然繊維が使われたスカーフはデリケートなので、扱いに注意しなければいけません。

そうしたことを考えると、やはり宅配クリーニングの利用がおすすめです。

宅配クリーニングなら、ネットから申し込んで家から発送するだけで簡単に依頼ができ、受け取り時も家で待っているだけでいいので、手間がかかりません。

手間がかからない上に、クリーニングの質が高いので、お気に入りのスカーフを長持ちさせることができます。

手間や労力、効率などを考えても断然、宅配クリーニングの方がおすすめですね!

スカーフの宅配クリーニングのQA!

シルクのスカーフなのですが、クリーニング代が高くなりますか?

シルクはデリケート素材なので、通常のクリーニング料金よりは多少高くなるのが一般的です。大体、200円〜500円程度高くなります。

スカーフにビーズが付いています。洗濯依頼はできますか?

基本的には可能な業者が多いです。ビーズが付いている場合は、200円〜500円程度高くなります。

本格的に染め上げられたスカーフなので、色落ちが心配です。。。

色落ちチェックは、クリーニング作業前に行っているところがほとんどです。色落ちの心配がある場合は、特別な洗浄方法でクリーニングも可能なので相談してみましょう。

スカーフにファンデーションがついてしまいました。クリーニングで落とせますか?

ファンデーションや口紅などのコスメの汚れは、クリーニングで落とせます。念のため申込時に申告しましょう。

クリーニング後のスカーフを確認したら、目立ったない破れがありました。何か対処はしてもらえるのでしょうか。

各業者の賠償基準に従って、対処となります。