洗剤でエアコンをクリーニングする方法

エアコンをクリーニングしないまま使い続けると、カビやホコリ、嫌な匂いなどの原因に。

外見はキレイそうに見えても、内部にはカビがびっしり……ということもあります。

内部をしっかり掃除すると、カビによるアレルギーや肺炎の対策ができます。電気代も安くなるのでお得ですよ。

もし自力でクリーニングしたいなら、エアコン専用の洗剤を使用しましょう。具体的なクリーニングの方法や、洗剤の選び方についてご紹介しますね。

洗剤でエアコンをクリーニングする方法

具体的に何を用意して、どのようにクリーニングすれば良いのでしょうか。

手順や用意するもの、注意点などをご説明します。

クリーニングする方法
  1. クリーニング前の準備
  2. フィン(熱交換器)
  3. ファン
  4. パーツ洗浄(外装パネル・フィルター)

1.クリーニング前の準備

始める前にエアコンの周囲や電装部分を保護して、洗剤などが飛び散っても問題ないようにします。

用意するものや手順はこちらをご覧ください。

2.フィン(熱交換器)

フィンとはフィルターを外した奥にある、アルミが並んでいるパーツです。

空気を冷やしたり温めたりしているため、結露して汚れやすい部位です。

オススメ:市販されているスプレータイプの洗剤を使う場合

市販されているスプレータイプの洗剤で、エアコンを掃除する手順をご紹介します。基本的にプロでない人がクリーニングするなら、この方法がオススメです。

用意するもの
  • ゴム手袋
  • 掃除機(ハンディタイプが便利)
  • 使い終わった歯ブラシや綿棒
  • ビニールのゴミ袋
  • フィン用のスプレー
  • ペットボトル用のスプレーノズル
  • 水入りペットボトル
フィン(熱交換器)のクリーニング方法
  1. フィンについたホコリを掃除機で吸いましょう。掃除機で取れなかった汚れは、歯ブラシや綿棒でそっと取ります。壊れやすいので優しく行ってください。
  2. 屋外機のドレンホースにビニールのゴミ袋を取り付けます。クリーニングするとここから汚水が流れるので、詰まっていないか確認しましょう。
  3. フィン全体にスプレーします。左右に動かしながら、上から下へかけましょう。全体に行き渡るように使ってください。
  4. スプレーごとに決められた時間、そのまま置きます。
  5. 洗い流すためのリンス剤がある場合、使用します。これもフィン全体に吹きかけましょう。
  6. 洗い流しが足りないと感じる場合は、水で流してもOKです。水入りペットボトルで霧吹きを作って洗いましょう。
  7. 外装パネルやフィルターを元に戻します。
  8. ドレンホースからビニールのゴミ袋を外します。中に溜まった汚水は、普通の排水として捨ててください。
  9. エアコンの送風運転をして内部を乾かします。
  10. 汚水が飛ばないのを確認してから、壁や床の保護を取り外して完了です。
注意
  • 台所用洗剤や石鹸水は使わない。
  • 洗い流すタイプの方が、後々のことを考えると安心。

台所用洗剤や石鹸水を使うと、後々カビが繁殖するなどの悪影響が出る可能性が高いです。必ず専用の洗剤を使ってください。

洗い流さないタイプは、薬剤が残るため汚れになりやすいです。後々のことまで考えると、洗い流すタイプの方がトラブルが起こりにくいです。

参考:プロ仕様の洗剤(強アルカリ性)を使用する場合

あまりオススメはできませんが、水酸化カリウムや水酸化ナトリウムが入った強アルカリ性洗剤でクリーニングする方法もあります。

用意するもの
  • 耐酸・耐アルカリ手袋
  • マスク
  • 目を保護するためのゴーグル
  • 保護衣、長靴、保護面(場合によっては必要)
  • 掃除機(ハンディタイプが便利)
  • 使い終わった歯ブラシや綿棒
  • ポリタンク入りの洗剤
  • 蓄圧式噴霧器
  • ポリバケツかポリエチレンの袋
  • 排水用の中和剤
  • フィン用の中和剤(場合によっては必要)
フィン(熱交換器)のクリーニング方法:プロ仕様洗剤
  1. スプレータイプの手順1と同じです。
  2. 屋外機のドレンホースから廃液が流れるので、ポリバケツかポリエチレンの袋を設置します。この時、ドレンホースが詰まっていないか確認しておきましょう。
  3. 薄めた洗剤を用意して、蓄圧式噴霧器でフィンに向けて噴射します。同じ場所を洗浄しつづけると故障の原因になるので、長時間続けないでください。
  4. 噴射が完了したら、すぐに水ですすぎましょう。フィンのアルミ素材は腐食しやすいので、絶対残らないようにしてください。場合によっては中和剤を使用します。
  5. 外装パネルやフィルターを元に戻します。
  6. ドレンホースからポリバケツ(もしくはポリエチレンの袋)を外します。溜まった汚水を捨てる場合、中和処理が必要です。
  7. スプレータイプの手順9へ進みます。
注意
  • 人体やエアコンへ悪影響が出やすいので、取り扱いに注意する。
  • フィンにつけっぱなしにしない。
  • マスクやゴーグルなどの保護具を必ず装着する。

基本的には十分に技術を持った業者が使うものなので、自信がないなら簡単に使えるスプレータイプをオススメします。

3.ファン

ファンとは温めたり冷やしたりした風を、部屋へ送るためのパーツです。

エアコンの電源をつけた時、羽の間から筒状のファンが見えます。

用意するものや手順はこちらをご覧ください。

注意
  • 台所用洗剤や石鹸水は使わない。
  • フィン用の洗剤を使わない。

台所用洗剤や石鹸水を使うと、むしろ汚れやカビの繁殖がひどくなる可能性があるので注意してください。

フィンも掃除する場合同じ洗剤を使いたくなりますが、故障を避けるためにも別々のものを用意してくださいね。

4.外装パネルとフィルター

外装パネルとは本体の一番外側にあるカバーのこと。

フィルターは外装パネルを外すと見えるパーツで、ホコリが本体内部に入らないようにしています。

用意するものや手順はこちらをご覧ください。

注意
  • 2週間に1回程度フィルター掃除する。
  • お掃除機能付きでもフィルター掃除が必要。

外装パネルやフィルターに関しては、薄めた台所用洗剤でも洗えます。

メーカー側も小まめなフィルター掃除をオススメしています。

できれば2週間に1回程度、お掃除機能付きでもシーズンに1回はホコリを取ってくださいね。

洗剤の選び方1:エアコンクリーニングに使う市販の洗剤とは?

ドラッグストアやネット通販などで探すと、エアコンクリーニング用の洗剤が簡単に手に入ります。どんな洗剤があるのか、タイプ別にご紹介します。

素人でも使える市販の洗剤の種類
  1. ジェットスプレータイプ
  2. ムーススプレータイプ

1.ジェットスプレータイプ

ノズルから勢いよく薬剤を噴射する、いわゆる普通のスプレータイプです。

水圧で汚れを吹き飛ばす効果もあるため、フィンやフィルターの掃除に向いています。

2.ムーススプレータイプ

噴射するとムース状になった薬剤が出て、その場にとどまってくれるタイプです。

リンス剤とのセットで販売されることが多いです。

ファンなどエアコンの奥を掃除するのに向いています。

洗剤の選び方2:素人がプロ仕様の洗剤でエアコンクリーニングできるのか?

自力でエアコンクリーニングする場合、2つの洗剤が候補にあがります。

洗浄力で分かれる洗剤の種類
  1. 市販のスプレー型洗剤
  2. プロが使う強アルカリ性の洗剤

誰でも気軽に購入できるスプレー型の洗剤では、やや汚れが落ちにくいもの。

プロ仕様の洗剤を、素人が使うことはできないのでしょうか?

1.市販のスプレー型洗剤

基本的に素人が自宅でエアコンクリーニングする場合は、ドラッグストアなどで購入できるスプレータイプの洗剤を使います。

洗浄力は低めですが、人体への危険性が低いので気軽に使えます。

素人が使ってもエアコン本体への影響が少ないので、自信がない人はこちらを選ぶのがオススメです。

2.プロが使う強アルカリ性の洗剤

ネット通販などで強アルカリ性の洗剤を購入し、蓄圧式噴霧器などで噴射する方法もあります。汚れは非常に落としやすいです。

しかし危険な薬剤なので、耐酸・耐アルカリ手袋やマスク、目を保護するためのゴーグルなどが必須です。目に入ると失明の恐れもあります。

排水はアルカリ性になるため、中和処理の必要があります。洗剤が余った場合はそのまま捨てられないので、廃棄物処理業社にお願いすることになります。

さらに強力な薬剤がフィンに残留すると、金属が腐食してエアコンが故障する可能性も。

こうしたことを総合的に考えると、プロ仕様の強アルカリ性洗剤は素人が使わず、専門業者にお任せしたほうが安全です。

エアコンクリーニングを洗剤で行うメリットとデメリット

自力で洗剤を使いエアコンクリーニングをする場合、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

メリット
  • 業者に頼むよりは料金が安くて済む。
  • 知らない人を家にあげなくても洗浄できる。

たとえプロ仕様の高価な洗剤を購入したとしても、業者を呼ぶよりは値段が安くて済みます。

一人暮らしの人や、日程調整するのが難しい場合には、他人を家にあげずに済むこともメリットですね。

デメリット
  • 洗剤が残ると汚れになる。
  • エアコン用スプレー(中性)では汚れを落としきれない。
  • 強すぎる洗剤(強アルカリ性)を使うと金属が腐食される可能性も。
  • 強アルカリ性の洗剤を使う場合には、相応の準備と洗浄後の処理が必要。

どのタイプでも洗剤が本体内部に残ると汚れになり、そこにカビやホコリがくっついてより強力で頑固な汚れになります。

素人がドラッグストアで購入できる中性のエアコン用スプレーでは、洗浄力が弱すぎて汚れを完璧にキレイにするのは難しいです。

そこで水酸化カリウムや水酸化ナトリウムを使用した強力な洗剤を使うと、キレイにはなるでしょう。

しかしうまく洗い流せなかった場合、エアコン内部のフィンなどが故障する恐れがあります。相応の準備や処理も必要になるため、素人だとなかなか難しいでしょう。

まとめ:洗剤を使ったエアコンクリーニングは自力でも一応可能

ドラッグストアなどで手に入るスプレー型の洗剤を使うと、簡単にクリーニングできます。

しかしプロ仕様の洗剤に比べると洗浄力は落ちます。

かといって素人がプロ仕様の洗剤を使おうとすると、人体・エアコン本体へ悪影響が出る可能性も。

汚れをしっかり落としたい場合には無理に自力で頑張らず、業者にお願いする方が安全です。