【新築でも危ない!?】洗面所の嫌な臭いを取り除く対策法!

新築なのに洗面所から下水のような嫌な臭いがする・・・

なんだか最近カビのような臭いが洗面所からする・・・

そんな洗面所の臭いの悩みを抱えている方も少なくないようです。

そこで今回は、洗面所の臭いはどのような原因で起こってしまっているのか、臭いを取り除くための対策について紹介していきましょう。

洗面所の臭いはカビ・下水が原因であることが多い!

見出しでもかきましたが、結論をいうと洗面所の臭いは「カビ・下水」の2種類であることが多いです。

ではなぜ洗面所にカビができてしまうのか、それには2つの理由があります。

洗面所のカビの理由
  1. お風呂や洗濯機が隣接されているため湿気が多くカビが繁殖しやすい
  2. 洗濯槽は湿気がこもりやすく掃除をしない方が多いためカビができやすい

カビが増えるためには湿気と栄養が影響するため、湿気がこもりやすい洗面所にはカビもできやすいということですね。

洗面所にできるカビは壁や床だけではなく洗濯機にもできることを覚えておいてください。

では続いて下水の理由についてです。

洗面所で下水の臭いがする理由
  1. 排水口・排水フィルターに髪の毛やぬめりが溜まってしまっている
  2. 排水管と排水フィルターのつなぎ目でスキマができてしまっている

最初の理由に関しては、髪の毛やぬめりが溜まることで臭いの原因菌が繁殖してしまうからです。

二番目に関しては直接的に下水の臭いがしてしまうため、洗面台の下の収納棚を開けてみると確認することができます。

ラクカジちゃん

どちらにしろしっかりと対策をしなければ臭いが収まることはないから原因を突き止めて掃除をしていこう!!

洗面所のカビの臭い対策!壁・床と洗濯機がキーポイント!

 

洗面所のカビの臭い対策は壁・床と洗濯機の掃除をするのが重要です。

洗濯機の掃除は放置しながらできるので、どちらも掃除をしてしまうのがおすすめでしょう。

では、それぞれの掃除方法について詳しく解説をしていきます。

洗面所の壁・床にできたカビを取り除く掃除方法!

洗面所の壁・床にできたカビが軽度の場合は「アルコール・クエン酸水・重曹」で、重度の場合は「塩素系漂白剤」がおすすめです。

カビが軽度の場合の掃除方法
  1. アルコール・クエン酸水・重曹水をカビの部分に吹きかける
  2. 歯ブラシあるいは雑巾でこするor拭く
  3. 1.2を繰り返す
  4. 仕上げに乾拭きをする

クエン酸水はクエン酸5gに対して水200mlで作ってください。

ラクカジちゃん

もしクエン酸がなければお酢と水を4:1で割ったものでもいいよ!

重曹水は重曹4gに対して水200mlで作っておきましょう。

上記の掃除方法はカビ予防や普段の掃除でも使えるので、余ったものは捨てずに取っておくのがおすすめです。

塩素系漂白剤に比べると洗浄力は控えめなので、キレイに取れない可能性があることは理解しておいてください。

MEMO
カビが取れにくい場合は重曹を粉末のままふりかけて歯ブラシでこすり、濡れた雑巾でキレイに拭き取るとう方法もあります。
カビが重度の場合の掃除方法
  1. 塩素系漂白剤をカビにかけて5~10分時間をおく
  2. 歯ブラシや雑巾でこするor拭く
  3. 漂白剤が残らないようにしっかりと濡らした雑巾で拭き取る
  4. 仕上げに乾拭きをする

先ほどのアルコール・クエン酸・重曹よりも塩素系漂白剤のほうがカビを取る力は強力です。

ただし、塩素系漂白剤を壁に使う場合は防水性ビニール素材であるかどうかを確認してからおこなうようにしてください。

洗濯機のカビ掃除は塩素系・酸素系クリーナーを使おう!

洗濯機のカビ掃除をする場合は洗濯槽にこびりついたカビを取るのがメインになります。

洗濯槽の掃除は塩素系あるいは酸素系クリーナーを使うことで、キレイにすることができるので、2つの使用方法を紹介しておきましょう。

塩素系クリーナーの使用方法
  1. 洗濯槽内のごみ取りネットを外す
  2. 40~50℃ぐらいのお湯を満水位置までいれる
  3. 塩素系クリーナーを適量入れて標準・槽洗浄コースで洗う

塩素系クリーナーは簡単かつ殺菌力が強いというのがメリットなので、以上の方法で大体30~40分で掃除は完了です。

ちなみにドラム式洗濯機では塩素系クリーナーしか使えないので覚えておきましょう。

MEMO
簡単で殺菌力が高い反面、肌に触れると刺激になりますし、衣類も傷みやすくなる可能性があります。

メリット・デメリットを踏まえて自分にあった方法でカビ掃除をしましょう。

ではつづいて、酸素系クリーナーの使用方法です。

酸素系クリーナーの使用方法
  1. 洗濯槽内のごみ取りネットを外す
  2. 40~50℃ぐらいのお湯を満水位置まで入れる
  3. 酸素系クリーナーを適量入れる
  4. 標準・槽洗浄コースで洗う
  5. 10~15分回したら止めて4~6時間放置する
  6. 放置中に泡が溢れてきたら網ですくう
  7. 最後に5~10分ほど回して浮いたカビやゴミをすくう

酸素系クリーナーは殺菌力は穏やかで掃除に時間がかかる分、汚れが目に見えるという点と肌や衣類には優しいというメリットがあります。

縦型洗濯機では塩素系・酸素系どちらも使うことができるので、自分に合った方を選んで洗いましょう。

洗面所の下水臭対策!排水管の掃除とトラップを活用しよう!

洗面所の下水臭は、洗面所の排水管の掃除が効果的です。

では、どのような方法があるのかを紹介していきましょう。

排水管の掃除はアルカリ性洗剤か分解掃除!

排水管の掃除とかきましたが、正確には排水トラップ(S字トラップ)と呼ばれる部分の掃除となります。

この部分には髪の毛や金属部品が溜まりやすく、そこから様々な汚れが付着して臭いを発しやすいです。

解決法は2つで、アルカリ性洗剤か排水トラップの分解掃除をするという方法になります。

アルカリ性洗剤は洗面台の排水口から流すだけで髪の毛やぬめりを取れますが、重度の汚れや金属部品は取ることができません。

一方、分解掃除はS字トラップの部分を分解して掃除をするので、より細かくキレイにすることができるので臭いの元を取るという意味では分解掃除がおすすめです。

しかし、分解する手間や汚水を溜めておくバケツ、ぬめりなどの汚れを触れる・見ることになるので手間・苦手と感じる方も多いのがデメリットでしょう。

排水管と排水パイプのスキマがあればトラップで埋める!

住宅によっては排水管と排水パイプのつなぎ目にスキマができていることがあり、そこから下水の臭いがのぼってきてしまうということがあります。

この場合は、排水パイプ用のトラップを使ってスキマを埋めてあげることで臭いがのぼらないようにできます。

MEMO
排水パイプ用のトラップを装着させる場合は手間がかかってしまうため、面倒な方は業者を呼んだほうが正確かつ早く終わることができるでしょう。

自分で装着させて失敗したとなると労力ももったいないですし、臭いも止まらないのでプロにまかせるのも一つの方法です。

新築・新居でも洗面所から下水の臭いがすることもあるので注意!

新築や新居なのになぜか下水の臭いがしてしまう、なんて経験をした方もいるかもしれません。

実は、新築や新居でも排水トラップの水が蒸発しているために下水から臭いが直接のぼってきてしまうこともあるのです。

また、作りによっては先ほど紹介した排水管と排水パイプのつなぎ目にスキマができていることも。

前者の場合は、住み始めることによって水を使用するようになるため自然と臭いはなくなりますが、後者の場合は処置をするしかないので大家さんに相談をしてみましょう。

面倒な作業は業者におまかせしちゃおう!

正直なところ排水パイプや排水管のつなぎ目を埋める、掃除をしてカビ取り、ぬめり取りなど面倒に感じてしまいますよね。。

誰かにやってもらえたら楽なのに・・・」そんな願いを叶えてくれるのがハウスクリーニングです。

ハウスクリーニングのスタッフは掃除のプロ集団なので、素早く臭いや汚れの原因を見極めて適切な方法で掃除をしてくれます。

こちらの記事では洗面所の掃除におすすめのハウスクリーニング業者をランキングで紹介しているので気になる方はチェックしてみてください。