洗面所の意外な落とし穴!洗濯機の臭いを解決する掃除のコツ!

洗面所はホコリやカビができやすい場所でもあるので、こまめに掃除をしている方も少なくないでしょう。

しかし、洗面所には洗濯機を置いてあることが多く、洗濯機までしっかり掃除をしているという方はあまり多くありません。

そこで今回は、洗濯機からでる臭いを解決するための掃除のコツについて解説をしていきましょう。

洗濯機から出る嫌な臭いは「カビ」が原因!?

洗面所を掃除してもなんだか臭いが取れない、そのような場合は洗濯機から臭いが発生している可能性が高いです。

しかもその臭いの原因の多くは「カビ」で、洗濯槽にこびりついてしまっているため、一見気づかないこともあります。

カビというのは以下の条件下で繁殖速度が増してしまうのが特徴です。

  • 20~40℃前後の温度
  • 湿度が高い
  • 栄養が豊富にある

洗濯機はカビが繁殖しやすい要因を抑えているので、何年も掃除をしていないということであれば、臭いの原因は洗濯機内で発生したカビと考えていいでしょう。

カビの臭いは衣類にも移る!しっかりと洗濯機の掃除はしていこう!

洗濯槽内に発生したカビの臭いは、実は衣類にも移ってしまうので、衣服がカビ臭いということであれば、洗濯機の掃除を検討したほうがいいですね。

掃除方法は多岐に渡りますが、今回はなるべく簡単にできる方法も紹介していくので、自分ができそうなものから実践していきましょう。

ラクカジちゃん

洗濯機をすっきりキレイにして柔軟剤の良い匂いがする服を着よう!!

洗濯機の掃除方法!タイプはドラム式・縦型の2種類!

掃除方法を解説する前に、洗濯機の種類によって適切な掃除方法が異なるということを覚えておいてください。

ただし、現在のところ洗濯機は「ドラム式・縦型」の2種類なので、そこまで迷う必要はありません。

自分の洗濯機がどちらのタイプかで掃除方法を選びましょう。

では、それぞれのタイプ別の掃除方法について解説をしていきます。

ドラム式洗濯機の掃除方法!使うのは塩素系クリーナー!

ドラム式洗濯機を掃除する場合のおすすめは塩素系クリーナーを使うことです。

縦型洗濯機と比べてドラム式洗濯機は少量の水しか溜めることができないため、洗濯槽全体を漬けておく洗い方をする酸素系クリーナーはおすすめできません。

しかし、塩素系クリーナーは簡単かつ殺菌力が高いので、掃除が面倒だという方にはぴったりでしょう。

ラクカジちゃん

そもそもドラム式洗濯機は塩素系クリーナーしか効果的ではないからね!

では、具体的な掃除手順についてまとめていきます。

ドラム式洗濯機の掃除手順
  1. 40~50℃ぐらいのお湯を溢れないぐらい適量入れる
  2. 塩素系クリーナーを適量入れる
  3. 槽洗浄コースあるいは標準コースで洗う

手順はこれだけで、だいたい30~40分あれば掃除完了です。

縦型洗濯機の掃除方法!使うのは塩素系or酸素系クリーナー!

縦型洗濯機の場合、塩素系・酸素系どちらも使えるので、好きな方で掃除をするといいでしょう。

塩素系は簡単かつ殺菌力が高い反面、衣類や手肌に刺激となる可能性があります。

一方、酸素系クリーナーは洗浄時間が長く殺菌力は高くないものの、汚れを確認することができ、衣類や手肌に優しいというのがメリットです。

塩素系クリーナーはドラム式洗濯機と縦型洗濯機で掃除手順は変わらないので、酸素系クリーナーの掃除手順についてまとめていきます。

酸素系クリーナーの掃除手順
  1. 洗濯槽内のごみ取りネットを外す
  2. 40~50℃のお湯を洗濯槽の満水位置まで入れる
  3. 酸素系クリーナーを適量入れて標準コースあるいは槽洗浄コースで洗う
  4. 10~15分ほど回したら止めて4~6時間ほど放置する
  5. 放置中に黒カビや泡が溢れてきそうであれば定期的にネットですくう
  6. 最後に5~10分ほど洗濯機を回して浮いてきたカビ・ゴミをすくう

洗浄時間が6時間ほどかかってしまうのは、掃除が苦手な方にとっては驚くことかもしれません。

ただし、常につきっぱなしで見なくてはいけないわけではなく、定期的に洗濯機を確認すればいいだけなので、自分ができる掃除方法を選ぶといいでしょう。

ラクカジちゃん

縦型洗濯機は塩素系・酵素系どちらも選べるからこそどちらも試してみて自分に合っている方を選びやすいね!

洗剤投入口・フィルターは歯ブラシでこすり洗い!

ドラム式・縦型どちらにも共通することですが、洗剤投入口とフィルターの掃除も忘れてはいけません。

ドラム式では乾燥フィルター・排水フィルター、縦型では糸くずフィルターを取り外して洗います。

掃除方法は簡単で、40~50℃のお湯を流しつつ歯ブラシでまんべんなくこすってあげるだけです。

洗剤投入口は洗剤が固まってしまっている場合もあるので、しっかりとお湯で溶かしながらこすってあげましょう。

見落としがちな洗濯パン・排水ホースも忘れずに掃除をしよう!

洗濯機だけを掃除して満足する方も多いですが、洗濯パン・排水ホースも気づかないうちに汚れが溜まっているので、忘れずに掃除をしていかなくてはいけません。

洗濯パンはいわゆる洗濯機を置く専用のスペースで、この周りはハンディモップや雑巾であらかたの汚れは取り除くことができます。

MEMO
洗濯機の下は手が届かないことが多いので、長さが調節できるハンディモップや棒状のものに雑巾を巻きつけて洗うなど工夫をして掃除をしましょう。

排水ホースもハンディモップ・雑巾で拭いてあげるだけで汚れは取ることができます。

洗濯機はどのぐらいの頻度で掃除をする?おすすめは月に1回!

洗濯機はどのぐらいの頻度で掃除をするのが適切なのか、という疑問についてですが、槽洗浄であれば月に1回のペースで洗ってあげるのが最適です。

洗剤投入口・フィルター・洗濯バン・排水ホースに関しては、汚れが目立ってきたら掃除をするのがベストなので、だいたい3~7日に1回のペースがいいでしょう。

ラクカジちゃん

月に1回のペースであれば掃除の日を作って酸素系クリーナーで洗浄しながら洗面所やその他の掃除を並行しておこなうのもアリだね!

洗濯機をキレイに保つ4つのコツ!

掃除をしなければいけないのはわかっているけどできる限りしたくない!」と考える方もいるかもしれませんね。

洗濯機をキレイに保つコツを実践しておけば、汚れが少ない状態をキープできるので掃除の労力が少なくなりおすすめです。

では、4つのコツについて紹介していきます。

  1. 洗剤・柔軟剤は適量入れる
  2. 洗濯機のフタは開けておく
  3. 衣類は洗うときだけ入れておく
  4. 乾燥機能があれば2~3日に1回のペースで使う

この4つのコツは簡単ながらカビや汚れを増やさない効果的な方法なので、掃除の手間を少なくしたいなら取り入れていきましょう。

1. 洗剤・柔軟剤は適量入れる

洗剤・柔軟剤の量をいちいち計るのが面倒だから、ついついテキトーな量を入れてしまうことってありますよね。

しかし、洗剤・柔軟剤の残りカスがあるとカビや雑菌の餌になってしまうため、あまり入れすぎないように意識する必要があります。

大体の洗剤・柔軟剤のカップにはこのぐらいの量を目安にしてくださいというマークがあるので、そのマークを参考にして入れるようにしましょう。

2. 洗濯機のフタは開けておく

洗濯機のフタは閉めておいたほうが見栄えが良いですが、洗濯槽内に湿気をこもらせてしまうためおすすめできません。

洗濯機のフタはできるだけ開けておくほうが湿気が逃げやすくカビが発生しにくくなります。

ラクカジちゃん

使わないときはフタを開けておくという習慣を身につけておくといいね!

3. 衣類は洗うときだけ入れておく

汚れた衣類はそのまま洗濯機に入れてしまうという方もいるのではないでしょうか。

汚れた衣類を洗濯機にいれてすぐ洗うのであれば問題ありませんが、放置する時間がながければ長いほどカビや雑菌が汚れを餌にしてしまいます。

そのため、洗う予定がなければ衣類は洗濯カゴに入れておきましょう。

4. 乾燥機能があれば2~3日に1回のペースで使う

乾燥機能があれば、2~3日に1回のペースで洗濯機内が空の状態で使うと、カビが発生しにくくなります。

乾燥ボタンを押すだけで簡単にできるので、手間を感じることなくできるカビ予防法です。

乾燥機能が無い場合は、他の3つのコツを実践してなるべく湿気や汚れを洗濯槽内に持ち込まなければある程度予防することができるので、できるところから試してみてください。

臭い・汚れが取れない場合はハウスクリーニングに依頼しよう!

上記で紹介した掃除方法を試してみても、どうしても臭い・汚れが取れない可能性はゼロではありません。

その場合は細部にカビ・汚れが付着してしまっている状態なので、素人ではキレイにしきることはできないでしょう。

どうしても臭い・汚れが気になる場合はハウスクリーニング業者に依頼するのがおすすめです。

ハウスクリーニング業者の中には細かい部分まで掃除・分解洗浄を行っているところがあるので、一度ピカピカにしてもらってからキレイな状態をキープするのもいいでしょう。

おすすめのハウスクリーニング業者は以下の記事でも紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。