洗面ボウルの掃除方法は2種類!洗面所のメインはキレイに保とう!

洗面所とイメージすると真っ先に思い浮かぶのが洗面ボウルではないでしょうか。

洗面ボウルが汚いとなんだか気分も高まらないのは理由があり、朝の支度や髪を乾かすときなど頻繁に使用することになるからです。

この洗面ボウルの掃除は実に簡単なので、洗面所の顔といっても良い洗面ボウルの掃除方法を今回は紹介していきましょう。

洗面ボウルは汚れやすい!一番目につく場所だからこそキレイに!

洗面ボウルは掃除をしていないとすぐに汚れがついてしまいます。

それには理由があり、まず水を使うことによって水の中に含まれる金属イオンが洗面ボウルに残るため、水垢ができやすいという点です。

また、湿気によってホコリが洗面ボウルに付着しやすいですし、身支度で使うことが多いので髪の毛も落ちやすいでしょう。

これだけ汚れやすい環境であることを理解してもらえましたが、そうなると掃除をするのも手間なのではと感じる方も少なくありませんよね。

ただし、洗面ボウルは陶器でできていることがほとんどなので、実は汚れが取れやすいです。

そのため、簡単にできる掃除習慣を身に着けておくことが必要といえますね。

洗面ボウルの掃除方法!「ながら掃除」と「しっかり掃除」!

洗面ボウルの掃除方法は大きく分けて2種類あり、「ながら掃除」か「しっかり掃除」の2種類です。

言葉のままといえばそれまでですが、ながら掃除はできるだけ簡単に続けやすいように、しっかり掃除がこまかくキレイにできるような掃除法を紹介していきます。

では、この2種類の掃除方法について解説をしていきましょう。

「ながら掃除」は洗剤いらず!毎日続けてみよう!

ながら掃除は文字通りなにかをしながら片手間でできるので、朝の身支度や入浴前にササッと済ませることができます。

方法をわかりやすくまとめてみましたので参考にしてみてください。

ながら掃除の手順
  1. 洗面所にティッシュとゴミ箱を用意する
  2. 洗面ボウルや蛇口周りをまんべんなくティッシュで拭き取る
  3. 使ったティッシュはゴミ箱に捨てる
  4. ハンディモップがあれば洗面所の棚も掃除をする

以上の方法だけである程度の汚れを取ることができるので、毎日の習慣としても身につけることができるでしょう。

掃除は難しい・手間になる方法から始めてしまうから続けられないので、なにかをしながらできる簡単な掃除から始めていくのがおすすめです。

ラクカジちゃん

ながら掃除はできるときにすると良いので最低でも2~3日に1回のペースでできるようにしていこう!

「しっかり掃除」は1週間に1回!水垢・ぬめり・髪の毛を撃退!

しっかり掃除はガンコな水垢やぬめりができないようにするために行う掃除です。

特に排水口まわりの水垢は、ながら掃除でキレイにするのはなかなか難しいので、しっかり掃除も1週間に1回のペースでおこなっていきましょう。

しっかり掃除の手順
  1. 洗剤・クエン酸水・重曹水のどれかを用意する
  2. 洗面ボウル全体にまんべんなく以上の3つのどれかをかける
  3. スポンジを使って全体をこすりながら洗う
  4. 排水口周りや細かい部分は歯ブラシを使ってこすり洗いする

気になるのは蛇口や排水口周りの水垢が、けっこうガンコだという点ですね。

スポンジでこするだけではなかなか取りにくい場合があるので、歯ブラシを使ってこするとより細かい部分の汚れも落とすことができます。

ラクカジちゃん

洗面ボウルのしっかり掃除も大体10分もあれば終わるからさほど手間ではないね!

洗剤はどんなものを使えばいいの?クエン酸水や重曹水の作り方!

洗面ボウルをしっかり掃除するときに使う洗剤ってどういうものが良いのか気になる方も多いでしょう。

また、クエン酸水や重曹水とはいっても分量はどのぐらいがいいのか気になりますよね。

そこで、おすすめの洗剤やクエン酸水・重曹水の作りかたをまとめておきました。

  • 洗剤・・・お風呂用洗剤のような中性洗剤
  • クエン酸水・・・クエン酸5gに対して水200ml
  • 重曹水・・・重曹8gに対して水200ml

ちなみにクエン酸がなければお酢と水を4:1で割ったものを使っても問題ありません。

ラクカジちゃん

中性洗剤はある程度の汚れならなんでも落としてくれる万能な洗剤だよ!

洗面ボウルから臭いがする?排水口も掃除をしよう!

しっかり掃除をしていたとしても、洗面ボウルから臭いがするという可能性もあります。

正確には洗面ボウルからではなく、排水口から臭いがしてしまっているのです。

排水口はS字のパイプ部分に髪の毛やぬめりが詰まって異臭を放つこともあるので、洗面ボウル同様に定期的に掃除をしていきましょう。

掃除方法は2種類で、アルカリ性洗剤を使うか分解して掃除をする方法があります。

アルカリ性洗剤の掃除法
  1. アルカリ性洗剤を排水口に流す
  2. 5分~10分おくと髪の毛やぬめりが溶けてくる
  3. そのまま水を流してお掃除完了

アルカリ性洗剤で掃除をするメリットは、流すだけで簡単に掃除ができるという点です。

ただし、あくまで予防として使うのが一般的で、大量の髪の毛やぬめりの掃除には向いていません。

では、分解掃除の方法についてみていきましょう。

分解掃除の方法
  1. S字パイプに溜まっている水を捨てる用のバケツを用意しておく
  2. 洗面ボウルの下にあるS字パイプの部分を取り外して水をバケツに入れる
  3. S字パイプに詰まっている汚れをスポンジやブラシで洗う
  4. 掃除をしたら元に戻す

S字パイプは手で回せる取り付けになっていることも多く、誰でも簡単に分解して掃除ができる仕様になっています。

汚れを徹底的に掃除することができるメリットはありますが、やはり分解して掃除をするのは手間だと感じる方も多いでしょう。

基本的にはアルカリ性洗剤で掃除をして、つまりや臭いがひどいときは分解掃除をするといったスタンスがいいかもしれませんね。

プロの手を借りると驚くほど早くすみずみまでピカピカに!

洗面ボウルを掃除してもガンコな汚れがあってなかなかキレイにならない、掃除をする時間がないといった問題を抱えている方も少なくありません。

その場合は、一度プロの手を借りてすみずみまでピカピカにしてもらうのがおすすめです。

ハウスクリーニング業者は掃除のプロなので、素人がやるよりも早くなおかつ徹底的にピカピカに仕上げてくれます。

年に1度や季節の変わり目に1度掃除を依頼して、きれいな状態をキープするための掃除をしてみるのも1つの方法なので検討してみてはいかがでしょうか。