洗面所の水垢を徹底的に落とすたった4つの方法を伝授!

洗面所の蛇口や排水口まわり、洗面ボウルなどいたるところにできる赤茶色の汚れ、気づいたらすぐできてしまう水垢汚れに悩まされる経験ありますよね。

しかし、放置すれば水垢がどんどん広がって見た目も良くないですし、使うときもなんだか嫌な気分にもなるでしょう。

そこで今回は、洗面所の水垢を落とすためにできる4つの方法について伝授していきますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

実はただの水ではない!?洗面所に水垢ができる理由とは

そもそも、ただの水を使っているのになんで垢がついてしまうのか疑問に思ってしまいますよね。

実は、水とはいっても水道水は水分子だけではありません。

水分子の他にカルシウムなどの金属イオンが含まれているので、水分子が蒸発したあとに残ってしまった金属イオンが水垢となります。

水道水から金属イオンを取り除く方法というのは浄水器をつける以外に方法はないので、結論をいうと定期的な掃除をすることが一番の解決法ということですね。

水垢は時間が経てばたつほど洗い落としにくくなる!

厄介なことに水垢は放置すればするほど金属イオンが蓄積されて硬さを増すため、簡単には洗い落としにくくなってしまいます。

だからこそ汚れが取れにくくなる前に、簡単な掃除でキレイな状態をキープしていきましょう。

MEMO
特に蛇口の付け根や排水口の周りは洗いにくい部分なので水垢が溜まりやすいです。

洗いにくい部分は特に汚れが蓄積して取れにくくなるので、意識して掃除をしていきましょう。

洗面所の水垢を落とす4つの方法を解説!

洗面所の水垢を落とすためにできる掃除方法は主に4つあります。

準備する道具がわかりやすいように以下にまとめてみました。

  1. 中性洗剤で洗う
  2. クエン酸を使う
  3. 蛇口の手垢には重曹を使う
  4. メラミンスポンジを使ってこする

では、それぞれの掃除方法についてみていきましょう。

1. 中性洗剤で洗う

汚れが酸性かアルカリ性かによって逆の性質を持つ洗剤を使用するのが効果的ではありますが、使い分けるのはすこし面倒ですよね。

そこで、万能な中性洗剤で洗うのがてっとり早く、軽い水垢ぐらいであればキレイにすることができます。

方法は簡単で、中性洗剤をスポンジにつけて蛇口を含んだ洗面ボウル全体を洗っていくだけです。

全体的にスポンジを使用して、細かい部分は歯ブラシを使っていけば洗いやすいので、掃除をする部分で道具を使い分けてみてください。

MEMO
たくさんの洗剤を使うのはもったいない気持ちがしますが、洗面所の汚れを効率よく落とすためには惜しげなく洗剤を使うほうがキレイにしやすいです。

実際にハウスクリーニング業者の掃除ではたっぷりの洗剤を使って洗うそうなので、参考にしてみてもいいかもしれませんね。

2. クエン酸を使う

水垢汚れを落とすにはクエン酸が実は効果的だったりします。

というのも、水垢はアルカリ性なので酸性であるクエン酸が触れるとうまく中和されて溶かすことができるからです。

クエン酸はそのまま使わずに、クエン酸小さじ1杯に対して水200mlを混ぜてクエン酸水にしましょう。

クエン酸水にしたらスプレーボトルにいれ、洗面台全体に吹きかけてからスポンジや歯ブラシで磨いてあげてください。

クエン酸水の掃除が終わったあとはしっかりと乾拭きして水気をとってあげましょう。

ラクカジちゃん

クエン酸がない場合はお酢と水を4:1で割ったもので代用することができるよ!

3. 蛇口の手垢には重曹を使う

重曹はアルカリ性なので水垢にはあまり効果的とはいえませんが、蛇口の手垢は酸性汚れなので重曹で掃除するのがおすすめです。

重曹は小さじ1杯に対して水100mlに混ぜて使いましょう。

こちらもクエン酸水と同様にスプレーボトルに入れて蛇口周りに吹きかけてスポンジでこすり洗いをして手垢汚れを落としてあげます。

MEMO
粉末状で重曹を使うと、研磨剤の役割をもつためガンコな手垢・水垢を落とす際に活用することもできるでしょう。

とはいえ、そこまで強力に汚れを落とす力があるわけではないので、ある程度の汚れまでは取れるという認識でいてください。

4. メラミンスポンジを使ってこする

メラミンスポンジはガンコな汚れを落とす際に、非常に強力な味方になるので洗面台以外にも油汚れの多い台所の掃除にも活躍します。

水垢でもガンコな汚れがこびりついて取れないというときにメラミンスポンジを使うといいでしょう。

使い方は簡単で、少量の水を含ませたら水垢がついている部分をこすってあげるだけです。

メラミンスポンジはスーパーや薬局で販売されているので、どこでも購入することができるでしょう。

ラクカジちゃん

上記3つの掃除方法を試して、汚れが残っているようならメラミンスポンジで仕上げの掃除という順番が良いかもね!

水垢をできにくくするためには○○をするだけで簡単にできる!

水垢を取り除いてキレイにしたあとは、できるだけ水垢ができにくい状態を続けていきたいですよね。

前述したように水道水はどうしても金属イオンが含まれているので、水垢をできにくくするのは水を使わない以外に無いような気がしてしまいます。

しかし、洗面台を使ったら水気を拭き取ってあげるだけで水垢はつきにくくなるので、普段から拭き取ることを意識しておけば、掃除もさほど手間ではなくなるでしょう。

水気を拭き取るためのティッシュあるいはタオルを洗面台に置いておけば、使ったあとに10秒でササッと掃除ができますね。

こんな簡単なことで水垢予防にもなるので、ぜひ生活の中に取り入れてみてください。

今の時代は洗面コーティング剤!?効果や持続期間について

水気を取るという観点でもう一点、洗面コーティング剤を使用するという方法もあります。

これはつまり、洗面台を水がはじくようにコーティングしておけば、水が溜まることでなく水垢もできにくくなるという発想です。

洗面コーティング剤はネットで調べればおすすめが出てくるので、気になるものを購入してみるといいでしょう。

掃除が苦手だという方なら特に、掃除の手間が省けるようなアイテムを活用して普段の掃除の時短に役立ててください。

ラクカジちゃん

掃除は手間じゃなければ続けられるし、家の中がキレイだと気持ちがいいものだよね!

汚れが落ちないならプロの掃除屋さんに頼んでみよう!

どうしても自分では水垢が取り切ることができない、あるいは掃除をする時間がない、めんどうだから誰かの力を借りたい、このような悩みを抱えている方もいるはずです。

その場合は思い切ってプロの掃除屋さん、つまりハウスクリーニング業者に依頼してみるのも解決策の1つとして有効的な手段でしょう。

ハウスクリーニング業者は汚れを落とすスペシャリストなので、どのような汚れに対しても的確な掃除方法であっという間にピカピカに仕上げてくれます。

ピカピカになったらあとは今回紹介した掃除方法で十分キレイな状態をキープできるので、年に2~3回や大掃除の時期に合わせて頼んでみてはいかがでしょうか。

以下の記事では洗面所の掃除をおすすめできるハウスクリーニング業者を紹介しているので気になる方はぜひチェックしてみてください。