洗面所の掃除にはクエン酸と重曹の使い分け掃除がおすすめ!

洗面所は水を使うこともあり、様々な汚れが至るところに発生しているので、どうすれば効率の良い掃除ができるのか悩んでしまうという方も少なくないでしょう。

そんな悩める方には万能アイテムの「クエン酸・重曹」を使った掃除をおすすめします。

では、クエン酸・重曹はなぜ役に立つのか、どのような汚れに効果的なのか、作り方を含めた掃除方法について紹介していきましょう。

なぜクエン酸と重曹が掃除の役に立つのか?

正直なところ、中性洗剤を使えばある程度の汚れであれば洗い落とすことができるので、なぜクエン酸と重曹を使うのかわからない方も多いかもしれません。

クエン酸と重曹が掃除の役に立つのは以下の理由があるからです。

  • 洗剤よりも環境に優しい成分
  • 汚れが持つ酸性・アルカリ性に合わせて使い分けられる
  • 作り方が簡単で大量に作れるからお得

まず何よりクエン酸と重曹は天然の成分なので、洗剤を使うよりもはるかに環境に優しい成分といえます。

また、使用する洗剤は中性であることがほとんどですが、汚れに対して真逆の性質であるクエン酸・重曹を使うことで、より効率よく汚れを落とすことができるのもメリットです。

MEMO
ちなみにクエン酸は酸性なのでアルカリ性の汚れ、重曹はアルカリ性なので酸性の汚れに効果があります。

クエン酸と重曹どちらも水に混ぜるだけで簡単にお掃除スプレーができてしまうので、大量に作れてなおかつお得でお財布にも優しいです。

以上の理由からクエン酸・重曹を使って掃除をすることをおすすめしています。

洗面所にある汚れは大きく分けて4つ!クエン酸・重曹どっちがいい?

洗面所にある汚れは大きく分けて「水垢・手垢・カビ・黒ずみ」の4種類です。

この4種類の汚れにはクエン酸・重曹のどちらがいいのかをまとめていきましょう。

汚れ別おすすめ度
  • 水垢・・・アルカリ性なので「クエン酸」がおすすめ
  • 手垢・・・酸性なので「重曹」がおすすめ
  • カビ・・・酸性なので「重曹」がおすすめ
  • 黒ずみ・・・アルカリ性に近いので「クエン酸」がおすすめ

以上のことを踏まえておくと、場所によってどのような汚れが多いのか見分けてクエン酸・重曹を使い分けることができます。

ラクカジちゃん

わからない汚れでもとりあえずどちらかを使ってみれば落ちやすい・落ちにくいがあるから、使っていきながら慣れていくのもいいね!

掃除の準備をしよう!クエン酸と重曹は水を混ぜてスプレーに!

それでも掃除の準備をしていきましょう。

クエン酸や重曹は粉末状になっているので、水と混ぜ合わせてスプレーボトルに入れて吹きかけられるようにすると使い勝手がよくなります。

混ぜ合わせる分量は以下を参考にしてみてください。

  • クエン酸・・・小さじ1杯に対して水200ml
  • 重曹・・・小さじ2杯に対して水200ml

以上の量をベースにして、もし少し濃い目で作りたかったら水を少なくする、あるいはクエン酸や重曹の量を増やして調整してみましょう。

掃除をする場所別!クエン酸と重曹を使ったおすすめ掃除方法!

では、準備ができたら早速掃除をしていきましょう。

今回は汚れができやすい場所を5つに分類しましたが、基本的には「上から下に」掃除をすると効率よく汚れを落とすことができます。

では、それぞれの場所の掃除の仕方について解説をしていきましょう。

1. 壁は重曹をつかって手垢・カビを取る!

壁に付着している汚れは主に手垢やカビ、つまり重曹で掃除をするのが効果的です。

掃除方法は重曹水を壁に吹きかけて雑巾で拭いてあげるという簡単な方法でキレイにすることができます。

ただし、カビの侵食度によっては重曹水だけでは取り切れない可能性があるので、その場合は塩素系漂白剤を使用する、あるいはプロの掃除屋に依頼するのが解決法です。

ラクカジちゃん

クエン酸・重曹はあくまである程度の汚れには効果的だということを覚えておいてね!

2. 鏡はクエン酸を使って水滴による水垢を落とす!

水滴による水垢が白くついてしまいがちな鏡はクエン酸によって洗ってあげるといいでしょう。

鏡全体にクエン酸スプレーをふりかけて、より汚れを落としたいのであればラップを貼って10~15分放置してから乾拭きします。

MEMO
鏡には水垢だけではなく手垢もついている可能性があるので、クエン酸で洗い落とせない汚れがあれば、重曹を使って洗ってみるのも有効的でしょう。

鏡を拭くときはタオルよりもメガネクロスや新聞紙を使うとキレイに仕上げることができるので、もし自宅に余っているのであれば使ってみてください。

3. 蛇口は手垢がメイン!重曹を使って洗い落とす!

蛇口は手垢が多く、使い続けていると知らない間にくすんでいくものです。

手垢は酸性なので、重曹を使って洗ってあげるとキレイに落とすことができるでしょう。

手が触れる部分の蛇口は手垢ですが、蛇口がつながっている部分は水垢であることが多く、スポンジやタオルでは洗いにくい細かい部分です。

細かい部分であれば歯ブラシを使うことで汚れを落としやすくなるので、雑巾やスポンジ以外にも歯ブラシを用意しておきましょう。

4. 洗面ボウルの汚れは水垢!クエン酸でピカピカに!

洗面ボウルは洗面所のメインとなる場所といっても過言ではありません。

一番水を使う部分で汚れは水垢がメインとなるため、使うのは酸性の性質を持つクエン酸です。

洗面ボウル全体にクエン酸スプレーを散布し、その後はスポンジやタオルで拭いてあげましょう。

ラクカジちゃん

掃除方法はどれもスプレーをまいて拭き上げるだけなので簡単だね!

5. 仕上げに床を重曹でキレイにしよう!

最後に床を掃除していきますが、床はカビや足が触れることが多いので皮脂などの垢が付着しています。

そうなるとアルカリ性の性質を持つ重曹で掃除をしてあげるのが効果的です。

まずはどかすことができるモノがあればどかしておきましょう。

その後は全体に重曹スプレーをまいてから、雑巾で拭いてあげるだけです。

MEMO
もしカビが気になるのであれば、粉末の重曹をふりかけて歯ブラシで磨いてから雑巾で拭き取るという方法もあります。

カビの進行具合によってスプレーか粉末かを使い分けるといいでしょう。

クエン酸と重曹でガンコな汚れが取れない!プロに依頼もアリ!

クエン酸と重曹を使ってもある程度の汚れしか取ることができないため、ガンコな汚れやカビがどうしても落ちないことがあります。

どうしてもお手上げな場合はハウスクリーニングのプロにおまかせしてしまうのもアリです。

ハウスクリーニング業者は専門の道具を使って的確に汚れを取り除いてくれます。

掃除に関する知識も豊富なので、確実に素人がやるよりもピカピカにしてくれるので、汚れが取れないと悩んでいるなら一度検討してみてもいいかもしれませんね。

当サイトでは洗面所の掃除におすすめのハウスクリーニング業者をランキングにして紹介もしているので、気になる方は一緒に読んでみてください。