お風呂の石鹸カスは2種類ある!何を使えばきれいに落とせる?

お風呂の椅子や壁などにこびりついた白い汚れの正体は、石鹸カスや水垢です。
掃除をしてもすぐに白く浮き出てきて、何度こすっても落ちません。

水道水に含まれているカルシウムなどのミネラル成分と石鹸に配合の脂肪酸が混ざると石鹸カスになって、白くこびりついてしまいます。

お風呂用の洗剤ではなかなか落ちない石鹸カスなので、絶対に落ちないと思い込んでいる人もいるかもしれませんが、正しく掃除すれば、大丈夫。

ここでは、お風呂の石鹸カスを落とすのにふさわしい洗剤や正しい掃除方法をご紹介します。

お風呂の石鹸カスを簡単に落とせる洗剤は?

お風呂の石鹸カスは、普通のお風呂用洗剤を使っても、なかなか落ちませんよね。

磨いた時はきれいになったとしても、乾いた後に再び白くなって出てくることが多いです。

それは、汚れの原因になっている石鹸カスが取れていないからなのです。

お風呂の石鹸カスには、金属性石鹸カスと酸性石鹸カスの2つの種類があります。

金属製石鹸カスと酸性石鹸カスの性質は全く違うので、ふさわしい洗剤も全く異なります。

だからこそ、違いをして正しく洗剤を選ぶべきなのです。

まずは、2種類の石鹸カスの特徴について説明していきます。

金属製石鹸カスの特徴

白くなって浮き出てきたり、うろこ状になって広がっているような石鹸カスは、金属製の石鹸カスです。

日が経つごとに硬くなるのが特徴で、硬い性質から金属製と名付けられました。

多いのが、お風呂の鏡にこびりついた金属製石鹸カスです。
うろこ状に広がって、濡らしたり磨いたりした時はきれいになっても、時間が経つと、白くなって浮き上がってくる汚れです。

金属製石鹸カスはアルカリ性の性質を持っているので、酸性の洗剤を使って掃除します。

酸性石鹸カスの特徴

石鹸カスに皮脂汚れが混じってベタベタになってこびりついているのが、酸性の石鹸カスです。

色は、灰色や黒色などで、ベタベタしているのが特徴です。

日が経つごとに、床や浴槽などにへばりついてくるので、少し擦っただけでは落とせなくなります。

酸性石鹸カスは、名前の通り酸性の性質を持っているので、アルカリ性の洗剤を使うと簡単に落とせます。

MEMO
石鹸カスに限らず、お風呂の汚れには酸性とアルカリ性の2種類の性質を持つ汚れがあります。酸性の汚れにはアルカリ性、アルカリ性の汚れには酸性の洗剤が効きます。それは、逆の性質の洗剤を加えることで汚れが中和されるからです。

お風呂の落ちない石鹸カスは削るしかない?

お風呂にこびりついた2種類の石鹸カスは、種類に関係なく、削ることで落とせるケースもあります。

お風呂の石鹸カスを削るときに活用したいアイテムが2つあります。

それぞれのアイテムをご紹介しますね。

石鹸カスを削りとるメラミンスポンジとは?

メラミンスポンジは、キッチンでも定番の洗剤いらずの白いスポンジ。

洗剤をつけなくても、水垢や食器の着色汚れなどをすぐに落としてくれます。

100円ショップなどでも売っているので、皆さんもよくご存知でしょう。

そんなメラミンスポンジを使えば、お風呂の石鹸カスも、初期の段階であれば、軽く擦るだけですぐに取れてしまうのです。

メラミンスポンジとは?
メラミンスポンジは、メラミン樹脂を原料に作られた白いスポンジです。メラミン樹脂には研磨機能があり、それによって、汚れを削りとってくれるのです。好きなサイズに切って、用途に合わせてサイズを調整できるのもメリットです。

お風呂の浴槽や床などに付着してから、そんなに時間が経っていないと思われる石鹸カスであれば、まずはメラミンスポンジでこすってみると良いでしょう。

メラミンスポンジで落ちてくれなければ、次の対策を考えていく方法がおすすめです。

石鹸カスはヘラで削ったほうがいい?

クリーニング業者などに依頼をすると、石鹸カス専用のヘラを使って汚れを落としてくれます。

石鹸カスを落とすヘラは、業者用だけではなく、一般家庭用もあるので、ぜひ活用したいですね。

石鹸カス用のヘラには、プラスチック製金属製の2種類があります。

クリーニング業者などが使っている石鹸カス用のヘラは金属製が多いです。

プラスチックと金属では、金属の方が硬いので、石鹸カスが落ちやすいのですが、掃除の際に傷が付く恐れがあります。

そこでおすすめしたいのが、プラスチック製のヘラです。

硬めのプラスチックでできたヘラなので、かなり硬い石鹸カスでない限り、削り落とせます。

お風呂の石鹸カスは重曹で安全に除去

水垢と石鹸カスが混じって発生する白い金属製石鹸カスはアルカリ性の汚れなので、酸性の重曹が掃除にもってこいです。

重曹は、食品用であればパンなどを作るときのベーキングパウダーで使用されますね。

掃除用の重曹も比較的安全なので、掃除の際のトラブルを回避できます。

重曹は粉末状になって販売されており、様々な方法で掃除に用いることができます。

重曹を使ったお風呂の石鹸カスの掃除方法を2つご紹介します。

お風呂の床の白い汚れは重曹で落ちる

何度磨いても取れないお風呂の床の白い汚れは、重曹を使えば、簡単に落とすことができます。

重曹を使ってお風呂の床の白い汚れを取るときは、まず次のようなものを用意しましょう。

  • 重曹
  • 重曹ペーストを作るときに使う小さな容器
  • 食器用の洗剤
  • 歯ブラシ
  • ゴム手袋

用意するものを見ていただくとわかりますが、重曹ペーストを作って床を磨いていけば、白い汚れがスッキリ落とせます。

具体的な掃除方法を説明していきます。

  1. 重曹3に対して、水1の分量を加えて、容器の中でかき混ぜます。ペースト状になるまでかき混ぜましょう。
  2. ペースト状になった重曹に、食器用洗剤を加えてかき混ぜます。食器用洗剤は中性か、アルカリ性のものを使いましょう。
  3. お風呂の床の白い汚れの部分に、2番を塗ってから、30分以上放置します。
  4. 30分が経過したら、歯ブラシでこすって、白い汚れを落としていきます。
  5. 白い汚れが落ちていることを確認してから、シャワーで洗い流しておきましょう。時間が経ってからも白い汚れが出て来なければ、作業は終了です。

お風呂のタイルの目地の汚れは重曹ペーストで掃除

お風呂のタイルのつなぎ目の部分にある目地には汚れが溜まりやすいので、こまめに掃除する必要があります。

しかし、こまめに掃除していたとしても、お風呂の利用頻度によっては、汚れが溜まってしまうかもしれません。

だからこそ、重曹を使った簡単な掃除をフルに活用していただきたいですね。

重曹を使ってお風呂の床の目地を掃除する方法をご紹介していきます。

まず、次のようなものを用意しましょう。

用意するもの
  • 重曹
  • 重曹ペーストを作るときに使う容器
  • サランラップ
  • ブラシ

掃除の手順を説明していきます。

  1. 3対1の割合で重曹と水を容器の中でかき混ぜて、ペースト状にします。
  2. 重曹ペーストをお風呂の床の目地部分に、塗っていきます。
  3. 重曹ペーストを塗ったところの上にラップをかぶせて、バックします。そのまま、30分以上放置しておきましょう。
  4. 放置時間が経過したら、ラップを外して、ブラシで擦ります。
  5. 汚れが落ちたら、シャワーなどで重曹をしっかり洗い流して終了です。

お風呂の頑固な石鹸カスはサンポールで落とせる

水垢と石鹸カスが混じった金属製の石鹸カスはアルカリ性なので、酸性で中和すれば、汚れが落ちやすくなります。

酸性の洗剤で強力なのが、トイレの黄ばみにも効果的なサンポールですね。

取り扱いには少し注意しなければいけませんが、サンポールなら、金属製石鹸カスをしっかりと落としてくれます。

サンポールを使ったお風呂の石鹸カス汚れの掃除方法を説明していきます。

サンポールを使ったお風呂の鏡の掃除方法

何度磨いても、メラミンスポンジなどで削ってみても、白い汚れが取れないのなら、かなりしつこくこびりついている可能性が高いです。

そんな時は、最終手段としてサンポールを活用しましょう。

お風呂の鏡の金属製石鹸カスをサンポールで落とすときに必要なものは、次のとおりです。

  • サンポール
  • サランラップ
  • ブラシかスポンジ

それでは、掃除方法を解説していきます。

掃除方法
  1. まずは、換気扇を回して、ゴム手袋を装着しましょう。その後、お風呂の鏡に付着した石鹸カスの部分に、サンポールの原液を塗ります。
  2. サンポールの原液をしっかり塗ったら、その上からサランラップをかぶせていきます。
  3. サランラップをかぶせたまま、3時間以上放置しておきましょう。
  4. 3時間が経過してから、ラップを外して、ブラシでこすっていきます。
  5. お風呂の鏡の石鹸カスが取れたら、一度シャワーでサンポールをしっかり洗い流します。
  6. その後、乾燥しても金属製石鹸カス汚れが浮き出て来なければ終了です。もし浮き出てきた場合は、もう一度、最初からの作業を繰り返してみてください。

サンポールはかなり強力な酸性の洗剤なので、水垢が落ちないケースが少ないですが、まれに、汚れがしつこくて落ちないケースがあります。

そんな時は、放置時間を長くしたり、メラミンスポンジで磨いてみたりなどの工夫をしてみましょう。

注意
サンポールで鏡を磨くときは、金具などにサンポールがかからないように気をつけましょう。サンポールが金具などの金属類に付着すると、酸化により錆びてしまう恐れがあります。劣化を防ぐためにも、鏡の周りに金属類がないかを確かめてから、慎重に扱うようにしましょう。

サンポールで風呂床を掃除すると変色する?

サンポールで風呂床を掃除すると、変色することがあります。

変色のリスクは、床の素材によって決まります。

大理石や目地の部分に金属が使われている風呂床には注意しましょう。

大理石は、主に炭酸カルシウムでできているため、サンポールの酸によって溶けて変色します。

また、金属は、酸焼けを起こして錆びてしまうのです。

風呂床の目地に金属が使われていると、サンポールで掃除した後に目地だけが錆びて、茶色く変色する恐れがあります。

サンポールで風呂床を掃除するときは、先に床の素材をチェックしておきましょう。

お風呂の酸性石鹸カスはセスキ炭酸ソーダで掃除

お風呂の酸性石鹸カスを落としたいのなら、セスキ炭酸ソーダがおすすめです。
セスキ炭酸ソーダは重曹と同じアルカリ性なので酸性の汚れを落とす洗剤に適しています。

また、重曹水よりも水に溶けやすいので、使いやすいのがメリット。
重曹と同じように粉末になっているので、さっと手軽に使えます。

お風呂の洗剤だけではなく、その他の場所の洗剤や洗濯でも、体に優しい洗剤として活用されています。

ぬるぬるした酸性の石鹸カスは、プラスチックにへばりつきやすいです。

例えば、浴槽の表面やお風呂の蓋、洗面器などにヌルヌルした汚れが付いていませんか?

初期段階では、中性のお風呂洗剤をつけて、スポンジでこするだけで簡単に取れるのですが、放置しておくと、遂には、へばりついて取れにくくなります。

そんな状態になってしまったら、セスキ炭酸ソーダを使った楽な掃除方法ですっきりとしていきましょう。

掃除には、セスキ炭酸ソーダ水を利用します。

準備するものは、次の通りです。

  • スプレーボトル
  • 粉末のセスキ炭酸ソーダ
  • 掃除用のブラシ

それでは、セスキ炭酸ソーダ水の作り方と掃除方法を説明します。

  1. 水500mlに対し、セスキ炭酸ソーダ小さじ1杯を入れてよく混ぜれば、セスキ炭酸ソーダ水が完成します。
  2. これを空のスプレーボトルに入れておけば、汚れに吹きかけるだけでいつでも簡単に掃除ができて、便利です。
  3.  例えば、お風呂の蓋にカビが生えていたなら、カビの部分にセスキ炭酸ソーダ水をスプレーして、30分以上放置しておきます。
  4. 30分以上が経過したら、ブラシで軽くこすって、カビが落ちていることを確認してから、シャワーで洗い流して終了です。

まとめ

お風呂の石鹸カスには、2つの種類があり、アルカリ性と酸性で分かれています。

そのため、石鹸カスを見極めてから洗剤を選ぶ必要があり、強力な酸性の洗剤を使うときは、気をつけなければいけません。

掃除する場所の素材を確認してから洗剤を使わなければ、劣化してしまう恐れもあります。

お風呂の石鹸カスの特徴とともに、ふさわしい洗剤や正しい掃除方法をして、石鹸カスのない美しいバスルームを保っていきましょう。