キッチンの三角コーナーの掃除方法!種類や使わない方法とは?

キッチンのシンクにいつも置いてある三角コーナー、気がついたらぬめりとカビだらけになっていませんか?

目を背けたくなるほど汚れている場合には、どうやって掃除すればいいのでしょうか。

毎日掃除するのが面倒に感じる場合は、掃除しなくても使えるタイプの三角コーナーを使うのもオススメですよ。

今回は三角コーナーの掃除方法や、種類ごとのメリット・デメリット、使わずにすませる方法などをご紹介しますね。

キッチンの三角コーナーの掃除方法

キッチンの三角コーナーはちょっと放置するだけで、すぐぬめりと黒ずみで汚くなりますよね。

汚れがひどい時の掃除方法と、普段の掃除方法についてそれぞれご説明します。

特に汚れがひどい時の掃除方法

放置した期間が長く、汚れがひどいときは次のように掃除をしましょう。

〜用意するもの〜

・泡タイプの台所用漂白剤
・使い古した歯ブラシ
・スポンジ
・ゴム手袋

汚れた三角コーナーの掃除方法
  1. 三角コーナーに溜まったゴミを捨てます
  2. 泡タイプの台所用漂白剤をつけて5分程度置きます
  3. 流水で30秒以上すすぎます
  4. 汚れが落ちない場合は、スポンジや歯ブラシでこすります

ステンレス製の場合、長時間漂白剤につけるとサビたり変質したりする可能性があります。5分以上置かないようにしましょう。

また、すすぎ残しがないように丁寧に流すことも重要です。

普段の掃除方法

毎日食器を洗った後のタイミングでお手入れをすれば、黒ずみやぬめり、臭いに悩まされることもなくなります。

次のような方法で、普段から掃除しましょう。

毎日したい三角コーナーの掃除方法
  1. 生ゴミを捨てる
  2. 中性洗剤をつけたスポンジでこする
  3. 流水ですすぐ

金属製やシリコン製など高温に強いタイプなら、数日に1回熱湯をかけて消毒するとより清潔に使えます。

キッチンの三角コーナーの種類

キッチンに置く三角コーナーは、3つのタイプに分けられます。

3つの三角コーナー
  1. スタンダードな置き型
  2. ポリ袋をセットするホルダー型
  3. 紙袋など使い捨て型

「毎日三角コーナーの掃除なんかできない!」という場合には、「2」や「3」を使うのがオススメですよ。

それぞれの種類の特徴と、メリット・デメリットをご紹介しますね。

1.スタンダードな置き型

昔からよく使われる、シンクの端において使われる置き型の三角コーナーです。

ステンレスやプラスチック、シリコンなど様々な素材で作られています。

メリット
  • 野菜くずを入れやすい
  • 水をしっかり切れる
  • フタ付きならコバエ・臭い対策もできる
デメリット
  • 場所を取るので邪魔
  • 洗うのが面倒
  • 少し放置するだけで臭いや汚れがひどくなる

使いやすいですが、お手入れがやや面倒なタイプです。毎日こまめに掃除できる人に向いています。

2.ポリ袋をセットするホルダー型

ポリ袋を設置できるホルダー型のタイプです。

立てて置くものや、シンクの隅に吸盤などでくっつけて使うものがあります。

メリット
  • ホルダー自体にゴミが付かない
  • 捨てるときはポリ袋を外すだけでOK
  • 清潔に使える
デメリット
  • 毎回ポリ袋を設置する必要がある
  • 吸盤が外れるなど安定性が悪いことも
  • ポリ袋は買い足しが必要

置き型と違って、ホルダー自体にゴミが直接触れないので洗う必要がありません。

その代わり毎回ポリ袋を設置して、外す作業が必要になります。

シンクが狭くて、置き型が邪魔になる場合にもオススメです。

3.紙袋など使い捨て型

ポリ袋や水に強い紙袋に、小さな穴が空いた使い捨てタイプの三角コーナーもあります。強度があるのでシンクの隅に自立します。

100円均一やドラッグストアなどで、簡単に手に入れることができますよ。

メリット
  • セットする手間はいらず、置くだけで手軽に使える
  • 掃除する必要がない
  • 使い捨てなので清潔
デメリット
  • 買い足すたびにお金がかかる
  • フタはないのですぐ捨てる必要がある
  • 買い忘れに注意

サッと置いて使ったあと捨てるだけなので、誰でも簡単に使えます。

ただしフタをすることはできません。基本的に使ったらすぐに捨てないと臭いや虫がわく原因になります。

なくなったら買い足す必要があるため、ややお金がかかります。

キッチンの三角コーナーを使わない方法とは

野菜くずの水切りに便利なキッチンの三角コーナーですが、お手入れが面倒なため使わない人も増えているようです。

三角コーナーを使わずにすむアイディアをご紹介します。

1.ポリ袋をそのまま置く

シンクの端に、ポリ袋をそのまま置いて使う方法です。

とても楽でコスパも良いですが、水切りがしにくいのが難点です。

水がたまると悪臭などの原因になるので、袋に前もって穴を開けて水を切れるようにするか、手で絞る必要があります。

2.牛乳パックを使う

牛乳パックの隅を切って水切りできるようにして、そこに野菜くずを入れる方法です。

そのまま捨てられますし、元々ゴミになる牛乳パックを再利用できるのでコスパも良いですね。

ただしこれができるのは牛乳をよく飲む家庭に限られます。また、毎回穴を開ける必要があってやや面倒です。

まとめ:三角コーナーは掃除しないですむものを選べば楽!

三角コーナーはこまめに掃除しないと、汚れや臭いがひどくなります。

基本的には毎日、食器の後に洗いましょう。ひどく汚れているときは台所用漂白剤スプレーを使ってみてください。

毎日掃除するのが面倒なら、ホルダー型や使い捨て型など洗わなくて良いタイプを選びましょう。

いっそビニールや牛乳パックを使って三角コーナーを置かないという方法も。できそうなものから試してみてくださいね。