再仕上げ無料が可能なおすすめの宅配クリーニング業者ランキング!

クリーニングの再仕上げとは、仕上がりに不満がある場合に、もう一度洗濯し直して仕上げてくれるサービスです。

再仕上げを受け付けている業者では、一定の条件が設けられている中で無料での提供が基本となっております。

洗濯の質が高い宅配クリーニングですが、必ずしも満足できる仕上がりになるとは限りませんね。

だからこそ、再仕上げ無料可能な宅配クリーニング業者に依頼すると便利なのです。

そこで今回は、再仕上げ無料可能な宅配クリーニング業者選びのポイントや再仕上げサービスのメリットやデメリットについて解説していきます。

再仕上げ無料可能な宅配クリーニング業者選びのポイント!

衣類には様々な素材が使われているため、それぞれに最適な洗濯や乾燥、プレス方法があります。

宅配クリーニング業者では、それぞれの方法で衣類をチェックした上で、ふさわしい仕上がりになるようにクリーニングが行われているのですが、必ずしも依頼者が思っている通りの仕上がりになるとは限りません。

こんな時のためにも、再仕上げ無料可能な宅配クリーニング業者を選んでおくと良いでしょう。

業者選びのポイントは、次の3つです。

  1. 再仕上げを無料で行なっている業者
  2. 無料の再仕上げの条件が明確な業者
  3. 賠償基準がわかりやすい業者

業者選びの際は、まず無料の再仕上げを行っているかが第一のポイントになります。

その上で、無料の再仕上げの条件が明確に記載されており、なおかつ、賠償基準も明確な業者を選ぶと安心して依頼できます。

それでは、次からはそれぞれのポイントを詳しくお話ししていきます。

再仕上げを無料で行なっている

宅配クリーニング業者によっては、無料の際仕上げを受け付けていない業者もあります。

そのような業者に依頼してしまうと、仕上がりに不満があった場合、再度有料でクリーニングを依頼しなければいけないのです。

無料の再仕上げを受け付けている業者の公式サイトには、無料サービスの中のメニューに「再仕上げ」の記載されています。

そのほかに、無料の再仕上げの受付状況は、次のポイントで確認するのがおすすめです。

  • 無料サービスのところをチェック
  • 補償関係の記載があるところをチェック
  • 質問コーナーに再仕上げのことが書いていないかをチェック

独特の風合いの衣類をクリーニング依頼するときは尚さらのこと、再仕上げのチェックをしておきましょう。

無料の再仕上げの条件が明確

無料の再仕上げには条件があり、主に再仕上げを申請する期間に設けられていることが多いです。

申請期間は、クリーニングが終了してから、手元に到着した日より1週間から30日以内に設定されているのが一般的です。

その期間を過ぎてしまうと、無料での再仕上げが不可能になります。

また、次のような衣類は、再仕上げを断られる場合があります。

    • シミが落ちていない

シミが落ちていない場合は、衣類にタグが付いているかいないかを確かめましょう。「落とせないシミがありました」などのタグが付いている場合は、染み抜きのための再仕上げを依頼しても無効になる恐れがあります。

    • かなり古い衣類の場合

衣類には耐用年数があるので、かなり古い衣類の劣化が仕上がりに影響している場合は、再仕上げを申し込んでも断られるケースがあります。

    • プリーツがある衣類

プリーツが施されているスカートなどは、着用するほどに型崩れしてくるものなので、着用年数が長い場合は、無料の再仕上げを断られるケースがあります。

    • 衣類にシワがあった場合

到着後に衣類にシワを見つけた場合は、直ちにハンガーにかけて1日程度、様子をみましょう。しばらくハンガーにかけておくと、シワが伸びるケースがあります。到着後のシワは、ほとんどの場合、配送中にできたものだと考えられています。

例えば、このような条件を詳しく記載している業者を選ぶようにしましょう。

賠償基準がわかりやすい

再仕上げをしても、衣類が元通りにならない場合、クリーニング店に落ち度がある可能性もあります。

クリーニングに依頼する前の衣類の状態とは明らかに違う場合は、業者に申し出て、賠償基準に沿って対応してもらう必要があります。

例えば、そんな時はどのような対処をしてもらえるのか?を確かめる意味でも、依頼する前に各業者の賠償基準の記載を確かめておきましょう。

その中で、なるべくわかりやすく賠償基準を記載している業者を選ぶと、安心してクリーニング依頼することができます。

注意
洗濯表示がない衣類は、賠償基準の対象にならないので気をつけましょう。必ず、クリーニング依頼する際には、衣類の洗濯表示を確認しておくことです。

再仕上げ無料可能な宅配クリーニング業者を比較!

再仕上げ無料可能な宅配クリーニング業者選びのポイントをもとに、いくつかの業者を比較してみたいと思います。

宅配クリーニング業者選びの参考にしてもらえると嬉しいです。

【再仕上げが無料】 【無料再仕上げの条件が明確】 【賠償基準が明確】
リネット 二重丸 二重丸 二重丸
クリラボ バツ バツ 丸
リナビス 二重丸 二重丸 丸
せんたく便 二重丸 丸 丸
白洋舎 らくらく宅配便 三角 三角 三角
デリウォッシュ バツ バツ 丸
クリーニングラボ バツ バツ 丸
クリコム 三角 三角 三角
美服パック バツ バツ 丸
ココデカウ バツ バツ 不明

こうして見てみると、再仕上げサービスを行っている業者が少ないことに気づくと思います。

そのため、業者を選ぶときはまず、再仕上げサービスを行っているか?がポイントになります。

それでは、この中でも評判が良かった3つの業者のメリットや特徴を詳しく説明していきます。

再仕上げ無料可能な宅配クリーニングおすすめ業者ランキング!

1位:リネット

リネット
ポイント
  1. 無料再仕上げは到着後1週間中(会員は1ヶ月)が対象
  2. プレミアム会員なら1着1400円〜最大8ヶ月の保管サービス利用可能
  3. 単品制の料金システムでクリーニング代がわかりやすい
  4. 素材別のオプション料金が明確に記載されている
  5. 一流のアパレルブランドに選ばれるほど品質が高い
CHECK
リネットは、単品制の料金システムでクリーニング代がわかりやすい業者です。素材別のオプション料金が明確に記載されており、プレミアム会員なら1着1400円〜最大8ヶ月の保管サービス利用可能です。無料の再仕上げは、衣類が到着後の1週間中(会員は1ヶ月)が対象になっています。
リネットの評価
再仕上げが無料
(5.0)
無料再仕上げの条件が明確
(5.0)
賠償基準が明確
(5.0)
総合評価
(5.0)

2位:せんたく便


ポイント
  1. 送料やシミ抜き、再仕上げが無料
  2. 無料再仕上げは到着後1週間中が対象
  3. 高級クリーニングが得意で仕上がりの質が高い
  4. パック料金+オプション料金で金額がわかりやすい
  5. 撥水加工や花粉防止加工などのオプションが充実
CHECK
せんたく便は送料やシミ抜き、再仕上げが無料とサービス精神旺盛な業者です。無料の再仕上げは、衣類到着後1週間中が対象になっており、到着したときのクリーニングタグを外さないことが条件になっています。また、再仕上げの際の往復の送料が無料になっている点にも注目です。料金は、パック料金+オプション料金で金額がわかりやすい設定になっています。
せんたく便の評価
再仕上げが無料
(5.0)
無料再仕上げの条件が明確
(4.5)
賠償基準が明確
(4.5)
総合評価
(4.5)

3位:リナビス

リナビス
ポイント
  1. シミ抜きや再仕上げ、ボタン修理などの無料サービスが充実
  2. パック料金制なので依頼点数が多いほど安くなる
  3. 無料再仕上げは到着後1週間中が対象
  4. 生地への負担を減らす自然乾燥方法などのこだわりがある
  5. 最大9ヶ月無料の保管サービスがついている
CHECK
リナビスは、ベテランの職人が衣類を事細かくチェックした上で、20種類の洗浄方法から最適な選択方法を選び出し、満足度の高い仕上がりを提供してくれる業者です。西仕上げや染み抜き、ボタン修理などの無料サービスが充実しており、再仕上げは衣類到着後の1週間中が対象になっています。パック料金制で依頼点数が多いほど安くなるので、まとめての依頼に最適です。
リナビスの評価
再仕上げが無料
(5.0)
無料再仕上げの条件が明確
(4.5)
賠償基準が明確
(4.5)
総合評価
(4.5)

再仕上げ無料サービスのメリット・デメリット!

仕上がりに満足できない時に、便利な再仕上げ無料サービスには、メリットもあれば、デメリットもあります。

再仕上げ無料サービスのメリット

再仕上げ無料サービスのメリットは、2つあります。

  • 無料で満足できる仕上がりにしてもらえる
  • さらに美しい状態で返ってくるケースもある

それぞれのメリットを、詳しく説明していきます。

無料で満足できる仕上がりにしてもらえる

本来ならば有料でクリーニングを依頼しなければいけないところなのに、無料でクリーニングし直してくれるのが、最大のメリットです。

お気に入りの衣類こそ、思い入れがあるので、仕上がりにもこだわりがありますよね。

そのこだわりは、依頼者にしか、わからないものかもしれません。

無料の再仕上げの条件内であれば、そのこだわりを伝えることで、無料により満足できる仕上がりにしてくれるのですから、これ以上のメリットはありませんね。

さらに美しい状態で返ってくるケースもある

仕上がりがイマイチだったために、再仕上げをお願いしたら、なんとそれ以上に美しい状態で返ってくるケースもあります。

それは、再仕上げを申請する際に「どのように仕上げて欲しいか」を伝えることで、業者が理想の仕上がりを把握できるからです。

宅配クリーニング業者には、衣類のことを分かり尽くしたプロの職人がいるので、仕上がりの理想を伝えるほどに、確実な腕を持って理想に合わせて仕上げてくれます。

そのため、再仕上げを申請する際には、できるだけ明確に希望を伝えると良いでしょう。

再仕上げ無料サービスのデメリット

再仕上げ無料サービスには、2つのデメリットもあります。

  • 必ずしも無料再仕上げが可能ではない
  • 到着まで時間がかかる

それぞれのデメリットを詳しく説明していきます。

必ずしも無料再仕上げが可能ではない

無料での再仕上げサービスは、無料と言う点でかなり評判ですが、必ずしも受け付けてもらえるとは限りません。

衣類の状態や再仕上げの内容によっては、断られることもあるので、必ず条件を確認しておきましょう。

また、到着した状態で再仕上げに出さなければ、受け付けてもらえないので、この点にも注意しましょう。

到着した状態から衣類に何らかの手を加えた場合は、無料の再仕上げが無効になります。

例えば、到着後の衣類に少しでもアイロンをすると、この時点で無効になるので気をつけましょう。

到着まで時間がかかる

再仕上げを依頼すると、内容によっては通常よりも到着までに時間がかかります。

各宅配クリーニング業者には、それぞれに納期が設けられていますが、特に再仕上げの場合は、納期通りに仕上げられるとは限らないので、急いでいる時は再仕上げの依頼時に、納期を確認しておきましょう。

業者によっては、2週間程度かかることもあります。

再仕上げ無料可能な宅配クリーニングのQA!

頼んでいたシミが取れていなかったのですが、再仕上げは可能でしょうか?

シミの状態によりますが、シミが落とせないと判断された衣類には、その旨が記載されたタグが付いているのでチェックしましょう。タグが付いていた場合は、再仕上げを依頼できません。

ワイシャツのシワが気になるので再仕上げを申し込みたいのですが、受け付けてもらえるでしょうか?

24時間程度、ハンガーに吊るしても今は伸びていない場合は、再仕上げ可能なケースが多いです。配送の際についてしまったシワもあるので、業者に問い合わせてみましょう。

再仕上げは、仕上がりまでにどれぐらいかかるのでしょうか?

再仕上げの内容によります。特殊な方法が必要な場合は、それだけ時間がかかります。

スカートのプリーツがしっかりついていませんでした。再仕上げをお願いしても大丈夫でしょうか?

スカートの着用年数によります。長い期間着用しているスカートは、フリーズが崩れてくる可能性が高いので、再仕上げを断られるケースが多いです。

セーターの風合いがイマイチだったので再仕上げをお願いしたいのですが…。

セーターの着用年数にもよりますが、そんなに長くないのであれば、理想の風合いしっかり伝えるとよいでしょう。