リビング壁のガンコな汚れを落とす掃除の方法をまとめてみた!

リビングの壁の汚れはさまざまで、適切な落とし方でキレイにしていかないと思ったようにピカピカになってくれません。

しかし、リビングの壁がキレイになると部屋全体が明るみを増し、快適な環境を整えることができるので、ぜひガンコな汚れも落としてほしいところです。

そこで今回は、リビングの壁に付着したガンコな汚れの種類別にして、適切な掃除方法を紹介していきましょう。

リビングの壁に付着する壁の汚れってどんなものがあるの?

リビングの壁に付着する壁の汚れ、どんなものがあるのかご存知でしょうか。

住んでいる家族構成や生活習慣によって変わってきてはしまいますが、だいたい以下の5種類に分けることができます。

汚れの種類
  1. ホコリ・手垢
  2. シミ
  3. カビ
  4. 落書き
  5. タバコのヤニ

汚れにはそれぞれ性質があるため、適切な掃除方法をおこなわなければうまく取り除くことができません。

今一度、あなたのリビングの壁がどのような汚れがついているのかを確認し、効率よくキレイになるよう掃除をしていきましょう。

ラクカジちゃん

それでは早速、汚れ別効率の良い掃除方法を紹介していくよ!

リビングの壁掃除その1:ホコリ・手垢

リビングの壁掃除のうち、一番簡単だが定期的に掃除が必要な汚れがホコリ手垢です。

手垢汚れに粘着性があるので、ホコリと混ざることによって壁に蓄積してくすんだ色になってしまいます。

では、どのような方法でキレイにすればいいのかという点ですが、以下の手順を参考にしてみてください。

ホコリ・手垢掃除の手順
  1. ハンディモップ・あるいはフロアワイパーで上から下へと順に掃いていく
  2. 中性洗剤を数滴、絞った雑巾につけて壁全体を拭き掃除していく
  3. 違う雑巾または洗剤を落とした雑巾で水拭きをして洗剤と汚れを落としていく
  4. 最後に乾拭きをして完了

ホコリ・手垢汚れを落とすためには、よくある一般的な掃除方法で問題ありません。

気をつけてほしいのが、簡単に掃除ができるからといってサボりがちにならないようにしてほしいという点です。

汚れを放置すると取れにくくなるだけではなくシミの原因にもなってしまうので、ササッと掃除をする習慣を身につけて、汚れないような環境をキープしていきましょう。

リビングの壁掃除その2:シミ

シミと一言でいっても、油性なのか水性なのかによって掃除の方法は変わってきます。

油性のシミはクレヨン・灯油・口紅などがあげられ、水性のシミはお茶・コーヒー・インクなどです。

では、それぞれの掃除手順についてみていきましょう。

油性のシミ掃除手順
  1. 除光液あるいはクレンジングオイルをシミになった部分に染み込ませる
  2. 雑巾あるいはコットンでシミの部分を叩くようにポンポンと拭いていく
  3. 1.2の工程を繰り返す

油性のシミには油を使って取るしか方法がないので、除光液・クレンジングオイル・消毒用エタノールなど使って取り除いてください。

ではつづいて水性のシミの掃除です。

水性シミの掃除手順
  1. 中性洗剤を数滴、絞った雑巾につけて壁全体を拭き掃除していく
  2. 水に濡らした雑巾を使って洗剤と汚れを落としていく
  3. 最後に乾拭きをして完了

基本的にはホコリ・手垢汚れを落とす方法と同じなので、とりあえずは中性洗剤で拭き掃除をしておけばあらかた汚れを取ることができるでしょう。

リビングの壁掃除その3:カビ

カビは放置すると奥底に根を張っていくので、プロの手を使ってもなかなかキレイにすることはできません。

だからこそカビを見つけたら放置せずにすぐに掃除をするようにしましょう。

カビ掃除の手順
  1. ゴム手袋を着用する
  2. 雑巾あるいは歯ブラシに塩素系漂白剤をつけて優しくこすっていく
  3. しっかりと水拭きして塩素系漂白剤と汚れを落としていく
  4. 最後に乾拭きして完了

雑巾をつかうよりも歯ブラシのほうが目の細かいところまで届くのでおすすめです。

漂白剤を使う場合は、壁の素材によって使えない場合もあるので、リビングの壁がどのような素材なのかをしっかりと確認してから使うようにしてください。

リビングの壁掃除その4:落書き

お子さんがいる家庭だと避けては通れないクレヨンやマジックでの落書き、気づいたときにはいろんなところに書かれてしまった、なんてこともありますよね。

実はクレヨンやマジックも元をたどれば油なので、油性シミ同様に除光液・クレンジングオイル・消毒用エタノールで拭いてあげれば取ることができます。

ただし、思ったように取れないという可能性もあるので、無理に左右にこすらずに優しく叩くようなイメージでこすって取るようにしましょう。

ラクカジちゃん

時間が経った落書きは完全に落とすのが難しいから目立たなくさせるぐらいが限度だね!

リビングの壁掃除その5:タバコのヤニ

リビングで喫煙をしている場合、タバコに含まれる成分が壁に付着することによって黄色く変色してしまいます。

この原因にはタバコに含まれるタールが原因で、このタールは落としにくいガンコな油性に分類されるので、タバコのヤニが壁に付着すると大変です。

タバコのヤニを落とす場合は塩素系漂白剤を用います。

タバコヤニ掃除の手順
  1. 水と塩素系漂白剤を5:1で希釈してスプレー容器に入れる
  2. ヤニ汚れがひどい場所に塩素系漂白剤スプレーを吹きかける
  3. 濡らして絞った雑巾や歯ブラシで壁を優しく拭く
  4. 漂白剤が残らないよう水拭きした後に乾拭きをして完了

気をつけてほしいのが、漂白剤が使えない壁紙があるという点と色ムラができてしまう可能性があるという点です。

特に、ヤニのこびりつき方や範囲によっては、どうしても壁紙全体を真っ白に統一することは難しいでしょう。

どうしても汚れが取れないということであれば、ハウスクリーニング業者に依頼するのが無難です。

クエン酸・重曹を使うと赤ちゃんやペットがいても安心!

赤ちゃんやペットがいると、壁掃除に使うものも安全にこだわりたいと考えている方も多いでしょう。

クエン酸・重曹は天然成分なので、万が一お子様・ペットが壁に口をあてるようなことがあっても安心です。

それぞれスプレーにして使うのでクエン酸水・重曹水の作り方をそれぞれまとめてみました。

  • クエン酸水・・・小さじ1杯に対して水200ml
  • 重曹水・・・小さじ2杯に対して水200ml

クエン酸はヤニやシミ、重曹はカビ予防や油汚れやシミに効果的です。

ただし、そこまで洗浄力は強くないため、あくまで簡易的な掃除に活用するようにしましょう。

壁掃除の頻度はどのぐらい?1ヶ月に1度のペースがベスト!

壁掃除の頻度ですが、だいたい1ヶ月に1回ぐらいのペースでおこなえば、ガンコな汚れにならずに簡単な掃除できれいな状態をキープすることができるでしょう。

湿気が多い時期や喫煙する機会が多いということであれば、2~3週間に1度のペースなど頻度を高めてもいいかもしれませんね。

汚れ具合というのは個人差がありますので、汚れがそこまで蓄積していない状態のときに簡単な掃除を続けていくとうい意識でおこなっていくといいでしょう。

ラクカジちゃん

喫煙は換気扇の近くやベランダでする、湿気対策をするなど工夫をしていくのも大切だね!

壁の汚れがどうしても取れない!業者に依頼を検討しよう!

今回紹介した掃除方法でも壁の汚れが思ったように取れないということもあるでしょう。

もし、それでもきれいな壁にしたいということであれば、ハウスクリーニング業者に依頼するのがおすすめです。

ハウスクリーニング業者の中では壁紙クリーニングを承っている業者もあるので、素人がやるよりも遥かにムラなくキレイに仕上がります。

以下の記事では壁掃除におすすめできるハウスクリーニング業者をランキングにして紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。