【リビング・キッチン別】気になる臭いを簡単に消す方法を解説!

リビングは特有の生活臭がしますよね。

良い匂いであればいいですが、ちょっと独特のイヤな臭いがしているのであれば要注意です。

くつろいで使うことの多いリビングだからこそ、快適な匂いをさせるために嫌な臭いの元を断ちましょう。

今回はリビング・キッチン別に気になる臭いを簡単に消す方法を解説していきます。

ラクカジちゃん

リビングの臭いはキッチンからきている可能性もあるからね!!

リビングの気になる臭いはどこからくるのか

リビングの臭いが気になる場合、リビング自体から臭いが発している、キッチンから臭いが発している、もしくはその両方が考えられます。

では、具体的にどのような臭いがあるのでしょうか。

気になる臭いの種類
  • リビング・・・布類にしみついた人の汗、皮脂・タバコの煙
  • キッチン・・・調理臭・生ゴミ・排水口

リビングに臭いがこもるのは、だいたいがソファやカーテン、カーペットといった布類にしみつく人の汗や皮脂、タバコの煙や食べ物の臭いです。

キッチンは調理するときにでる油や食べ物の臭い、生ゴミ、排水口の臭いがあげられます。

リビングとキッチンでは別の臭い対策が必要!

発する臭いの原因が違うのであれば、臭い対策が違うのも当たり前のことです。

また、キッチンでは調理の邪魔にならないように良い香りがするというよりは無香になるような対策をするのが望ましいでしょう。

臭いというのは馴染んでしまうとなかなか気づきにくくなってしまうので、不快な臭いが気にならなくなる前にしっかりと臭いの元を断ち切っていくことが重要です。

ラクカジちゃん

いい匂いがするとそれだけで居心地の良い空間が作れるよね!

リビングは5つの臭い対策で快適な空間を作り出そう!

それでは早速、気になる臭い対策をしていきましょう。

まずはリビングの臭い対策ですが、以下の方法が主な方法になります。

  1. 布類で洗えるものは洗う
  2. 消臭剤・芳香剤を置く
  3. 消臭スプレーを使う
  4. 部屋の換気をする
  5. エアコンの掃除をする

それでは、それぞれの対策法について紹介していきますので、気になるものやできそうなものがあればチェックしてみてください。

1. 布類で洗えるものは洗う

布類に臭いがしみついてしまっているのであれば、洗うことで臭いの元を消すことができます。

ただし、カーテンやカーペット、ソファのカバーといったものは、一般家庭で洗濯をすることは少しむずかしいです。

洗濯をする場合はクリーニングにおまかせしてしまうのが一番てっとり早いので、定期的にクリーニングをしてもらうということを考えておきましょう。

ラクカジちゃん

理想は1ヶ月に1回だけど、これから紹介する方法を用いればもう少しスパンを長く設定してもいいね!

2. 消臭剤・芳香剤を置く

メジャーな方法の1つに消臭剤や芳香剤を置いて嫌な臭いを消すというのがあります。

消臭剤に関して言えば何も問題ありませんが、芳香剤を使うときは少し注意が必要です。

芳香剤は香りを消すのではなく上書きをするというイメージなので、イヤな臭いの原因は消えているわけではないということを覚えておかなくてはいけません。

MEMO
芳香剤の強い香りによって生活臭のような香りが消されることをマスキング効果と呼びます。

芳香剤の香りが弱くなってくると再び生活臭がしてしまうので、消臭剤と微香性の芳香剤の両方を使うのがいいかもしれませんね。

ラクカジちゃん

布類にしみついた臭いをケアしたあとに消臭剤や芳香剤を使うと効果的だね!

3. 消臭スプレーを使う

簡単な対策法の1つに消臭スプレーを使うという方法があります。

おそらくどのご家庭にも1つは用意されていると思うので、リビングの布類に定期的に使っていきましょう。

最近の消臭スプレーは除菌成分が含まれているものも多いので、臭いの原因菌の繁殖も抑えられて一石二鳥です。

ラクカジちゃん

消臭スプレーを使うのであれば、できれば毎日使ってほしいところだね!!

4. 部屋の換気をする

臭いが気になるのであれば、窓を開けて換気をするという方法もあります。

特に調理臭がリビングにまでこもってしまった場合、換気をすることで改善できる場合が多いです。

また、換気をすることでこもった空気を新鮮な空気に換えることもできるので、リフレッシュ効果も期待できるでしょう。

ラクカジちゃん

部屋の換気は料理をした後、臭いがこもってると感じたときにするといいよ!

5. エアコンの掃除をする

エアコンの内部にカビが生えてしまっている場合、起動させることによってカビ臭さがリビング中に蔓延してしまいます。

エアコンから発するカビの臭いは、エアコンの内部を掃除しなければ改善することができません。

フィルターの掃除や、ハンディモップか割り箸にキッチンペーパーを付けて入り口部分は掃除できますが、内部のカビ掃除は分解する必要があります。

そうなると素人では難しいので、ハウスクリーニングに依頼することを検討しましょう。

キッチンは5つの臭い対策が重要!気になる方法を伝授!

リビングと同じようにキッチンも5つの臭い対策があります。

では、まずはまとめをみていきましょう。

  1. 生ゴミはその都度捨てる
  2. 排水口の掃除をする
  3. 換気扇・窓をあけて調理する
  4. 茶葉を炒める
  5. 消臭剤を置く

これらの方法を用いれば、キッチンの臭いを抑えることができるので、自分ができそうな方法から試していきましょう。

1. 生ゴミはその都度捨てる

生ゴミを溜めておくと、そこから臭いが発生してしまうのでできるだけ溜めておかずにその都度捨てるようにしてください。

三角コーナーや排水口に生ゴミを溜めてしまうと、それだけで臭いが部屋中に充満してしまいます。

また、生ゴミを捨てる際は水気を切って袋にくるんで捨てると、ゴミ箱の中で臭いが発生するのを防ぐことができます。

ラクカジちゃん

ゴミは早めに捨てるのが一番だね!

2. 排水口の掃除をする

排水口から立ちこめる臭いもリビングに広がってしまうことがあるため、排水口の掃除も忘れずにしなくてはいけません。

方法は簡単で、排水口掃除用のスポンジを用意して中性洗剤をつけて洗うだけです。

排水口周辺は食べかすだけではなく水垢などの汚れも付着しているので、シンクの掃除もついでにしちゃいましょう。

3. 換気扇・窓をあけて調理する

調理をする際には臭いがしてしまうので、換気扇や窓を開けて調理をすると臭いがこもりにくくなります。

窓を開ける場合は、なるべく風通しがよくなるようにすべての窓を開けておくのがおすすめです。

ラクカジちゃん

臭いがこもってしまわないようにするためには、これが最適な対策だね!

4. 茶葉を炒める

お茶っ葉があるのであれば、フライパンで乾煎りしてあと小皿にまとめてキッチンに置いておくことで消臭剤の代わりになります。

ほのかにお茶の良い香りもするので、キッチンはあまり香りが無いほうがいいですが、お茶の香りなら十分でしょう。

炒めている最中もお茶の葉の香りが出るので、調理後などに茶葉を乾煎りしてもいいかもしれません。

ラクカジちゃん

乾煎りする時間は3~5分程度で完了だよ!!

5. 消臭剤を置く

基本的にキッチンの臭いというのは無臭のほうが調理による香りがわかりにくくなりません。

調理中に石けんやフルーツの香りがするとなんだか変な気分になってしまいますしね。

ということは、キッチンに置くのは芳香剤ではなく消臭剤がおすすめです。

生ゴミやシンクの近くに1つ、キッチンのゴミ箱の近くに1つ置いておけば、かなり効果は期待できるでしょう。

ラクカジちゃん

芳香剤を使うとしても調理場から少し離れたとこに置くようにしよう!

臭い対策の掃除を続けるのが難しい!そんなときは?

リビングやキッチンの臭い対策はしたつもりでいても、時間が経つと汚れや臭いが発生するので定期的な掃除は必要不可欠です。

そのため仕事や家事で忙しく、掃除の時間がなかなか取れないという方も中にはいるのではないでしょうか。

そんなときに活用してほしいのがプロのハウスクリーニング業者です。

ハウスクリーニング業者はリビングやキッチンの掃除を想像以上の仕上がりで掃除をしてくれます。

さすがプロの技、と目をみはることでしょう。

素人がやるよりも時間も短く汚れも徹底的に落としてくれるので、臭いの原因となる汚れを残しません。

なので、一度ハウスクリーニングにキレイにしてもらってから、日々の簡単な掃除で臭いがしないような環境をキープしていくのがいいでしょう。

以下の記事ではリビング・キッチンにおすすめのハウスクリーニング業者を紹介しているのでよければ参考にしてみてください。