キッチンの冷蔵庫の下はどう掃除する?虫の対処方法やマットの効果は

キッチンの冷蔵庫の下、掃除方法をご存知ですか?

「そもそも掃除する方法が分からないしめんどくさそう……」「ずっと掃除してないから怖くて見たくない」なんていう人も多いのでは。

しかし放置する期間が長いと、ホコリや虫が増えてしまうかもしれません。この際、一気にキレイにしてしまいましょう。

今回は冷蔵庫下の掃除方法、虫への対処や汚れ予防方法などについてご説明しますね。

冷蔵庫の下の掃除方法1:冷蔵庫を動かす方法

キッチンの冷蔵庫の下を本気でキレイにしたいなら、動かしてから掃除しましょう。

一見重くて動かなさそうに見えますが、実は腕力のない女性でも簡単に動かすことができますよ。

冷蔵庫を動かして掃除する方法
  1. 電源コードの長さをチェックする。コンセントからの長さに余裕があるようなら繋いだままで、余裕がなければプラグを抜いて電源を切る。
  2. 冷蔵庫の底の手前側にあるカバーを外す。
  3. カバーのすぐ後ろにあるネジを回して緩める。
  4. キャスターが動くようになるので、両手で冷蔵庫の側面を掴んで引き出す。
  5. 床や本体についたホコリを掃除機で吸い取ってから、水拭きをする。
  6. 床に除菌スプレーをかける。
  7. 冷蔵庫を元の位置に戻し、ネジを回して固定する。
  8. もし電源プラグを抜いていたら、7分ほど時間をあけてプラグをさす。

底にはキャスターがついているため思ったより簡単に動かせます。ただし、中身が大量に入った状態だと難しいです。

なるべく中身が少ないタイミングで行うか、クーラーボックスに移してから掃除しましょう。

電源コードが短くてプラグを抜かないと動かせない場合は、一度電源を切る必要があります。

プラグを戻すときは7分ほど待ってからにしましょう。すぐに電源を戻すと、空気を冷やすためのコンプレッサーに負担がかかってしまうためです。

冷蔵庫の下はホコリだらけになりやすいので、1年に1回を目安に掃除してくださいね。

冷蔵庫の下の掃除方法2:冷蔵庫を置いたままにする方法

冷蔵庫を動かしたくない場合には、置いたまま掃除することもできます。

針金ハンガーにストッキングを巻きつけたものや、市販の隙間専用ブラシが便利です。

冷蔵庫の底にあるカバーを外し、床との隙間に直接差し込んで掃除します。

ただしこの方法だとサッとホコリを払うことしかできません。

例えば液体をこぼした場合など、水拭きしたい時には冷蔵庫を動かして掃除する方法をオススメします。

キッチンの冷蔵庫の下に虫がいる!どう対処する?

冷蔵庫の下を掃除する時に気になることといえば、ゴキブリなどの虫ですよね。

「正直、虫が出てきそうなのが嫌だから掃除したくない……」という人も多いのでは。

今回はその対処方法についてご紹介しますね。

成虫がいる場合

冷蔵庫の下に成虫が逃げ込むのが見えた場合、直接殺虫剤をスプレーするのもひとつの手段です。

しかしスプレーでは逃げられてしまうことも。また、食品を扱う場所に殺虫剤をまくのは気が進まない人も多いはず。

そのため毒エサタイプの駆除剤がオススメです。冷蔵庫の後ろあたりに2つ置いて様子を見ましょう。

毒エサを食べた成虫が巣に戻り、その死骸を他の虫が食べることによって一気に駆除できますよ。

卵が見つかった場合

卵には対しては、殺虫剤をかけてもあまり効果がありません。

そのままゴミ箱に捨てたり掃除機で吸ったりすると、中で繁殖する可能性が。

もし茶色っぽいゴキブリの卵を見かけたら、雑菌が多いため直接触れないようにゴム手袋をつけてから拾いましょう。

その後、ひとつひとつ潰してから捨ててくださいね。潰せば中身が乾燥するため、確実に退治することができますよ。

キッチンの冷蔵庫の下にマットを敷いてみよう

冷蔵庫の下にマットを敷くと、次のようなメリットがあります。

冷蔵庫の下にマットを敷くメリット
  • 床の汚れ予防ができる。
  • 床に傷が入りにくくなる。
  • 防虫効果があるマットなら虫が寄り付きにくくなる。
  • 滑り止め効果で地震対策になる。
  • 冷蔵庫の振動音を抑えられる。

このように、冷蔵庫の下にマットを敷いておくだけで汚れ防止以外にもさまざまなメリットがあります。

市販のマットを手に入れて、掃除した後に敷いておくのもオススメです。

ただし市販されているゴムマットの中には、熱で溶けて床とくっついてしまうものも。

剥がす時に床を傷つける可能性があるので、安価で質の悪いマットには注意が必要です。

まとめ:キッチンの冷蔵庫下は動かして掃除するのがベスト!

キッチンの冷蔵庫は動かして下を掃除することができます。底のネジを回せば簡単に動かせるので、試してみてくださいね。

動かせない場合は、下に直接掃除用具を差し込んでホコリを払うことも可能です。

万が一虫が湧いてしまったらスプレーの殺虫剤でも良いですが、最も効果的なのは毒エサタイプの駆除剤です。卵は潰してから捨てましょう。

冷蔵庫の下にマットを敷いておくと、汚れや傷、虫対策になりますよ。

掃除するのがどうしても難しい場合や虫を絶対見たくない人は、冷蔵庫の内部と合わせて業者に依頼するのもオススメです。