クイックルワイパーでリビング掃除をするメリット!活用事例5選!

掃除のときに大活躍するグッズの「クイックルワイパー」は、今ではどの家庭にもあるほど浸透しています。

しかしクイックルワイパーを床の掃除のときだけしか使っていない方はもったいないです。

実は、クイックルワイパーを使えばリビング全体の掃除ができてしまいます。

そこで今回は、クイックルワイパーを使った掃除の活用方法について紹介していきましょう。

クイックルワイパーのメリット・デメリットを知る!

クイックルワイパーは便利グッズとはいえ、万能な掃除アイテムではないので使い方には限度があるということを知っておかなくてはいけません。

ということで、クイックルワイパーのメリット・デメリットを理解して、シーンに適した使い方を覚えておきましょう。

ラクカジちゃん

使い方がわかっていれば無駄な労力がなくなるから時短にもつながるよ!

クイックルワイパーのメリット!ホコリ・髪の毛を取るのに最適!

クイックルワイパーのメリット
  • ホコリ・髪の毛を取るのに最適
  • シートが使い捨てなので管理しやすい
  • 足腰の負担にならない

クイックルワイパーのメリットとしては、以上の3つがあげられます。

特にドライタイプのシートはホコリや髪の毛を取るのに向いているので、時間がないときの数分間の掃除にも向いているといえるでしょう。

また、シートが使い捨てなので掃除機と違いフィルターを取り外してゴミを捨てて装着し直すという工程がありません。

足腰の弱い高齢の方でも腰を曲げるなどの負担がかからず掃除ができる、というのは嬉しいメリットですね。

クイックルワイパーのデメリット!小さな溝やスキマは取れない!

クイックルワイパーのデメリット
  • 小さな溝やスキマの汚れは取れない
  • シートのコストがかかる
  • ガンコな汚れを落とすのには向いていない

クイックルワイパーを使う場合は、大まかな汚れを取るのに適しているので、小さな溝やスキマには入り込めないというデメリットがあります。

また、油汚れや落書き、カビなどのガンコな汚れは落とすことができないので、その際は本格的な掃除が必要です。

ラクカジちゃん

コストもデメリットになるけどシート代はさほど高くないからデメリットとして考えなくてもいいかもね!

クイックルワイパー活用事例5選!ハンディがあればさらに◎!

では早速、クイックルワイパーを活用した掃除方法についてみていきましょう。

その前に、クイックルワイパーにも種類があり、現在ではハンディタイプも販売されています。

このハンディタイプのクイックルワイパーがあればさらに掃除の範囲が広がるので、併せて紹介していきましょう。

活用事例1:手の届きにくい天井も簡単にお掃除!

掃除の基本である「上から下に」を基にすると、天井の掃除が一番先に思いつきます。

天井の掃除となると脚立を準備して拭いては移動を繰り返すことになるためかなり手間ですよね。

そもそも天井を掃除したことが無いという方も多いのではないでしょうか。

しかし、クイックルワイパーを使えば天井もらくらく掃除をすることができます。

天井の掃除方法
  1. ドライタイプのシートをクイックルワイパーに着用する
  2. 天井全体を拭いていく
  3. ウェットタイプのシートに切り替えて同じように拭いて完了

意外と天井にはホコリが付着しているので、クイックルワイパーを使うと汚れがごっそり取れた、ということもあります。

ラクカジちゃん

天井はそこまで汚れないから掃除は1~2ヶ月に1回ぐらいのペースでやれば問題ないよ!

活用事例2:壁の掃除もスイスイ!

腕を伸ばした以上の高さは掃除ができないリビングの壁もクイックルワイパーを使えば簡単に掃除ができます。

シートもドライタイプを使ってからウェットタイプを使い、上から下に掃除をしていけば問題ありません。

壁にはホコリ以外に皮脂・汗・食べ物汚れ、場合によってはお子さんの落書きなど様々な汚れがあります。

クイックルワイパーで取れるのは簡単な汚れだけなので、取り切れない汚れは洗剤や重曹など使って取るようにしましょう。

活用事例3:定番の床掃除もクイックルワイパーで簡単!

リビングでは定番の床掃除も掃除機をかけるよりクイックルワイパーであらかたの汚れを取り除いたほうが簡単かつ効率がいいです。

クイックルワイパーで床掃除をする場合も、ドライタイプを使ってからウェットタイプのシートを使うようにしましょう。

MEMO
先にウェットタイプのシートを使ってしまうと、ホコリや髪の毛が床にくっついてしまうので取り切れない汚れが多くなってしまいます。

そのため、ホコリ・髪の毛を取るのに適したドライタイプのシートから使う必要があるのです。

ラクカジちゃん

取り切れなかった汚れはクイックルワイパーを使った後に掃除機や雑巾を使えばいいよ!

活用事例4:窓・網戸の掃除もできちゃう!

あまり知られていませんが、実は窓・網戸の掃除もできちゃうところがクイックルワイパーのすごいところです。

窓・網戸の掃除方法
  1. ドライタイプのシートで窓・網戸を拭く
  2. 汚れが目立ってきたらその都度シートを交換する
  3. あらかた汚れが取れたらウェットタイプのシートで拭いて完了

窓や網戸の汚れというのは簡単に掃除するのであればクイックルワイパーが向いています。

本格的に掃除をするのであれば、ブラシや掃除機も併用しなければなりません。

窓・網戸の詳しい掃除方法が気になる方は以下の記事をチェックしてみてください。

活用事例5:ハンディタイプで家電・小物のスキマも掃除できる!

ハンディタイプのクイックルワイパーを用いれば、家電や小物のスキマをササッと掃除ができます。

スキマというのはホコリや汚れが溜まりやすいにも関わらず、ついついサボってしまいがちですよね。

そんなときにハンディタイプのクイックルワイパーはサッとすぐに使えるのでぜひ活用してみてください。

クイックルワイパーって商品名だって知っていましたか?

今ではクイックルワイパーが馴染み深すぎて知らない方も多いですが、正確にいうと「フローリングワイパー・フロアワイパー」のどちらかです。

クイックルワイパーというのは花王が販売している商品の名前なので、もしかするとクイックルワイパーとして使っているものは他社のフロアワイパーの可能性もあります。

とはいえ、クイックルワイパーといえば誰しもがイメージできるものなので、今回は同じ機能を持っているのであればすべてクイックルワイパーとして捉えてください。

ラクカジちゃん

一時、爆発的な人気となったからクイックルワイパーの方が先に広まっちゃったんだね!

クイックルワイパーは「ながら掃除」に最適!

クイックルワイパーは何かをしながらでも使えるアイテムなので「ながら掃除」でリビングをキレイにしていくといいでしょう。

電話やテレビを見る、トイレに行く前など活用できるシーンは様々です。

簡単にできる掃除だからこそ掃除をするという意識ではないときにぜひ活用していってほしいアイテムといえます。

日頃の簡単お掃除の際にぜひクイックルワイパーを使ってみてください。