宅配クリーニングおすすめランキング!相場より安い高品質なサービスはこれ!

お気に入りの服をちゃんとお手入れしたいけど、クリーニングに出す時間がない・・・。
ダウンやコートなどがたくさんあって店まで持っていくのが大変・・・!
そんな理由で、クリーニングをあきらめていませんか?

最近は、宅配で便利にクリーニング注文できる宅配クリーニングが人気です。

だから、忙しい人でもクリーニング依頼ができてしまう時代なのです。

一方で、宅配クリーニング業者が増えてきているため、業者選びが難しくなっています。

そこで今回は、宅配クリーニング業者の選び方のポイントやランキングなどをご紹介します。

目的別に選ぶ!宅配クリーニング!

宅配クリーニングに依頼するときの目的や衣類の種類、点数などは利用者によって違いますね。

だからこそ、目的別に選び分ける必要があるのです。

宅配クリーニング業者選びに迷ってしまったら、まずは注文しようと思っている内容や目的を見直してみましょう。

次からは、具体的に目的例を挙げて、それぞれの選び方を説明していきます。

宅配クリーニングの選び方!

衣類の種類や点数、目的によって宅配クリーニング業者を選ぶとき、次のような4つのポイントに意識してみると良いでしょう。

  1. 点数に合う料金プラン
  2. 洗濯の質が高い
  3. 無料サービス
  4. 賠償基準

この4つのポイントを順にチェックしていくことで、最適な宅配クリーニング業者を選べるはずです。

では、この4つのポイントを具体的に説明していきます。

1.点数に合う料金プラン

宅配クリーニングの料金体系には、詰め放題のパックプランと1点ずつの単品プランがあります。

1点で計算すると、詰め放題のパックプランの方が安くてお得です。

しかし、まとめて依頼しない場合は、かえって損をすることになります。

そうしたことを踏まえると、衣類の点数が多い場合は、バック料金プラン、衣類の点数が少ない場合は単品料金プランがおすすめです。

それぞれのプランにおすすめのタイプは、次のとおりです。

パック料金プランがおすすめな人
  • ファミリーでまとまった衣類をクリーニングしたい
  • 送料の負担をなくしたい
  • 冬のコートやダウンをまとめてクリーニングしたい
  • たくさんの衣類を店舗に持っていくのが面倒
単品料金プランがおすすめな人
  • 時々は少量の衣類をクリーニング依頼したい
  • イベントなどで着用した特別な衣類を単品で依頼したい
  • ワイシャツなどを頻繁にクリーニング依頼したい
  • 高級ブランド服のクリーニングをお願いしたい

このように、目的やクリーニングの内容によってまずは料金プランを決めてから、宅配クリーニング業者を選ぶのがおすすめです。

2.洗濯の質が高い

宅配クリーニング業者選びのポイントの中で、料金と同じくらい大事なのが、洗濯の質です。

料金が安くても、洗濯の質が低ければ、仕上がりに満足できないはず。

しかし、選択の質が高くなれば、必然的に料金は高くなります。

つまり、料金と洗濯の質のバランスが大事なのです。

そのようなことを踏まえた上で、次のポイントを参考に、各業者の洗濯の質の高さを判断しましょう。

  • 高級クリーニングを受け付けているか
  • ブランドクリーニングを受け付けているか
  • 洗濯方法の種類が多いか
  • 洗浄方法は何種類あるか
  • クリーニングの溶剤や洗剤、水は何が使われているか
  • 個別洗いなどに対応しているか

このようなポイントは、各宅配クリーニング業者の公式の中の洗濯方法や乾燥方法、プレス方法などの説明の項目からチェックします。

それらの説明が長ければ長いほど、クリーニングの質にこだわっている業者だといえます。

どんな方法でクリーニングを行っているのか?が詳しく記載されている業者を選びましょう。

3.無料サービス

料金と洗濯の質のバランスを見たら、無料サービスの内容もチェックしておくのもおすすめです。

例えば、宅配クリーニング業者では次のようなメニューの無料サービスを提供しているケースが多いです。

  • 送料
  • シミ抜き
  • ボタン修理
  • 再仕上げ
  • 保管サービス
  • 毛玉取り

4.賠償基準

宅配クリーニングの際、大切な衣類にもしものことがあった場合、定められた賠償範囲によって適切な対応をしてくれます。

その時の賠償範囲の基準を賠償基準と言います。

どこの宅配クリーニング業者のサイトにも、賠償基準について記載されているページがありますが、その内容や賠償範囲は業者によって少し異なるため、注文前にチェックが必要です。

また、賠償基準をわかりやすく記載している業者は信頼度が高く、もしもの時でも快く対応してくれる可能性が高いです。

大切な衣類を守るためにも、宅配クリーニング業者選びの際には、必ず賠償基準の確認をしておきましょう。

MEMO
それぞれの宅配クリーニング業者の賠償基準では、賠償範囲が違うケースが多いです。衣類に何かあった場合、必ずしも全額の賠償をしてくれるとは限らないので、細かくチェックしておきましょう。

宅配クリーニングおすすめランキング!

宅配クリーニング業者選びのポイントを説明しましたが、やっぱり迷ってしまう・・・と言う方のために、ランキングを用意しました!

ここで、宅配クリーニング業者のベスト5をご紹介します。

1位:リネット


ポイント
  1. 単品料金プランで、一点ずつの料金が明確
  2. 高品質な染み抜きと再仕上げが無料
  3. 一流アパレルブランドに選ばれるレベルの品質
  4. 月額300円程度のプレミアム会員で保管サービスがお得になる
  5. プレミアム会員登録で納期が最短2日になる
CHECK
リネットは、少量の依頼に最適な単品料金プランの宅配クリーニング業者です。衣類ごとの料金が明確に行記載されており、わかりやすいのが特徴。クリーニングは一流アパレルブランドに選ばれるほどのレベルの高さで、プレミアム会員になるとさらに上質なクリーニング仕上げが期待できます。
リネットの評価
料金
(5.0)
洗濯の質
(5.0)
無料サービス
(5.0)
賠償基準
(5.0)
総合評価
(5.0)

2位:リナビス


ポイント
  1. パック料金プランでまとめての依頼に最適
  2. 染み抜きや送料、ボタン修理等の無料サービスが8つある
  3. オプションサービスのメニュー数が多く、内容が充実している
  4. 最大9ヶ月の無料の保管サービスが付いている
  5. 衣類や素材に合わせた20種類の洗浄方法がある
CHECK
リナビスは、シミ抜きや再仕上げ、ボタン補修、保管サービスなどの無料サービスが8つも付いている精神旺盛な宅配クリーニング業者。衣類や素材に合わせた20種類の洗浄方法やオプションメニューが多いなど、クリーニング内容も充実しています。料金は、まとめての依頼がお得なパック料金プランです。
リナビスの評価
料金
(5.0)
洗濯の質
(5.0)
無料サービス
(5.0)
賠償基準
(4.5)
総合評価
(5.0)

3位:せんたく便


ポイント
  1. 1点が700円〜のパック料金プランでリーズナブル
  2. 有料の保管パック料金プランも充実している
  3. 利用するほどにリピート割引でお得に注文できる
  4. 送料とシミ抜き、再仕上げが無料
  5. 高級クリーニングコースが充実している
CHECK
せんたく便は、まとめるほどにお得なパック料金プランで、さらにリピート割引でも安くなるリーズナブルな料金の業者です。基本のバック料金プランに保管サービスが付いたプランも用意されており、ニーズに合わせて選べます。高級クリーニングが得意なだけに、クリーニングの質も良し。さらに送料やシミ抜き、再仕上げが無料でサービス度満点です。
せんたく便の評価
料金
(5.0)
洗濯の質
(5.0)
無料サービス
(4.5)
賠償基準
(4.5)
総合評価
(4.5)

4位:クリラボ


ポイント
  1. パック料金プランで5点、10点、20点パックがある
  2. 最大6ヶ月の無料保管サービスが付いている
  3. 完全個別洗いや手仕上げで高品質なクリーニング
  4. プレス仕上げはアパレルブランド採用の立体プレス機使用
  5. 生地のダメージを抑える静止乾燥法を採用
CHECK
クリラボは5点、10点、20点のパック料金プランが基本の宅配クリーニング業者。完全個別洗いや静止式乾燥方法、一流アパレルブランド採用の立体プレス機の使用など、クリーニングの品質にこだわり続けています。パック料金プランには最大6ヶ月の保管サービスが付いており、季節物の洗濯と保管にも最適です。
クリラボの評価
料金
(4.5)
洗濯の質
(5.0)
無料サービス
(4.5)
賠償基準
(4.5)
総合評価
(4.5)

5位:白洋舎 らくらく宅配便


ポイント
  1. 少量の依頼におすすめな単品料金プラン
  2. 日本で初めてドライクリーニングを導入した老舗業者
  3. 高級ブランドや素材別クリーニングに対応
  4. 集配サービスありで注文しやすい
  5. 加工剤を用いて繊維の表面を滑らかにして花粉付着を防ぐ加工
CHECK
白洋舎 らくらく宅配便は、日本初でドライクリーニングを導入した老舗のクリーニング会社が運営する宅配クリーニング業者です。料金プランは1点ずつに料金が設定されている単品料金パック。少量のクリーニングにおすすめで、特に高級ブランドや素材にこだわりある衣類のクリーニングが得意です。
白洋舎 らくらく宅配便の評価
料金
(4.5)
洗濯の質
(5.0)
無料サービス
(4.0)
賠償基準
(4.5)
総合評価
(4.0)

宅配クリーニングサービスを10社を比較!

ご紹介した宅配クリーニング業者の他にも、注目の業者はまだまだあります。

そこで、次の3つのポイントで人気の10社の宅配クリーニング業者を比較してみたいと思います。

宅配クリーニング業者の10社の比較は、この通りです。

【料金】 【洗濯の質】 【無料サービス】
リネット 二重丸 二重丸 二重丸
クリラボ 丸 丸 丸
リナビス 二重丸 二重丸 二重丸
せんたく便 丸 二重丸 二重丸
白洋舎 らくらく宅配便 丸 二重丸 丸
デリウォッシュ 丸 三角 バツ
クリーニングラボ 丸 丸 三角
クリコム 二重丸 二重丸 丸
美服パック 三角 二重丸 三角
ココデカウ 不明 三角 バツ

このように比較表で10社の評価を見てみると、特に無料サービスが充実していない業者が多いです。

無料サービスの中には、シミ抜きやボタン修理、再仕上げなどが含まれていることが多く、とても便利でお得なので、宅配クリーニング業者選びの際にはチェックしておきましょう。

また、料金は安いですが洗濯の質は普通程度と言った業者も見受けられました。

やはり、料金と洗濯の質のバランスが大事なので、その点もしっかり確認しておきましょう。

宅配クリーニングの料金相場!

宅配クリーニング業者の料金を比較するときのためにも、ある程度の相場を知っておくと便利です。

パック料金プランの料金相場
  • 5点パック 7,000円〜8,000円程度
  • 5点パック(保管付き)10,000円程度
  • 10点パック 10,000円程度
  • 10点パック(保管付き)14,000円程度
  • 15点パック 15,000円程度
  • 15点パック(保管付き)18,000円程度
単品料金プランの料金相場
  • ワイシャツ 200円~
  • ポロシャツ 300円〜
  • コート 540円~
  • スーツ上下 1,500円~
  • ジャケット 540円~
  • セーター 500円~
  • ワンピース 500円~
  • スカート 500円~
  • 皮革ジャケット 6,000円~
  • ネクタイ 300円~
オプション料金の料金相場
  • 撥水加工 0円〜3,000円
  • 花粉防止加工 0円〜300円
  • 防虫・防カビ加工 0円〜250円
  • シミ抜き 0円〜1,000円

宅配クリーニングのメリット・デメリット!

便利で安い宅配クリーニングですが、メリットばかりではありません。

宅配クリーニング業者選びをする上では、メリットとデメリットをしっかり知っておくことが大事です。

ここで、宅配クリーニングのメリットとデメリットを解説します。

まず、宅配クリーニングのメリットは次の4点です。

  1. 移動や持ち運びの必要がない
  2. 業者によっては料金がリーズナブル
  3. 24時間いつでも注文できる
  4. コンビニからの発送と受け取りが可能

4点のポイントを詳しく説明していきます。

移動や持ち運びの必要がない

やはり、宅配クリーニングの1番のメリットは、移動や持ち運びの必要がない点です。

クリーニングしたい衣類を宅配で送るだけで、クリーニング注文ができてしまうので、すごく楽ちん。

集配システムがあり、家で待っているだけで集配に来てくれる業者もあるので、すごく便利です。

MEMO
集荷や発送、到着の時間は自由に設定することができます。業者によって依頼している配送業者が違い、配送業者のシステムに従って時間の設定が可能です。

業者によっては料金がリーズナブル

宅配クリーニングの料金は割高なイメージがあるはずです。

確かに最近は、店舗型のクリーニングの中でも激安店が登場しており、ワイシャツが1枚99円などで受け付けているため、店舗型のほうが安いと思いがちですよね。

しかし、店舗型の白洋舎では、ワイシャツ1枚350円、宅配クリーニングでは1枚200円が相場ですから、必ずしも店舗型クリーニングが安いとは言えないのです。

また、宅配クリーニングの料金形態はパック料金プランと単品料金プランがあります。

まとめるほどにはお得なパック料金プランをうまく活用すれば、店舗型クリーニングよりも1点あたりのクリーニング代金が安くなります。

業者によっても料金設定が異なるため、うまく業者を見極めたならリーズナブルな料金で宅配クリーニングを利用できます。

MEMO
宅配クリーニングは店舗を持たないタイプのクリーニングのため、人件費や店舗運営のコストを削減できます。削減した分を料金に還元することで、リーズナブルな料金を実現しています。店舗型クリーニングは、店舗の数が多いほどに人件費や運営費が高くなるため、クリーニング料金も高くなるケースが多いです。

24時間いつでも注文できる

宅配クリーニングは、24時間いつでも注文出来るのもメリットです。

どこの業者もインターネットから飲みの注文が多く、スマートフォンやパソコンから時間を気にすることなく、クリーニングの注文が可能です。

店舗型クリーニングは、店舗の営業時間に合わせてクリーニング注文に行かなければいけませんが、宅配クリーニングは営業時間に関係なく、注文できます。

スマートフォンやパソコンから、いつでもどこからでも注文できるからこそ、忙しい現代人にぴったりなクリーニングサービスなのです。

MEMO
宅配クリーニングでは、インターネットから注文だけではなく、集荷や受け取り日時の変更も可能です。注文直後であれば、注文内容の変更も可能です。

コンビニからの発送と受け取りが可能

宅配クリーニング業者によっては、コンビニからの発送や受け取りに対応しているケースがあります。

24時間営業のコンビニが多く、店舗も圧倒的に多いため、家の近くや会社の近くからの発送や受け取りも可能です。

次に、宅配クリーニングのデメリットは3点あります。

  1. 店舗のように対面で注文できない
  2. 納期がやや長め
  3. 送料がかかる場合がある

店舗のように対面で注文できない

宅配クリーニングの注文はインターネットで行うため、店舗のような対面での注文ができません。

そのため、気になるシミがある、ボタンが取れかけている、こんな風に仕上げてほしいなどの要望を直接伝えるのが難しいのです。

打ち合わせをしなくても良い衣類であれば、対面の必要はありませんが、相談事などがある場合は、店舗型の方が便利ですね。

MEMO
宅配クリーニング業者では、対面の代わりに気になる部分の写真を送ったりなどの対応で相談事を受け付けているケースがあります。また特別な相談や依頼については電話も可能ですから、全くコミニケーションが取れないわけではありません。

納期がやや長め

店舗型クリーニングと比較すると、宅配クリーニングの納期はやや長めになります。

それは、宅配システムを使ったサービスのため、配送業者が集荷とお届けに伺う時間や移動などのタイムラグが発生するからです。

一方で、店舗型のクリーニングは即日仕上げが当たり前ですね。

その早さに慣れている人にとっては、宅配クリーニングの納期の長さが気になるケースが多いです。

MEMO
有料の会員登録をすることで、納期を縮められる業者もあります。その他にも会員限定サービスを多数受けられるので、利用頻度が高いのであれば、有料の会員登録がかなりおすすめです。

送料がかかる場合がある

宅配クリーニングでデメリットとして1番に挙げられるのが、送料です。

宅配システムを使用している限り、送料が発生するので、業者の設定通りに送料を支払う必要があります。

しかし、すべての業者や料金プランにて送料が発生するとは限りませんし、業者によって様々な送料の設定になっています。

例えば、次のようなケースが考えられます。

  • ○○円以上の注文で送料無料
  • 有料会員登録でいつでも送料無料
  • 片道分だけの送料が無料

ほとんどの業者では、○○円以上の注文で送料無料が多く、パック料金プランでは、送料がかからないケースが多いです。

逆に、単品料金プランでは、少量の注文になるため、送料も加算されてしまうケースが多いです。

宅配クリーニングがおすすめな人・おすすめできない人!

クリーニングには、大きく分けると店舗型と宅配型がありますね。

どちらのクリーニングが良いか?は、利用者のライフスタイルやクリニックの利用目的等によって違います。

また、家で洗濯をする程度でいいと思っている方も多いはず。

一体、どんな人に宅配クリーニングがおすすめなのか?

ここで、宅配クリーニングがおすすめな人、おすすめできない人のそれぞれのタイプをご紹介します。

おすすめな人
  • クリーニング店に持って行く暇がない人
  • 頻繁にクリーニングが必要な衣類が多い人
  • まとめてクリーニングを依頼したい人
  • 近所にクリーニング店がない人
  • クリーニングと一緒に保管もしてほしい人
  • 車などがないからクリーニング店に服を持って行くのが大変な人
おすすめできない人
  • 衣類ごとに細かく相談したい人
  • 高級ブランドなどの大切な衣類のクリーニングを依頼したい人
  • 仕上がりが早い方がいい人
  • 送料などを支払いたくない人
  • 少量の衣類を頻繁に頼みたい人
  • クリーニングについて細かく質問したい人

宅配クリーニングがおすすめな人は、簡単に言うと、クリーニング依頼の手間を省きたい、定期的にまとめて依頼したい人です。
宅配クリーニングのサービスが自分に合っているかの判断として、参考にしていただけると嬉しいです。

宅配クリーニングに向いてる衣類・向いていない衣類!

宅配クリーニングのサービスの内容の他に、クリーニングの内容が衣類に合っているかどうかの判断も必要です。

そこで、宅配クリーニングに向いている衣類、向いていない衣類をご紹介します。

向いてる衣類
  • 普段よく着ている一般衣類
  • 洗濯表示にてクリーニングが許可されている衣類
  • コートやダウンなどの季節もの衣類
  • 汗染みなどがつきやすいワイシャツやシャツ
  • 撥水加工が必要な衣類
  • 風合いを損ないたくない衣類
向いていない衣類
  • 洗濯表示にてクリーニングが許可されていない衣類
  • 色落ちが心配される衣類
  • デリケートな装飾が施されて衣類
  • 汚れや破れがひどい衣類
  • 革製品やファーがついた依頼

このように、宅配クリーニングには向いている衣類と向いていない衣類がありますので、しっかり確認してから依頼しましょう。

また、業者によって、受け付けている衣類が多少違いますので、公式ホームページで確認してみてください。