ノースフェースを洗濯するのにおすすめの宅配クリーニング業者ランキング!

アウトドアブランドでは、定番のノースフェース。

圧倒的に機能性が高いクオリティーとスタイリッシュなデザインで、世界中に多くのファンがいます。

ノースフェースの間では、ダウンジャケットやパーカー、リュックなどが有名で、中でもダウンジャケットは機能性が高いものの、クリーニングなどのお手入れが大変です。

いつまでも機能性を高く美しいままで愛着するためには、宅配クリーニングの利用がおすすめです。

今回は、ノースフェースの洗濯におすすめな宅配クリーニング業者選びのポイントや家での洗濯のコツなどをご紹介します。

ノースフェースの宅配クリーニング業者選びのポイント!

数多くあるノースフェースのアイテムの中でも特に人気なのが、ダウンパーカーやジャケット、デイパック、リュックなどです。

特にジャケットやパーカーなどのアウターは、アウトドアで耐えられるほどの機能性であり、動きやすく耐久性が高いのはもちろんのこと、防寒性や防水性も高く評価されています。

だからこそ、ノースフェースのアイテムに合った宅配クリーニング業者を選ぶべきです。

ノースフェースの洗濯に宅配クリーニング業者を選ぶときの3つのポイントは、次のとおりです。

  1. 高級ブランドクリーニングを扱っている業者
  2. オプション加工メニューが充実している業者
  3. 保管サービスが充実している業者

まずは、ノースフェースのアイテムの品質を劣化させないために、高級ブランドクリーニング対応の業者を選ぶことです。

その上で、撥水加工などのオプション加工メニューが充実しており、さらに保管サービスがある業者を選ぶと、便利に利用できます。

次からは、3つのポイントをそれぞれに詳しくお話ししていきます。

高級ブランドクリーニングを扱っている

高級ブランドクリーニングに対応している宅配クリーニング業者を選ぶと、ノースフェースの各アイテムに合った方法で正しくクリーニングしてくれるため、安心です。

例えば、ノースフェースのダウンジャケットは普通のドライクリーニングで注文してしまうと、羽毛に含まれている油分が取れ過ぎてしまうので、ボリュームダウンする恐れがあります。
さらには、保温効果まで下がってしまい、機能性もダウンします。

高級ブランドクリーニング対応の宅配クリーニング業者に依頼すれば、ノースフェースのダウンジャケットの特質をした上で、適切な方法により、洗濯から乾燥までを行ってくれます。

ノースフェースのアウターやリュックなどには、様々な種類があると同時に、素材の違います。

だからこそ、高級ブランドクリーニングを受け付けている業者を選べば、安心して任せることができるのですね。

MEMO
高級ブランドクリーニング対応の宅配クリーニング業者の中でも、得意な衣類やアイテムの種類が多少異なる場合があります。ノースフェースはダウンなどのアウターが人気なので、ダウンジャケットやコートのクリーニングに強い業者を選ぶのがおすすめです。

オプション加工メニューが充実している

汗抜き加工や撥水加工、防臭・抗菌加工を利用すると、ノースフェースのダウンやパーカーなどをさらに長持ちさせることができます。

宅配クリーニング業者によっては、汗抜き加工や撥水加工、防臭・抗菌加工などのオプションメニューが充実しているので、クリーニングの際に一緒に注文できて便利です。

例えば、次のような内容でオプション加工が行われています。

汗抜き加工

宅配クリーニング業者で行われている汗抜き加工は、ウェットクリーニングとも言います。
ウェットクリーニングは、ダウンやパーカーを水に浸して、丁寧に洗い上げることで、染み込んだ汗をスッキリ落として行きます。

撥水加工

撥水加工は、水溶性の液体などを弾く効果を持つ加工方法で、市販の防水スプレーに似た効果を持っています。

しかし、防水スプレーと比較すると、撥水加工の方が効果の持続時間が長く、加工に使われる成分の分子の大きさがかなり小さいため、作業着の表面に付着した時の密度が高くなります。

特にアウトドアシーンで、ノースフェースのダウンやパーカーなどを切ると、雨や雪などによって汚れかもしれませんね。

宅配クリーニング業者の撥水加工で、ダウンやパーカーなどの表面をしっかりコーティングしておくことで、雨や雪、泥はねなどの汚れを防止することができます。

防臭・抗菌加工

お気に入りのダウンやパーカーだからこそ、何度も着用しているうちに、臭いが気になってくることがあります。

少々の臭いなら、家で陰干しするだけで、取れるかもしれませんが、臭いが染み込んでしまうと、なかなか取れないので大変です。

臭いが発生していると言う事は、菌が発生している可能性も高いので、早急にお手入れが必要です。

宅配クリーニングでの防臭・抗菌加工は、高濃度イオン配合で臭いや雑菌の発生を抑えるものです。

雑菌の発生を抑えることで、臭いの発生をもとから抑えられます。

保管サービスが充実している

特に、ダウンやパーカーなどはシーズンものなので、着用しない間はクローゼットなどに保管しておかなければいけません。
しかし、特にダウンは生地が分厚いので、意外にかさばりますね。
そんな時に便利なのが、宅配クリーニングの保管サービスです。

宅配クリーニング業者を選ぶときは、保管サービスの内容も確認してみるとよいでしょう。

MEMO
宅配クリーニング業者によって保管サービスの内容が違います。6ヶ月から9ヶ月程度、無料で保管サービスを提供している業者もあれば、お得な料金の有料サービスで保管サービスを行なっている業者もあります。各業者の保管サービス内容を確認してから判断しましょう。

ノースフェースの宅配クリーニング業者を比較!

ノースフェースの洗濯にふさわしい宅配クリーニング業者を選ぶときの3つのポイントをご紹介したところで、そのポイントをもとに、いくつかの宅配クリーニング業者を比較してみます。

【高級ブランドクリーニングが可能】 【オプション加工メニューが充実】 【保管サービスが充実】
リネット バツ 二重丸 丸
クリラボ 丸 丸 二重丸
リナビス 二重丸 二重丸 二重丸
せんたく便 二重丸 二重丸 二重丸
白洋舎 らくらく宅配便 丸 丸 丸
デリウォッシュ バツ 丸 三角
クリーニングラボ 丸 三角 三角
クリコム 丸 丸 三角
美服パック 丸 丸 丸
ココデカウ 三角 三角 三角

このように、3つのポイントをもとにいくつかの宅配クリーニング業者で比較してみると、3つのポイントを押さえている業者が少ないことに驚くことでしょう。

ノースフェースのアウターやバックなどを長持ちさせるためにも、3つのポイントを満たしている業者を選ぶべきです。

それでは、比較表の中で評価が高かった3つの宅配クリーニング業者の特徴をランキング形式で解説していきます。

ノースフェースの宅配クリーニングおすすめ業者ランキング!

1位:リナビス

リナビス
ポイント
  1. 高級ブランド品のクリーニングに精通している
  2. 最大9ヶ月の無料保管サービスの提供
  3. 衣類に合わせた20種類の洗浄方法がある
  4. 生地への負担を軽減する自然乾燥を実施
  5. カバン(ブランド品)専門のクリーニングをしている
CHECK
リナビスは、高級ブランドクリーニングやブランドカバンなどのクリーニングが得意な業者で、無料で最大9ヶ月の保管サービスも評判です。高級ブランドクリーニング以外の一般的なクリーニングでも、衣類に合わせた20種類の洗浄方法や生地への負担を軽減する自然乾燥などで仕上がりの満足度が高いです。
リナビスの評価
高級ブランドクリーニングが可能
(5.0)
オプション加工メニューが充実
(5.0)
保管サービスが充実
(5.0)
総合評価
(5.0)

2位:せんたく便


ポイント
  1. 高級クリーニングが得意で洗濯の質が高い
  2. 国家資格取得スタッフによるシミ抜きが好評
  3. 自社工場だから可能な丁寧な品質管理
  4. 仕上がりを追求したドライ溶剤へのこだわり
  5. オプションにて最大11ヶ月の保管サービスを提供
CHECK
せんたく便は、パック料金+オプション料金のシンプルな料金形態や上質な洗濯が評判の業者です。保管サービスはオプションにより、最大11ヶ月の利用が可能で同じくパック料金制なので、まとめて依頼するほどお得になります。高級クリーニング対応やドライ溶剤へのこだわりなどで、クオリティが高いクリーニングサービスを提供し続けています。
せんたく便の評価
高級ブランドクリーニングが可能
(5.0)
オプション加工メニューが充実
(5.0)
保管サービスが充実
(4.5)
総合評価
(4.5)

3位:クリラボ


ポイント
  1. 洋服のメンテナンスで53年以上の実績あり
  2. 世界から注目のドイツ製の高性能プレス機械を導入
  3. 完全個別洗いで丁寧クリーニング
  4. 生地に傷みを軽減する静止乾燥方式で乾燥
  5. 保管サービスは無料で最長6ヶ月利用可能
CHECK
クリラボは、洋服のメンテナンス業において53年以上の実績がある信頼度が高い業者です。衣類からブランド品、カバンまでと全て完全個別洗いで丁寧にクリーニングしてくれるので、安心して任せられます。クリーニング料金はパック料金制により、まとめての依頼に最適で、最長6ヶ月の無料保管サービスもあります。
クリラボの評価
高級ブランドクリーニングが可能
(4.5)
オプション加工メニューが充実
(4.5)
保管サービスが充実
(5.0)
総合評価
(4.5)

ノースフェースの宅配クリーニングの依頼可能なアイテム!

ノースフェースは、アウトドア系のファッションアイテムのラインナップが充実しています。

その中でも、宅配クリーニングの依頼可能なアイテムは、次の通りです。

アウター系の衣類

ノースフェースの定番アイテムのアウター系衣類は、洗濯表示がついていれば、宅配クリーニング業者に依頼が可能です。

ほとんどの場合、洗濯表示が付いていますが、何らかの理由で洗濯表示がない場合は依頼が可能なものの、賠償基準の対象にはならないので要注意です。

ノースフェースのアウター系アイテムは、パーカー、マウンテンパーカー、ダウン、インナーダウン、コート、ベストなどで、素材によっては納期が長くなることがありますが、依頼は可能です。

Tシャツやパンツ、帽子、手袋など

アウター系衣類以外のTシャツやパンツ、小物類の帽子や手袋、グローブなども依頼可能です。

帽子はニット帽だけではなく、キャップなどもあります。

比較的型崩れしやすいキャップでも、宅配クリーニング業者に依頼すれば型崩れの心配がないので安心です。

リュックやデイバッグなど

アウター系衣類の次に定番のリュックやデイバックなどのバッグ類は、カバンクリーニングを受け付けている宅配クリーニング業者であれば、依頼可能です。

または、カバンのクリーニングコースがなくても、洗濯不可なアイテムの中に鞄の記載がなければ、依頼可能です。

ただし、ノースフェースのバッグ類には、リュック、バックパック、ショルダーバッグ、キャリーバッグなどの種類があるので、種類によっては受けつけてもらえない可能性があるため、事前の確認をおすすめします。

ブーツやスニーカーなど

ノースフェースからは、アウトドア用のブーツやスニーカーもリリースされています。

靴のクリーニングを受け付けている宅配クリーニング業者であれば、ノースフェースのブーツやスニーカーのクリーニングの依頼が可能です。

靴のクリーニングでは、靴を傷めないクリーニング方法の他に、防臭や抗菌加工が徹底されているので、臭い防止に最適です。

ノースフェースを洗濯するコツ!宅配クリーニングと比較すると?

ノースフェースには、いくつかのファッションアイテムがある中で、特にアウター系の衣類をセルフで洗濯したいと考える人が多いです。

しかし、羽毛が入ったダウンジャケットや撥水効果があるパーカーなどは、洗濯方法に気をつけなければ、ボリュームダウンしたり撥水効果が薄れたりしてしまいます。

そうしたことを考えると、宅配クリーニング業者に依頼した方が良いのですが、やはり費用がかかるので節約のために家で洗濯したいと考えてしまいますね。

ここでは、ノースフェースのアウター系のマウンテンライトジャケットやフリースなどを家で洗濯するときの方法をご紹介します。

ノースフェースの洗濯表示がない時はどうする?

ノースフェースのアイテムによっては洗濯表示が見当たらないことがあります。
特に、コーションタグと言われる洗濯表示は、ジャケットの内側やポケットの内部に縫い付けられているので、洗濯表示がないと勘違いしやすいです。
念のために、ジャケットの内側やポケットの内部も確かめてみましょう。

それでも洗濯表示が見当たらない場合は、家での洗濯やクリーニング依頼が難しいです。
たとえ、クリーニング依頼ができたとしても、何かのトラブルがあった時に賠償基準が対象にならないので、非常に危険です。

洗濯表示があるノースフェースのアイテムについては、洗濯表示の指示に従って家での洗濯を進めていきましょう。

ノースフェースの洗濯表示の見方は、次の通りです。

洗濯表示の見方
  1. 洗濯機マークがついている
    洗濯機マークがついている場合は、家庭用の洗濯機で洗えます。
  2. 洗面器マークがついている
    洗面器マークがついている場合は、洗濯機ではなく手洗いによる洗濯が可能です。洗濯機なら手洗いモードで洗いましょう。洗面器の中に数字がある場合は、手洗いの時の水温が定められているので、表示されている数字の水温で洗います。
  3. 洗面器にバツがついている
  4. 洗面器にバツがついているマークは、洗濯機でも手洗いでも洗えません。

ノースフェースのマウンテンライトジャケットの洗濯方法

ノースフェースの人気アイテムのマウンテンライトジャケットには、ゴアテックス素材が使われています。

ゴアテックス素材は、アメリカのW. L. Gore & Associatesが開発した素材で、かなり高い防水性や防風性がありますが、お手入れが少々コツが必要です。

洗い方のコツと言うよりは、使う洗剤を間違わないようにしなければいけません。

ノースフェースのマウンテンライトジャケットを家で洗濯するときは、ゴアテックス素材専用の洗剤のニクワックスを使います。

ニクワックスは、通常の洗剤と同じように、マウンテンライトジャケットの汚れを落としながらも、撥水効果を与えてくれる洗剤です。

ニクワックスを使うと、洗濯機でもマウンテンライトジャケットを洗濯できます。

ノースフェースの家での洗濯方法は、次のとおりです。

  1. マウンテンライトジャケットのジッパーや面ファスナーのベルクロを全て閉じます。
  2. マウンテンライトジャケットに汚れがないかを確認して、ひどい汚れがある場合は、液体の衣類用洗剤をつけてぬるま湯で洗っておきます。
  3. マウンテンライトジャケットを軽く畳んで、洗濯ネットの中に入れます。洗濯機の中に40度以下のぬるま湯をためてから、ニクワックスと通常の2分の1の量の液体衣類洗剤を入れて溶かします。そこに、洗濯ネットに入れたマウンテンライトジャケットを投入します。
  4. 洗濯機をセットする時は、脱水なしモードでセットしましょう。脱水をすると、生地が傷む恐れがあります。スタートボタンを押して、洗濯を始めます。
  5. すすぎまで終わったら、マウンテンライトジャケットを軽く絞ってから、風通しの良いところで陰干しをします。

ノースフェースのフリースの洗濯でふんわり感を出すポイント

ノースフェースのフリースパーカーなどは、ポイントを押さえて洗濯しなければ、ふわふわの風合いがなくなってしまう恐れがあるので要注意です。

ここで、ノースフェースのフリースのふんわり感をなくさない洗い方のポイントを説明していきます。

洗濯ネットを使用する

ノースフェースのフリースを洗濯機で洗うときは、必ず洗濯ネットに入れましょう。
洗濯の際の摩擦によって、フリースのふわふわの風合いが損なわれてしまう恐れがあります。

摩擦だけではなく、繊維同士が絡まって毛玉が発生しやすくなるので、洗濯ネットを二重にするのもおすすめです。

おしゃれ着用洗剤を使用する

フリースの繊維同士が絡まって、毛玉を発生させないためにも、おしゃれ着用洗剤を使いましょう。

普通の洗剤では、汚れが落とせたとしても、静電気を抑えたり、柔軟効果を与えたりすることができないので、フリースのふんわり感が損なわれる恐れがあります。

さらに、静電気を防止したいのなら、柔軟剤の使用がおすすめです。

ウール洗い用のコース

洗濯機のモードは、ウール洗い用コースがおすすめです。
普通のコースでは、すすぎが1回のみの可能性が高く、フリースに洗剤が残って、ふんわり感ダウンの原因になります。

フリースは、洗剤が残りやすい素材なので、すすぎを多めにする必要があります。

ウール洗い用のコースがなければ、すすぎを2回に設定しておきましょう。

干す前に少しだけ乾燥機にかける

フリースをハンガーなどにかけて干す前に、5分程度でいいので、乾燥機にかけると、ふっくらと仕上がります。

乾燥機がなければ、ドライヤーでも大丈夫です。

干す前に温風を当てることで、繊維に空気が送り込まれるので、フリースらしいふんわり感を蘇らせることができます。

ノースフェースのダウンを家で洗濯する方法

ノースフェースのダウンは、かなり防水性が高いので、水が染み込みにくく、洗うのが大変です。

生地を劣化させないためには、手洗いがおすすめですが、水の浸透が遅いので、結構時間がかかります。

ノースフェースの定番アウターでもあるダウンの洗い方を説明します。

  1. たらいやバケツなどに30度前後のぬるま湯を入れてから、適量のおしゃれ着洗剤と液体の衣類洗剤を溶かします。
  2. ダウンジャケットを軽く畳んでから、1の中に浸していきます。水が染み込みにくいので、少しずつをして沈めていきましょう。ダウンジャケットに水が染みこんだら、40回ほど、腰洗いをします。押し洗いをするときは、強く揉みすぎないように気をつけましょう。
  3. たらいからダウンジャケットを一旦取り出し、たらいの中のぬるま湯を入れ替えてから、再びダウンジャケットを入れて、すすぎ洗いをします。洗剤の泡がなくなるので、ぬるま湯を入れ替えながらすすぎ洗いを続けましょう。
  4. すすぎ洗いが終了したら、吸水性の高いバスタオルで、ダウンジャケットを包んでタオルドライをします。洗濯機の脱水モードで脱水をすると、ダウンジャケットの表面が傷んでしまうので禁物です。必ずタオルを使って脱水をしましょう。
  5. タオルドライでダウンジャケットの水分を取り除いたら、形を整えてからハンガーにかけます。そのままの状態で、風通しの良い日陰で乾かしましょう。

このように、ノースフェースのアイテムによっては自宅での洗濯が難しく、お手入れにかなりの手間がかかります。中には、洗濯方法を間違えると、着用できなくなるほど傷んでしまうアイテムもあるので、要注意です。

そうしたことを踏まえると、高級ブランドクリーニングに対応した宅配クリーニング業者に依頼したほうが確実です。

お気に入りのノースフェースアイテムを長持ちさせるためにも、家から一歩も出ずにクリーニング依頼できる宅配クリーニングの利用を検討してみるべきです。

ノースフェースの宅配クリーニングのQA!

ダウンジャケットの臭いが気になります。クリーニングで取れますか?

防臭や抗菌加工、汗抜き加工などを利用すれば、取れる可能性が高いです。臭いの原因によって加工方法が違うので、一度問い合わせてみてください。

クリーニングでフリースのふわふわがなくなったりしませんか?

依頼するクリーニングコースによります。高級ブランドクリーニングなら、比較的安心です。

ノースフェースのリュックのクリーニングを依頼したいのですが、可能でしょうか?

カバンクリーニングを受け付けている宅配クリーニング業者なら、依頼可能です。

パーカーに汗染みが付いています。汗抜き加工で取れますか?

かなり染み込んでいない限りは、多くの業者の汗抜き加工で取り除くことができます。

スニーカーがかなり汚れているので、クリーニングを頼みたいのですが、受け付けてもらえますか?

靴のクリーニングを受け付けている宅配クリーニング業者なら、依頼可能です。