トイレの水垢の原因は?尿石や黒ずみを楽に落とす方法をご紹介

水垢が発生するのは、お風呂だけではありません。
水垢は、トイレにも発生し、気づかずに放置しておくと、黄ばみや黒ずみの原因にもなります。

便器だけではなく、タンクの上の部分や手洗い場にも水垢が溜まりやすく、常にお手入れしておく必要があります。

正しく掃除するためには、水垢の特徴や原因を知っておくべきですね。

そこで、今回はトイレの水垢の効果的な掃除方法と、汚れの予防法についてご紹介します。

トイレの水垢の原因は?

トイレの水垢は、水道水に含まれるミネラル成分がこびりつくことで発生します。

便器やタンクの上、手洗い場に水道水が付着して、時間の経過とともに水分が蒸発し、ミネラル成分だけが残ります。

厳密には、炭酸カルシウムと言う水道水中の成分が結晶化したもの。
水の蒸発とともに結晶化していき、蓄積すると石のように硬くなってしまうのです。

こまめに掃除していれば、石のように硬くなる前に取り除けますが、掃除を怠っていると白いうろこ状になったり、塊になって取れにくくなるのです。

トイレに発生する水垢には、3つの種類があります。
それぞれの水垢の特徴を説明していきます。

トイレのピンクの水垢の原因

ピンク色のトイレの水垢は、水道水中のミネラル成分に空気中の細菌が混じって発生します。

これは、水垢が原因で発生するカビの初期段階で、その時点で掃除すれば、すぐに取り除くことができます。

しかし、カビは一度生えると、同じ場所に何度も発生する傾向にあるので、除菌も心がけなければ、またすぐに発生するかもしれません。

MEMO
水垢はアルカリ性の汚れ。トイレに溜まりやすい尿石と同じ性質を持っています。そのため、トイレでは酸性の洗剤がよく使われています。中性洗剤で落ちない汚れは、サンポールのような酸性洗剤で掃除しましょう。

トイレの黒い水垢の原因

ピンク色の水垢を放置しておくと、少しずつ黄色っぽくなってきて、さらに時間が経過すると黒っぽく変色してきます。

トイレの黒い水垢は、よく水が流れるところよりも、奥まったところに発生するケースが多いです。

つまり、磨きにくく、通気性が悪い場所ですね。

ピンクの水垢の段階では、細菌が繁殖している程度。
そこから本格的なカビになると、茶色から黒色に変色していきます。

残念ながら、トイレの黒い水垢はサンポールのような酸性洗剤だけでは落ちてくれません。

カビキラーのような塩素系の漂白剤を使用する必要があります。

トイレの硬い水垢の原因

トイレの水垢の中で一番厄介なのが、硬い黄ばみです。
白い水垢よりも硬く、こすってもなかなか落ちません。
硬い水垢の正体は尿石です。

尿石とは、私たちの尿の中に含まれるカルシウムだけが残って、溜まってかたまったもの。

水垢にも炭酸カルシウムが含まれており、水垢と入籍は性質が似ているのです。

そんな汚れは、黒い水垢と同様に酸性の洗剤で落とすと、スッキリ落とすことができます。

トイレの手洗い場の水垢の掃除方法

トイレの手洗い場所は、最も水垢が溜まりやすい場所です。

水をよく使うのは、便器ですが、次のような理由で手洗いよりは水垢が溜まりにくいです。

  • 掃除の頻度が高め
  • 水を流す頻度が高く、完全に乾燥しにくい

このような理由で、手洗い場にはカビが混じった水量よりも、単純な白い水垢が溜まりやすいです。

しかし、白い水垢でも、蓄積されると硬くなって落とすのが大変なので、早めに対策をする必要があります。

トイレの手洗いのプラスチックや金属製のパーツの水垢を落とす方法

トイレの手洗い場の中で、プラスチックや金属の部分に水垢が溜まると、落としにくい上にいくつかのコツもあります。

トイレの手洗い場では、蛇口の部分にプラスチックが使われているケースが多く、ゴシゴシこすると傷がつく恐れがあります。
しかし、クエン酸を使うと、プラスチックを傷つけずに水垢だけを落とせます。

クエン酸は柑橘系の果物などに含まれる酸っぱい味を生み出す成分で、水垢を分解する作用があり、こすらずに水垢を落とせるのです。

さらに、粉末のクエン酸は、100円ショップなどでも販売されているので、安価で手に入り、コスパも抜群です。

注意
金属は酸性に弱く、強力な酸性の洗剤を使うと、錆びてしまう恐れがあるので、気をつけましょう。金属の部分をサビさせないためにも、クエン酸水の利用がおすすめです。

トイレの手洗い管の掃除方法

トイレのプラスチック製の手洗い菅は、クエン酸を使って掃除するのがおすすめ。

トイレの手洗い管に付着した水垢をクエン酸で掃除する方法を説明していきます。

まず、次のものを用意しましょう。

用意するもの

  • 粉末のクエン酸
  • スプレーボトル
  • キッチンペーパー
  • 掃除用のスポンジか柔らかいブラシ

クエン酸を使ったトイレの手洗い管の掃除方法は、次の通りです。

  1. 水200mlにクエン酸小さじ1杯を加えて、よく混ぜます。クエン酸が溶けたら、スプレーボトルに入れておきましょう。
  2. キッチンペーパーにクエン酸水をスプレーして、ヒタヒタに濡らします。トイレの手洗い管の水垢部分に貼り付けましょう。
  3. そのままの状態で、2時間以上放置しておきます。
  4. 2時間以上が経過したら、キッチンペーパーを取り除いてから、取り除いたキッチンペーパーで少しこすって水垢を取り除きます。

キッチンペーパーだけで取れない場合は、柔らかいスポンジかブラシを使って擦りましょう。
その後、お湯や水で洗い流して終了です。

クエン酸が水垢を分解してくれるので、キッチンペーパーや柔らかいスポンジなどでこするだけで、水垢が落ちてくれます。

トイレの水がたまるところ汚れの落とし方

トイレの便器の水が溜まるところにも、汚れが溜まりやすく、最初は目立たない色でも時間が経つごとに色が濃くなり、取れにくくなります。

もうすでに、茶色、または黒色の汚れになっている場合は、すぐにでも正しい方法で掃除をしましょう。

トイレの水が溜まるところの汚れの取り除き方は、次の通りです。

トイレの水の中の茶色い汚れの正体

トイレの便器の水の中の汚れは、2種類あります。

  • 尿石
  • 水垢やホコリ、カビ
まず、それぞれの汚れの特徴を知っていきましょう。

尿石

尿石は、尿の中に含まれるカルシウムが付着して固まってしまったもの。
名前の通り石のように硬いので取り除くのが大変です。

付着してすぐは薄い黄色で目立ちませんが、時間が経つごとに茶色くなっていき、凹凸も激しくなってきます。

カルシウムはアルカリ性のため、尿石はアルカリ性の汚れになります。
アルカリ性の汚れは、酸性の洗剤を使うと中和されて落ちやすいです。

水垢にホコリやカビが混ざった汚れ

トイレを使う頻度が低い場合、水が溜まるところに水垢が発生しやすいです。
そこに、ホコリや雑菌などが付着すると、カビが発生して濃い色に変色していきます。
最初は、薄いピンク色ですが、掃除を怠っていると茶色い汚れになって目立ってくるのです。

サンドペーパー要らず!トイレの尿石をサンポールで楽に落とす方法

トイレの便器についた尿石の汚れは、酸性の洗剤で落としましょう。
尿石はアルカリ性の汚れなので、酸性の洗剤で中和されて落としやすくなります。

また、尿石に水垢が混じって、さらに硬くなっているケースもあり、水垢もアルカリ性のため、酸性の洗剤の使用がおすすめです。

トイレの酸性の洗剤といえば、やっぱりサンポールですね!

サンポールを最大限に活用すれば、サンドペーパーのような硬いブラシなどを使わなくても簡単に尿石の汚れを落とすことができます。

用意するものは、次の通りです。

用意するもの
  • サンポール
  • ゴム手袋
  • マスク
  • 給油ポンプ
  • バケツ
  • トイレ掃除用のブラシ

それでは、具体的な掃除方法を説明していきます。

  1. トイレの換気扇を回してから、ゴム手袋とマスクを装着します。
  2. トイレの便器の水を給油ポンプで吸い取って、バケツの中に移していきます。
  3. 便器の水を抜いた後に、尿石や水垢の汚れが付いている部分にトイレットペーパーを貼り付けます。
  4. 貼り付けたトイレットペーパーに、サンポールを染み込ませます。出来るだけ、たっぷりと染み込ませておきましょう。
  5. そのままの状態で、30分以上放置しておきましょう。
  6. 30分以上が経過したら、トイレットペーパーを取り除いてから、一度水を流します。
  7. もう一度、尿石の汚れのところにサンポールをふりかけてから、掃除用のブラシで軽くこすります。汚れが落ちたらトイレを流して、終了です。

サンポールをかけてから、トイレットペーパーで覆っておくことで、尿石にサンポールが浸透して落ちやすくなります。

便器の中のさぼったリングをサンドペーパーで落とす方法

便器の中の水がたまるところの水位のラインにできた汚れのリングを、さぼったリングと言います。
さぼったリングは、尿石や水垢、カビによって発生します。

さぼったリングは、サンポールなどの酸性洗剤やトイレの中性洗剤で掃除すれば、大抵は落とせます。
しかし、頑固にこびりついている場合は、洗剤だけでは落とせない可能性があります。

そんな時は、100円ショップでも販売されている耐水性のサンドペーパーがおすすめ。
耐水性のサンドペーパーを使うと、研磨作用により、しつこいさぼったリングを解消できます。

MEMO
耐水性サンドペーパーには番号が記載されており、トイレ掃除には、1500番以上がおすすめです。1500番以上は、目が細いので便器が傷つきにくいです。

それでは、耐水性サンドペーパーを使ったトイレのさぼったリングの掃除方法説明していきます。

用意するものは、次の通りです。

  • 耐水性サンドペーパー(1500番以上)
  • 給油用ポンプ
  • バケツ
  • ゴム手袋

具体的な掃除方法は次の通りです。

  1. ゴム手袋を装着してから、トイレの便器にたまっている水補給用ポンプでバケツにくみ出します。
  2. ある程度、水が入ったら、サボテンリングの部分を耐水性サンドペーパーで、優しく擦ります。そんなに強く擦らなくても、すぐに落とせるはずです。
  3. さぼったリングが落ちたことを確認したら、水をしっかり流して終了です。

まとめ

トイレの水が垢がたまりやすい場所は、主に、手洗い場所と便器の中です。
特に、手洗い場所と利用頻度が低い便器の中に水垢が発生しやすいので、気をつけましょう。
水垢には、尿石が混じったものやカビが発生したものもあります。

水垢の種類によって、最適な落とし方が違いますので、ご紹介した方法を参考にして頂けると嬉しいです。