キッチンのまな板を清潔に使いたい!洗い方や除菌方法、注意点など!

毎日使うキッチンのまな板、正しく洗えていますか?

傷がついて黒ずんだものには雑菌が繁殖しています。そのまま使い続けると、雑菌が食材について食中毒の原因になる可能性も。

目に見える傷や汚れはなかったとしても、正しく掃除できていなければ思った以上に雑菌がいるかもしれませんよ。

今回はキッチンのまな板を洗う方法や除菌する方法、取り替えるタイミングなどについてご説明しますね。

キッチンのまな板の掃除1:普段の洗い方

キッチンのまな板は毎日こまめに掃除することが重要です。

素材ごとに正しい洗い方をご説明しますね。

1.木製の場合

木製のまな板は包丁が刃こぼれしにくく、食材がすべりにくいというメリットがあります。

お手入れは次のように行ってください。

木製のまな板の洗い方
  1. 冷たい流水で洗います。
  2. たわしに中性洗剤をつけて、ゴシゴシ汚れをかきだします。
  3. 洗剤をすすぎます。
  4. 清潔なふきんやキッチンペーパーで水気を切ります。
  5. 風通しがよく直射日光の当たらないところで保存しましょう。

使う前に、一度水で濡らしてからふきんで拭きましょう。

それだけで、食材の匂いや色が移るのを防止できますよ。

また保存するとき木目が縦になるように置くと、反り返るのを防止できます。

2.樹脂やプラスチックの場合

樹脂やプラスチックのまな板は、漂白剤を使った徹底的な除菌がしやすいというメリットがあります。

基本的に洗い方は木製の方法と同じです。

ひとつだけ注意しておきたいのが、たわしは使えないという点です。使うと細かい傷が入ってしまいます。

傷に雑菌が溜まって繁殖すると黒ずんで見えることが。そのまま使うと食中毒の原因になります。

たわしは使わず、柔らかいスポンジで優しく洗いましょう。

キッチンのまな板の掃除2:除菌方法

まな板は毎日中性洗剤で洗うだけでなく、除菌も必要です。

素材ごとの除菌方法をご説明しますね。

1.木製の場合

木製の除菌には、熱湯を使ってください。できれば毎日おこなう方が良いでしょう。

ただし肉や魚などを切った直後に熱湯をかけるのはやめてください。

タンパク質が固まって、汚れがこびりつく原因になります。

熱湯消毒が終わった後に、アルコールスプレーをかけるのも良いでしょう。キッチン用の漂白剤の方が強力に除菌できますが、黒ずむのでオススメできません。

傷が目立ってきたら表面にカンナをかけて削る必要があります。カンナをかける作業は、購入した店などでプロに依頼するのが良いでしょう。

2.樹脂やプラスチックの場合

樹脂やプラスチックのまな板なら、漂白剤を使うことができます。

漂白剤をかけたキッチンペーパーを貼り付け、その上からラップで蓋をします。

そのまま5分間パックしてから流水ですすぎ、中性の台所用洗剤などで洗いましょう。

漂白剤を使った除菌は、週に1回程度行えば十分です。

キッチンのまな板を取り替えるタイミングとは?

まな板は、ある程度汚くなってきたら交換するタイミングです。

木製なら6~7年、表面を削るなど大事に使うと10年以上使えることもあります。

プラスチックや樹脂製だと表面を削ってキレイにできないため、3年程度で取り替えるのがオススメです。

いくら丁寧に扱っていても汚れは蓄積するので、割り切って買い換えましょう。

キッチンのまな板を長く清潔に使うポイントとは

まな板を長く清潔に使い続けるためには、次のようなことに注意しましょう。

木製の場合
  • 漂白剤は使わない:黒ずみの原因になる
  • 直射日光には当てない:反り返る原因になる
  • 濡らしたまま放置しない:反り返る原因になる
  • 黒ずんだらサンドペーパーなどでこすって落とす:黒ずみは雑菌だらけの証拠
  • 落とせなくなったら取り替えるか、プロにカンナがけを依頼する:清潔を保つためには、表面を削ぐことが重要
  • 白っぽく乾燥したらオイルを塗る:木製食器用のミネラルオイルなどを塗る

木製の方が、取り扱いがやや難しいです。その代わり長く使うことができるので、お手入れしながら愛用しましょう。

黒ずみには雑菌がたまりやすいため、発生したらサンドペーパーでこするかカンナがけをして取り除いてくださいね。

プラスチックの場合
  • 傷が入ったり変色したりしたら取り替える:表面を削るのは難しい
  • たわしは使わない:傷が入りやすい

プラスチックの方が簡単に掃除できますが、使用年数が短めです。汚くなったなと感じたら早めに取り替えることをオススメします。

どちらを使う場合でも、濡れたままにしておくと雑菌が増えます。

スタンドを使うか、フックなどで吊るして日陰で風通しの良い場所に保管しましょう。

必ずしもキッチンに保管する必要はありませんので、適切な場所においてくださいね。

まとめ:キッチンのまな板は正しく洗って清潔に使いましょう!

まな板にはほぼ毎日水分や栄養分が付着するため、汚れて雑菌が増えやすいです。

中性洗剤でこまめに洗うのはもちろん、木製なら熱湯で、樹脂やプラスチック製なら漂白剤を使って徹底除菌しましょう。

しかしいくら丁寧に洗っていても、まな板には寿命があります。

木製なら6~7年、樹脂・プラスチックなら3年を目安に取り替えるのがオススメです。