枕の洗濯におすすめの宅配クリーニング業者ランキング&洗濯のコツ!

毎日使う枕は、寝汗や皮脂、よだれなどですごく汚れています。
丸洗いできる枕もありますが、素材によっては洗濯方法が難しかったり、家では洗えなかったりする枕もあります。

そんな時こそ、宅配クリーニングを利用するべきです。

宅配クリーニングを利用すれば、布団と同じく水洗いで汗などをしっかり落とせます。

オプション加工を利用すれば、撥水加工などで新たな汚れを防ぐこともできます。

ここでは、枕のクリーニングにおすすめな宅配クリーニング業者の選び方や家での洗濯方法のコツなどをご紹介します。

枕の宅配クリーニング業者選びのポイント!

羽毛や綿わた、そばがらなどを使った上質な枕ほど、 家では洗えないので宅配クリーニングなどを利用しなければいけません。

また、店舗クリーニングに依頼するとしても、意外に枕はかさばるので持っていくのが大変です。
だからこそ、宅配クリーニングの利用がおすすめなのですね。

枕の宅配クリーニング業者を選ぶときのポイントは、次の3つです。

  1. 布団クリーニングを受け付けている業者
  2. 品質と料金のバランスがいい業者
  3. オプションサービスが充実した業者

枕はドライクリーニングではなく、布団クリーニングと同様に水洗いをする必要があります。

そのため、布団クリーニングを受け付けている宅配クリーニング業者の利用がおすすめです。

また、洗濯の質と料金のバランス、オプションサービスの内容も確認しながら、評価が高いクリーニング業者を選ぶとよいでしょう。

次からは、3つのポイントを詳しく解説していきます。

布団クリーニングを受け付けている

枕の宅配クリーニング業者を選ぶ際には、まず布団クリーニングの受付があるかを確認しましょう。

宅配クリーニング業者の公式サイトを見ると分かりますが、大半の場合、取り扱いできないアイテムに枕が入っています。

それは、一般のクリーニングではなく布団のクリーニングで枕を受け付けているからです。

仮に、一般のクリーニングコースで枕を受け付けている業者があったとしても、あまり洗濯の質が高いとは言えないので、おすすめできません。

枕の宅配クリーニング業者選ぶときは、まず布団クリーニングのコースがあるかを確認しましょう。

品質と料金のバランスがいい業者

布団クリーニングのコースがある宅配クリーニング業者をピックアップしたら、次に洗濯の品質と料金のバランスを確認していきます。

枕は毎日使うものであり、汚れが付きやすいので、頻繁にクリーニングする必要があります。

だからこそ、洗濯の質だけではなく料金の確認もしておくと、無理のない料金でクリーニングを利用し続けられます。

洗濯の品質と料金のバランスの確認方法は、次のとおりです。

品質と料金のバランス確認の3ステップ
  1. 宅配クリーニング業者の洗濯と乾燥方法を確かめて、良い業者を選ぶ
  2. 選んだ宅配クリーニング業者の料金とオプションサービス内容などを確かめる
  3. 1点あたりの料金が安く、撥水加工や送料が安い業者を選ぶ

枕の1点あたりのクリーニング料金は、利用する宅配クリーニング業者の料金形態と依頼点数のバランスによって大きく変わります。

料金形態には、単品制とパック制があり、単品制は1点ずつ、パック制は5点や10点などの点数ごとに料金が設定されているので、依頼点数に合わせた料金形態を選んでから、1点あたりのクリーニング料金を分析しましょう。

オプションサービス内容が充実している

枕には、撥水加工や汗抜き加工、坊ダニ加工などのオプションメニューが適しています。

それぞれの加工方法や利用するメリットを説明します。

撥水加工

撥水加工は、水を弾く効果がある成分で作った膜を生地の表面に張ることで、水や水溶性の汚れなどの染み込みを防げる加工です。

生地の表面に膜を張りながらも、通気性が柔軟性を損なわない加工になっているので、ムレがなく手触りも良いままで安心です。

市販の防水スプレーを利用する人もいますが、人体に有害な物質を含んでいる可能性があるので、あまりおすすめできません。

宅配クリーニング業者の撥水加工の方が、安全で効果も高いです。

汗抜き加工

家で枕を洗濯し続けていると、枕の生地の肌触りが悪くなってくることがあります。

なんとなく、手触りがカサカサしている場合は、染み込んでいる可能性が高いです。

宅配クリーニングを利用すれば、通常の布団クリーニングでも汗をすっきり落とせますが、汗抜き加工を依頼すれば、枕に染み込んだ汗をあまりすっきり落とせます。

汗には塩分が含まれているので、水をたっぷり使ったクリーニングでなければ、十分な汗抜きができません。

枕をしっかりお手入れするためには、定期的な汗抜き加工がおすすめです。

MEMO
布団や枕に着する汚れは汗や皮脂がメインなので、油性ではなく水性の汚ればかりです。通常のドライクリーニングは油性の汚れを落とすのは得意ですが、水性の汚れの洗濯は苦手です。だからこそ、水性の汚れを落とすのが得意な布団クリーニングの水洗いが適しているのです。

防ダニ加工

布団と同様に、枕にもダニが発生しやすいので、定期的なお手入れがお勧めです。
普段から、天日干しなどでダニ対策をしているとは思いますが、それだけでは不十分なケースもあります。

宅配クリーニングの防ダニ加工は、市販の防ダニスプレーとは違い、安全な成分を使って加工するので、小さなお子さんが利用する枕でも安心して加工を依頼できます。

防ダニ加工を施せば、アトピーやアレルギー持ちのお子さんの症状の緩和も期待できるので、健康管理の上でもおすすめしたいです。

枕の宅配クリーニング業者を比較!

枕の宅配クリーニング業者選びのポイントをお話ししたところで、そのポイントをもとに、いくつかの業者を比較したいと思います。

【布団クリーニングの受付】 【品質と料金のバランス】 【オプションサービスの充実】
リネット 二重丸 丸 二重丸
クリラボ 二重丸 丸 丸
リナビス 二重丸 二重丸 二重丸
せんたく便 二重丸 二重丸 丸
白洋舎 らくらく宅配便 二重丸 丸 丸
デリウォッシュ バツ 二重丸 三角
クリーニングラボ 丸 丸 丸
クリコム 二重丸 丸 丸
美服パック バツ 丸 丸
ココデカウ バツ 丸 三角

このように、比較表で見てみると、枕のクリーニングにふさわしい業者が一目でわかりますね。

次からは、この中でも特に評価が高い3つの宅配クリーニング業者の特徴をランキング形式でご紹介します。

枕の宅配クリーニングおすすめ業者ランキング!

1位:リナビス

リナビス
ポイント
  1. 適切な温度のお湯を使ってすっきり水洗いクリーニング
  2. 洗濯前の素材と状況の丁寧なチェック作業を徹底
  3. 自然乾燥と熱風乾燥によるふんわり仕上げ
  4. まとめて依頼するほど安くなるパック料金制
  5. 最大9ヶ月の無料保管サービスあり
CHECK
リナビスは、枕の汚れをスッキリ落としながらも傷めない温度のお湯で、布団水洗いクリーニングを行なっている業者です。すっきりと洗い上げた後は、自然乾燥と熱風乾燥によってふんわり仕上がりになるため、クリーニング後の肌触りが良く購入した時のように柔らかくなると評判です。
リナビスの評価
布団クリーニングの受付
(5.0)
品質と料金のバランス
(4.5)
オプションサービスの充実
(5.0)
総合評価
(5.0)

2位:せんたく便


ポイント
  1. ダニやアレルゲンを徹底的に防ぐ丸洗い
  2. 汗や皮脂のシミもきれいに落とせる技術
  3. 都立衛生研究所認定でダニ除去率は100%
  4. シンプルな料金設定で予算がわかりやすい
  5. 最大6ヶ月の保管サービスも利用可能
CHECK
せんたく便は、ダニやアレルゲンの徹底除去に、特に力を入れています。都立衛生研究所認定の洗濯方法でダニ除去率は100%だと証明されるほど、除去率が高く、小さなお子さんをダニやアレルゲンから守ってくれます。また、通常のクリーニングと同様にシンプルな料金設定で予算が分かりやすいのがメリットです。
せんたく便の評価
布団クリーニングの受付
(5.0)
品質と料金のバランス
(4.5)
オプションサービスの充実
(5.0)
総合評価
(4.5)

3位:リネット

リネット
ポイント
  1. 布団専用洗剤でパーフェクトな抗菌・防臭対策
  2. 1枚でも複数枚でも依頼できる料金プラン設定
  3. タンパク質分解酵素を使った徹底的な洗浄対策
  4. 専用の布団キットで楽々集荷&受け取り
  5. こだわりの乾燥方法で蘇る弾力性と保温力
CHECK
リネットは、布団やクッションの専用洗剤で洗い上げるクリーニングで高い抗菌・防臭効果が評価されている業者です。タンパク質分解酵素を使って汗や皮脂をしっかり落とすので、洗い上がりのすっきり感が気持ち良いです。クリーニング料金は単品制なので、少量の依頼におすすめです。
リネットの評価
布団クリーニングの受付
(5.0)
品質と料金のバランス
(4.5)
オプションサービスの充実
(4.5)
総合評価
(4.5)

枕の宅配クリーニング業者の料金相場!

一般のクリーニングと布団のクリーニングの料金は少し違うので、枕のクリーニング料金の相場がわかりにくいかもしれません。

料金相場を知っておくと、宅配クリーニング業者を選ぶ際の料金の見極めの時に便利です。

まずは、先ほどご紹介した3つの宅配クリーニング業者の枕のクリーニング料金を見ていきましょう。

料金
リナビス 布団1枚11,200円、2枚13,800円、3枚15,000円、4枚18,300円〜と多いほどに1枚あたりの料金が下がる(クッションは2枚で1枚のカウント)
せんたく便 初回の布団2点パック9800円、2回目からは9100円(クッションは2枚で1枚のカウント)
リネット クッション (小)2000円〜、クッション (大)4000円〜

3つの宅配クリーニング業者の枕のクリーニング料金を並べてみた結果、料金相場は枕1つにつき、2000円〜3000円程度になりました。

枕のクリーニングにふさわしい条件を満たした業者のクリーニング料金から見た相場なので、十分に参考になるはずです。

依頼する業者の料金形態や依頼する、数、枕の素材やオプション加工によっても料金が変わりますが、基本的な料金相場として知っておくといいでしょう。

枕を洗濯するコツ!宅配クリーニングと比較すると?

最近は、家で丸洗いできる枕が増えているので、クリーニングに出さなくてもお手入れできそうですが、ダニ対策の観点から考えると、やはり宅配クリーニングの利用の方がおすすめです。

でも、やっぱり気になるのが費用ですよね。

そうしたことも踏まえて、ここで枕を家で洗濯するときのコツやポイントをご紹介した上で、宅配クリーニングの利用との違いを比較します。

枕は家で洗えるの?

枕の家で洗濯できるできないは、枕の中の素材によって決まります。

枕の中には、羽毛やそばがらなどの素材が使われていますね。

たくさんの枕の素材がある中で、家で洗えるのは、次のような素材です。

ビーズ

感触が柔らかい枕には、ビーズが使われていることが多いです。
ビーズにもいろいろ種類がありますが、家で洗えるのは弾力性があるマルコビーズを使った枕です。

中を取り出して、ビーズだけ洗うお手入れ方法もあります。

ポリエステル製の綿

ふわふわした枕には、羽毛や天然繊維の綿、もしくはポリエステル製の綿が使われていることが多いです。
天然の羽毛や綿の家での洗濯は難しいですが、ポリエステル製の綿は家でも洗濯が可能です。

衣類もポリエステル製のものは、家で洗濯できますよね。

それと同じく、ポリエステル製の綿を使った枕も家でお手入れができます。

パイプ

ストローを短く切った状態のパイプを素材にした枕もあります。
比較的安価な枕に多い素材ですが、家でのお手入れは簡単なので、丸洗いできる枕として人気があります。

また、通気性も良いのでムレにくいのがメリットです。

枕の洗濯表示を確認しよう!

枕の素材によっては、家で洗濯可能か?を十分に判断できない可能性があります。
そんな時は、枕についている洗濯表示を確かめましょう。

枕についている洗濯表示の見方は、次のとおりです。

洗濯マークの見方
  1. 洗濯機マークがついている
    洗濯機マークがついている場合は、丸洗い可能な布団であれば、洗濯機で洗えます。
  2. 洗面器マークがついている
    洗面器マークがついている場合は、洗濯機ではなく手洗いによる洗濯が可能です。洗濯機なら手洗いモードで洗いましょう。洗面器の中に数字がある場合は、手洗いの時の水温が定められているので、表示されている数字の水温で洗います。
  3. 洗面器にバツがついている
  4. 洗面器にバツがついているマークは、洗濯機でも手洗いでも洗えません。

洗濯機洗い方法

それではいよいよ、枕を洗濯機で洗う方法からご紹介していきます。

枕を家の洗濯機で洗う手順は、次のとおりです。

  1. 枕カバーを外してから、枕の中の素材が飛び出さないように、しっかりとファスナーを閉めます。その後、枕専用の洗濯ネットに入れましょう。
  2. 洗濯機の中に、枕を入れてから、中性洗剤を入れます。
  3. 洗濯機の「手洗いモード」「ドライコース」のいずれかを選んで、スタートボタンを押しましょう。
  4. 脱水まで終わったら、素早く取り出して、枕の中身が均一になるように軽く叩きながら整えていきます。
  5. 枕干し専用のハンガーに枕を挟んでから、天日干しをします。枕に水分が残ってるとカビの原因になるので、しっかりと乾かしておきましょう。

手洗い方法

できるだけ、枕を傷めたくない人には手洗いがおすすめです。
枕の手洗い方法は、次の通りです。

  1. 枕が入る程度の洗面器か浴槽などに水をためて、おしゃれ着用洗剤を溶かし、枕全体をゆっくりと沈めていきます。
  2. 枕の端から中央に向かって揉み洗いをしていきます。強く揉みすぎて枕を傷めないように気をつけましょう。
  3. 水を何度か入れ替えながら、洗剤が完全になくなるまですすぎ洗いをします。
  4. すすぎ洗いが終わったら脱水作業に移ります。枕を両手で押さえて水分を押し出すようにしながら脱水をしていきます。
  5. 枕から水分がしたたり落ちない程度になったら、枕専用のハンガーに挟んで天日干しします。

このように、枕の家での洗濯は簡単なようで難しいです。
枕を傷めたくない場合は手洗いがおすすめですが、脱水から干すまでの段階が特に手間がかかります。

しかし、脱水を洗濯機で行うと摩擦によって枕が傷みやすくなるので、おすすめできません。

だからこそ、宅配クリーニングの利用がおすすめなのです。

宅配クリーニングなら、枕の生地や素材に負担がかからない方法でしっかりと洗い上げてくれます。

しかも、宅配システムを使って依頼するので手間もかからず、家計に響かない程度のクリーニング料金なので安心です。

お子さんのアトピーやアレルギー等の防止のためにも、便利で安心な宅配クリーニングを利用しませんか?

お気に入りの枕も長持ちしやすくなるので、かなりおすすめです。

枕の宅配クリーニングのQA!

枕にかなりの汗染みが付いています。クリーニングで取れますか?

枕の汗染みは、普通の布団クリーニングでも取れます。かなりひどい場合は、汗抜き加工を依頼すると良いでしょう。

枕に口紅がついてしまいました。布団クリーニングで落とせますか?

化粧品の汚れは、布団クリーニングではなく、一般のクリーニングの方が落ちます。一度、業者に問い合わせてみてください。

枕の臭いがひどいのですが…クリーニングで何とかなりますか?

体臭などの匂いであれば、布団クリーニングですっきり落とせます。防臭加工などもおすすめです。

枕に汚れが付きにくくなるような加工はありますか?

100%汚れがつかないようにする加工は今のところありませんが、汚れ防止加工としては撥水加工がお勧めです。

クリーニングで枕のダニをすっきり除去できますか?

多くの業者では、クリーニング前に除菌や殺菌を行っています。防ダニ加工もあるので、一度ご相談してみてください。