マフラーの洗濯におすすめの宅配クリーニング業者ランキング&洗濯のコツ!

寒い季節になるとよく使うマフラーは、濃い色のものが多いので、汚れに気づきにくいです。

しかし、冬でも汗をかくことがあるので、首周りに巻くマフラーは、意外に汚れています。

家ですぐに洗濯できそうですが、素材によっては洗濯できないものもあり、できたとしても手間がかかります。

そこでおすすめなのが、宅配クリーニングの利用です。

ここでは、マフラーの洗濯におすすめの宅配クリーニング業者や自宅で洗濯する際のコツなどをご紹介します。

マフラーの宅配クリーニング業者選びのポイント!

秋冬のファッションアイテムの一つだからこそ、大切に扱いたいマフラーなので、できるだけ良い宅配クリーニング業者に依頼したいですよね。

そこでポイントになるのが、次の3点です。

  1. 素材別料金も記載している業者
  2. 防虫・防カビ、花粉加工のオプションがある業者
  3. 賠償基準をはっきり記載している業者

マフラーは素材によって洗濯方法がかなり違うので、素材別料金を記載している業者を選ぶのがベストです。
素材別料金ははっきり記載している業者は、素材に合わせた洗濯をしているので信頼できます。

その他には、防虫や防カビ、花粉加工のオプションがあったり、もしもの時のためにも賠償基準をはっきり記載している業者を選んだ方が安心です。

次の項目からは、この3点をさらに詳しく説明していきます。

素材別料金も記載している

宅配クリーニング業者によっては、素材別のクリーニング料金を記載していないケースがあります。
その場合は、実物を見てからはっきりしたクリーニング料金も提示されることがほとんどなので、依頼前に費用の目安を出すのが難しくなります。

また、素材に合わせたクリーニングを行っている業者は素材別料金を記載していることが多いので、宅配クリーニング業者選びの基準になります。

素材別料金の確認方法は、次の通りです。

素材別料金の確認方法
  1. マフラー単品の洗濯料金かパック料金の表示ページを確認する
  2. 単品料金の場合は、料金表示のところに素材別料金の表示がないかを確認する
  3. パック料金の場合は、別項目に素材別料金の案内がないかを確認する

単品料金で表示されている場合は、料金表示欄のすぐ近くに素材別料金が記載されているケースが多いです。
パック料金の場合は、オプション料金とともに別ページで素材別料金が記載されていることが多いので、オプション料金の項目をチェックしてみるとよいでしょう。

防虫・防カビ、花粉加工のオプションがある

マフラーを洗濯した後の保管方法によっては、虫食いやカビの発生のリスクが高まります。

温度や湿度が高い空間で、長時間保管をし続けていると虫やカビがわきやすくなり、お気に入りのマフラーが傷みやすくなります。

防虫剤などを使って保管したとしても、環境によっては万全な防虫や防カビ対策ができない恐れがあります。

また、花粉症を持っている人は花粉の付着にも気を配っておくべきです。

冬から春に移り変わる時にマフラーを使用していると、花粉が付着して花粉症の症状に影響してくるかもしれません。

そうしたことから、防虫や防カビ、花粉加工のオプションサービスを提供している業者選びをおすすめします。

MEMO
特に、ウールやカシミヤでできたマフラーには虫やカビが発生しやすいです。虫やカビがどうしても心配な人は、防虫や防カビ加工だけではなく、宅配クリーニング業者の保管サービスの利用を検討してもよいでしょう。

賠償基準をはっきり記載している

マフラーの素材によっては性質がデリケートで、クリーニングによって縮みや型崩れ、劣化が発生する恐れがあります。

そうした時にどのような対応をしてもらえるのか?を依頼する前に知っておくと安心です。

ほとんどの宅配クリーニング業者では、賠償基準を記載したページを用意しているので、依頼前に確認することができます。

しかし、中には賠償基準をはっきりと記載していない業者もあるので、良い業者選びのポイントとして、賠償基準の明確な記載は必ずチェックしておくべきです。

注意
賠償基準の範囲は各業者によって微妙に違います。ホームページに記載されている内容だけでは理解しがたい場合、依頼前に電話をして確認することもできます。不安な人が曖昧なまま依頼するのではなく、事前の確認をおすすめします。

マフラーの宅配クリーニング業者を比較!

マフラーの洗濯におすすめな宅配クリーニング業者選びのポイントをご紹介したところで、そのポイントをもとに、何社かの宅配クリーニング業者を比較してみたいと思います。

まずは表にして比較することで、それぞれの業者の特徴をつかんでいきましょう。

【素材別料金も記載】 【防虫・防カビ、花粉加工】 【賠償基準を記載】
リネット 二重丸 丸 二重丸
クリラボ 丸 丸 丸
リナビス 丸 丸 二重丸
せんたく便 丸 丸 二重丸
白洋舎 らくらく宅配便 二重丸 二重丸 丸
デリウォッシュ 丸 三角 丸
クリーニングラボ 丸 丸 丸
クリコム 丸 丸 丸
美服パック 三角 三角 二重丸
ココデカウ 三角 丸 不明

このように、3つのポイントで各業者を比較してみると、意外に全ての条件が整っている業者が少ないことに気づきますね。

それでは、3つのポイントを押さえている3つの業者をピックアップして、次からそれぞれの業者の特徴とメリットを詳しく説明していきます。

マフラーの宅配クリーニングおすすめ業者ランキング!

1位:リネット

リネット
ポイント
  1. 1点ずつの料金設定でわかりやすい
  2. 素材別料金や素材の種類を詳しく書かれている
  3. プレミアム会員になると送料が無料になる
  4. プレミアム会員なら最短2日で受け取れる
  5. 一流のアパレルブランドレベルの仕上がりが好評
CHECK
リネットは、1点ずつの料金設定や素材別料金が明確に記載されているので、依頼の際の費用の目安が分かりやすいです。プレミアム会員になると送料無料や最短2日での受け取りなど、充実したサービスを受けられます。
リネットの評価
素材別料金の記載
(5.0)
防虫・防カビ・花粉加工
(4.5)
賠償基準が明確
(5.0)
総合評価
(4.5)

2位:白洋舎 らくらく宅配便


ポイント
  1. 単品料金なので少量の依頼におすすめ
  2. 素材別料金が細かく記載されている
  3. 装飾品が着いたものは手洗いが可能
  4. 防虫、防カビ、花粉ガード加工の受付をしている
  5. 高級クリーニングが得意なのでブランド物の依頼でも安心
CHECK
白洋舎らくらく宅配便は、マフラー単品のクリーニング料金や素材別料金が細かく記載されており、少量での依頼におすすめな業者です。防虫や防カビなどのオプション加工や高級クリーニング、手洗いクリーニングなどのメニューも充実しています。
白洋舎 らくらく宅配便の評価
素材別料金の記載
(5.0)
防虫・防カビ・花粉加工
(4.5)
賠償基準が明確
(4.5)
総合評価
(4.5)

3位:リナビス

リナビス
ポイント
  1. 送料や再仕上げなどの無料サービスが充実している
  2. 素材や衣類に合わせた20種類の洗浄方法がある
  3. 自然乾燥で生地への負担を減らす
  4. 最大9ヶ月無料の保管サービスがついている
  5. パック料金なのでまとめての依頼におすすめ
CHECK
リナビスは、お得なパック料金と送料無料サービスにより、リーズナブルな料金でマフラーのクリーニングを依頼できる業者です。素材や衣類に合わせた20種類の洗濯方法や生地への負担を減らす自然乾燥法などのこだわりを持っています。
リナビスの評価
素材別料金の記載
(4.0)
防虫・防カビ・花粉加工
(4.0)
賠償基準が明確
(5.0)
総合評価
(4.0)

マフラーの宅配クリーニング業者の料金相場!

マフラーの宅配クリーニング業者選びでポイントになるクリーニング料金の比較の目安として、大体の料金相場を知っておくと便利です。

ここで、先ほどご紹介した3つの宅配クリーニング業者のマフラーの洗濯料金の相場を見ていきましょう。

料金
リネット マフラー 700円~ 、 一部毛皮・革のマフラー・ストール 5,000円、デリケート素材は+200円(カシミヤ、アンゴラ、モヘア、シルク(絹)、麻、合皮、ベロア、アルパカなど )
リナビス 5点 7,800円、10点 10,800円、20点 18,800円
白洋舎 らくらく宅配便 マフラー 600円、素材別1,150円

3つの宅配クリーニング業者のマフラーのクリーニング料金を比較してみた結果、マフラーのクリーニング料金相場は、700円〜1500円程度でした。

素材別料金や各業者の料金形態によっても違ってくるので、オプション加工なども含めた合計の料金で、費用の目安を割り出すと正確に判断できます。

マフラーを洗濯するコツ!宅配クリーニングと比較すると?

マフラーのファッション小物なので、他の衣類と一緒に簡単に家でもある洗濯できそうですが、 素材によっては 家での洗濯が困難で す。

素材によって洗濯方法を変えなければ、 縮んだり型崩れしたりなどのトラブルが発生する恐れがあります。

また、乾かし方にもコツが必要なので、全てのポイントを押さえた上で家でのクリーニングを行うべきです 。

ここではマフラーを自宅で洗濯することを紹介した上で、手間や仕上がりなどの観点から宅配クリーニングと比較してみたいと思います 。

マフラーの洗濯頻度はどれくらい?

防寒やファッションアイテムとして冬場に大活躍するマフラーの洗濯頻度は、使用頻度によって違います。

  • 1種類を毎日使用
  • 冬の期間中の1ヶ月に1回程度

  • 数種類を使い分けている
  • シーズン中と収納中に1回程度

お気に入りの一種類を使い倒していると洗濯の頻度も高くなり、傷みやすくなります。
マフラーを美しいまま使い続けたいのであれば、数種類を使い分けるのがおすすめです。

マフラーの洗濯表示を確認しよう

マフラーの洗濯に入る前に 、ラベルに表示されている洗濯マークを確認しましょう 。

マフラーの洗濯表示には 、大きく分けると3種類があります 。

  1. 洗面器に水が入っているマーク
  2. 洗濯機でも洗えるマークです。

  3. 水が入っている洗面器に手を入れているマーク
  4. 手洗いで洗濯可能なマークです。

  5. 洗面器にバツ印がついているマーク
  6. 洗濯機でも手洗いでも洗濯不可能なマークです。

まれに、洗面器の中に数字が表示されているマークもあります。

その場合は、表示されている数字の水温で洗いましょう。

水洗い不可のマフラーを選択したらどうなる?

洗面器に×印があるマークは家での洗濯が不可能を意味するので、宅配クリーニング業者などに依頼するしか方法がありません。

水洗い不可のマークがついたマフラーは、主に次のような素材でできています。

  • リネン
  • ウール
  • カシミヤ
  • レーヨン
  • シルク
  • キュプラ
  • アセテート

仮に、水洗い不可のマークがついたマフラーを洗うことで起こるトラブルを解説します。

縮む

マーラーの素材によっては、繊維に水が染み込むことで繊維同士が絡まって縮んでしまう可能性があります。
洗濯機で洗うと、さらに繊維が絡まりやすくなり縮む原因になります。

シワになる

レーヨンやアセテート、キュプラでできたマフラーは、自宅で洗うことで繊維の表面が毛羽立って取れないシワができてしまう恐れがあります。

色落ちする

リネンやシルク、革などの素材は、水に濡れると色落ちしやすくなるので、色が褪せてしまう恐れがあります。

静電気が起こらないマフラーの洗濯方法

普通のおしゃれ着洗いでマフラーを選択すると、乾いたときに静電気が起こるケースが多いです。

使用するときに静電気が起こっている、髪の毛が絡み付いたりなどで使いにくいですよね。

静電気を防止するためには、ハミングなどの柔軟剤を使うのがポイントになります。

それでは、ハミングなどの柔軟剤を取り入れたマフラーの洗濯方法をご紹介します。

  1. マフラーにシミや汚れがないかを確かめます。シミや汚れを発見した場合は、おしゃれ着用洗剤の原液は汚れの部分につけて、なじませておきましょう。
  2. 軽くたたんだマフラーを洗濯ネットに入れます。
  3. 洗濯機の手洗いコースで水を張ってから、おしゃれ着用洗剤と柔軟剤を入れます。
  4. 脱水前で一度止めて、脱水を30秒に設定してからスタートします。
  5. 脱水が終わったら、すぐに取り出して軽く叩きながら形を整えます。
  6. ハンガーに2つ折り程度に干したら、風通しの良い日陰で乾かしましょう。
  7. さらにきれいに仕上げたいなら、乾いてからのスチームアイロンがおすすめです。

マフラーはファッション小物なので、選択しやすそうなアイテムなのですが、素材によって扱い方が微妙に違うので、実は難しいです。

素材に合わせたクリーニング方法で長持ちさせたいなら、断然宅配クリーニングの方がおすすめです。

宅配クリーニング業者に依頼すれば、完備された宅配システムで簡単に依頼ができ、新品のような仕上がりになります。

お気に入りのマフラーを長持ちさせるためにも、宅配クリーニング業者の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

マフラーの宅配クリーニングのQA!

マフラーのような小物でもクリーニングに依頼できますか?

多くの業者で受付可能なのですが、対象となるか事前に確認してみると安心です。

素材によってクリーニング料金が違うと聞きました。具体的な料金はどこに載っていますか?

各業者HPに料金を載せている場合が多いですが、現物を見て見積もりをするところもあるので、分からない場合は問合せしましょう。

カシミヤのマフラーなのですが、大体どれぐらいで仕上がりますか?

カシミヤは洗濯方法が少し違うので、通常よりも納期が遅くることが多く早くて5日程度を目安にしましょう。

クリーニングの後にほつれ等に気づいた場合は、どうすればいいでしょうか?少し生地が傷んでいました。

各業者の賠償基準によって、対応方法となります。

マフラー1点だけでも、クリーニングを依頼できますか?

業者により料金プランは変わりますが1点からの料金を用意しているところもあるので確認しておきましょう。