リビングの掃除にセスキ炭酸ソーダ?効果的な汚れを理解しよう!

掃除の心強い味方となってくれる「セスキ炭酸ソーダ」は、誰しも一度は聞いたことがある名前なのではないでしょうか。

安全で汚れによっては効果的に落とすことができるため、どのような汚れに効くのかを知ることでより正しい使い方ができます。

では今回は、リビングの掃除にセスキ炭酸ソーダを使用する場合、どのような汚れに使えばいいのかについて詳しく解説をしていきましょう。

セスキ炭酸ソーダって何?

セスキ炭酸ソーダというのは炭酸ナトリウム(重曹)と炭酸水素ナトリウムを混ぜ合わせてできたものです。

触感的には重曹よりもサラサラとしています。

このセスキ炭酸ソーダはアルカリ性の性質を持っているため、皮脂・油など酸性の性質を持った汚れを落としやすいのです。

ラクカジちゃん

しかも天然素材で安全だからお子さんやペットのいるご家庭には嬉しい成分だよ!

セスキ炭酸ソーダで落ちやすい汚れはコレ!

先ほども説明しましたが、セスキ炭酸ソーダはアルカリ性なので酸性の汚れに使うと落としやすいです。

リビングにある酸性の汚れがピンとこない方のために、以下にまとめておきました。

リビングの酸性汚れ
  • 手垢汚れ
  • 皮脂汚れ
  • 油汚れ
  • 食べこぼし・飲みこぼし
  • タバコのヤニ

ドアノブや壁に触れる、素足で床を歩く、キッチンやテーブルの調理や料理をこぼしてしまったときなど、酸性汚れはリビングにたくさんあります。

これらの汚れにセスキ炭酸ソーダは効果的なので、しっかりと汚れを見極めて使っていきましょう。

アルカリ性の汚れってなにがあるの?

酸性の汚れだけではなくアルカリ性の汚れもリビングには混在しています。

アルカリ性の汚れとしては「水垢・カビ」です。

尿石もアルカリ性ではありますが、トイレでの汚れになるので今回は除外しておきます。

アルカリ性汚れは逆にクエン酸やお酢のような酸性を持つ成分で掃除してあげることが効率よく落とす秘訣です。

ラクカジちゃん

アルカリ性の汚れにセスキ炭酸ソーダを使っても効率よくないのでしっかりと覚えておこう!

セスキ炭酸ソーダの作り方・使い方を解説!

では、早速セスキ炭酸ソーダの作り方・使い方について説明をしてきましょう

まずはセスキ炭酸ソーダ単体では粉末状になっているので、水に溶かしてスプレーボトルに入れる必要があります。

セスキ炭酸ソーダ水の作り方はとても簡単で、水500mlに対して小さじ1~2杯のセスキ炭酸ソーダを入れて混ぜ合わせるだけです。

使い方もいたってシンプルで、気になる汚れにスプレーボトルに入れたセスキ炭酸ソーダを吹きかけて、数分間放置したあとに拭き取るだけなので手間にもならないでしょう。

ただし、セスキ炭酸ソーダはアルカリ濃度が高い分、素材によっては変色してしまう可能性があるため、使う前には平気な素材かどうかを確かめてから使うようにしましょう

ラクカジちゃん

壁紙や床は特に変色しやすくワックスが剥げてしまうこともあるから注意だよ!

セスキ炭酸ソーダのメリット・デメリット

セスキ炭酸ソーダを使う場合のメリット・デメリットについて知ることで、より使い方が見えてきます。

メリットの部分は先ほどから説明しているので知っていることかもしれませんので、デメリットのほうが注目しておくべきでしょう。

良いものにはかならずデメリットもあるので、よく理解しながら使うようにしてください。

セスキ炭酸ソーダのメリット!重曹よりも汚れが落ちやすい!

セスキ炭酸ソーダの最大のメリットとしては、重曹に比べるとアルカリ濃度が高いため、酸性汚れに対しても落ちやすいという点があげられます。

ガンコな汚れは落とすのに苦労してしまうので、落ちやすいというメリットはかなり嬉しいメリットといえるでしょう。

それ以外のメリットは以下の通りです。

セスキ炭酸ソーダのメリット
  • 天然素材なので赤ちゃんやペットがいても安心
  • 無香料
  • 消臭効果がある
  • リビング以外にも活用できる
  • 水に溶けやすい

セスキ炭酸ソーダは無香料かつ消臭効果があるので、消臭スプレーとして使うこともできます。

消臭スプレーとして使う場合はセスキ炭酸ソーダの濃度を少し薄めて使うようにしましょう。

セスキ炭酸ソーダのデメリット!変色させてしまう可能性がある

セスキ炭酸ソーダのデメリットとしては、畳・白木・銅などに使うとシミ・変色させてしまう場合があるということです。

そのため、素材によってはセスキ炭酸ソーダを使わない方が良い場合もあります。

それ以外のデメリットは以下のとおりです。

セスキ炭酸ソーダのデメリット
  • アルカリ性の汚れには効果が薄い
  • 重曹よりも肌への負担が大きい

セスキ炭酸ソーダは重曹よりもpHがアルカリに傾いているため、その分肌への負担が大きくなることは知っておかなくてはいけません。

重曹は口に入れても問題ないのに対し、セスキ炭酸ソーダは口に含んではいけないという点からも推測することができますね。

ラクカジちゃん

天然素材ではあるもののしっかりと性質を見極めて使うことが大切ということだね!

セスキ炭酸ソーダでリビングの汚れを効率よく落としていこう!

セスキ炭酸ソーダを使うことで、安全に酸性汚れを効率よく落とせるということが理解してもらえたはずです。

セスキ炭酸ソーダスプレーを作っておけば、リビング以外にも洗濯機や浴室など様々なシーンで活用することができるので余っても捨てないようにしておきましょう。