リビングのエアコンって自分で掃除できる?業者との違いを徹底比較!

室内を適温に調整してくれるエアコンは、今ではリビングに欠かせない家電となっていますよね。

しかし、購入してから一度もエアコンの掃除をしていない、なんてこともあるのではないでしょうか。

「エアコンの掃除は自分でできるものなの?」

「業者に依頼したときとどう違うの?」

という疑問におこたえするべく、今回はエアコン掃除を自分と業者でする際の違いについて解説していきます。

エアコンの掃除はなぜ必要?実は身体にも影響が!?

エアコンの掃除をしている家庭というのも割と少ない部類ではありますが、掃除をサボっていると身体に悪影響が起こってしまう可能性があります。

身体に悪影響を与えてしまうのは、エアコンの中はカビが繁殖するには最適な環境が整っているのが原因です。

エアコンは暖かい空気を取り入れて冷たい空気を吹き出す際に結露が生じ、加えて掃除をしていないと栄養となるホコリが溜まっています。

カビは湿気と栄養、25℃前後の温度で活発に繁殖をするので、まさにエアコンの中はカビにとって最高の楽園といえるでしょう。

増えたカビ菌がエアコンから吹き出され、リビング内に撒き散らされることによって過敏性肺炎などの病気になることもあるため、定期的なエアコンの掃除は必要といえます。

エアコンを自分で掃除する方法!フィルターがメイン!

エアコン掃除を自分と業者でする違いを解説する前に、自分で掃除するにはどのような方法でおこなえばいいのかについて触れていきましょう。

エアコン掃除に必要な道具を以下のとおりです。

エアコン掃除に必要な道具
  • 掃除機
  • キッチンペーパー
  • 割り箸
  • ハンディモップ
  • 歯ブラシ

では具体的なエアコンの掃除方法についてみていきましょう。

エアコンの掃除方法
  1. 掃除をする前に必ず電源ケーブルを抜いておく
  2. エアコン全体をハンディモップでキレイにする
  3. 前面パネルを開けてフィルターを外す
  4. フィルターの表面から掃除機でホコリを吸い取る
  5. フィルターの裏面から歯ブラシでこする
  6. フィルターの水気を取り完全に乾燥させる
  7. キッチンペーパーを割り箸に巻きつけて吹き出し口や冷却フィンの周りの汚れを拭く
  8. フィルターを戻して電源ケーブルを挿せば完了

特に気をつけてほしい点が、電源ケーブルを抜いておくということです。

電源がつけっぱなしで掃除をすると非常に危険なので、しっかりとケーブルが抜けてあるかを確認してから掃除に移りましょう。

自分自身で掃除をするメインとなるのがフィルターで、フィルターのつまりを取り除くことで以下のようなメリットがあります。

フィルターをキレイにするメリット
  • 冷房の効きがよくなるので省エネ
  • エアコンからホコリが空気中に飛散するのを抑えられる
  • カビの飛散を抑えられる

フィルターにホコリが詰まっているとどうしても風量が落ちてしまうので、エアコンの効きが悪くなります。

フィルターがキレイになれば冷房の効きがよくなるため、省エネかつ室内を快適な環境に整えられるのが最大のメリットといえるでしょう。

また、ホコリやカビが飛散することによってアレルギー症状が起こるのも抑えられるのもメリットです。

エアコン掃除は自分or業者?違いを徹底比較!

エアコンを自分で掃除する方法を理解してもらえたところで、自分あるいは業者の掃除はどういう違いがあるのかについて解説をしていきましょう。

基本的には自分で掃除を済ませたいという方もいるかも知れませんが、場合によっては業者に依頼したほうが早く確実に済む場合もあります。

その点も踏まえて、今回はエアコン掃除の徹底比較をしていきます。

比較1:掃除のできる範囲!素人が分解すると危険!

まずは掃除のできる範囲ですが、結論からいうと業者に依頼したほうがエアコン全体を掃除することができます。

自分自身で掃除できる範囲はせいぜいエアコンの表面とフィルターぐらいで、無理に分解して掃除をすると故障の原因にもなってしまうので注意が必要です。

ラクカジちゃん

エアコン内部にカビやホコリが入り込んでしまった場合は素人では取れないから業者に依頼したほうがいいということになるね!

フィルターを掃除してもホコリやカビの臭いがする、エアコンの効きが悪いという症状があれば、内部まで汚れてしまっている状態と考えていいでしょう。

比較2:掃除にかかる手間!圧倒的に業者に依頼するほうが楽!

掃除にかかる手間はどのぐらい違いがあるのか、答えは簡単で業者に依頼したほうがあなたの労力はゼロとなります。

自分でやる場合は掃除道具を準備してから先ほど紹介した方法でキレイにしていきますが、業者に依頼するのであれば特に何もしなくていいのです。

強いて言うなら業者が作業している間は外出ができないということぐらいでしょう。

ラクカジちゃん

手間を解消するために業者に依頼するのだから当たり前といえば当たり前のことになってしまうかもね!!

比較3:掃除に必要なお金!自分でするのはほぼゼロ!

次に掃除に必要なお金です。

中にはできるだけお金をかけずにエアコンをキレイにしたいと考えている方もいるでしょう。

その場合、業者に依頼するとものによりますがだいたい1万円前後かかるので、自分で掃除をしたほうがほぼゼロ円で掃除ができます。

掃除道具も自宅にあるものがほとんどなので、エアコン専用の掃除機器など揃える必要がありません。

コストがかかるという点に関しては意見が大きく分かれるところなので、エアコン掃除を業者に依頼するときの料金相場も知っておくといいでしょう。

こちらの記事ではエアコンのタイプ別料金相場も紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。

比較4:掃除にかかる時間!掃除範囲に比例する!

掃除にかかる時間はどのぐらい違うものなのでしょうか。

まずはプロのハウスクリーニング業者に依頼する場合ですが、スタンダードタイプのエアコンの場合はだいたい1時間半前後、お掃除機能付きエアコンの場合は2時間半前後かかります。

一方、自分で掃除をする場合は30分前後で終わるので、時間が無いということであれば自分で掃除をしてしまった方が早く済むでしょう。

ただし、先ほども述べている通り、自分でできる掃除範囲が少ないからこそ早く終わるだけなので、素人がプロの業者と同じ量の掃除をするのであれば倍ぐらいかかるはずです。

ラクカジちゃん

自分でするのも業者に依頼するのもメリット・デメリットがあるということだね!

リビングにあるエアコンの理想的な掃除の仕方はずばりコレ!

以上の比較を踏まえると、リビングにあるエアコンの理想的な掃除の仕方は、普段は自分でフィルター掃除、節目になったら業者に依頼するというのがいいでしょう。

具体的なペースでいえば、夏や冬といったエアコンを稼働させることが多い時期は2週間に1回、それ以外の季節は1~2ヶ月に1回で十分です。

また、1年に1回はハウスクリーニング業者にエアコン掃除を依頼することで、内部の汚れを取り除いてクリーンな状態で夏あるいは冬に使うことができるでしょう。

そう考えると、春・秋のどちらかにハウスクリーニング業者に依頼して、それ以外は自分で掃除をするというのが理想の流れといえます。

ラクカジちゃん

ハウスクリーニング業者に依頼するだけでエアコンの汚れがかなり取れるから前向きに検討してほしいよ!

エアコン掃除は定期的にしてキレイな空気で過ごそう!

高い位置に設置されているので、なかなか掃除をすることが困難な場合もありますが、とはいえキレイな空気で過ごしたいのであればエアコン掃除は必須です。

今回はあえて自分と業者で掃除をする場合を比較しましたが、できればどちらもうまく利用していつでもクリーンな状態のエアコンを使っていきましょう。

ハウスクリーニング業者に依頼する場合、どこに頼めばいいのかわからないことも少なくないので、以下におすすめランキングを掲載しておきます。

気になる方や依頼を検討している方はぜひ参考にしてみてください。