キッチンのシンクの汚れ・サビが気になる!正しい掃除方法や頻度とは

キッチンのシンクは毎日生ゴミや水が通るため、とても汚れやすい場所です。

気がついたら水垢や油汚れ、サビ、ぬめりなどで目をそむけたくなる状況になっていることも。

これらの汚れやサビは正しい方法を使えば自力でも落とすことができます。

今回は簡単にできるキッチンのシンク・シンク下の掃除方法や、適切な掃除頻度などをご説明します。

キッチンのシンクの掃除方法

キッチンのシンクは、汚れの種類や場所によって掃除方法が異なります。

それぞれ分かりやすくご紹介しますね。

1.毎日したい簡単な掃除方法

シンクはできれば毎日掃除する方が楽にキレイにできます。とはいえ、面倒なことを長く続けるのは難しいですよね。

そこで、次のような簡単な掃除をできるだけこまめに行いましょう。

毎日したいシンクの掃除方法
  1. 三角コーナーの生ごみを捨てます
  2. 排水口のゴミ受けに溜まった生ごみを捨てます
  3. スポンジに食器用の洗剤をつけてシンク・三角コーナー・ゴミ受けを拭きましょう
  4. 洗剤を水で流します
  5. 乾いた布などでシンクの水気を拭いて完了です

お皿を洗うついでに、スポンジでサッと掃除を終わらせましょう。

2.シンクの水垢

水垢は水道水に含まれたミネラルが、蒸発した後に残ったものです。

クエン酸などを使った掃除方法がよく推奨されますが、人工大理石や人造大理石は酸に弱いため注意が必要です。

どんなタイプのシンクでもオススメできるのが、クリームクレンザーを使った掃除方法です。

クリームクレンザーを使った掃除方法
  1. クリームクレンザーをメラミンスポンジにつけます
  2. スポンジで水垢をこすりましょう
  3. 水拭きをして完了です

ステンレス製のシンクなら、これでも落ちない強力な水垢に酸性の洗剤を使う方法も考えられます。

ただし最悪の場合、シンクが変色する可能性も。不安ならプロに依頼する方が良いでしょう。

3.シンクの油汚れ

油汚れは酸性の汚れなので、アルカリ性のものを使うと落としやすいです。

ただし強力なアルカリ性の漂白剤を使ってしまうと、素材によっては変色する可能性があります。

できれば漂白剤ではなく、重曹を使った掃除方法で解決しましょう。

重曹もアルカリ性ですが漂白剤ほど強くないため、短時間なら問題なく使用できます。

重曹を使った掃除方法
  1. スポンジを水に濡らし、重曹をつけます
  2. そのまま汚れをこすります
  3. ぬるま湯に食用のお酢を混ぜ、シンクに流します
  4. 水で洗い流します
  5. 仕上げにエタノール除菌スプレーをかけて完了です

どうしても油汚れが落ちない場合は、シンクに使えるスプレータイプのキッチン用漂白剤を使いましょう。

4.シンクの排水口・ゴミ受け

雑菌が繁殖してぬめりやすい排水口やゴミ受けには、キッチン用の漂白剤がオススメです。

スプレータイプのものを吹き付けて、5分程度つけおきしてから水で流しましょう。

長時間放置すると部品が劣化するので気をつけてくださいね。

ぬめりが落としきれなかったら、古歯ブラシでこすり落としましょう。

5.シンクの蛇口

蛇口の水は直接飲んだり、料理に使ったりするもの。汚れたからといって、強力な漂白剤はできれば使いたくないですよね。

そういう時には、口に入っても安全な方法で掃除をしましょう。

蛇口の掃除方法
  1. 重曹3:水1の割合で溶かしてペーストを作りましょう。
  2. ペーストを蛇口の汚れに塗ります。
  3. 水200mlに対して小さじ1のクエン酸を混ぜます。
  4. スプレーボトルに入れて、蛇口に吹き付けます。
  5. スポンジでこすってから水で流します。

重曹はお菓子のふくらし粉にも使われるものなので、安心して使えます。

他にも、食器洗い用の洗剤をスポンジにつけて洗う方法もあります。

シンクがサビた時の対処方法

ステンレス製のシンクは、缶などのサビが移って汚くなるもらいサビをしやすいです。

このような場合は、クリームタイプのクレンザーが効果的。

メラミンスポンジなどにクレンザーをつけて、サビをこすり落としましょう。

落ちないからといって粉のクレンザーや紙やすりなどで強くこすると、傷がついてしまうので逆効果です。

シンク下が臭い場合の掃除方法

シンク下の収納が汚れて臭っている場合、次のように掃除しましょう。

シンク下が臭い場合の掃除方法
  1. キッチン用の漂白剤を雑巾につけて拭きます
  2. 水ぶきして漂白剤を取ります
  3. 消毒用のエタノールを別の雑巾につけて拭きます
  4. シンク下の収納の扉を開けて換気しましょう
  5. 除湿剤を置いて完了です

これでも臭いが落ちない場合、排水ホースが破損して下水の匂いが上がっている可能性があります。

排水ホースの破損を修理するパテや、防水ゴムなどを使って対策しましょう。

キッチンのシンクの掃除頻度

スポンジに中性洗剤をつけて拭くなど簡単な掃除は、基本的に毎日がオススメです。

ゴミ受けや排水口のぬめり取りは週に1回が目安です。

水垢や油汚れ、蛇口などの大掃除は汚れが気になったタイミングで行えば十分でしょう。

まとめ:キッチンのシンク汚れは正しく掃除して落とす!

キッチンのシンク汚れやサビは、クリームクレンザーなどを使って落としましょう。軽い汚れなら自力でも落とすことができますよ。

簡単な掃除は毎日、排水口などは週に1回、そのほかの大掃除は汚れが気になったら行うようにしましょう。

ただし汚れがこびりついていると自力では落としにくいもの。かといって、素人が強力すぎる洗剤を使うとシンクを傷める可能性もあります。

シンクを傷めず頑固な汚れをピカピカにしたいなら、業者への依頼を検討すると良いでしょう。