着物の洗濯におすすめの宅配クリーニング業者ランキング&洗濯のコツ!

季節行事やお祝い事で着用する着物は、上質な素材が使われているので、洗濯やクリーニングには特に気を使いますね。

また、保管方法にも注意しなければ、虫やカビが発生する恐れがあります。

だからこそ、宅配クリーニングの利用がおすすめです。

宅配クリーニングなら、上質な洗濯と保管システムでお気に入りの着物を長持ちさせられます。

ここで、着物におすすめな宅配クリーニング業者選びのコツやランキング、自宅での洗濯方法をご紹介します。

着物の宅配クリーニング業者選びのポイント!

意外と重量がある着物なので、クリーニング店に持ち込むよりも宅配クリーニングで申し込んだ方が楽です。

インターネットから申し込むだけで着物を回収、配送してくれる宅配クリーニング業者選びのポイントは、3つあります。

  1. 着物クリーニングに対応している業者
  2. 賠償基準が明確な業者
  3. 保管サービスが充実している業者

着物は一般的な衣類と比べて、洗濯や仕上げ、保管に技術が必要なので、宅配クリーニング業者を選びが難しいです。

しかし、この3つのポイントを押さえることで、必ず良い業者に出会えるので、ぜひ参考にしていただきたいです。

次からは、3つのポイントをそれぞれに詳しく説明していきます。

着物クリーニングに対応している

着物におすすめな宅配クリーニング業者を選ぶ基本は、着物クリーニングに対応しているかの確認です。

意外に、着物クリーニングに対応していない宅配クリーニング業者が多いので、気をつけましょう。

着物を専門にクリーニングを行っている業者もあるくらいですから、技術が高い宅配クリーニング業者でなければ、受け付けできません。

だから、着物の受付不可な宅配クリーニング業者もあるのですね。

MEMO
着物の受付状態の確認は「取り扱い不可なアイテム」を確認すると、すぐにわかります。着物の受付不可な業者は、取り扱い不可なアイテムところに着物と記載されていることが多いです。

賠償基準が明確

クリーニング業者で定められている賠償基準とは、クリーニングにおいて事故が生じた場合の賠償額や対応方法の基準です。

クリーニングの賠償基準は、クリーニング業界が中心となって厚生労働省等とともに作成した基準で、この基準に加盟している業者には、「Sマーク」「LDマーク」が記されています。

賠償基準は、宅配クリーニング業者によって記載方法や基準が異なるので、しっかりチェックしておきましょう。

クリーニングの過程で、お気に入りの着物に何らかの事故が発生した場合に、賠償基準に基づいて対処されます。

基本的に、賠償基準をわかりやすく記載している違いクリーニング業者は、安心して依頼できます。

注意
事故が起こったときの賠償額は、全額とは限りません。着物の状態や購入してからの期間によっても大きく変わります。賠償基準の適用期間もあり、クリーニング後の着物を受け取ってから時間が経ちすぎると、適用されないケースもあります。細かい基準があるので、しっかりとチェックしておきましょう。

保管サービス内容が充実している

着物は洗濯や仕上げ方法にもコツが必要ですが、保管にも手間がかかります。

家で保管する場合は、湿度や温度に常に気を配らなければ、せっかくの着物が劣化して台無しになる恐れがあります。

ほとんどの宅配クリーニング業者で、保管サービスを提供しています。

着物におすすめな宅配クリーニング業者選びの際には、保管サービスの内容も一緒にチェックするとよいでしょう。

保管サービスの内容は、宅配クリーニング業者によって異なるので、詳しく確認をすることです。

宅配クリーニング業者の保管サービスのチェックポイントは、次のとおりです。

  • 保管サービスは有料か無料か
  • 無料の場合の最大利用期間はどれくらいか
  • 有料の場合の料金と最大利用期間はどれくらいか

着物の宅配クリーニング業者を比較!

着物の宅配クリーニング業者の選び方のポイントがわかったところで、ご紹介した3つのポイントをもとに、人気の業者を比較していきましょう。

比較表で表すことで、宅配クリーニング業者選びがスムーズになります。

【着物クリーニングに対応】 【賠償基準が明確】 【保管サービスが充実】
リネット バツ 二重丸 丸
クリラボ バツ 丸 二重丸
リナビス 二重丸 二重丸 二重丸
せんたく便 二重丸 二重丸 丸
白洋舎 らくらく宅配便 バツ 丸 三角
デリウォッシュ 丸 丸 三角
クリーニングラボ バツ 丸 三角
クリコム バツ 丸 丸
美服パック バツ 三角 丸
ココデカウ バツ 不明 三角

このように比較してみると、やはり着物のクリーニングに対応している宅配クリーニング業者が少ないことに驚きますね。

着物のクリーニングに対応していたとしても、保管サービスや賠償基準に問題がある業者もあるので、比較してから見極めるのが大事です。

次からは、比較表の中でも特に高評価の3つの宅配クリーニング業者の特徴を詳しく説明していきます。

着物の宅配クリーニングおすすめ業者ランキング!

1位:リナビス

リナビス
ポイント
  1. 最大9ヶ月無料の保管サービスを提供
  2. 衣類に合わせた20種類の洗浄方法を用意
  3. 高級ブランド衣類のクリーニング経験あり
  4. 高級織物を保管していた倉庫が保管スペースになっている
  5. 賠償基準をわかりやすく記載されている
CHECK
リナビスは、最大9ヶ月の保管サービスを無料で提供している宅配クリーニング業者です。お気に入りの着物を管理が行き届いたスペースで管理してくれるので、安心して依頼することができます。着物の生地や柄に合わせた洗浄方法を見出せる熟練の職人が常駐している点も評価が高いです。
リナビスの評価
着物クリーニングに対応
(5.0)
賠償基準が明確
(4.5)
保管サービスが充実
(5.0)
総合評価
(5.0)

2位:せんたく便


ポイント
  1. 集荷、コンビニ持ち込みで楽々クリーニング依頼
  2. 高級クリーニングが得意で洗濯の質が高い
  3. 自社工場だから可能な丁寧な品質管理
  4. 国家資格取得スタッフによるシミ抜きが好評
  5. 有料の保管パックが用意されている
CHECK
せんたく便は、高級クリーニングが得意なので、デリケートな素材の着物クリーニングも安心して任せられます。着物の検品は自社工場で丁寧で行われており、徹底した管理のことをクリーニングが行われています。リーズナブルな料金で利用できる有料の保管パックも好評です。
せんたく便の評価
着物クリーニングに対応
(5.0)
賠償基準が明確
(4.5)
保管サービスが充実
(4.5)
総合評価
(4.5)

3位:デリウォッシュ

ポイント
  1. 着物や浴衣のクリーニングも受け付けている
  2. 1点ずつの料金表示が明確で少量の依頼におすすめ
  3. 宅配システム完備で集配や到着がスムーズ
  4. 料金がリーズナブルだから気軽に依頼できる
  5. 送料は片道分だけでお得に宅配を利用できる
CHECK
デリウォッシュは、単品料金制で着物や浴衣のクリーニングも受け付けており、少ない依頼におすすめな業者です。送料が片道分だけなので少量のクリーニングでもリーズナブルな料金で気軽に利用でき、集配や受け取りがスムーズで忙しい人にも最適です。
デリウォッシュの評価
着物クリーニングに対応
(5.0)
賠償基準が明確
(4.5)
保管サービスが充実
(3.0)
総合評価
(4.0)

着物の宅配クリーニング業者の料金相場!

着物の宅配クリーニング料金は、着物の素材や帯などの数によって大きく変わります。
単品料金の業者では1点ごとの料金、パック料金の場合は1点ごとのカウントになるので、料金形態によっても値段が違ってきます。

ここで、評判が良かった3社の宅配クリーニング業者の着物のクリーニング料金を比較した上で、料金相場を見ていきます。

料金
リネット 着物・浴衣 3,100円~、着物(肌着/上着) 870円~、七五三 1,920円~、帯 2,290円~
せんたく便 最速10パック料金6,980円、最速5パック料金4,980円
最速10リピート料金6,680円、最速5リピート料金4,680円
デリウォッシュ 見積もり(浴衣は1200円)

3社の宅配クリーニング業者の着物クリーニング料金を比較すると、料金相場は次のようになります。

  • 着物だけ 3000円〜4000円程度
  • 帯なども一緒 5000円〜6000円程度

宅配クリーニング業者では、クリーニング料金が分かりにくい着物のような衣類については、見積もりをしてからクリーニング作業に行っていくのが一般的です。

クリーニング料金をはっきり知りたい場合は、業者に見積もりをお願いしましょう。

着物を洗濯するコツ!宅配クリーニングと比較すると?

ポリエステルなどの化学繊維が使われた着物は、家でも比較的洗濯しやすいです。

しかし、正しく洗濯をしなければ、色落ちやシワなどで生地を傷めてしまう恐れがあります。

ここでは、家での着物の洗濯方法やコツ、手間などの観点から宅配クリーニングの依頼と比較してみたいと思います。

着物は洗濯できるの?

着物の素材によっては、家でも洗濯はできるので、すべての着物が家で洗濯できないわけではありません。

家での洗濯が可能かは、洗濯表示と素材を見て判断します。

洗濯表示のチェック方法

一般の衣類と同じく、着物にも洗濯表示があります。

洗濯表示の見方は、次のとおりです。

  • 洗濯おけの絵
  • 洗濯機で洗浄可能なマークなので、家で洗えます。

  • 洗濯おけに手がついた絵
  • 手洗いを意味するマークなので、洗面器などで洗えます。

  • バツ印がついた絵
  • 洗濯機でも手洗いでも洗濯が不可能なマークです。家では洗えないので、クリーニング業者に依頼しましょう。

素材のチェック方法

中には、洗濯表示がない着物もあります。

洗濯表示がない場合は、生物の素材をチェックしましょう。

ポリエステルなどの化学繊維で作られた着物は、家で洗うことができます。
見た感じも浴衣と似ており、浴衣と同じような洗濯方法でお手入れできます。

木綿や絹、ウール、麻などで作られた着物は、家での洗濯が難しいので、宅配クリーニング業者に依頼しましょう。

着物の洗濯頻度は?

着物の洗濯の頻度は、2回から3回の着用で1度のクリーニングか洗濯が目安です。

1回の着用ですぐに洗濯をした方が良いように思いますが、洗濯頻度が高くなると記事が傷みやすくなるので、あまりおすすめできません。

そのため、1回着用した後のお手入れが重要になります。

1回着用したら、シワにならないようにハンガーに吊るして、風通しの良い日陰が室内に干しておきましょう。

少し位の汗なら、半日程度干しておけば、乾いて汚れにはなりません。

失敗しない!着物の洗濯方法

家での着物の洗濯方法は、洗濯表示を基本に手洗いと洗濯機洗いを判断します。

しかし、着物の生地をなるべく傷めないようにするためには、手洗いの方がおすすめです。

ここで、家で洗濯をする時の手洗い方法と洗濯機洗い方法をご紹介します。

着物の手洗い方法

まずは、着物の手洗いに必要なものを用意しましょう。

用意するもの
  • 中性洗剤
  • 柔軟剤
  • 大きめの洗面器か洗面桶

着物の手洗い方法の手順は、次の通りです。

  1. 着物の色落ちチェックをしましょう。中性洗剤の原液を着物の目立たないところに数滴つけて3分程度放置します。その後、洗剤をつけた部分に白い布を軽く叩きつけます。白い布に色がついたら、色落ちの恐れがあるので、家での洗濯はおすすめできません。
  2. 洗面器に水かぬるま湯をためてから、中性洗剤を溶かします。着物を軽く畳んで洗面器の中に入れます。
  3. 洗面器に入れた着物を押し洗いします。優しく30回ほど押して洗いましょう。特に汚れが付いている部分には、中性洗剤の原液をつけて軽く揉みます。
  4. 洗面器の中の水か、ぬるま湯を全て捨ててから、新しく入れ替えます。着物にシミ込んだ洗剤がなくなるまで、洗面器の水か、ぬるま湯を入れ替えながら、すすぎ洗いを続けましょう。
  5. すすぎが終わったら、洗面器に水か、ぬるま湯を入れて柔軟剤を溶かします。着物をもう一度洗面器の中に入れて、5分程度放置します。
  6. 4番と同じような手順で、すすぎ洗いをしましょう。
  7. 洗面器の縁に着物を押し当てて、水分も取ります。ある程度水分が切れたら、バスタオルなどで水分を拭き取りましょう。
  8. シワを伸ばして着物専用のハンガーに吊るしたら、風通しの良い日陰で干します。着物専用のハンガーがない場合は、竿に袖の部分を通して吊るしましょう。

着物の洗濯機洗い方法

まずは、着物の洗濯機洗いに必要なものを用意しましょう。

用意するもの
  • 中性洗剤
  • 着物を入れられるサイズの洗濯ネット

着物の洗濯機洗い方法の手順は、次の通りです。

  1. 手洗いの時と同じように、色落ちのチェックをします。
  2. 着物を軽く畳んで、洗濯ネットに入れましょう。
  3. 着物と中性洗剤を洗濯機の中に入れたら、手洗いモードでスタートボタンを押します。中性洗剤は、おしゃれ着用洗剤がおすすめです。
  4. 手洗いモードの脱水まで終わったら、素早く着物を取り出してシワを伸ばします着物専用のハンガー、もしくは竿に着物を吊るして、風通しの良い日陰で乾かします。

着物を家で洗濯するのは、素材によってコツが必要で、手間もかかります。
また、必ずしも美しく仕上がるとは限らないので、それなりにリスクも伴います。

だからこそ、宅配だけで簡単に依頼できる宅配クリーニングがおすすめです。

宅配クリーニングなら、インターネットから簡単に申し込めて、宅配システムでスムーズに着物を引き渡しできます。
クリーニング後は、宅配で到着するので、取りに行く必要もありません。

着物の洗濯は、簡単でスムーズ、美しい仕上がりを期待できる宅配クリーニングがおすすめです。

着物の宅配クリーニングのQA!

着物のクリーニングはどれぐらいで仕上がりますか?

丸洗いは早くて3日程度で、シミ抜きなどのオプションがある場合は、1週間程度かかります。

着物が雨に濡れてシミができてしまいました。クリーニングで取れますか?

水によるシミは、ひどくなければ取れます。撥水加工をすると、次回から雨に濡れてもシミができにくくなります。

1回だけ着た着物を引き出しに入れておいたら、黄ばみがありました。黄ばみは取れますか?

現物を見てみて判断となることが多いですが、かなりひどい黄ばみでない限り、取れます。

着物の裏地が黄色くなっています。クリーニングできれいになりますか?

多分、汗による黄ばみだと思いますので、かなりシミ込んでいなければ大抵の場合は取り除けます。

着物にファンデーションや口紅がついてしまいました。クリーニングできれいにできますか?

化粧品による汚れは、着物をはじめ、一般的な衣類でもクリーニングできれいにできます。