キッチンのレンジフードはどうやって掃除する?ポイントや頻度は?

キッチンのレンジフードは常に油まみれの煙を吸い込んでいるので、気がつくとベトベトになっていますよね。

プロペラ型の換気扇に比べるとまだ掃除する頻度は少なくて良いですが、パーツの取り外しなどがややめんどくさい一面も。

かといって掃除をついサボってしまうと、汚れが固まって落ちづらくなります。取れなさそうに見える頑固な汚れも、実は正しい掃除方法を使えばキレイにできますよ。

今回はレンジフードを自力で掃除する方法や、ポイント、頻度などについてご説明します。

キッチンのレンジフードの掃除方法

気がつくと油汚れがびっしりこびりついてベトベトになる、キッチンのレンジフード。一体、どうやって掃除すればいいのでしょうか。

自力でピカピカに掃除できる方法についてご説明しますね。

1.レンジフードの外側

レンジフードの外側のカバーは、重曹水を吹きかけて掃除しましょう。

取り外すことができないので、椅子や台などに登ってそのまま作業します。

グラグラしないように安定させてから作業してくださいね。

用意するもの
・新聞紙
・重曹
・スプレーボトル
・雑巾やキッチンペーパー
レンジフードの外側の掃除方法
  1. 床に新聞紙を敷く。
  2. スプレーボトルに、水100mlに対して小さじ1の重曹を入れてよく溶かす。
  3. レンジフードの外側に吹き付ける。
  4. 雑巾やキッチンペーパーで拭いて汚れを取る。
  5. 汚れが取れたら、水拭きをする。その後、乾拭きをしておく。

2.フィルター

レンジフードのフィルターは、整流板のすぐ後ろにあって比較的簡単に取り外せます。

汚れがこびりつきやすい部品なので、しっかり掃除しましょう。

フィルターがアルミ素材の場合

アルミ素材の場合、重曹などアルカリ性の洗剤を使うと変色する原因になることも。

黒ずみを起こしたくない場合は、中性洗剤をオススメします。

用意するもの
・ゴム手袋
・新聞紙
・ドライバー
・台所用中性洗剤
・歯ブラシ
・スポンジ
アルミのフィルターの掃除方法
  1. ゴム手袋をつける。床に新聞紙を敷き、電源を抜くかブレーカーを落とす。
  2. 整流板がついているレンジフードの場合、ストッパーを外して取り出す。
  3. フィルターを取り外す。ネジなどがついている場合は、ドライバーで外す。
  4. 台所用中性洗剤をつけて歯ブラシやスポンジでこする。
  5. 汚れが落ちない場合は、洗剤をつけてしばらく放置する。
  6. 水洗いしたら自然乾燥させて、元どおりに取り付ける。

フィルターがアルミ素材ではない場合

アルミ素材ではないなら、重曹を使ったお掃除がオススメです。

重曹は料理にも使われるものなので、子どもがいる家庭でも安心して使えますね。

アルカリ性なのでしっかり油汚れを落としてくれますよ。

用意するもの
・ゴム手袋
・新聞紙
・ドライバー
・重曹
・大きな桶かゴミ袋2枚
・歯ブラシ
・スポンジ
アルミ素材以外のフィルターの掃除方法
  1. ゴム手袋をつける。床に新聞紙を敷き、電源を抜くかブレーカーを落とす。
  2. 整流板がついているレンジフードの場合、ストッパーを外して取り出す。
  3. フィルターを取り外す。ネジなどがついている場合は、ドライバーで外す。
  4. 重曹3:水1の割合で溶かして、重曹のペーストを作る。
  5. 重曹ペーストを取り外したフィルターに塗って、15〜30分放置して汚れを浮かせる。
  6. 汚れが浮いたらスポンジや歯ブラシでこすって落とす。
  7. 水洗いしたら乾燥させて、元に戻す。

3.シロッコファン

シロッコファンはフィルターよりも奥についています。

取り外す時に手を滑らせると、その下にあるガスコンロを破損させる可能性が。

手を滑らせないように慎重に取り外してくださいね。

用意するもの
・ゴム手袋
・新聞紙
・ドライバー
・重曹(※アルミの場合は中性洗剤)
・大きな桶かゴミ袋2枚
・歯ブラシ
・スポンジ
シロッコファンの掃除方法
  1. 大きな桶や洗面器に40〜45℃のお湯を入れ、重曹1カップを溶かす。
  2. フィルター掃除の1〜3の要領でパーツを取り外す。
  3. シロッコファンの周りにある円盤(ベルマウス)のネジを外す。
  4. 円盤の中心あるネジを手で回して外す。
  5. 落とさないようにシロッコファンを取り外し、1につける。
  6. 汚れが浮くまで15〜30分程度放置してから、古歯ブラシやスポンジで洗う。
  7. 水洗いした後に自然乾燥させ、パーツを元に戻す。

シロッコファンがアルミ素材の場合は重曹を使わず、中性洗剤をつけてからスポンジや古歯ブラシでこすることをオススメします。

キッチンのレンジフード掃除のポイント

キッチンのレンジフードを掃除する場合、気をつけたいポイントが3つあります。

レンジフード掃除で気をつけたいポイント
  1. 無理に部品を取り外さない
  2. 重曹などアルカリ性の洗剤には注意
  3. シロッコファンを落とさない

レンジフードの場合、プロペラ型の換気扇に比べると複雑な構造をしています。

取扱説明書などを見てもうまく部品を取り外せない場合、無理に取り外そうとすると壊れる可能性があります。

油汚れには重曹が効果的ですが、素材がアルミだと変色が起きる可能性も。必ず素材を確認してから使いましょう。

レンジフードについているシロッコファンですが、掃除前は油汚れでツルツルしています。

取り外す時コンロへ落とさないように慎重に行ってくださいね。

キッチンのレンジフードを掃除する頻度は?

キッチンのレンジフードは、できれば半年に1回は掃除したいところです。少なくとも1年に1回の大掃除ではキレイにしましょう。

フィルターが詰まると換気しにくくなりますし、調理中に鍋の中へ汚れが落ちてくる可能性もあります。

どれだけ丁寧に洗いながら使っても、10〜15年ほどするとレンジフードは寿命を迎えます。

シロッコファンから変な音がしたり、うまく電源が入りにくくなったりしたら、そろそろ限界が近いのかもしれません。

キッチンのレンジフードカバーの注意点

レンジフードに取り付けるだけで掃除が楽になるカバーが市販されていますが、これには落とし穴があります。

安価なカバーは不織布という燃えやすい素材で作られていることが多く、火から100cm以上離して使うことが前提になっています。

ところがレンジフードは火から80~100cmくらいのところにつけられます。つまり、火が燃え移って火事になる危険性があるのです。

どうしてもカバーをつけたいなら燃えにくい素材か、燃えないガラス製などを選んでつけるようにしましょう。

まとめ:レンジフードの掃除は素材で洗剤を分けるのがオススメ!

レンジフードには、調理中に使う油やホコリなどがこびりつきやすいです。

こうした汚れはアルカリ性の重曹を使うとキレイに落とせます。

しかしアルカリ性に弱いアルミなどの素材に対して使うと、変色などの原因になることも。気になる場合は中性洗剤を使うのがオススメです。

レンジフードの掃除はなかなか手強い作業です。どうしても汚れが落ちない場合には、業者に掃除を依頼することも検討してみましょう。