キッチンの水垢を掃除する方法!簡単にできる4つの方法をご紹介!

料理には水道水やミネラルウォーターを必ず使いますよね。そのため蛇口やシンク、電気ケトル、やかんには白くガサガサした水垢がつきやすいです。

そのまま見て見ぬふりをしても体への悪影響はありませんが、やっぱり見た目が悪くて困りますよね。

力を入れてこすっても取れにくいですが、実は簡単に落とせる方法があるんですよ。

今回は水垢を掃除する4つの方法などについてご説明します。

キッチンの水垢の掃除方法1:蛇口

蛇口は白くガサガサした水垢がついて汚くなりやすいです。

水道水にはミネラルが含まれています。蛇口に水道水がついたまま残り、水分が乾燥してミネラルだけ残ることが原因です。

水垢はアルカリ性の性質を持っているため、酸性のクエン酸を使って掃除すると実は簡単に落とせます。

蛇口の掃除方法
  1. 水200mlに対してクエン酸小さじ1の割合で混ぜた液を作り、スプレー容器に入れる。
  2. 蛇口に1をたっぷりかけて、キッチンペーパーで包む。上からラップを巻きつけて、輪ゴムで止める。
  3. 30分ほど置いておく。
  4. 歯ブラシやメラミンスポンジでこする。
  5. 水でよくすすぎ、乾拭きをする。

蛇口の場合、スプレーをかけただけでは垂れてしまうので、キッチンペーパーやラップでしっかりパックすることが重要です。

あまり長時間置きすぎると金属が腐食する可能性があるので、様子を見て洗い流してくださいね。

最大でも2時間程度を目安にしておくのが安心です。

レモン汁でも同じ効果があるので、クエン酸がない場合にはそちらを試してみてくださいね。

キッチンの水垢の掃除方法2:シンク

シンクも水道水が直接当たるところなので、使った後に乾拭きしないとミネラルが残って水垢になりやすいです。

クエン酸を使えば落とせるので、ステンレス製ならスプレーを作って拭き掃除しましょう。

しかし、シンクの素材には人工大理石などあまり酸性に強くないものも多いですよね。そういった場合には、クリームクレンザーなら素材に関わらず安心して使えます。

メラミンスポンジにクリームクレンザーをつけて、気になる部分を直接こすりましょう。

キレイになったら流水ですすいで、乾拭きして仕上げてください。

キッチンの水垢の掃除方法3:電気ケトル

電気ケトルには水道水やミネラルウォーターを入れるため、水垢がつきやすいですよね。

そのまま使い続けても体に悪影響はありませんが、気になるならクエン酸を使って掃除しましょう。

電気ケトルの掃除方法
  1. 電気ケトルの最大ラインまで水道水を入れる。
  2. クエン酸大さじ1を入れて混ぜる。
  3. フタをしてそのままスイッチを入れてお湯を沸かす。
  4. 2時間置いておく。
  5. 中に入っている水を捨てて、水道水を入れなおす。
  6. もう一度フタをしてお湯を沸かす。そのお湯を捨てたら掃除完了。

1ヶ月に1回くらいを目安に洗ってくださいね。

電気ケトルは電化製品なので、水で丸洗いすることはできません。特に底の方を濡らすと壊れる危険性があるのでやめましょう。

キッチンの水垢の掃除方法4:やかん

やかんの場合は、素材によって掃除の方法が変わります。

ステンレスやホーロー製なら、クエン酸を使った掃除方法がオススメです。

やかん掃除方法
  1. やかんに水道水と、クエン酸大さじ1を入れて混ぜる。
  2. 火にかけて一度沸騰させたら、弱火で10分間そのまま沸騰させる。
  3. 火を止めて1時間つけておく。
  4. 水を捨てたら、スポンジなどで丸洗いしてからよくすすぐ。
  5. 内部を乾燥させる。

ただしアルミ製の場合、この方法を使うと黒ずんでしまう可能性があります。

水垢がついたままでも問題なく使えるので、そのまま使い続けるのもひとつの方法です。

どうしてもキレイにしたいなら、クリームクレンザーをスポンジにつけてこすりましょう。多少傷は入りますが、しっかり落とせます。

鉄製の場合は、水垢を落としてはいけません。むしろそれが天然の錆止め効果になっています。

メラミンスポンジや中性洗剤でこすり落とすと、錆びが悪化する原因になります。気にせずそのまま使いましょう。

シンクの水垢にサンポールを使ってもいいの?

サンポールというのは、トイレの掃除に使われる酸性洗剤のことです。

水垢はアルカリ性の性質があるため、酸性の洗剤を使うとよく落とせます。

サンポールは塩酸という非常に強い酸性の成分で作られているため、頑固な汚れも確かにキレイになるでしょう。

しかしトイレの陶器用として開発されたものなので、ステンレスに使われる想定はされていません。

ステンレスは強い酸性には耐えられないため、短時間で黒ずみが発生します。かえって汚く見える可能性もあるため使用はオススメできません。

まとめ:キッチンの水垢はクエン酸やクリームクレンザーで落とす!

キッチンは水を扱う場所なので水垢ができやすいです。

素材がステンレス製ならクエン酸を、人工大理石やアルミならクリームクレンザーを使った掃除がオススメです。

掃除した後に水気が残っているとまた発生するので、しっかり拭き取ることも重要です。

サンポールなど強力な酸性洗剤を使うと、確かにシンクの汚れも落としやすいです。しかしその分黒ずみができやすく危険なので使用は控えましょう。