キッチンのガスコンロにガンコな汚れが!掃除・汚れを防止する方法

キッチンのガスコンロ、気がつくと汚れがどんどんこびりついて取れなくなりますよね。

どうすればキレイになるのか、頭を悩ませている人も多いはずです。

実はパーツごとに掃除方法が異なり、間違った方法で掃除すると最悪の場合ガスコンロが故障してしまうことも。

そこで今回は普段からできる簡単な掃除方法やガンコな汚れを落とす方法、予防方法などについてご説明しますね。

キッチンのガスコンロの掃除方法1:毎日簡単にできる方法

簡単でも良いので、普段からこまめに掃除しておくとキレイな状態が長持ちします。

それぞれのパーツの掃除方法を紹介します。

天板

天板とは、ガスコンロの平らな表面プレートのことです。

使い終わったらすぐ、古布か柔らかいスポンジでさっと水拭きしましょう。

水分をそのまま放置するとサビるので、乾拭きして仕上げます。

除菌アルコールスプレーを使うと引火する恐れがあるので、あまりオススメできません。

ゴトク

フライパンなどを載せるゴトクは、汚れがつきやすいポイントです。

スポンジに中性洗剤やクリームクレンザーをつけて、拭き取りましょう。

洗剤を水で流してから、乾拭きして仕上げます。

凹凸のあるパーツなので手で洗うのが面倒なら、食洗機に入れても問題ありません。すみずみまでキレイになりますよ。

キッチンのガスコンロの掃除方法2:汚れがひどい場合

しばらく放置して染み付いた汚れなどはしっかり掃除する必要があります。

具体的な方法をご紹介しますね。

天板

クリームタイプのクレンザーをスポンジや布などにつけて拭きましょう。

それでも取りにくいなら、丸めたラップにクリームクレンザーをつけて拭くのが効果的です。

ガラストップなら専用クレンザーを使うこともできます。

フッ素コートトップやアルミトップなど表面コートや柔らかい素材の場合、クレンザーが表面を削ってしまうので使えません。中性洗剤とやわらかいスポンジで洗いましょう。

ゴトク

●ホーロー製の場合●

黒っぽい色のゴトクはホーロー製です。

大きな鍋や桶などに40〜45度のお湯を入れます。お湯1リットルに対して大さじ3の重曹を入れましょう。

そこにゴトクを入れて、汚れが浮くまで30分程度待ちます。

その後スポンジや歯ブラシでこすり、水拭きすれば完了です。

●ステンレス製の場合●

ピカピカしたステンレスのゴトクは、火の当たる部分が変色することがあります。

丸めたラップに専用のクリーナーをつけてこするとキレイになります。

重曹を使うと余計黒ずむことがあるので避けましょう。

バーナー

すぐ近くには電子部品があるので、水を使って洗うと故障の原因に。できるだけ濡らさずに洗う方が安全です。

水100mlに重曹小さじ1を混ぜて、重曹水を作りましょう。この重曹水にくぐらせてから固くしぼった布で、取り外したバーナーキャップを拭きます。

凹凸や歯の間に物が詰まると、火がつかなかったり赤色になったりします。竹串や歯ブラシで詰まった物をかき出しましょう。

キッチンのガスコンロの掃除方法3:グリル

油が落ちてくる受け皿や、食べ物を載せる焼き網は使うたびに中性洗剤をつけたスポンジで洗いましょう。

グリルの庫内は、軽い汚れなら中性洗剤を薄めた水を柔らかい布に含ませて拭き取ります。

焼き網にガンコな汚れがついた場合は、水100mlに重曹小さじ1を混ぜた重曹水に漬け込んでから洗うと楽に落とせます。

ちなみに焼き網は、使う前に薄くサラダ油を塗っておくと食材がくっつきにくくなりますよ。

キッチンのガスコンロの掃除方法4:ガスコンロの壁

水100mlに重曹小さじ1を混ぜた重曹水をキッチンペーパーにつけてパックしましょう。

上からラップをして蒸発を防ぐとより効果的です。そのまま5分程度置き、乾いた布で拭き取ります。

それでも落ちない場合には台所用洗剤や住宅用洗剤を薄めた水溶液を、キッチンペーパーとラップでパックしてください。

キッチンのガスコンロの掃除方法5:汚れ防止方法

ガスコンロが汚れないように防止するグッズはいくつかあります。

  • 排気口カバー:レンジフードの排気口に貼り付けるだけで、油や煙をガードできる
  • ガスレンジ用汚れ防止マット:ゴトク周りに敷いてそのまま使えるシート
  • 油ハネガード:ガスコンロの後ろに立てると壁に油がつかない
  • キッチン壁用の汚れ防止シート:あらかじめ壁に貼っておくだけで汚れ予防に

掃除するのが面倒な場所には、こうしたグッズを使うのも効果的ですね。

まとめ:キッチンのガスコンロ掃除はなるべく早めがコツ!

ガスコンロの汚れは、なるべく早めに取り除くのがポイントです。

使ってすぐなら水拭きや、中性洗剤などで十分に落とせます。

しばらく放置してガンコになった汚れは、重曹や中性洗剤、専用のクレンザーなどを使って落とすのがオススメです。

それでもキレイにできないなら、業者に依頼するという方法もあります。強すぎる漂白剤などを使うと素材が劣化するので、無理に自力で行わずプロに任せる方が安心ですね。