キッチンのディスポーザー掃除方法と設置のメリット・デメリットとは

新築マンションのキッチンには、ディスポーザーが設置されていることもありますよね。生ゴミをすぐに処理できるので、ニオイや害虫などの心配がなくなります。

しかし正しくお手入れしないと、汚れがたまって悪臭の発生源になることも。

また、「興味はあるけどつけるか迷って決められない……」という人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、キッチンのディスポーザー掃除方法と、設置した場合のメリット・デメリットについてご説明しますね。

キッチンのディスポーザー掃除方法1:普段のお手入れ

投入口の周りには生ゴミなどがつきやすいです。

中性洗剤を薄めたスポンジを使い、食器やシンクと一緒にサッと洗いましょう。

蓋スイッチ付きなら、スイッチを取り外してから同様に掃除します。

ディスポーザーを使わない日は、1日1回水を入れて運転させましょう。

水を使った掃除方法
  1. 蓋スイッチを外す。
  2. 鍋いっぱいに水を貯めて、一気にディスポーザーへと流し込む。
  3. 蓋スイッチを取り付けて1分ほどそのまま運転させる。

この方法は、長期間家から離れる際にも行いましょう。内部に少しだけ残った生ゴミが腐るのを防止できますよ。

キッチンのディスポーザー掃除方法2:週に1〜2回行いたい方法

汚れやニオイを防ぐために、週1〜2回は氷を使った洗浄をしましょう。

氷を使った掃除方法
  1. 冷蔵庫で作る氷など、3cm以下の小さめの氷を6個程度入れる。
  2. 台所用洗剤かレモン汁を数滴一緒に入れる。
  3. 水を流しながら運転する。
  4. ニオイや汚れが取れていないと感じた場合、もう一回1〜3を繰り返すと効果的。

砕かれた氷が粉砕室の中についた汚れを取り、最後は水になって流れていきます。

台所用洗剤やレモン汁を一緒に入れるとニオイも取れるのでオススメです。

キッチンのディスポーザー掃除方法3:ひどい汚れやニオイが気になる場合

水や氷を使って掃除しても汚れやニオイが気になる場合は、中性洗剤とブラシを使って掃除しましょう。

ひどい汚れやニオイを取る方法
  1. 電源プラグを抜くか、ブレーカーをオフにする。
  2. 厚手のゴム手袋をつける。
  3. 蓋スイッチを外して、中が見えるようにする。
  4. 長いブラシに中性洗剤をつけて、内部をゴシゴシとこすって洗う。
  5. 水ですすいだら、電源と蓋スイッチを元に戻す。

ブラシがない場合は、スポンジに中性洗剤をつけてこする方法でも問題ありません。

ただし手を怪我する可能性があるので、厚手のゴム手袋をつけましょう。

キッチンのディスポーザー掃除方法4:詰まった場合

もし中に異物を落として詰まらせた場合、まずはトングで拾えるか試してください。

トングでは取れないようなら、トイレなどで使われるラバーカップを使いましょう。

それでも改善しないほど奥まで入り込んでいる場合、素人がムリに取り出そうとすると逆効果になる可能性も。

押し込んでしまうと、余計に取り除くのが困難になります。

自力では難しいと感じたら、すぐ業者に依頼して取り除いてもらいましょう。その方が結果的にお金がかからずに済むかもしれません。

【NG!】ディスポーザーには漂白剤は使えない

掃除するとき、絶対に漂白剤は使わないでください。

ぬめりやカビ取りにはとても効果的なので、つい使いたくなるかもしれませんね。

しかしディスポーザーとはそもそも、中に住んでいる微生物が生ゴミを分解するシステムです。

漂白剤やパイプ洗浄剤など強い酸やアルカリの洗剤を流してしまうと、微生物が弱ってしまいます。

微生物が弱るとうまく生ゴミを処理できなくなるため、悪臭が発生します。負担が少ない中性洗剤以外は使わないようにしましょう。

ディスポーザーを使うメリットとデメリットとは?

ディスポーザーとはキッチンの排水口に取り付ける、生ゴミ処理機のことです。

生ゴミを砕いてそのまま水に流せる形にしてくれます。

メリット
  • 生ゴミの嫌なニオイがなくなる
  • 害虫などが発生しにくくなる
  • 三角コーナーを使わなくて良いので衛生的

放置すると嫌なニオイがする生ゴミですが、ディスポーザーを使うとその場ですぐに粉砕処理できます。

そのためキッチンに嫌なニオイが充満しなくなります。

生ゴミに集まってくるコバエやゴキブリなどの害虫も発生しにくくなりますよ。

またぬめりやカビが発生しやすい三角コーナーを撤去できるので、掃除の負担が減ります。

デメリット
  • 住んでいる自治体やマンションによっては取り付けできないことも
  • 微生物が活動しにくい冬にニオイがすることもある
  • 微生物が弱ったり掃除をサボったりするとニオイがする

自治体やマンションによっては、取り付けが禁止されていることも。

特に単体ディスポーザーと呼ばれる、処理槽を使わないタイプの場合は禁止とされることが多いです。事前に確認しないとトラブルになる可能性があります。

微生物が活動することで分解するシステムなので、気温が低い冬にはニオイがすることもあります。

また漂白剤や洗剤、油などを流すと、微生物が弱って悪臭がするようになるので注意しましょう。

まとめ:キッチンのディスポーザーは正しく掃除して清潔に使おう

ディスポーザーを使えば生ゴミをその場で処理できるため、シンクを清潔に使えるようになります。

しかし漂白剤を使うなど、掃除方法を間違えると嫌なニオイがすることも。

水や氷、中性洗剤で簡単にお手入れできるので、定期的に行ってください。

設置を考えている場合、自治体やマンションで禁止されていないかどうかは必ず確認してくださいね。